« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.29

蟻と桃色昼咲き月見草

tsukimi0501

体調最悪です(^^;)。 夏風邪がなかなか治らないので、少し早めに会社を抜けて医者へ行ってきました。抗生物質と呼吸を楽にさせる作用がある薬、鼻づまりや頭痛などの症状をやわらげる薬などを貰ってきました。あれこれ薬を貰ってくるだけで、少し楽になったような気がするから不思議なものです!? 今年の夏風邪は、かなりしつこいという話も聞きましたので、皆様も気を付けて下さいませ。最近の薬はよく効くみたいですので、早めに医者へ行って診てもらうのが一番かも・・??
さて、写真は桃色昼咲き月見草。1ヶ月以上前から咲いている花ですが、未だに近所であちこち咲いているのを見ることができます。昨年もこの雑記帳に写真を掲載しましたが、今年も花に入ったり出たりで忙しそうにしている蟻(アリ)を絡めて似たような写真を撮ってしまいました。花の奥の中心部に頭を突っ込んで何やらモソモソやっているところですが、花の蜜でもあって舐めているのでしょうか?? 働き者の蟻さんはエライですね!!?
体調も優れないので、今晩は早々に休みたいと思います・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.06.28

カープは現在地で観たい??

hon_carp1広島市内、本通りアーケード街では、こんな垂れ幕が登場しています。この垂れ幕は、勿論我らが広島東洋カープの本拠地「広島市民球場」に替わる新球場の建設地のことです。先日、広島市から、新球場の建設地を東広島駅貨物ヤード跡地とする方針を固めたことが発表されました。おそらくは、そんな広島市の方針を受けて、本通りの垂れ幕が登場したのではないかと思われます。
『カープは現在地で観たい。』・・ 現在の広島市民球場から目と鼻の先にあたる本通り商店街の方々にとっては、切実な願いに間違いないのでしょう。では、一般の広島市民の皆さんの思いは如何でしょうか?? 一時、たる募金などで、多少盛り上がり始めたように見えましたが、ここに来て、やや盛り上がりに欠けるような・・・ やっぱりカープが最下位で低迷しているようでは、4-5年先に完成するらしい新球場の話題が出ても、今一つ盛り上がりきれないような気がしています(^^;)。でも、敢えて自分の希望を言わせていただけるとしたら、やっぱり『カープは現在地で観たい。』ですね!! 東広島駅貨物ヤード跡地に新球場ができてしまったら、私個人的にはかなり足が遠退きそうな予感がしますが・・??
そう言えば、最下位のカープの中にも明るい話題・・ 38歳の野村選手、通算2,000本安打の達成、おめでとうございます!! 広島では、衣笠選手、山本浩二選手に続く三人目だそうですね。野村選手には、巨人や阪神など他球団に移籍することなく(今さら無いか??)、もっともっと広島カープで頑張って欲しいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.06.27

広島駅前・路面電車乗り場

先月の「広電・路面電車脱線!!(2005.05.24)」 の記事にて、広島駅前電車乗り場の案内板についてのコメントをいただきました。それを受けて、広島駅前電車乗り場の様子を少しだけウォッチしてきました。
広島市内在住者にとってみれば、全く迷うこともない広島駅前の路面電車乗り場ではありますが、観光や出張等で広島市を訪れる人々にとっては、非常に分かり難い案内ではないか?? といったご指摘だったと思います。実際、広島市の陸の玄関・JR広島駅の在来線側出口(南口)から出てきますと、まずは広電 5号線、広島港行き「比治山線」乗り場が正面に見えてしまい、そこに電車が止まっていようものなら、思わず表示も見ずに乗り込んでしまいそうになるのかもしれません??

hiroshima_eki6

しかしながら、観光や出張等で広島市を訪れる人の大半は、八丁堀・紙屋町、原爆ドーム・平和公園、そして宮島方面を目指していることが多いのではないかと思う訳です。落ち着いて周囲を見回すと、頭上に設置されている「電車のりばのご案内」が目につき、その案内を見れば、もっと左手奥の電車乗り場から乗らなければならないことが分かると思います。

hiroshima_eki3

この照明で浮かび上がっている案内板・・ 日英韓中の四カ国語で案内表示されています。毎日広島駅を通っている訳ではないので、いつ設置されたものかは分かりませんが、おそらくは比較的最近になって設置されたのではないかと思われます。ちなみに写真撮影したのは、6月6日の会社帰りの際です。この乗り場案内で、以前と比べると多少分かり易くなったのではないでしょうか?? すぐに目に止まるかどうか、微妙な位置に設置されている気もしないでもないですが・・。

hiroshima_eki

次に目に付くのが、やや左方向に設置されている立て看板の「路面電車案内」です。こちらで案内されているのは、路線図・電車の利用方法・乗換案内、そして「市内均一料金150円」の表示も目立っています。この路線図で目的地を確認できれば、何番の路面電車に乗ればいいかすぐに分かりそうです。ただ、電車の利用方法や乗換方法をすぐに理解できるかどうか、やや気になるところ。尤も、乗換方法なんて、(毎日利用している人は別ですが)広島市民でさえも理解していない人も多数ではないかと思われますので、それほど気にする必要もないでしょう。取り敢えずは、乗り方さえ分かれば・・・ まずは路面電車に乗り込んで、降りる時に料金を支払えばOKですから、そんなに難しくはありません。(但し、必ず小銭を準備するべし。万札で支払おうなんていうのは御法度ですから要注意。)

hiroshima_eki5

更に左奥方向へ行くと目につくのが、こちらの行き先案内です。ここまで来れば、もう乗り場を間違えることもないでしょう。ただ、乗り方が分からない人は、この辺りで不安そうな表情をしていらっしゃることが多いのですが・・。
さて、こうしてチェックしてみますと、広島駅前における路面電車の案内もそれなりに改善されつつあるように見受けられます。ただ、これだけ案内表示があっても、余り案内を見ることもなく、不安げにキョロキョロしている人は必ずいるものです。もっと直感的に分かり易い案内表示を最適な位置に設置するという点においては、多少改善・工夫の余地があるように感じましたが、なかなか万人に全てを即座に理解してもらえるような案内表示というのは難しそうな気もします。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.06.26

紫陽花〜カメラ付き携帯2

もう一枚携帯カメラで撮影した紫陽花写真です。先ほどと同じ紫陽花の花を横位置・マクロモードで撮影してみました。そのまま投稿したらどうなるかテストです。横長に表示されていればいいのですが・・・。

050626_173401

**追記: やはり縦長に表示されてしまったので、パソコンにて修正・更新しました。ついでに、携帯からの投稿の際に指定できないカテゴリーも設定してやりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫陽花〜カメラ付き携帯にて

今日もカメラ付き携帯電話から写真付きで投稿しています。実は夏風邪をもらってしまい、やや体調不良気味です。こんな時、寝っころがって投稿できる携帯は便利ですね。
広島市内では雨の降らない梅雨が続いていましたが、昼頃から湿り気程度の雨がパラつきました。すかさず、近所の紫陽花を携帯カメラのマクロモードで撮影してみました。やはり携帯の壁紙サイズ240x320ピクセルのサイズで撮影しています。マクロモードにすると、結構近くまで寄れるし、ちょっとしたボケも出せて、まずまずではないでしょうか!? 少し使いずらいと感じたのは、撮影の時にピントがどこにあっているか確認し難いことと手ブレしそうになること。カメラ付き携帯にあまり多くのことを期待しすぎるのもどうかと思っていましたが、ここまで撮れるとは・・・ ちょっとした感動ですね。普通のデジカメや一眼レフで撮る人は、よほどいい写真を撮らないと、「その程度の写真、携帯で撮れるよ」なんて言われてしまうかも・・・です。

050626_135402.JPG

**追記: 携帯からの投稿の際に指定できないカテゴリーを設定しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.23

カメラ付き携帯ゲット!!

つい先日、機種変更によって念願のカメラ付き携帯電話をゲットしました。なんと130万画素のカメラ付きです。これまでいつも愛用していたコンパクトデジカメが150万画素のモデルだったので、ほとんど大差なしかもしれません!??
で、今日は試しに携帯から写真付きで投稿しています。取り敢えずは、携帯の壁紙サイズ240x320ピクセル。モデルは、もちろん我が家の愛犬ロン大王様ですが、如何でしょうか?? 思った以上に良く撮れているので、感心してしまいました。これを機に携帯で写真付きモブログなんてやってみようかな・・ なんて思いもあるのですが、携帯で文章を打つのはちょっと辛いというか、まどろっこしいですね。ここまで打つのにも結構時間くってしまいました。
毎度のことながら、常に最先端の技術から2-3歩遅れながら追っかけてます(^^;)。

050617_070601.JPG

**追記: 携帯からの投稿の際に指定できないカテゴリーを設定しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.22

フルラッピング路面電車(5)

808neoz

広島市内を走るフルラッピング路面電車紹介第五弾です。
広電 808号・・ NTTネオメイト中国のフルラッピング路面電車です。この青色系のお洒落な全面広告車両、いつ登場したのか今一つ自信がないのですが、昨年2004年2月初旬には既に運行されていたのを確認しています。なので、もう1年以上同じラッピングで運行されているようです。
車体には、「インターネットするならNTTネオメイト中国のコーディネートサービス」の文字、そして「ブロードバンドパソコン オズファOZFA」、「パソコンのセットアップ&サポート ネオッツNeo'z」・・・ NTTさんも結構色々とやってるんですね・・ 知らなかった(^^;)。
この広電 808号は、フルラッピング全面広告車としては CATS電車802号に次ぐ第2号車となりました。こうして、改めて写真で見ると、それなりにお洒落なデザインに見えるのですが、何か物足らないというか・・ インパクトが無いというか・・ あくまでも個人的な好みの問題ではありますが、もっと奇抜なデザインがあってもいいのではないかと・・・。ちなみに、ほとんど同一デザインのラッピング広電バスもほぼ同じ時期に運行されています。(バスの写真も撮った記憶があるのですが、見つからない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.21

元宇品口--路面電車撮影

motoujina本家Webサイト内 『路面電車が走る街 広島写真集~広電市内線沿線フォトギャラリー~』 ・・・ 広島電鉄・宇品線の電停「元宇品口」のページを昨晩アップしました。前回の更新から既に1ヶ月以上が経過していましたが、特に意図はありません。ただ、2-3年前に「元宇品口」付近で撮影した写真があったような気がしてあちこち探し回っていたのですが、結局見つからずじまい・・。いつかその内、ゆっくりと時間をかけて写真の整理でもしたいと思っているのですが、なかなかまとまった時間も取れず未整理の写真が溜まる一方です(^^;)。
さて、「元宇品口」付近ですが、現在路面電車の軌道と並行して「広島南道路」の建設が進みつつあるようです。路面電車の軌道脇には、「広島南道路事業予定地」の大きな看板も目につきます。この「広島南道路」は、広島県安芸郡海田町から広島県廿日市市辺りに向けて臨海部を東西に結ぶ幹線として事業が進められているようですが、今一つ工事の進捗具合はのんびりとしているように感じられます。国土交通省【事業概要 広島南道路】のページにて事業の経緯を見ますと、「平成元年-事業化、平成6年-地域高規格道路の路線指定、現在-一部区間の用地取得・工事」 となっていました。要するに、まだ用地買収が完全にできていない箇所があって、建設の進み具合もスローペースなのかなぁ!?? と思ってしまいました。
minami_douroそもそも広島市は、北方向から瀬戸内海に注ぐ太田川によって形成された典型的なデルタ地形の都市です。従って、東西方向に進む為にはいくつもの河川を渡る必要があります。その河川に架けられた橋の部分では、たいがい車線数が少なくなっていることが多くて、渋滞を誘発しやすい状況となっている訳です。現在、建設が進んでいる「広島南道路」が完成すれば、多少は東西方向の混雑が解消されるのではないかと期待しているのですが、一体いつになったら完成するのやら・・・。ネットで探してみたのですが、何故か完成予定時期が見つからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.19

LED式行き先表示器

ikisakihyouji

興味の無い人にとっては別にどうでもいい話題・・ 路面電車の「行き先表示」です。
現在、ほとんどの広電・路面電車の行き先表示は幕式(写真右)でして、系統番号と行き先が書かれた幕を機械的にクルクル回転させて表示を切り替えています。そして、今春3月にデビューした最新型の国産超低床車グリーンムーバーmaxでは、LED方式の行き先表示器が採用されました(写真左:実際の見た目はもっとオレンジ色っぽいのですが、夜デジカメ撮影するとかなり黄色っぽく写ってしまいました)。これは、半導体というか・・ 電気式でして、一瞬で表示の切り替えが可能になります。どちらの方式が良いのか?? 好みか??・・・ それぞれ長所短所があって意見も分かれそうな気がしますけど、個人的には従来の幕式の行き先表示の方が系統の色と文字で分かり易いのではないかと感じています。しかしながら、バスの状況などを見ていますと、将来的には LED方式の行き先表示器に移行していくのかもしれません!??

さて、このグリーンムーバーmaxの LED式行き先表示の悩ましいところ・・・ それは、写真撮影をすると切れ切れになって写ってしまうところです。薄暗い時間帯でシャッタースピードが遅い時には気にならない場合もありますが、昼間に撮影しようものなら、たいがい切れ切れの行き先表示になってしまいます。例えば、過去の記事 『宇品の芝生軌道 -2005.04.29』『グリーンムーバーmax 試運転3 -2005.01.24』、そして 『電車と浴衣…「とうかさん」 -2005.06.12』 あたりに掲載している写真みたいに・・・ はっきり言って、ちょっと情けない(^^;)。
led_maxこれは、行き先表示のLEDが早い周期で点滅しているのが原因だと思い、カメラのシャッタースピードを段階的に変えて撮影してみました。その結果、1/125秒よりも早いシャッタースピードでは表示が切れてしまい、1/60秒より遅くなると濃淡はあるものの一応つながって写っているようです。詳しいことは分かりませんが、おおよそ 100~120ヘルツ(1秒間に100~120回、商用周波数60ヘルツの2倍???)位の周期で点滅しているようにも見えます。これは、省電力とかLEDの発熱を抑える(長寿命化につながる)などの目的があるのかもしれません?? 勿論、点滅しているといっても、これ位の早い周期になると人間の目には連続点灯しているように見えますから、行き先表示器として何ら問題はありません。
この結果から言えることは・・・ 要するに、行き先表示が切れないように写真撮影するには、約1/120秒よりも遅いシャッタースピードに設定しなければならないということです。電停に停車中の路面電車を撮影するならともかく、中望遠あたりで走行シーンを撮影しようとすると、ブレてしまいそうでちょっと嫌な感じですね(^^;)。
ほんと、興味の無い人にとっては別にどうでもいい話題だと思いますが、写真撮影しようとすると、ちょっと悩ましい問題なのです。さてさて、どうしたものか・・??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.18

紫陽花・アジサイ・あじさい

ajisai0510梅雨入りしたというのに雨が降りませんね。・・ということで、梅雨入りした先週末に近所で撮影した紫陽花写真ばかりです。紫陽花って結構色々な色や形・・ 種類が豊富で、ほんと面白く飽きがこない花です。間近に見ると、必ずしも綺麗で繊細な花だとは言い難いものも多いのですが、雨に濡れた花に寄ってマクロで適度にボカして撮ると、いい雰囲気になりそうです。しかし、あれこれ試してみるのですが似たような写真ばかり・・(^^;)。梅雨本番を前にして、そろそろ近所の紫陽花も見頃を終えてしまいそうです。
それはさておき、今年も「ホタル」 と「ホウネンエビ」 が姿を見せてくれています。梅雨本番になる直前の今が一番のピークなのですが、雨が降り続くと増水して水が濁ってしまったり、水温が下がってしまう関係でしょうか??、いつの間にかその姿も見えなくなってしまいます。時間が取れれば、この休日(土日)に写真撮りしてみようかとも思っているのですが・・・。
ちなみに、昨年の今頃はこんな感じでした・・・
> 蛍・ホタル・・乱舞!?(2004.06.12)
> ホウネンエビ・・もう見納め(2004.06.22)

ajisai0508

ajisai0506

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.16

映画 『ヒナゴン』

hinagon先日の広電 「路面電車まつり」 が開催された日、念願の映画 『ヒナゴン』 (監督:渡邊孝好氏、主演:井川遙さん・伊原剛志氏) を見てきました。この映画、以前にもここで少し紹介しましたが、直木賞作家・重松清氏の 「いとしのヒナゴン」 が原作。市町村合併を背景に揺れる広島県北の田舎町 「比奈町」 を舞台にして、三十年ぶりに現れた未確認動物 「ヒナゴン」 騒動を描いた田舎物語です。ちなみに、昨年の夏にヒバゴンの里・比婆郡西城町にて映画のロケが行われ、今年3月には比婆郡西城町や庄原市などで先行上映、そして広島市内でもこの5月下旬から公開が始まっています。
一応、広島県内ロケ映画ということで、市内本通り商店街のアーケードには広島県観光キャンペーン実行委員会による大きな宣伝の垂れ幕がお目見えしています。この日、浴衣まつり 「とうかさん」 の最終日ということもあってか、映画館の中のお客さんはかなり少な目でしたね(^^;)。観客席に座っているお客さんの顔を見ると、何故か県北・比婆郡辺りの出身者に見えてくるから不思議なものです (間違いなく考えすぎだということは分かっていますが・・)。
さて、この映画 『ヒナゴン』・・ ネタバレになってもいけないので、敢えてここではストーリーを書きませんが、ちょっとした感動が味わえてウルウルくるかもしれません?? 私の場合、映画公開前に重松清氏の原作本を読んで既にウルウルきていたので、映画ではややウルウル度が少なかったように思います。ちなみにこの映画のキーワードは 「信じる」 なんだそうです。
映像は比婆郡西城町の各所で撮影されたこともあって、私にとっては見慣れた風景ばかり・・ そんな親しみのある田舎の風景をうまく背景として取り込みながら、女優の井川遙さん、俳優の伊原剛志氏、鶴見辰吾氏、松岡俊介氏、嶋田久作氏などなど・・ ベテラン勢の演技が重なっていくと、ほんと映画っぽく見えてくるんですよね・・。広島弁もほとんど違和感がなくて、さすがはプロの俳優さんといった感じでしたね。ちょっとコミカルタッチで面白く、それでいて感動もさせてくれる映画になっていますので、是非ともご覧になって下さいませ。

**比婆郡西城町ですが・・・ 今年3月末、市町村合併によって庄原市西城町となりました。「比婆郡」 の文字が地名から消えてしまうというのは、そこの出身者としましても非常に寂しい限りです。

いとしのヒナゴン

新品価格 ¥1,851から (2015/2/1 11:27時点)



ヒナゴン [DVD]

新品価格 ¥3,296から (2015/2/1 11:39時点)



| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.06.12

電車と浴衣…「とうかさん」

hacyo0502

先日の「とうかさん」「路面電車まつり」の続編のつもりで・・・
6月10日は、やや苦しいゴロ合わせ 6(ロ)・10(デン)で、路面電車の日とされています。毎年、この路面電車の日に近い日曜日に「路面電車まつり」が開催されるものと思いきや、今年は「とうかさん」最終日の6月5日(日)に開催されました。そう言えば、確か昨年も同じようなパターンでしたね。もしかしたら、梅雨入りも間近となる時節柄、意識して早めの「とうかさん」に合わせているのかもしれませんね!??
「とうかさん」の期間中、市内中心部の至るところで浴衣姿の女性を目にすることができます。聞くところによりますと、広島市内で浴衣の着始めとされる夏祭り「とうかさん」に合わせて、浴衣を新調する女性も結構いらっしゃるんだそうですね。せっかくの浴衣まつり「とうかさん」・・ 浴衣姿の女性を絡めた季節感のある路面電車の絵を期待しつつ、「路面電車まつり」を覗いた後、八丁堀交差点辺りで写真を撮ってみました。
最初の写真、白島線で運行中の旧大阪市電905号を背景にして横断歩道を渡っているのは、海外からのお客さんでしょうか?? 金髪の小さな女の子が可愛らしい着物を着せてもらって、嬉しそうに歩いていました。

hacyo0504

続いて二枚目、八丁堀電停で信号待ちのポカリスエット全面広告車 706号の前を横断してくる浴衣姿の若い女性達。普段浴衣なんて着慣れていないから仕方ないとは思いますが、やや歩く姿もぎこちないような・・・?? そう言えば、先日の「とうかさん」の記事に追記した左前で浴衣を着ている若い女性の件・・ ネットで調べてみたところ、亡くなった人には左前で着物(死装束)を着せる習わしがあるそうです。お祭りなどで、浴衣や着物を左前に合わせて着ることは縁起が悪いとされているようですので、やはり気を付けた方がよさそうです。

hacyo0506

最後の写真は、今春デビューしたばかりのグリーンムーバーmax 5101号。この日、「路面電車まつり」の会場に展示されていたmax・・・ 会場では、ちびっ子達が運転席に座って触り放題、写真撮り放題でした。毎年、「路面電車まつり」の締めくくりとして、展示車両による無料貸切運行が行われているのですが、このmaxは広島駅行きで貸切運行されたようです。写真は、広島駅からの回送運転で八丁堀電停まで折り返してきたところを狙ってみました。
そこそこの枚数を撮った割には、タイミングが悪かったりする場合も多く、かなり運まかせのところがあって、なかなか自信を持ってお見せできるような写真がありません(^^;)。毎年撮っていれば、その内に良い写真が撮れることを期待しつつ・・・。

**追記: 先日の「路面電車まつり」の記事をご紹介いただいたブログの記事へトラックバックです。どちらも、広電の「路面電車まつり」の様子を記事にされていますので、是非どうぞ・・・
> 猫電車日記 - 広電 路面電車まつり(その2)(2005-06-07)
> TEAROOM☆NAOKO -ANNEX-: 路面電車の日(2005年6月10日)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.06.11

そろそろ梅雨入りの予感!?

ajisai0504

先日のちょっと不思議な紫陽花・・・ 同じ花を別の角度から狙ってみました。結構、こんなアングルが好きでして、何度か自分なりにトライしてみるのですが、なかなか思ったような写真になりません(^^;)。
今日(12時回ったので、正確には昨日)、広島市内では雨が降り始めました。そろそろ梅雨入りの予感です。紫陽花も雨にしっとり濡れていい感じになるのを期待しつつ・・・。懲りずに、だいせい氏の<紫陽花.BLOG>にトラックバックです。

**追記(2005.06.12): やはり、11日に梅雨入りしたみたいです。今日の朝刊によりますと、「広島地方気象台は11日、中国地方が梅雨入りしたとみられると発表した。」(朝日新聞) ということです。それにしても、「梅雨入りしたとみられる」といった自信の無さげな曖昧な表現は何なのでしょうか??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.08

第10回路面電車まつり

rodenmatsuri2005_3遅ればせながら・・・ この前の日曜日、広電の「路面電車まつり」を少しだけ覗いてきました。今年は第10回目の「路面電車まつり」・・ 10周年記念祭ということで、例年以上に盛り上がったのではないでしょうか?? 朝から小雨がパラついていた昨年と比較すると、雲間から青空も覗いていた今年は、一段と多くの来客でかなり賑わっていたように感じました。
今年の目玉は、やはり今春デビューしたばかりの国産超低床車グリーンムーバーmaxの展示でしょうか?? 恥ずかしながら、実はこの「路面電車まつり」にて初乗車しました(笑)。従来の独製グリーンムーバーに比べると、パッと見では座席数が増えたことはほとんど実感できませんでしたが、通路幅が広くなって、より開放的になったように感じました。次回は、是非とも運行中のmaxにて、その加速感などをしっかり味わってみたいと思っていますが、なかなか乗車の機会が・・・。
もう一つの目玉は、50形車両による特設ステージでの催しでしょうか・・ 吹奏楽やダンスなどが行われたみたいです。残念ながら、時間の都合で催し物を見ることはできなかったのですが、ファミリー向けのイベントとしてもすっかり定着した感のある「路面電車まつり」で、こういった新しい試みもなかなか面白いと思いました。
さて、昨年も同じようなことを感じたのですが、何といっても「路面電車まつり」で目を輝かせているのは、ちびっ子達ですね。(一部、目を輝かせている大人達もいるようですが(^^;)) グリーンムーバーmaxの運転席に座って、ほんと嬉しそうにしていました。また、それを見て写真を撮ってる親(馬鹿)も嬉しそう・・。てっきり、maxの運転席に集中して長蛇の列ができているかと思いきや、ヨーロピアンスタイルのドルトムント76号や素朴な大正電車101号もそれなりに人気があるみたいでしたね。
私、個人的には、独製グリーンムーバーと最新型グリーンムーバーmaxのツーショットなど期待していたのですが、ちょっと残念。それから、被爆電車650形や江波車庫の奥でひっそりと眠っているもうひとつの被爆電車156号、そして、かつての高性能軽快電車3501号なども展示に加えていただければと思っているのですが・・・。

rodenmatsuri2005_4

** いち早く路面電車まつりの記事を上げらていらっしゃった『猫電車日記』さんに敬意を表してトラックバックをお送り致します。
> 猫電車日記 - 広電 路面電車まつり2005 (2005-06-05)

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2005.06.05

珍しい紫陽花???

ajisai0503

先日の紫陽花の記事「もうじき紫陽花の季節(2005.05.29)」から『だいせいの脳』さんの<紫陽花.BLOG>へ参加していましたら、「この額の数はみたことありませぬ」 というコメント付きで紹介いただきました。それならば・・・ 同じ場所で今が盛りの紫陽花をもう一度・・ ということで、つい先ほど愛犬の散歩を兼ねて記録写真のつもりで撮ってきましたが、如何でしょうか?? 自分でもほとんど意識していなくて、やや情けないのですが、ここの紫陽花のガクは4枚・5枚・6枚・・ と色々ですね。よく見かける普通のガクは4枚でしたっけ??
だいせいさん、トラックバック&ご紹介いただき、ありがとうございましたm(_ _)m。次回、一眼レフ+マクロで撮った写真でもトラックバックさせていただこうと思っています。いい写真が撮れていましたら・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.04

とうかさん 2005

touka0501今年も浴衣の着始め『とうかさん』の季節になりました。毎年恒例、初日の3日金曜日の昨晩、会社帰りに少しだけ覗いて写真を撮ってきました。
まずは、広電・路面電車の八丁堀電停あたりで、浴衣姿の女性と路面電車の絵を狙ってみるのですが、全く良い場面が撮れず・・・ おまけに途中で一眼レフカメラのバッテリー切れ。(すぐにカメラのサエダ八丁堀店で新しい電池を買いました) 万が一、お見せできるような写真が撮れていれば、いつかどこかでお披露目したいと思っています。
続いて、中央通りを抜けて稲荷(とうか)大明神の円隆寺へ・・。今年は、初日から中央通りが歩行者天国にされていて、若い人達が今風の浴衣姿で「よさこいソーラン」など踊って賑やかで、結構盛り上がっていたようです。その踊りを見物する人達も、しっかりとお祭り気分に浸っていました。500個以上の提灯(ちょうちん)が釣られている円隆寺では、毎年同じような写真になってしまうので、今年はちょっと別の角度から・・ などと密かに考えていたのですが、やっぱり似たような写真しか撮れませんでした(^^;)。どうも、『とうかさん』は浴衣の女性と円隆寺の提灯というイメージから抜け出せそうにありません。せっかくなので、参拝の列に並んで、円隆寺稲荷大明神で商売繁盛・家内安全を祈願してきました。
うちの娘が「そもそも、とうかさんって何?」と尋ねるので、「昔から広島市内では浴衣の着始めとされていた夏祭り」と答えると、「そんな、浴衣なんて、とうかさんが無かったら着ることないし・・・」といったような会話。確かに最近は、一年で浴衣を着るのは『とうかさん』の時だけといった女性が大多数なのかもしれませんね?? 最近では、夏の盆踊りでさえ浴衣を見ることが少なくなったような気もしますから・・。

**追記: それはそうと、左前で浴衣を着ている若い女性がちらほら・・・。普通に着ている人と並んで歩いていたりすると、結構違和感がありますね。それとも、最近は余り気にしないんですかねぇ?? (女性の浴衣姿ばかりに見とれて歩いている訳ではございませんので、誤解無きよう・・・ 実は、昔、柔道やってましたので、ちょっと気になるのです)

touka0502

** きまぐれ広島ニュース > 浴衣の着始め『とうかさん』 (2005.06.03)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.06.02

広電が走る街今昔

広電が走る街今昔―LRTに脱皮する電車と街並み定点対比 (JTBキャンブックス)

新品価格 ¥1,944から (2015/2/1 11:11時点)


先日、中国新聞・地域ニュース (つい最近リニューアルされてビックリ。ただ、読み込みに時間がかかるのが難??) で紹介されていた長船友則氏の書籍 「広電が走る街 今昔~LRTに脱皮する電車と街並み定点対比」 を購入してきました。まだ、パラパラと拾い読みした程度ですが、なかなかいい書籍だと思います。こんな本は大好きです。しかも、この内容で 1,800円ならば、間違いなくお買い得ですね。
主な内容としては、広島電鉄・路面電車の電停(停留所)毎に新旧の写真を交えながら、その周辺の歴史などを解説されています。少しだけ拾い読みしてみるだけでも分かるのですが、丹念に様々な文献・資料にあたりながら、相当の時間をかけて広電の歴史というか、むしろ広島市の歴史・郷土史として纏め上げられていることが伺えます。
勿論、広電情報においても、年齢においても足下にも及ばないし、比較すること自体がおこがましいことは分かっているのですが・・・ 私の本家Webサイト内 『路面電車が走る街 広島写真集~広電市内線沿線フォトギャラリー~』 の趣向に通じる部分もあって、非常に共感できる内容です。路面電車周辺事情を中心にした郷土史といった意味では、路面電車ファンやマニアの方だけでなく、広島の歴史に興味を持っている一般の方々にもお勧めしたい一冊です。
本の最後の方に記載されていた長船氏のプロフィールを拝見しますと、なんとあの謎の怪獣ヒバゴンの里である 「広島県比婆郡西城町(現・庄原市)」 のご出身だそうで・・・。比婆郡出身者の私としましては、恐れ多くも、ますますもって親近感を抱かせていただきました。非常に面白い本をありがとうございます!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »