« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005.05.31

ムーバーmax似のイモムシ!??

【注】今日の記事には、ちょっとだけ気持ち悪い(かもしれない??)生き物の写真を載せてますので、食事中の方やイモムシとか苦手な方はスクロールせずに、別記事にでもジャンプして下さいませ。(同じ生き物でも、この辺のページの写真などは比較的さわやか系ですので・・・) スクロールしなくても既に見えている場合にはご容赦願います

さて、今日は会社で結構大人数(あくまでも私の会社の規模との対比でいくと大人数であって、そんなに何十人という訳ではないですが)の来客があり、その応対・打ち合わせで約3時間程ぶっ続けに話し込んでいた関係で、かなり疲れてしまいました。根が技術屋なので、単に技術的な打ち合わせであれば何時間でもどうってことはないのですが、月末の一番忙しい時期の来客ということもあって、それなりにエネルギーを使い果たしました。こんな時には、余り真面目そうな話題は辛いので、ちょっと面白い(かもしれない??)どうでもいい話題など・・・

つい先日の会社出勤途中、道路を横切る大きなイモムシを発見しました。その大きさ4~5センチメートルはあったでしょうか?? 薄緑色と黄色のツートンカラーのイモムシを見てピーンときたのが、今春デビューした広島電鉄の完全超低床車 5100形「グリーンムーバーmax」です。滑らかな優しい曲線、薄緑色と乗車口を示す黄色、5車体連接の長々とした車両・・ 結構イモムシに似ていると思うのですが、如何でしょうか??
突然話は逸れますが、本家Webサイト内『路面電車が走る街 広島写真集~広電市内線沿線フォトギャラリー~』に新しい写真を少しずつ追加しています。昨晩も「グリーンムーバーmax」の写真を3枚ほど追加しました。今年に入って、暇を見つけては写真を撮り歩いていますが、整理してWebページへ掲載する余裕がほとんどなくて、未公開写真もそこそこ溜まってきているので、少しずつ放出していこうと思っています。興味のある方は、余り期待せずに覗いて見て下さいませ m(_ _)m。

それでは最後に・・・ 「グリーンムーバーmax」似のイモムシをお楽しみ下さい。


imo_mover_max

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.29

もうじき紫陽花の季節

ajisai0502近所の額紫陽花(あじさい)が既に花をつけはじめているみたいです。昨年の梅雨時、同じ場所で紫陽花写真を何枚か撮ってみたのですが、かなり消化不良だった思いがあります。今年はもう少しマシな写真が撮れるようにと、自分に期待しています。それにしても、例年こんなに早い時期から開花してましたっけ??
ちなみに写真は、愛用のコンパクトデジカメで昨日撮影したものです。やっぱり紫陽花には、しっとりとした雨が似合いそうです!!

**追記: 他の方が撮った紫陽花写真を拝見すると結構面白いし、何より勉強というか、色々と参考になるかも!?? ・・・という思いで、『だいせいの脳』さんの<紫陽花.BLOG>へ参加(トラックバック)してみたいと思います!! 皆さんも是非・・・
> だいせいの脳: やります!<紫陽花.BLOG>(2005年05月29日)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.05.28

花とミツバチ

mitsubachi1

朝夕の通勤バスの中がやや蒸し暑く感じられる季節になりました。冷房を効かせるにはまだちょっと早いし、しかし締め切っていると蒸し暑いような・・・ こんな時は、窓を全開にして風を感じながら走ると気持ちいいのでは?? と思ったりもします。特に朝なんかは気分爽快になりそうな気もするのですが、如何でしょうか??
この季節、近所の花にはミツバチが飛び交い、せっせと働いています。写真のミツバチが止まっている赤紫色の花の名前はよく分かりません(^^;)。花の形は芝桜(シバザクラ)とか桜草(サクラソウ)に似ていると思うのですが、今一つ自信なしです。どなたか詳しい方・・ この花の名前を教えて下さい。
少し前になりますが、4月末~5月初旬の頃、広島県北のリンゴの産地ではリンゴの花盛りを迎えました。ちょうどその頃に、ミツバチの巣箱を持ってあちこち回って仕事にされている人達がいらっしゃるのをご存じでしょうか?? 要するに、リンゴの受粉を手伝ってもらう為にミツバチの巣箱を持っている人達を呼んで来ようということなのです。働き者のミツバチは、リンゴ園でせっせと花から花へと飛び回り、自然にリンゴの受粉を促進する訳です。そんなミツバチのお陰で、美味しいリンゴがたくさん実るのです。受粉のお返しは、勿論ミツバチの蜂蜜ですね。お互い持ちつ持たれつの関係になっているんですねぇ。この話を聞いて、思わず先人の知恵は素晴らしいと感心してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.24

広電・路面電車脱線!!

hiroden39545月21日(土) 午後8時45分頃、広島電鉄・広島駅にて、広島駅発 広島港(宇品)行きの路面電車が脱線し、車体の先頭部分がホームに衝突するという事故が起こりました。この事故の影響で、広島駅~紙屋町間が約2時間に渡って不通になったそうです。
> 中国新聞地域ニュース:広電、広島駅で脱線 一部区間不通に('05/5/22)

この事故のニュースを受けて、昨夜仕事帰りに広島駅へ立ち寄ってみました。写真は、ちょうど路面電車が衝突したホーム部分の様子です。コンクリート製ホームの損傷箇所は既に補修されているものの、その周囲には電車が衝突した際に擦れたと思われる跡が残っていました。この場所は、路面電車の利用者がすぐ傍を通行する位置でもあり、一歩間違えば、通行人に危害を加えていた可能性もあったのではないかと思います。今回、利用者や乗務員に怪我など無かったのは幸いでしたが、過去にも同様の事故が同じ場所で発生していることを考えると、単純に 「怪我が無くて良かったね」 では済まされない事故だと思います。危険予知とその安全対策が抜け落ちていたと言わざるを得ない事態ではないでしょうか??

ここ広島駅では、1系統(宇品線)-広島港(宇品)行き、2系統(宮島線)-広電宮島口行き、5系統(比治山線)-広島港(宇品)行き、そして 6系統(江波線)-江波行きの 4路線の路面電車がひっきりなしに出入りしています。事故発生の時間帯には、おそらく 2~3分間隔で路面電車が発着していたのではないかと思われます。詳細な事故原因調査がなされているようですが、JR宝塚線・快速電車転覆脱線事故の大惨事の一因としても取り上げられていた定時運行の為の 「あせり」 が引き起こした操作ミスなどが無かったのかと気になるところではあります。
いずれにしても、国土交通省・広島県・広島市などから莫大な支援・補助を受けながら公共交通を担う立場としても、改めてしっかりとした安全への取り組みを期待したいものです。そうしなければ、いつまでたってもチンチン電車の域を出ず、LRT (次世代型路面電車システム) なんて掛け声だけで、所詮は夢になってしまいそうですから・・・。

** 写真の緑色の電車は、事故を起こした路面電車と同型の三両連接車両 3950形Green Linerです。ちなみに、新聞に掲載されていた写真から、事故車両は 3955号であることを確認しました。

** 追記: 広島駅に発着する系統を誤って 3路線と記載していましたが、4路線に修正しました。夜遅くに書いたので、寝ぼけていたようです。ご参考までに、広電の路線図はこちらをどうぞ・・・
> 広電の路線Map (路面電車が走る街 広島写真集)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005.05.23

羽化直後のナナホシテントウ

tentou0506

先日のテントウムシの続編・・ 今日は、ちょっとアカデミックなテントウムシ写真です。羽化直後、まだ背中の斑紋(はんもん)も薄く、黄色くて柔らかい体を乾かしているナナホシテントウを見つけました。アブラムシを食べていた幼虫がサナギになって約1週間後、よく晴れた日にはこんな光景を見ることができます。葉っぱの上に見えているのは、サナギの抜け殻ですね・・・。非常に短時間で羽化が終了するためか、サナギから羽化する瞬間をまだ見たことがありません。羽化して少しすると、下羽を伸ばしてしばらく乾かしています。この時が一番美しくて、まさに生き物の神秘というか・・ 「生命」を感じさせてくれる瞬間だと思います。いつも足早に通り過ぎる足下の草むら・・ ちょっと覗いてみて下さい!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.05.22

今年のマーガレット

margaret0501

近所の畑の片隅に咲いているマーガレットです。昨年撮ったマーガレット写真がちょっと面白かったので、今年も挑戦してみました。昨年と同じような写真では芸がないと思い、今年は広角レンズ+偏光フィルターで狙ってみましたが・・・ 別にどうってことない平凡な写真になってしまいました (^^;)。
ところで、日中は暑くなってきましたね。車で出掛ける際、エアコン無しでは暑くて走れない程の陽気です。広島市内では、そろそろ田に水を引いて田植えの準備が始まりそうな季節になりました。今年も元気にホウネンエビが出てきてくれるのを期待しています。そして、その次はしっとりとした梅雨入り・・ 紫陽花の季節ですね。毎年同じことの繰り返しではありますが、四季のある日本に生まれ育って良かったなぁ と思いつつ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.05.19

フルラッピング路面電車(4)

809aig

広島市内を走るフルラッピング路面電車紹介第四弾です。
昨年12月頃に登場した広電 809号・・ AIGエジソン生命保険株式会社のラッピング路面電車です。社名そのまま、生命保険を中心とした保険会社さんですね。
ラッピングは、黄緑色の地にカラフルな花木と動物のイラストが散りばめられたデザインで、左右側面の絵柄が異なっています。明るくユニークな動物達のイラストは、特に小さい子供さんが喜びそうです。少しネットで調べてみましたところ、このイラストはイラストレーター木村晴美さんの作品が使用されていることがわかりました。木村晴美さんのWebサイト内「お知らせ」の記載によると、AIGエジソン生命のラッピング路面電車は昨年12月10日から丸1年間運行される予定だそうです。
フルラッピング全面広告車両を見ていますと、いずれも青色または緑色系のおとなし目のデザインにされていることが分かります。広電のWebページ(電車広告のページ)によると、フルラッピングは「広島市デザイン審議会の認可を受けたもの」という制限が付けれられているようです。もしかしたら、美観を損ねないようにと、審議会とやらで青色または緑色系のみに制限されているのかもしれませんね?? その点、ラッピングバスの方は制限が緩やかなのか、赤・黄・青と色とりどりで、結構楽しい・・・。路面電車の方も、多少はもっと賑やかな色合いのラッピングがあっても良いような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.18

テントウムシの季節

tentou0501近所の草むらでアブラムシが大繁殖。しばらくすると、アブラムシの臭いを嗅ぎつけたのか、テントウムシが集まってきて、卵を産み落としていきます。更にしばらくすると、ちょっと気持ち悪いテントウムシの幼虫が這いずり回り、そのうちサナギになって、テントウムシの成虫になります。例年に比べると、今年は何故か「ナナホシテントウ」が多いような気がします。「ナミテントウ」の幼虫もゴソゴソしてはいたのですが、共食いされてしまったのか成虫がほとんど見つからない。
愛犬の散歩途中、こんなテントウムシ達を見つけると、ついついカメラとマクロレンズを持ち出して写真を撮りたくなってきます。元々、かなりの田舎育ちで、自然が遊びの対象となることが多かっただけに、不思議とこんな虫達をいつまで見ていても飽きないんですよね。でも、それほど暇を持て余している訳でもないのですが・・・ 一応。

ところで、この雑記帳の各記事のフッタ部 「投稿時刻・カテゴリ・固定リンク」の表示が異常になる場合があるようです。取り敢えずは、@Nifty会員サポートへ問い合わせ中・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.05.16

スター・ウォーズ エピソード3

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐 (ソニー・マガジンズ文庫―Lucas books)

中古価格 ¥1から (2015/2/1 11:16時点)


今週5月19日、ついに米国にてスター・ウォーズ最新作 『スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐』 が公開されるそうです。ちなみに日本での公開は7月9日から・・・。
会社帰りに本屋に立ち寄ってみますと、映画公開に先立って既に小説の邦訳版も発売されているのを確認しました。一押しのスター・ウォーズ情報Webサイト 『スター・ウォーズの鉄人!』 でも、この邦訳版のことが紹介されていまして、それによると・・

映画から最終的にカットされたシーンもかなり含まれている模様なので、正しい解釈を知るには欠かせない一冊となるでしょう。

ということだそうです。
旧3部作(エピソード4~6:1977,1980,1983年公開)の頃からスター・ウォーズの魅力に取り憑かれた私T.Kazeとしましては、新3部作(エピソード1~3:1999,2002,2005年公開)の締めくくりであり、新旧を繋ぐ 『エピソード3』 の映画公開が待ち遠しくて仕方がありません。それにしても、シリーズ第一作目の 『エピソード4』 の公開から28年にもなるんですね・・ こんな壮大なシリーズが他にあったでしょうか?? スター・ウォーズの場合、映画で公開されたエピソードの前後のストーリーが小説としても数多く出されていまして、一部は邦訳されています。これらの小説を読むのも、また楽しみの一つになっていました。
この夏公開の完結編 『エピソード3』 ・・・ 小説を読んでから映画を見るか、映画を見てから小説を読むか・・・ かなり悩むところではありますが、やはりまずは映像で感動したいと思っている今日この頃・・・ かなり評価も高いみたいですから。
今日、こんなニュースも出ていました。
Yahoo!ニュース:『Star Wars』最新作公開で、欠勤者続出の見込み

映画『Star Wars』シリーズ前編3部作の最終エピソード『Star Wars III: Revenge of the Sith』(シスの復讐) が、ついに米国で劇場公開となる日だ。各職場の責任者は、公開初日を狙う従業員の欠勤に、頭を悩ますことになりかねない。技術者集団にはマニアックな人が多く、マニアックな人は SF 作品、特に Star Wars の映画が大好きだ。したがって、週末の Star Wars 公開に向けて、営業日でいうと16日から始まる1週間は、業務効率が低下する可能性がある。

私は、決してマニアックではないと思っていますが、技術屋出身者としましては、かなり気持ちが分かります。でも、さすがに仕事に支障をきたすのはまずいですよね!

スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐 [DVD]

新品価格 ¥1,000から (2015/2/1 11:18時点)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.15

フルラッピング路面電車(3)

804jaf

広島市内を走るフルラッピング路面電車紹介第三弾です。
今年4月始め(3月末?)に登場した広電 804号・・ 社団法人 日本自動車連盟のラッピング路面電車です。全国・24時間・年中無休のロードサービス・・ おそらくは "JAF"(Japan Automobile Federation)の呼び名の方がよく知られていますね。
ラッピングは、空の青色を基調として、おなじみのJAFマークと子供のイメージ。そして、「みんなの笑顔のために、後席もシートベルトを。」の文字がプリントされています。どちらかと言えば、歩行者向けの広告というよりは、自家用車を運転中のドライバーを対象とした全面広告といった感じがします。
そういえば、一昔前はフロント部分にJAFの丸バッジをつけた自家用車をよく見掛けましたが、最近は余り目に付かなくなったような・・・?? JAFのWebサイトによりますと、昭和38(1963)年にスタートしたロードサービスの会員数は年々順調に伸びているようでして、平成15(2003)年の時点では 1,700万人を越えています。清涼飲料などと違って、競合するサービスもほとんど無く、それほど広告を打つ必要もないような気もしますが・・・。広島市内では、ほぼ似たようなデザインのラッピングバス(確か、広電バス)も運行されているのを確認しました。

**追記: 路面電車のPHOTO INDEXを追加してみました。右のサイドバー中程のバナーからどうぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.14

サクランボ

sakuranbo近所でサクランボが赤く色付いているのを見つけました。勿論、どなたかが栽培されているものです。新緑の薄緑とサクランボの赤の対比が目に鮮やかだったのですが、撮った写真は今一つですね (^^;)。ツヤツヤのサクランボの表面がまだらに見えていますが、これは周りの風景が写り込んでいるためかも!?? 元画像を見ると、私の姿も写り込んでいるような気がします。それにしても、美味しそうなサクランボ!!
ところで、ここに来て、公私に渡って色々と忙しくなりそうな予感です。たぶん、この雑記帳の更新もやや滞り気味になる可能性大です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.11

ホームページ開設6周年!!

ron2005

先日5月9日で、本家Webサイト『Family Page広島』 開設6周年を迎えました。ここ最近、本家Webサイトの方の更新がやや滞り気味ではありますが、「継続は力なり」 の精神でボチボチやっていこうと思っています。今後ともご支援の程よろしくお願い致します m(_ _)m。 当面の目標は、「トップページのアクセス100万カウント」 なのですが・・・!??
ちなみに、上の写真で笑顔を見せてくれています我が家の愛犬 ロン(♀) も6歳です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.05.08

今年の鈴蘭(すずらん)

suzuran0501我が家の庭で幅を利かせている鈴蘭(すずらん)・・ 昨年よりも占有面積が拡がったような気がします。チューリップの花がそろそろお終いになりそうな4月後半頃、何もしなくても庭の鈴蘭が葉を出し、花を付けて一気に成長していきます。この可愛らしい鈴蘭、マクロレンズで絞り開放にて逆光気味に撮ると、葉や茎が明るく透けていい感じになりそうなのですが、なかなか思ったような写真が撮れません。どこにピントを合わせると良い感じになるのか・・ 悩むところです。
さて、この雑記帳(ブログ)にて、身近な花や生き物などの写真を掲載していますが、以前の写真を探すのにやや苦労するようになってきました。そこで、写真のインデックスページを作ってみました。右側サイドバー中程、『PHOTO INDEX』 のバナーをクリックするとインデックスページが開きます。現在は、「花」「生物」 のみですが、「広島」 と 「路面電車」 のインデックスを追加する予定です。興味がある方は是非どうぞ・・・。どちらかと言えば、自分用のインデックスかもしれませんが??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.07

不消霊火堂(きえずのれいかどう)

reikadou2先日5月5日お昼過ぎ、宮島・弥山の不消霊火堂が全焼してしまったそうです。霊火堂は、宮島 弥山の山頂まで後僅かの場所にある大聖院・弥山本堂のある一角にあり、『弥山の七不思議』 の一つにも取り上げられている霊火 「消えずの火」 が守り続けられてきた小さなお堂です。
この 「消えずの火」 は、かつて八幡製鉄所の溶鉱炉の種火にされ、また平和記念公園の 「平和の灯」 の種火にもなっていることでもよく知られています。お堂の内部中央には、煤 (スス) で真っ黒になった大茶釜が 「消えずの火」 にかけてあり、ここで沸かしたお湯は万病に効く霊水とされていたようです。お堂には常に煙が漂い、入り口上部やお堂内部は真っ黒に煤けていて、霊火 「消えずの火」 が守り続けられてきた歴史と厳かなる雰囲気を感じさせてくれました。
かつて霊火堂に取り付けられていた説明書きから・・・

不消霊火堂 (きえずのれいかどう)
本尊は、不動明王で、弘法大師 御修行の護摩の火が、壱千百九十余年間、昼夜燃えつづけ、元火の絶えない霊火で、高野山 「きえずの灯明」 と共に他に例なく 而も大木を燃やしつづけている霊火は当山のみである
 
reikadou4

今回の火災で、天然記念物に指定されている弥山原始林への延焼を免れたこと、そして何より参拝客や僧侶に怪我など無かったのは不幸中の幸いです。出火直後に、「消えずの火」 もロウソクに灯して持ち出されランプに移されたそうです。
それにしても・・ このところ、異常に湿度の低い日が続いていたようですので、ちょっとした火種でも引火しやすい環境になっていたのかもしれません?? 火災発生の五日夜、広島は雨になったのですが、この湿り気がもう少し早かったら火災を免れていたのかも・・・。ほんとうに残念です。

**掲載している写真は、ちょうど4年前、2001年5月の連休中、安芸の宮島「弥山の七不思議」2001~実地調査に訪れた際に撮影したものです。うちの嫁さんとワンコも写っています(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.05

海岸通--路面電車撮影

kaigannd本家Webサイト内『路面電車が走る街 広島写真集~広電市内線沿線フォトギャラリー~』 ・・・ 広島電鉄・宇品線の電停「海岸通」 のページをアップしました。付近で撮影した写真を一通り見てみると似たような写真が多く、結局のところ掲載枚数5枚と、やや少な目です。
「海岸通」電停のすぐ近くには、平成6(1994)年に開催されたアジア大会にて自転車競技会場になった広島競輪場があるのをご存じでしょうか?? かつて「海岸通」電停が現在位置から南方向 約百メートルの地点にあった頃には、現在の電停位置付近に広電の臨時停留場「競輪場入口」 電停も設けられていたようです。
写真撮りの為に電停付近でウロウロしていますと、たまに新聞(出走表??)を小脇に抱えた人がいそいそと競輪場方面に向かって歩いてゆくのを目にします。Webサイト 『HIROSHIMA KEIRIN HOME-PAGE』 に掲載されている開催日程表などを覗いて見ると、かなり頻繁にレースが行われているんですね・・・ ちょっと面白そう。なんと、広島駅前発~八丁堀経由~競輪場行きの無料バスが運行されているそうですので、これを利用しない手はないですね!??
こんな感じで、自分のWebサイトやブログに掲載するべく広島に関する情報を調べる機会が多いのですが、いかに地元の情報を知らないか思い知らされます。実のところ広島市内に在住しながら、路面電車の写真など撮っていなかったら、広島競輪場の存在など全く知らなかった・・(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.04

2005ひろしまフラワーフェスティバル

2005ff01所用によりやや出遅れてしまいましたが、昨日3日午後遅め、『2005ひろしまフラワーフェスティバル(FF)』 を覗いてきました。
 きまぐれ広島ニュース > 2005ひろしまフラワーフェスティバル開幕!(2005年5月3日)
昨年は小雨交じりでしっとりした2004FF開幕となりましたが、今年は朝から晴天に恵まれ初夏を感じさせてくれる陽気の中での開幕となりました。メーン会場となる平和記念公園・平和大通り周辺は、多くの人出で賑わっていました。例年のごとく、FFのシンボル「花の塔」 付近でパレードを見ながらしばらく写真を撮ったりしていたのですが、多少マンネリ気味の感も・・・ 何かしら変化が欲しいですね・・。
さて、今年のフラワー歌手は広島県府中町出身の神園さやかさん(18歳…若い!!)。パレード後のステージで少しだけ歌声を聞いたのですが、さすが上手いですね。プロですね。まだそれほど知名度は高くないような気もしますが、いい歌に恵まれると結構ヒットを飛ばしそうな予感もしました。広島県人としましては、やはり応援したくなります。是非とも頑張って欲しいものです。

2005ff02

最後にちょっと辛口批評みたいで申し訳ないのですが、ひろしまフラワーフェスティバルの公式Webサイトは一体どうしてしまったのでしょうか?? どこで作成されているのでしょうか?? 延べ百万人超の動員数を誇る広島市の代表的なお祭りのWebサイトにしては、余りにも素人っぽい作りで淋しい感じ・・・。しかも、お世辞にも使いやすいとは思えないですね。以前もこんな感じでしたっけ?? 事前にネットでフラワーフェスティバルに関する情報をチェックして出掛ける人もいるはずです。そういったWebサイト訪問者の立場になれば、もう少し気の利いたWebページになるはずだと思うのですが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »