« 鬼百合(オニユリ) | トップページ | 小さな祈りの影絵展 »

2005.08.06

被爆電車と原爆ドーム

652dome8月6日「原爆の日」の広島市内・・ 今年も朝から暑い一日になりました。被爆60周年だからという訳ではありませんが、広電・被爆電車652号と世界遺産・原爆ドームを絡めて写真撮りしてみました。路面電車の写真を撮っている方なら誰しも一度は試してみたい組み合わせではないかと思いますが、車がかぶってしまったり、目障りな観光バスがいたりして、なかなかうまくいかないことが多いものです。半分は運に任せて神頼みといったところですね(笑)。
それはさておき、今日「原爆の日」は被爆電車650形が大活躍していたようです。被爆電車の稼働率が高かったおかげで、こんな写真を撮ることができました。実は今日だけではなく、ここ最近、被爆電車650形の稼働率が高くなっているような気がしていました。電車通りを歩いていても、ちょくちょく目にすることも・・。やはり被爆60周年ということで、広電さんも意識されているのかなぁ?? ・・と思ってみたり・・。昨日5日の中国新聞・地域ニュースの記事「熱線浴びた電車を修理 愛着深く」にて・・
 (被爆電車650形の) 引退話をめぐって周辺は騒がしい。
 しかし会社側に廃車の計画はない。五日も六日も、復興を
 とげた街をのんびり走る。

・・・と締めくくられていましたので、まだしばらくの間は元気に走る被爆電車650形の姿を見ることができそうです。いつまでも現役で頑張ってメッセージを伝え続けて欲しいと思っています。そして、この地球上で60年前と同じ悲劇が二度と繰り返されることのないように・・・。

**追記: 広島市こども文化科学館で開催されている被爆60年記念 企画展「ヒロシマと路面電車 ~被爆をのりこえて~」を見にいってきました。被爆当時の古い写真、古い車両の形式写真などなど・・ 貴重な写真を興味深く拝見することができました。企画展の小冊子をわざわざ持ってきて手渡しして下さった方・・ どうもありがとうございましたm(_ _)m。また、色々なテーマでもって路面電車に関する展示を是非ともお願いしたいものです。

|

« 鬼百合(オニユリ) | トップページ | 小さな祈りの影絵展 »

コメント

企画展にご来場いただきありがとうございました。
私も館の方の案内で,8月6日の15時ごろまいりました。被爆前と焼け野原の航空写真を見比べると,その下であったであろう様々な惨劇を思い,悲しくなりますが,より多くの方に見ていただきたいと思います。
熱心にご覧になっている方がおられましたので,手持ちの冊子を差し上げました。

投稿: aibo | 2005.08.09 01:11

冊子を手渡して下さったのは aiboさんだったのでしょうか?? 私が企画展を覗いたのが、15時過ぎだったと思いますので、時間が合いそうです。もしそうでしたら、どうもありがとうございましたm(_ _)m。
戦争を知らない世代としましては、なかなか原爆の悲惨さとか、焼け野原とか実感が沸かない面もあるのですが、当時の貴重な写真で、少しでもその悲惨な様子を感じ取ることができればと思いました。

投稿: T.Kaze | 2005.08.09 02:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19584/5341384

この記事へのトラックバック一覧です: 被爆電車と原爆ドーム:

» モニュメント 「平和の門」 [ある日あるところで]
8月6日は原爆の日。60年前のこの日、この街に地球上で初めて人間の上に原爆が投下された。平和公園の平和記念資料館の平和大通りをはさんだ場所に新しいモニュメントが出来ていた。フランスの建築家、クララ・アルテールさん達が国内の企業などに出資してもらい制作して... [続きを読む]

受信: 2005.08.07 08:38

« 鬼百合(オニユリ) | トップページ | 小さな祈りの影絵展 »