« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005.08.29

レトロな大正形電車

101hatcho本当は、8月27日から8号線(横川駅~江波)で新たに運行されることになったレトロ電車を撮りに行きたいという思いもあったのですが、休日といえども趣味だけに没頭することもできず出遅れてしまいました。その代わりという訳ではありませんが、たまたま翌28日に広島市内中心部へ出る機会ができたので、レトロ電車を撮ってきました。残念ながら(?)、28日は9号白島線(八丁堀~白島)での運用ではありましたが・・。
取り敢えず、横川線を走るレトロ電車は次の機会ということで、今回は白島線です。普段は江波車庫で休んでいるレトロ電車の大正形電車101号・・ 9号白島線での営業運行の際には、白島線の八丁堀電停まで回送でやってきて運用につきます。写真は、ちょうど朝の9時頃に本線から左折して白島線へ入線してくるところを狙ってみました。
このレトロ電車・・ 大正元年創業当時の木造路面電車を復元されたもの。この復元車両では、以前少しだけ紹介した被爆電車156形と同形車両の台車がベースになっているそうでして、復元車両といえども、何もかもが新たに復元された部品で作られている訳でもないみたいです。従来は、夏期(4月~10月)の土・日曜・祝日に9号白島線にて運行されていたのですが、新たに8号線での運行が開始されました。横川駅前のリニューアル国内初の国産乗り合いバス(レトロバス)の復元、明治時代のヒロイン「かよこさん」の物語・・・ と地域活性化で大いに盛り上がっている横川地区からの運行要請がもしかしたらあったのかもしれませんね!??
機会がありましたら、是非ともレトロな大正形電車101号に乗車してみて下さい。ニス塗りの車内、裸電球、木製の吊革・・ 車内でもしっかりとレトロな雰囲気を味わうことができます。それから、車内に設置されている「注意事項・電氣鉄道取締規則」も必見です。ここには、明治時代に作られたらしい「乗客に対する制限」や「乗客が遵守すべき事項」が記されているのですが、(現代では)ちょっとユニークな記述もあって面白いと思いますので。敢えてここではその内容を書きませんので・・ 是非とも乗って見るべし!! レトロ電車の運行日と時刻表は、広電さんのWebサイトで公開されていますので、そちらをご確認下さい。

101_syanai1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.27

バッタ、そしてYahoo!?

batta

広島市内は多少気温も下がり、過ごしやすくなってきました。特に朝晩は涼しくて気持ち良いですね。蝉の声も随分少なくなって、朝夕は虫の音が耳につくようになっています。・・ということで、写真は秋の訪れを感じさせてくれそうなバッタです(笑)。
ところで一昨日、ちょっとした運動らしき事を久しぶりにやった際、見事に足がツリました(^^;)。肉離れというほど大袈裟ではないと思うのですが、未だにふくらはぎの一部の痛みが取れず、普通に歩けません。この土日は自宅でおとなしくしているつもりです・・ ちょっと情けない。ある程度の歳になると、今さらトレーニングして体力アップや筋肉増強という訳にもいきませんので、いかにして現状をキープして衰えないように努力するかがポイントになりそうです。

話はまた変わりますが、Yahoo! JAPANが10月から変わるらしいですね・・
> ITmediaニュース:ヤフーがロボット検索全面採用 10月から“Google型”に
 ヤフーが10月から検索サービスを切り替える。カテゴリ検索主体
 のサービスをやめ、Yahoo Serach Technology(YST)を使ったロボ
 ット検索「Yahoo!検索」をメインサービスにする。

Yahoo! JAPANといえば、サーファーと呼ばれる人達が実際にWebサイトを訪れ、審査した上でカテゴリ登録の可否を判断するというのがウリだった訳で、そのカテゴリに登録されることは一種のステイタスみたいなものでした。大袈裟に言うと、「Yahoo!カテゴリ登録」=「Webサイトが世間に認められた」といったような・・。(これは、必ずしも100%当たっていると言うつもりはありませんが) また、アクセス解析などで調べてみると、実際Yahoo! JAPANからのアクセスは、かなりの比率を占めているのが現実なのです。そんな最もよく知られたYahoo! JAPANの(デフォルトの)検索エンジンが変わるというのは、Web制作・運営している側からすると、とんでもないビッグニュースであり、その影響が気になるところです。かなり大雑把に言ってしまえば、これまでYahoo!カテゴリ登録サイトに流れていたアクセスの多くが、場合によっては別のWebサイト(ロボット検索で上位表示されるサイト)へと流れていく可能性が大いにあるはずです。
実は、ここの本家Webサイト内にもYahoo!カテゴリに登録されているページがいくつか(数ページ)ありまして・・ 10月のYahoo!の変化がどんな風にアクセスに影響してくるのか、ちょっと気になっている今日この頃・・・ アクセス数が多いことだけが全てではないということは分かってはいるのですが・・・。
**(注) バッタとYahoo! JAPANの関係は特にありません(^^;)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.24

広島港(宇品)--路面電車撮影

ujina本家Webサイト内 『路面電車が走る街 広島写真集~広電市内線沿線フォトギャラリー~』 ・・・ 広島電鉄・宇品線の終点「広島港(宇品)」のページをアップしました。なんと、前回の更新から2ヶ月も放置したままになっていましたが、一応これで広電・市内線の全電停がめでたく開通となりました。ここまでくるのに、足かけ3年以上を費やしていることに我ながら驚いています。(本当はこんなにかかるはずではなかった。) 自分自身で「よくやるなぁ!!」と思いつつ・・ でも、決して「暇人だなぁ!!」なんて思わないで下さいませ。忙しい合間の僅かな時間を見つけて写真撮りに出掛け、地道にページ作りに励んできた結果ですから。何はともあれ、これでやっとページ更新のプレッシャーから開放されそうで、ほんと一安心しているところです。Webのリンク集や日記ページ等々で紹介して下さった方々、そして写真を覗きに来て下さった皆々様には感謝しておりますm(_ _)m。ありがとうございました。
今後の予定としましては、広電宮島口と宮島線沿線を1ページにまとめて紹介する予定です。例によって大した写真はありませんが、既にこの雑記帳(ブログ)にも掲載した写真等々も交えて、宮島線沿線の写真を僅かながら披露したいと思っています。ほとんど準備は済んでいるので、近日中にアップする予定ですので・・。それから、既に公開中の電停近辺での最新の写真なども随時アップすると思いますので。
さてさて、「広島港(宇品)」・・・ 古くからの宇品地区埋め立て・桟橋移設の関係で、宇品線の終点となる「宇品」は何度となく軌道延伸・電停移設の変遷を辿っているようです。最近では、平成15(2003)年3月29日の「広島港宇品旅客ターミナル」のリニューアル・オープンに伴って、近代的なターミナルの真正面まで路面電車の乗り入れができるように延伸・電停移設されて現在に至っています。実は、昔の宇品電停の写真を探し回っていたのですが、写真の整理が悪いことと、当時は余り電停写真を撮っていたかったこともあって、写真が見つからずじまい・・・。仕方なく、比較的最近の写真ばかりの掲載となってしまいました。今現在Webのサーバスペースにも若干の余裕があることもあって、写真枚数はやや多めですが、その内に整理して絞り込むかもしれません?? 今となってみれば、もっと周辺の様子などを取り込んだ写真を撮っておけば良かった思っています。それから、私にとっては古い写真をどう整理するかも大きな課題…(^^;)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.08.23

続・平和の門

heiwa_mon_no1先日の「平和の門」の続きで、門の上半分を一応載せておきます。49の言語で「平和」の文字が刻みこまれているということで、どこの文字かを調べてみようとしたのですが、情けないことにほとんど分かりません(^^;)。「平和の門」の下半分に書かれている文字と合わせて、ご存じの文字が見つかりましたら、是非コメントにて教えて下さいませ!!
  …
(45) ロシア語… mir
(44) イタリア語… pace
(43) 中国語… 和平
(42) ドイツ語… frieden
  …

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.19

広島が暑い!? 熱い!?

honkawa_cyo2依然として、広島市内は暑い夏日が続いています。写真は、本川町あたりから相生橋方面を撮った写真です。ギラギラと日が照りつける暑い夏の電車通りの絵を狙ってみたのですが、さて如何でしょうか?? 決して凝ったことはやっていませんが、実はちょっとだけ特殊な撮り方をしています。何か他人がやっていないことをやってみたくて・・・。
さて、写真とは全く関係のない話題になりますが、ホリエモンことライブドア社長・堀江貴文氏が選挙に出馬するらしいですね。それも、小泉首相に反旗を翻し新党を旗揚げした亀井静香氏の本拠となる広島6区!!? 広島6区といえば、県北の私の田舎・・ 現在、両親が住んでいる地域も含まれているものですから、全くの他人事とは思えないのです。プロ野球参入、そしてニッポン放送株取得/フジテレビとの提携騒ぎで一躍知名度をあげ、時の人となったとはいえ、広島の田舎地域の人々に受け入れられるかどうかは、かなり疑問ですね・・。それに、各々の地域出身の立候補者ではなく、どこか知らない所から選挙出馬の為だけでやってきたというのは、いくら知名度が高くても、如何なものでしょうか!?? 何となく違和感を持ってしまうのは私だけではないと思います。
ただ、前職の亀井氏・・ どちらかというと悪役的で、アクが強くてかなり好き嫌いが分かれそうな存在。それから、かつてまとまっていた地域を選挙に絡めて二つに分断してしまったといった良からぬイメージを持つ地域の方々もいらっしゃるという話を聞いたこともあり、堀江氏が若い人達の票をしっかり集めることができれば、「もしかしたら!??」と思わせてくれますね。
でもやっぱり・・ あの土地柄、亀井氏絶対有利の予感です。まず、田舎の両親がホリエモンに票を投じるなんて、ちょっと想像もできません。それから、若い人達が街へ出ていって過疎に悩む地域であることも現実です。おそらくは、私自身もその一人(^^;)。そもそも、頭の切れる堀江氏にとっては、亀井氏の出る広島6区での出馬は注目度抜群ながら、決して当選できないことは「想定の範囲内」ではないかと・・・。

honkawa_cyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.18

中国新聞ちゅーピー電車

3804aioi

広島市内を走るフルラッピング路面電車紹介・・今回は第八弾。
広電・三両連接車 3804号・・ 地元・中国新聞『ちゅーピーくらぶ』のフルラッピング路面電車です。前回紹介した「I LOVE 宇品。」3701号のすぐ後、7月中旬から広電2号線(広島駅~広電宮島口)にて運行開始された全面広告車で、フルラッピングが施された三両連接車としては、広電初の宮島線乗り入れになるものと思われます。
青色系のラッピング地に『ちゅーピーくらぶ』のキャラクター「ちゅーピー」くんがあしらわれ、「見る・知る・遊ぶ ちゅーピーパーク誕生 やっぱり、中國新聞」などの文字がプリントされています。ちなみに、「ちゅーピー」の「ちゅー」は中国新聞の「中(ちゅー)」、そして「ピー」はピース(平和)の「ピー」を意味しているらしい・・??
ところで、中国新聞『ちゅーピーくらぶ』とは・・・ 中国新聞読者を中心とした会員組織で、その会員になるとイベントや各種チケット等の割引サービスを受けたりといった特典があるらしいのです。また、地域文化の向上や地域活性化などを目指して各種事業なども行うそうです。要は、中国新聞の購読者を増やすことを目的としたサービスの一環なのでしょうか?? 色々な割引特典を利用できるというのは、ちょっと魅力的です。何はともあれ、詳細についてはWebサイトにて・・・
> ちゅーピーくらぶ (中国新聞)
『ちゅーピーくらぶ』には、いくつか会員ランクがあって、そのランクは中国新聞購読歴によって決められるということです。我が家の場合は・・・ Webページの中国新聞・地域ニュースは毎日欠かせません(^o^)v。それから、私と家内の実家では、どちらも中国新聞を購読しておりますので・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.08.17

蓮(ハス)

hasu盆休みもあっという間に終わってしまい、今日から仕事が始まりました。毎度の事ではありますが、休み明けは頭の回転も体の動きも鈍くなってしまい、なんとなく気だるい一日となりました。
盆休みはというと、私と家内の実家へそれぞれ一泊して墓参りを済ませてきました。それ程遠い訳ではないのですが、何かと忙しく、気忙しくて久しぶりの帰省になってしまいました。やっぱり田舎へ帰ってホッと一息つけるのは、私が根っからの田舎者だからかもしれません?? 気持ち的には、もう少しのんびり過ごしたかったのですが、色々と用事もあって駆け足の帰省といった感じ・・。お盆の帰省ということで、色々とご馳走を準備しておいてくれるのですが、若い時(20代の頃)と較べると、随分と食が細くなっていまして、自分自身の歳を実感してしまいます。同じように田舎の親も歳をとっていると思うと、色々と考えるところもありますね・・・。
今日の写真は、家内の実家の蓮の花です。見事な花をつけているのですが、やや開き過ぎだったような・・?? 長靴を借りて、泥んこの蓮畑に入り込み、根元の方から狙って撮ってみました。他人様の蓮畑では、とてもこんなことはできませんから(笑)・・ ほんとお世話になりましたm(_ _)m。それにしても、蓮の花っていうのはじっくりと写真撮りするとかなり面白そうな花ですね。また機会があれば是非ともチャレンジしてみたいものです。もう少しすると、蓮根・・ レンコンが採れるそうです。毎年のように頂くのですが、それを天ぷらにして塩味で食べると、これがなかなか美味しいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.16

平和の門

heiwa_mon_no本家Webサイト内 『きまぐれ広島ニュース』 の中では、先月末に紹介した「平和の門」です。広島市内は平和記念公園の南側、平和大通りの緑地帯にフランスの建築家らによって制作、7月30日の竣工式を経て、広島市へ寄贈されたそうです。高さ9メートルもある10基の門には、49カ国の言語で「平和」の文字が刻みこまれています。夜になると、内側からライトアップされて「平和」の文字が浮かび上がり良い雰囲気になりますので、是非覗いて見て下さい!! 8月6日、国内・海外から来られたと思われる方々がこの門に刻まれた文字を見ながら、くぐり抜けていく様子を見ていると、まさに国際平和都市である広島に相応しい建造物だと思ってしまいました。
さて、この「平和の門」には49カ国の「平和」の文字が刻みこまれているということで、試しに色々と調べてみました。まずは門の下半分・・ ネット等で調べてみたのですが、情けないことに、ほとんど分からない状態です(^^;)。もしも知っている文字が見つかりましたら、是非コメント等で教えて下さいませ。宜しくお願いします m(_ _)m。
  …
(27) 点字… (paix??)
  …
(23) ミャンマー語??…
(22) ウルドゥ語…
(21) フィンランド語… rauha
(20) ギリシャ語??…
  …
(16)   … taika?
(15) ラトビア語… miers
  …
(8) 韓国語…
  …
(6) エストニア語… rahu
  …
(4) フランス語… paix
(3) 米語・英語… peace
(2) 日本語… 平和
(1) ラテン語… pax

> 「平和の門」の上半分へ続く

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005.08.13

ヒナゴンの里

hinagon_rokechiお盆の帰省で田舎に帰って来ています。途中、備後西城駅に立ち寄ってみると、映画「ヒナゴン」撮影ロケ地の目印が設置されているのを見つけました。ここ以外にも、西城町の役場前にも同じ物があったので、ロケ地になった場所全てに設置されているものと思われます。比婆郡西城町・・今となっては庄原市西城町で、ロケ地めぐりをしてみるのも面白そうです!
** 今日は携帯から書き込みしています。
** 追記(2005.08.16): 携帯で取った写真を少し小さくして配置変更。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.12

残暑お見舞い!

aburazemi

毎年暑い原爆の日が過ぎて、暦の上での立秋(8月7日頃だそうです)を過ぎると、ほんの僅かずつではありますが、秋の気配が感じられるようになってきます・・・ と言いたいところですが、セミがやかましく鳴きわめき、甲子園の高校野球も真っ盛り、やっぱりまだまだ暑いですね~。連日暑い日が続いている広島市内ですが、時折ひどい雷とにわか雨が襲ってきます。雨が降ると、湿度が上がって不快指数も余計にアップしていきます。一応、立秋を過ぎると「暑中」から「残暑」に変わるそうですので・・ 皆様へ、残暑お見舞い申し上げます。
今日12日から会社もお盆休みに入りますので、お墓参りを兼ねて県北の田舎へ避暑に出掛けてくる予定です。やはり山の中の「ど」が付くような田舎なので、広島市内と比べると随分過ごしやすいのではないかと期待しています。そんな訳で、数日間はパソコンから離れてひっそりと暮らしますので・・。
余談ではありますが・・ 我が家の娘達は、夏休みの宿題は勿論、クラブ活動とか、クラブの大会とか、自由研究とか・・ とにかくやらなければいけない事がてんこ盛りで、アップアップの状態です。親父としましては、田舎でのんびりと自然を満喫させてやりたいところですが、なかなかそれほど気持ちの余裕もないみたいです。我々が子供の頃は、そんなに忙しい夏休みを過ごしていましたっけ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.09

小さな祈りの影絵展

kagee

被爆60周年を迎えたヒロシマ・・ 8月6日「原爆の日」の前後、平和記念公園内各所では、様々な催しや展示がなされていました。その中で、原爆の日の前夜5日から6日にかけて、元安橋東詰のたもとで展示されていた影絵展をご紹介。戦前の古き良き広島の風景をテーマにした影絵は、浜崎ゆう子さんが制作されたもので、「ヒロシマ~小さな祈りの影絵展~」と名付けられていたようです。詳しいことはWebサイトにて・・ ブログにて、今回の広島での展示の影絵制作日記なども公開されています・・
> 影絵プラネット・浜崎ゆう子
5日の夜、元安橋を通りかかった時にふと目についた展示・・ 余りの綺麗さに気になってしまい思わず足を止めて見入ってしまいました。「影絵」と言えば、障子の後ろから電球で照らしながら、型紙で作った物の影を作る・・ モノクロの光と影をイメージしてしまうのですが、そんな単純なものではありません。色とりどりでグラデーションがあって、そして微妙にボカシが入って・・・ 今までの単純な影絵の概念は吹き飛ばされてしまいました。色とりどりの綺麗さもさることながら、古き良き広島の素朴な絵がほのぼのとして非常にいい感じでした。そして、今から60年前、たった一発の爆弾によって、こんなのどかな風景が一瞬にして廃墟に変わってしまったのか・・ と。
この雑記帳ブログで広島の路面電車の話題を取り上げることも多いので、展示されていた路面電車の影絵をここで紹介させていただきます。

kagee2

左の影絵は、たぶん夕焼けに赤く染まる電車通りですね。走っている電車は、路面電車開業当時から戦前にかけて走っていたオープンデッキの木造車両でしょうか。そして、右の影絵は路面電車の中の一こま。小さな女の子が窓の外に見ているのは柳の木だそうです。かなり赤っぽくなってしまいましたが、実物はもう少し爽やかなグリーン系の色が出ていたような気がします。Webの掲載写真では限界があるので、やっぱり実物で微妙な色合いや風味みたいなものを見て感じとっていただきたいと思います。嬉しいことに、影絵展で展示されていた作品は、8月10~31日の期間、広島市まちづくり市民交流プラザにて展示されるそうですので、実物をご覧になってない方は是非・・・。
**一応、制作者の浜崎さんに許可を得た上で影絵展の紹介をさせていただきました。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005.08.06

被爆電車と原爆ドーム

652dome8月6日「原爆の日」の広島市内・・ 今年も朝から暑い一日になりました。被爆60周年だからという訳ではありませんが、広電・被爆電車652号と世界遺産・原爆ドームを絡めて写真撮りしてみました。路面電車の写真を撮っている方なら誰しも一度は試してみたい組み合わせではないかと思いますが、車がかぶってしまったり、目障りな観光バスがいたりして、なかなかうまくいかないことが多いものです。半分は運に任せて神頼みといったところですね(笑)。
それはさておき、今日「原爆の日」は被爆電車650形が大活躍していたようです。被爆電車の稼働率が高かったおかげで、こんな写真を撮ることができました。実は今日だけではなく、ここ最近、被爆電車650形の稼働率が高くなっているような気がしていました。電車通りを歩いていても、ちょくちょく目にすることも・・。やはり被爆60周年ということで、広電さんも意識されているのかなぁ?? ・・と思ってみたり・・。昨日5日の中国新聞・地域ニュースの記事「熱線浴びた電車を修理 愛着深く」にて・・
 (被爆電車650形の) 引退話をめぐって周辺は騒がしい。
 しかし会社側に廃車の計画はない。五日も六日も、復興を
 とげた街をのんびり走る。

・・・と締めくくられていましたので、まだしばらくの間は元気に走る被爆電車650形の姿を見ることができそうです。いつまでも現役で頑張ってメッセージを伝え続けて欲しいと思っています。そして、この地球上で60年前と同じ悲劇が二度と繰り返されることのないように・・・。

**追記: 広島市こども文化科学館で開催されている被爆60年記念 企画展「ヒロシマと路面電車 ~被爆をのりこえて~」を見にいってきました。被爆当時の古い写真、古い車両の形式写真などなど・・ 貴重な写真を興味深く拝見することができました。企画展の小冊子をわざわざ持ってきて手渡しして下さった方・・ どうもありがとうございましたm(_ _)m。また、色々なテーマでもって路面電車に関する展示を是非ともお願いしたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.08.03

鬼百合(オニユリ)

yuri1今の時期、オレンジの花弁に茶色い斑点模様の鬼百合(オニユリ)が目につきます。「鬼」と名付けられているだけあって、この花の色・形は独特の妖艶な雰囲気を漂わせているような気がしませんか?? 何故か、付近には黒揚羽蝶が舞っているという印象もあります。
独特の食感で私も大好物の百合根(ゆりね)・・ これは、鬼百合を含めた 2~3種類の百合(コオニユリ、ヤマユリ)の球根なんだそうです。ちなみに他の種類の百合の球根は苦くてとても食べられないとか・・。鬼百合の写真を見ていたら、なんだか百合根が入った茶碗蒸しが食べたくなってきました。今度、鬼百合を見つけたら掘ってみたいと思います(^o^)v。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.01

青空にヒマワリ

himawari0505

夏といえば「太陽と青空」。「太陽と青空」といえば「ヒマワリ」・・・ といった連想が一般的かどうかは別にして、カメラの中に残っていた「青空にヒマワリ」の写真が出来上がってきましたので・・。定番でありきたりかもしれませんが、やっぱりサンサンとふりそそぐ日を浴びて黄色に輝くヒマワリには、青空がよく似合います。(写真では、少しだけ空の青を強調してます)
この写真も先日の三次市君田町のヒマワリ畑で撮ったものですが、ヒマワリの花が二つしか写っていないので、近所でも撮れそうな写真ではあります。でも、街の空は比較的白っぽくモヤっていることが多いので、鮮やかな青空を撮るには田舎の山とか海の方が有利なのではないかと思ってしまいました。

ヒマワリとは全く関係ありませんが、今日は健康診断を受けてきました。所謂「成人病検診」というやつですが、大の苦手のバリウムのおかげで、今だに腹具合が本調子ではありません。検診時の「ゲップを我慢して下さい」というのも、辛いですね・・ というか、ゲップなんて我慢できませんから。ちょっと辛い検診ではありますが、それで体の悪い箇所が早期発見できるならば と思って受診しています・・・ できることなら、もっと楽な検診方法を開発してほしいものです・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »