« フルラッピング路面電車(3) | トップページ | テントウムシの季節 »

2005.05.16

スター・ウォーズ エピソード3

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐 (ソニー・マガジンズ文庫―Lucas books)

中古価格 ¥1から (2015/2/1 11:16時点)


今週5月19日、ついに米国にてスター・ウォーズ最新作 『スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐』 が公開されるそうです。ちなみに日本での公開は7月9日から・・・。
会社帰りに本屋に立ち寄ってみますと、映画公開に先立って既に小説の邦訳版も発売されているのを確認しました。一押しのスター・ウォーズ情報Webサイト 『スター・ウォーズの鉄人!』 でも、この邦訳版のことが紹介されていまして、それによると・・

映画から最終的にカットされたシーンもかなり含まれている模様なので、正しい解釈を知るには欠かせない一冊となるでしょう。

ということだそうです。
旧3部作(エピソード4~6:1977,1980,1983年公開)の頃からスター・ウォーズの魅力に取り憑かれた私T.Kazeとしましては、新3部作(エピソード1~3:1999,2002,2005年公開)の締めくくりであり、新旧を繋ぐ 『エピソード3』 の映画公開が待ち遠しくて仕方がありません。それにしても、シリーズ第一作目の 『エピソード4』 の公開から28年にもなるんですね・・ こんな壮大なシリーズが他にあったでしょうか?? スター・ウォーズの場合、映画で公開されたエピソードの前後のストーリーが小説としても数多く出されていまして、一部は邦訳されています。これらの小説を読むのも、また楽しみの一つになっていました。
この夏公開の完結編 『エピソード3』 ・・・ 小説を読んでから映画を見るか、映画を見てから小説を読むか・・・ かなり悩むところではありますが、やはりまずは映像で感動したいと思っている今日この頃・・・ かなり評価も高いみたいですから。
今日、こんなニュースも出ていました。
Yahoo!ニュース:『Star Wars』最新作公開で、欠勤者続出の見込み

映画『Star Wars』シリーズ前編3部作の最終エピソード『Star Wars III: Revenge of the Sith』(シスの復讐) が、ついに米国で劇場公開となる日だ。各職場の責任者は、公開初日を狙う従業員の欠勤に、頭を悩ますことになりかねない。技術者集団にはマニアックな人が多く、マニアックな人は SF 作品、特に Star Wars の映画が大好きだ。したがって、週末の Star Wars 公開に向けて、営業日でいうと16日から始まる1週間は、業務効率が低下する可能性がある。

私は、決してマニアックではないと思っていますが、技術屋出身者としましては、かなり気持ちが分かります。でも、さすがに仕事に支障をきたすのはまずいですよね!

スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐 [DVD]

新品価格 ¥1,000から (2015/2/1 11:18時点)



|

« フルラッピング路面電車(3) | トップページ | テントウムシの季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19584/4159661

この記事へのトラックバック一覧です: スター・ウォーズ エピソード3:

« フルラッピング路面電車(3) | トップページ | テントウムシの季節 »