« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.31

原爆ドーム前・・ 再び

Domemae2一昨日に引き続き、広電・路面電車の電停 「原爆ドーム前」 の拡張工事を会社帰りに覗いてきました。別に、電停工事の様子を実況するつもりはなかったのですが、たまたま別件で近くを通ったもので・・(^^;)。

今日31日は、ご覧の通り・・ 下り電停の半分くらいに上屋の支柱が取り付けられているのを確認しました。電停外側、地中深く掘削されている様子を覗いて見た限りでは、おそらく全面上屋で覆われるものと思われます。余り記憶が定かではありませんが、他の幅広高規格の電停の上屋とは支柱の形状など違うような気もします!? どんな電停になるのか、完成が楽しみになってきました。
ところで、この電停拡張工事は深夜になされているのでしょうか?? 明日朝、元気があれば会社出勤前に覗いてみようかなぁ と思っています。

Domemae3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.30

原爆ドーム前電停拡張工事

Domemae広電・路面電車の電停 「原爆ドーム前」 の拡張工事が行われているようです。おそらくは、幅広の高規格電停へと改装されているものと思われます。
ここ電停 「原爆ドーム前」 は、文字通り世界遺産・原爆ドームの真ん前・・ 広島平和記念公園の最寄り電停として、最も多くの観光客が路面電車へ乗り降りする電停の一つではないでしょうか!? 特に 8月6日 「原爆の日」 の平和祈念式典の折りには、毎年たくさんの乗降客で溢れます。また、広島東洋カープの本拠地である広島市民球場のすぐ目の前ということで、ゲーム終了の時間帯にはかなり混雑しているようです。それから、先日 5月ゴールデンウィークのフラワーフェスティバル期間中にも、たくさんの乗降客が溢れているのを目にしました。それだけ多くの乗降客があるにもかかわらず、これまで拡張工事がなされなかったのが不思議なくらい。やっと拡張されるのか・・ といった感じかもしれません!? もっとも、電停を拡張するということは、その分道路を狭める必要があるので、思ったほど簡単にできることではないのでしょう・・。
写真は、29日夕刻の工事の様子で、この時には既に従来の上屋が取り除かれていました。上り下りの電停の外側・・ その幅約70センチメートル位が地中深く掘られていて、どうやら新たな上屋の基礎工事がなされている模様です。電停幅が拡張される分、片側3車線の各車線は少しづつ狭められていて少し窮屈な感じもしましたが、取り敢えず支障はないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.28

芸備線への誘い13(玖村~下深川)

Geibiline23

今日の写真は JR芸備線・・ 玖村(くむら)~下深川(しもふかわ) 間にある三連のトンネルを抜ける黄色い気動車キハ47です。細い道路を間に挟んで、すぐ横を太田川が流れている場所でして、地図を見ますと 「落合トンネル」 と名付けられていることが分かりました。
広島から JR芸備線の列車に乗ると、戸坂(へさか) を過ぎたあたりから暫く太田川沿いの平野部を進んで行きますが、途中こんな小さなトンネルをいくつか通り抜けます。そのトンネル・・ さぞかし良い絵が撮れるだろうと期待しつつ何度か写真撮りにトライしてはみるものの、思ったほどいい感じにならないのは何故でしょう!? 明暗の差が激しく、結構露出も難しい(^^;)。

さて、この辺りから JR芸備線は太田川の本流から離れて、支流の三篠川に沿って東北方向へと伸びていきます。かつて県北方面への主要ルートになっていた出雲街道 (現在の国道54号線が通る経路) を避けて、三篠川沿いの経路を選んだのは、かなり急峻な上根 (かみね) 峠を克服するには、技術的に自信がなかったからだといわれているそうです。こんな当時の技術や歴史的な背景などを思い浮かべながら、現在の JR芸備線の経路を眺めてみるのも、また面白そう・・ 何か新たな発見があるかもしれません!??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.27

新鮮レタス(^o^)v、そしてポッキー君!!

Retasu05

四月始めに蒔いたレタスの種・・ 取り敢えず成長はしているものの相変わらず伸び悩んでいます。間引きを兼ねて、新鮮な若いレタスの葉っぱを採ってはサラダに加えてみたり・・ まぁ、一応レタスの味がしますが、シャキシャキした感じが今ひとつで、まだ青い・・ って感じでしょうか(^^;)。最近、どこから嗅ぎつけてきたのか、ナメクジとかダンゴムシが発生、レタスの葉っぱを食べては穴を開けているようです。何か対策せねば・・ と思いつつ、たまたまホームセンターに行って見てますと、「ダンゴ虫退治」 とか 「なめくじ逃げ~!逃げ~!」 とか色々売っているんですね。今回は、余計な費用をかけたくないので、取り敢えず目に付いたナメクジ・ダンゴムシを捕獲して遠くに捨ててやりました。
既に九州南部が梅雨入り、そして九州北部も来週梅雨入りしそうだということで、広島の梅雨入りも時間の問題・・ こんなグズついた天気でレタスは育ってくれるのか、かなり心配になってきました。

Pocky1

さて話は変わりますが、先日この雑記帳ブログにも少しだけ登場していただいたフリスビーが得意なコーギー、ポッキー君の写真が出来ましたのでご紹介。実は、つい最近手に入れた望遠レンズを使って撮った写真で、ノートリミングで掲載しています。このレンズ・・ なかなか優れものでして、望遠ながら天気さえ良ければ手持ち撮影でも何とかいけそうです。小さい写真画像ではほとんど分かりませんが、拡大して見ると結構シャープに撮れているようです。ただ、気になったのは周辺部の光量低下・・ 写真の四隅を見ていただくと分かるように、かなり暗くなってしまっています(^^;)。今回は、敢えて詳しくは書きませんが、また機会がありましたら、レンズのレポートなど書いてみたいと思います。ちなみに、先日のフラワーフェスティバルの記事でも、同じレンズで手持ち撮影した写真(路面電車の写真)を既に掲載していますので、興味のある方はどうぞ・・。
> 2006FF・路面電車編 (2006.05.13) ……写真1枚目、2枚目
> 2006FF・花電車編 (2006.05.16) ……写真2枚目、4枚目

**ご連絡: hya-san様へ・・ ここ見ていらっしゃいますでしょうか?? 写真の腕が未熟ではありますが、ポッキー君の写真できました。3枚しか撮れていませんが、メールでお送りしましょうか?? 次回、もしも機会がありましたら、フリスビーをキャッチする瞬間のポッキー君を撮らせて下さい!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.24

被爆電車654号・・・

654_ebisumachi今年2月の新聞報道 (中国新聞・地域ニュース) にて、現役被爆電車650形四両のうちの二両・・ 653号と654号が今春のダイヤ改定をもって引退することが発表されていました。その新聞記事を受けて、この雑記帳ブログでもご苦労様の思いを込めながら、『被爆電車2両引退!!(2006.02.19)』 、そして 『被爆電車の引退・・・(2006.02.22)』 の記事をアップした訳ですが・・・ もうすぐ5月も終わろうとしている現在、未だに 653号と654号の営業運転が続けられていることを確認しました。
ここ最近では、夕方ラッシュ時間帯の 1号線(広島駅~紙屋町東~広島港) や 3号線(広電西広島~紙屋町西~広島港)へ充てられているのをちょこちょこ目にしています。夕方19:00前後から本通・袋町あたりで待っていれば、この被爆電車 650形に出会える確率が高いのではないかという気もしていますが、日々運用が変わっているようですので、絶対出会えることを保証するつもりはありません(^^;)。ちなみに、掲載しているのは数日前に撮った写真でして、相生通りを営業運行している 1号線広島駅行きの被爆電車 654号。胡町の横断歩道橋の上から流し撮り風に挑戦してみました。・・というか、こんな薄暗い時間帯に走行中の電車を撮影するには、流し撮りより他に手がありませんから。今日の写真は、良いところだけトリミングしています(^^;)。
さてさて、以前4月に引退するのではないかという話(予想) があったにもかかわらず、未だに 653号と654号が運行されているのは、今春予定されていたダイヤ改定が遅れていることが原因なのでしょうか?? ま、被爆電車が元気に現役運行されていることは、非常に意義があることなので、可能な限り出番をつくってあげて欲しいと思います。それにしても、ああいった被爆電車引退の新聞発表はどういった意図があったんでしょうかね!?? 広島市民や周囲の反応を伺うために新聞発表されているのかな・・ と思ってみたり。

**追記: 今、修学旅行のシーズンなのでしょうか・・ たまたま昼間、仕事関係で路面電車を利用していましたら、地図を持った制服姿の中学・高校生らしき数人のグループが路面電車に乗り降りしているのを何度か目にしました。見るからに格好いいグリーンムーバーマックスも良いのですが、被爆電車650形を見つけたら、是非とも迷わず一度乗ってみて下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.21

水辺のオープンカフェ

Opencafe01稲荷大橋西詰め、京橋川の川辺・・ 赤と緑のパラソルが何となく気になってしまうのは、昨年10月からお目見えしている水辺のオープンカフェです。例によって、稲荷大橋を走り抜ける路面電車を絡めてみましたが、深い意味はありません(^^;)。
本来であれば、河岸緑地は公共の場所であり、こういった営業活動は規制の対象になっていたらしいのですが、国の特例措置適用区域の指定を受けてオープンしたそうです。なんと、河岸緑地での独立型常設店舗による営業としては、ここ京橋川のオープンカフェが全国初の試みになるんだそうです。さすが、「水の都ひろしま」 構想と称して、水辺の市民活動促進助成事業に積極的な広島市ならではの取り組みと言えるのかもしれません。(参考: 「水の都ひろしま」水辺のオープンカフェ/広島市

さて、気になる京橋川オープンカフェのお店ですが・・ まずは廿日市地御前(じごぜん)産の牡蠣(かき)のお店。メニューを覗くと、色々な牡蠣のメニューが並んでいて、なかなかお洒落で美味しそうでした。ただ私の場合、牡蠣は苦手なので、隣の鉄板焼き等を中心にしたメニューが並ぶお店が特に気になりました。更には、食べるスープ専門店があるのですが、こちらは馴染みが薄いので勇気が・・ どうでしょうか?? お店については、簡単な情報ページを見つけましたので、こちらでどうぞ・・・
 > 水辺のオープンカフェ 京橋R-WIN

掲載した写真は、休日のお昼前頃に通りかかった際に撮影したものですが、こちらは平日の夜でも比較的遅くまで営業しているみたいです。会社帰りにでも、グループで立ち寄って、川辺で夕食と洒落てみるのもなかなか良さそうです。梅雨でも明けて、機会があれば、是非一度試してみようと思っています。
色々なオープンカフェがもっともっとあちこちにできると楽しめそうだと思いつつ、何もなくボォーとできる河岸緑地も多少は残しておいてほしいなぁ と思います・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.20

松山・坊ちゃん列車!!

Matuyama1先日ゴールデンウィークの終わりに出掛けてきた松山・道後温泉・・ その際、雨が降る夜の道後温泉駅にて撮影した松山市内線 「坊ちゃん列車」 と路面電車を紹介します。まずお断りしておきますが、決して路面電車撮影目的で松山へ出掛けた訳ではありません。たまたま、田舎の両親と一緒に温泉にでも行こうというのがそもそもの目的でした。

実は私、松山は初めて・・ さすがに、路面電車が走っているということくらいは知っていたものの、それほど興味は無かったものですから、全く下調べもしていませんでした。道後温泉のホテルに入ったのは、もう薄暗くなり始めた夕刻。夕食と前後して土産物屋の並ぶアーケードの道後商店街を散策していて行き着いた道後温泉駅、そこで目についたのが小さな汽車の模型!?? 説明板には、「坊ちゃん列車」 と書いてありました。たまたま後で駅員さんに話を聞いていましたら、この模型と思っていた汽車が松山市内を走る本物の 「坊ちゃん列車」 ということでビックリ。いつも広島の路面電車をそれこそ手で触れる距離で見慣れているものですから、こんな小さな汽車を見てしまうと、どうしても模型とか遊園地なんかで走っている乗り物とかを想像してしまうのです。
先頭の機関車の後には二両の客車が連結されていたのですが、これがまた小さくて可愛い・・ 一体何人の客を乗せることができるのやら・・?? 後で色々調べてから知ったのですが、明治を代表する小説家・夏目漱石氏が明治39年に発表した有名な小説 『坊ちゃん』 の中で 「マッチ箱のような・・」 と形容しているそうですが、思わず納得してしまいました。影響を受けやすいというか、一応原典を調べておかないと気が済まないものでして、古本屋で早速 「坊ちゃん」 を買ってきて現在読んでいる真っ最中です(笑)。

さて、この 「坊ちゃん列車」 ・・ 勿論、その呼び名は夏目漱石の小説に由来している訳ですが、その歴史など色々調べてみますとなかなか面白いですね。そもそも明治20年に創立された伊予鉄道株式会社の日本初の軽便鉄道・・ ドイツから輸入した蒸気機関車と客車を走らせたということで、実現するまでに色々と苦労もあったようです。その当時の列車を当時の姿形のままに復元したのが現在の 「坊ちゃん列車」 ということですが、さすがに今時、蒸気機関車を走らせる訳にもいかなかったらしく、ディーゼルエンジンを動力としているということです。
それにしても、こんなに可愛らしい列車が路面電車と一緒に街中を普通に走っているなんて・・・ 俄然、松山市内線に興味が沸いてきました。瀬戸内海を渡れば、広島市内からは目と鼻の先!? また機会があれば、温泉と路面電車と 「坊ちゃん列車」 を目当てに是非とも出掛けてみたいものです。単にディーゼルで走る復元列車としてではなく、かつて 「坊ちゃん」 が温泉に出掛ける際にも利用したであろう 「ごろごろと動いた汽車」 を思い浮かべながら乗ったり見たりするのも、また面白そうだと思いませんか・・??

以下、おまけ写真・・ 道後温泉駅に留置されていた松山市内線の路面電車です。気のせいかもしれませんが、普段見慣れている広島の路面電車と比べると、余り重量感が感じられず、随分と華奢な感じに見えました。当日携帯からアップした記事にいただいたコメントによりますと、松山市内線では既に ICカードが導入されているんだそうで、広島の少し先を行っているのかもしれません!?
写真は、雨の降り続く夜中に撮影したものですが、この時は既に運行終了していました(^^;)。

Matuyama2

Matuyama3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.16

2006FF・花電車編

51_2006ff01つい先日の記事 『2006FF・路面電車編(2006.05.13)』 の続編・・ 「2006ひろしまフラワーフェスティバル(FF)」 にて、生花を載せて久々に復活した花電車のご紹介です。
まだフラワーフェスティバルが始まって間もない頃、毎年派手な飾り付けがなされた花電車が運行されていたそうです。実は私、ずっと昔に見たことはあると思うのですが、残念ながら全く記憶にありません(^^;)。マメに路面電車の写真を撮り始めた頃には、既にフラワーの花電車も廃止されていまして、結局その華やかな姿を見る機会は無かったのです。そんな伝説(??)の花電車・・ 今年は、フラワーフェスティバル期間中(5月3日~5日)に生花を載せて復活、千田車庫~横川駅~広島駅の経路で運行されるということで、写真に残しておきたいと思って出掛けてきました。
さて、この花電車・・ 旧大阪市電から移籍してきた車輌がベースになっていまして、車両の上半分が切り取られて無蓋貨車となった広電・貨50形 51号が利用されています。比較的最近では、昨年の 「第10回路面電車まつり」 にて、この51号が特設ステージとして利用されているのを目にしました。その他にも交通安全キャンペーンなどで運転されているそうですが、残念ながらこちらは生で見たことはありません。

最初の縦位置の写真は、たまたま袋町の横断歩道橋の上から撮影・・ 色とりどりの生花が並べられているのは分かるのですが、やや花が少ないからでしょうか、ちょっと寂しい感じです。もっと派手に飾り立てられているかと思っていたので、やや拍子抜け。でも、ケバケバしていなくて、それなりにお洒落で落ち着いた感じに仕上がっているようにも見えました。
次の花電車正面の写真も袋町の横断歩道橋の上から撮影・・ 実は、これが今年最初に捉えた花電車の写真です。すぐ直前になって、こちらに接近してくるのに気が付き、焦ってシャッターを切ったのでピントが奥の方に合っています(^^;)。お陰で、運転士さんがボケてつぶれ気味になってしまいましたが、この花電車を運転されていたのは女性運転士さんでした♪

51_ff02

後の写真は、いずれも白神社前交差点を通過する花電車です。花電車そのものというよりも、出来るだけフラワーフェスティバルの様子・雰囲気を絡めた写真を撮りたかった訳ですが、なかなか難しいものです。こうして見ても、やっぱり生花の花電車は地味過ぎるのかも・・!?? 来年は、もう少し賑やかで目立つ花電車を勝手に期待しています!!

51_ff03

51_ff04

今年のフラワーフェスティバル花電車の写真を掲載されているブログを拝見しました。かなり間が空いてしまったのですが、リンク&トラックバックさせていただきます。
> 猫電車日記 - フラワーフェスティバルの広島 2006
いつもながら、猫電車さんの情報の早さは尋常ではありません。誰よりも早く今年の花電車の写真をブログへアップされたのではないでしょうか??
> 栗の子もみじのメモ帳(w - FF花電車
フラワー最終日、花電車の最終便において、装飾に使われた生花のプレゼントがあったそうですが、その辺りの様子を写真付きで紹介されています。

**追記(2006.05.19)
この記事へコメントを頂いたのと、自分の覚え書きという意味で、先日見つけたフラワーフェスティバルに関する興味深い記述に関して、ここで追記しておきたいと思います。お金の話で恐縮ではありますが・・・
昨年(2005年)のフラワーフェスティバルのインフラにかけた費用総額は 1億5,700万円。その費用負担の内訳は、広島市から 2,500万、広島商工会議所が取り纏める一般からの寄付金 2,000万、フェスティバルに関する各種協賛事業の協賛金 3,400万、そして残り 7,800万(全体の約50%)を中国新聞さんと中国放送(RCC)さんの2社が拠出しているということだそうです。【参考:広島商工会議所所報 2006/4月 第610号/H18.4.15発行】
どおりで、フラワーの報道は中国新聞と中国放送の独占状態になっているはずですね。でも、この二社が、30年前のフラワーフェスティバル誕生に大きく関わっているのは間違いなく、この二社の力で現在の規模(三日間の観客動員数150万人超)を維持しているといっても過言ではないのかもしれません!?
まぁそれはさておき、花電車を運行してお祭り気分を盛り上げてくれる広島電鉄さん・・ お祭りでは受益者の立場にある訳で、おそらくは、それ相当の寄付金等々を拠出されているのではないかと想像できます。なおかつ、独自に「花電車」運行ともなると、費用負担は結構大変なのかなぁとも思ってしまいます。フラワー観客動員数 165万人の内、例えば 1/4の人が広電・路面電車を利用したとするならば、市内線往復 300円×約40万人=・・・ なんて大雑把な計算をやってみますと、やっぱり来年以降も広電さんの「花電車」継続を是非ともお願いしたいと思ってしまうんですよね・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.05.14

燻製 (くんせい)

Kunsei_2今日は太田川河川敷にて焼肉パーティ・・ 年に一度の集まりで、ワイワイやりながら焼肉と生ビールをいただきます。そして今回、焼肉に加えて、その場で作った燻製をいただきました。
この燻製・・ 燻製名人のnoboさんが準備して下さったものでして、段ボール箱を使って 1~2時間程度で作れるお手軽燻製。お手軽と言っても、侮るなかれ・・ 味はなかなかのものでした。今でもチーズの燻製の香りが口の中に残っているような感じで、あの味は忘れることができません。今度、是非とも我が家で簡単燻製に挑戦してみたいと思います。

noboさんは、燻製の作り方でテレビの取材が来るほどの燻製名人でして、つい先日のゴールデンウィーク中にもテレビに出演されたばかりです。今日の燻製がどんな風に出来上がったかは、noboさんのブログにて・・・
 > ある日あるところで: 今日は焼肉と燻製
美味しい燻製・・ ご馳走様でした!!

Pocky**追記(2006.05.15)
そうそう、美味しい焼肉や燻製をいただく合間には、酔い醒ましを兼ねてコーギーのポッキー君と遊びました。飼い主さんによりますと、ちょっと本調子ではないとのことでしたが、それでもフリスビーの見事な技を少しだけ見せてくれました。なかなか賢いワンちゃんです!! 我が家の軟弱な愛犬には、とても真似できません(^^;)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.13

2006FF・路面電車編

1912_2006ff先日の 『2006ひろしまフラワーフェスティバル(FF)』 の紹介記事から少々間が空いてしまいましたが、撮影した写真が出来上がってきましたので、思い出したようにフラワーの話題です(^^;)。
ゴールデンウィークが終わってからの発表によりますと、今年のフラワーフェスティバルの人出はなんと約165万人に達したそうで、フラワー30年の歴史の中では第三番目か四番目の人出になりそうです。特に今年は、三日間とも晴天に恵まれたこと、そして夜の部のプログラムがかなり充実されたことが人出に大きく影響したものと思われます。この人出・・ 誰がどこで数えているのかは知りませんが、とにかく、『博多どんたく港まつり』、『弘前さくらまつり』 に次いで国内第三位の人出になるそうです。(参考:asahi.com:大型連休の行楽地、6500万人の人出 警察庁まとめ) 広島市内に在住していて、初日だけフラワーフェスティバルへ出掛けてきたものの、それほど人出の多さは実感できなかったのですが、なかなか広島も凄いんだなぁ と思った次第です。

さて、これだけの人出を運ぶ足の一つとして大活躍するのが、広島電鉄の路面電車。メーン会場となる平和大通り・平和記念公園近辺を運行する路面電車には、「フラワー会場経由」 のプレートが取り付けられ、フラワーフェスティバル目当ての大勢の客を運んでいきます。中には、「臨」 のプレートを付けた三両連接車の臨時便も投入されていたりして、それほど極端に混雑がヒドイという程でもありません。ただ、どうしても乗客が多い分、各電停に広電の職員さんが出て整理されているにもかかわらず、乗り降りに時間を要してしまい、更には信号とのタイミングが合わずに遅れが出て団子状態になる場面も見受けられました。フラワーの期間中、さすがに一般の乗用車は少な目だと思うので、もう少し信号のタイミングなど工夫はできないものかと思う訳ですが、バスやタクシー等もあって、路面電車だけを優先する訳にはいかないのかもしれません!?
冒頭の写真は、袋町の横断歩道橋から望む袋町電停・・ 元 京都市電の1912号が停車中。この日ばかりは、最近復活した京都にちなんだ愛称板の代わりに 「フラワー会場経由」 のプレートが取り付けられています。向こうの方に見えているのは、平和大通りと鯉城通りの交差する白神社前交差点を横断する大勢の人々・・ ちょうど、フラワー初日の 「花の総合パレード」 が行われている時間帯です。
そして次の写真は、やはり白神社前交差点を平和大通りの沿道から眺めた様子。交差点を走り抜ける路面電車3952号の向こうに見えている赤と紫は、広島カープとサンフレッチェの応援パレードですね・・・。

3952_2006ff

最後のおまけ写真・・ これは路面電車の写真ではありません。初日のパレードも終わって歩行者天国になった平和大通りの様子です。ずっーと向こうの方まで見渡す限りの人・人・人でぎっしり・・ 確かに、この人出は凄いですね!!

2006ff2

次回、久々に復活した広電・花電車を紹介する予定・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.12

Webサイト7周年!!

Ron_cutゴールデンウィークのフラワーフェスティバル、そして松山一泊温泉旅行、更に休み明けも公私に渡ってバタバタしていた関係で多少疲れ気味です。フラワーや松山で撮ったフィルムの現像が一部上がってきたので、このブログ雑記帳でも紹介したいと思ってはいるものの、何となく力が入らず本調子ではありません(^^;)。
そう言えば、松山一泊旅行の際にペットショップに預けていた我が家の愛犬・・ これからの暑い夏に向けてスッキリ・サッパリ、綺麗にカットしてもらって無事に戻ってきました。預けるついでにカットもお願いしていた訳ですが、全く初めての経験で、我が家の愛犬もかなりのストレスだったのではないかと想像しています。なんせ、引き取りに行った際にワンコの餌入れを覗いてみたところ、一口も食べていないのが分かりましたから・・・ 大好物の砂肝を入れておいてあげたのに・・。ほんの一泊しただけではありますが、随分と心細い思いをしていたのでしょう。

それはさておき、先日5月9日、本家Webサイト 『Family Page広島』・・ 略して 『F-Page広島』 がオープンしてから丸7年を迎えました。当初、うちの家族で作る 「ファミリー向けのWebサイト」 を目指してスタートした訳ですが、現在はほとんど私T.Kaze一人でボチボチとやっています。言うなれば、親父が作る 「趣味のサイト」 みたいな感覚です。余りにもあれこれ節操無く色々なテーマを取り込み過ぎて、多少更新するのも疲れてしまったという感もありますが・・・ 特に、この雑記帳ブログを始めてからは、極端に本家サイトの更新頻度が落ちてしまったようにも思います。
更新ペースはかなり落ちてしまったものの、現在でも比較的コンスタントに更新継続している本家Webサイト内のページを宣伝しておきます・・・
> きまぐれ広島ニュース: 広島の話題を毎年々々繰り返しお届けしています。ちなみに、キーワード「広島 ニュース」にて、Yahoo!とかGoogleで検索した際、中国新聞のページより上に表示されるのが夢です(笑)。
> 路面電車が走る街 広島写真集: 別にライフワークとかいった大層なものではありませんが、広島の路面電車が走る街の四季の風景がお気に入りでして、暇を見つけては写真を撮り歩いています。
> Webわんわん図鑑&リンク: 愛犬写真を送っていただいて犬種別に紹介している他力本願のページです。現在76犬種・736匹のワンちゃんを紹介しています。各犬種ページ・・ 100万PVを突破しました。100犬種紹介を目標に継続してはいるのですが・・・ 半分あきらめ気味です。

・・ということで、これからもマイペースでボチボチやっていこうと思っていますので、このブログ雑記帳共々、今後ともヨロシクお願い致しますm(_ _)m。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.06

松山の路面電車!

060506_184802s

松山の路面電車です。初めて見ました。広島の路面電車を見慣れていると、松山の路面電車は、ずいぶんと華奢な感じがしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

松山・道後温泉

060506_191803001s

ただいま瀬戸内海を渡って、こんな所に来ています。決して路面電車の写真を撮りに来た訳ではありません。でも、電車の写真を撮らないと帰れそうにありません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペットショップにて・・

060506_131201s

ただいま移動中・・ 携帯から投稿しています。お昼過ぎ、ペットショップへ我が家の愛犬を預けてきました。もちろん本人(本犬)には状況がよく分かっていない様子。なんせ、こんな事は全く初の試みなので・・。飼い主としては、後ろ髪を引かれる思いです。今頃、どうしていることやら・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葉っぱがレタス!!

Retasu04

四月始めに蒔いたレタスの種・・ やや伸び悩みの感はありましたが、何とかここまで成長しました。葉っぱがかなりレタスっぽくなってきたと思いませんか!? 一応、玉レタスの代表種「メルボルンMT」の種を蒔いたので、予定ではこれから葉っぱが巻いていくんだと思うのですが・・・。この調子でいくと、収穫は6月頃になるんでしょうか!??

さて、話は変わりますが、ゴールデンウィークも残すところあと僅か。私の場合、5月1日・2日と普通通り仕事だったので、フラワー初日の5月3日から土日含めて5連休。その連休も終わろうとしているにも関わらず、しかも天候が崩れようとしているにも関わらず、これから出掛ける予定です。我が家の愛犬をペット屋さんに預けての外出は初の試み・・ 躾が悪いワンコなのでかなり心配。ほんとに大丈夫なんだろうか!??

2006ron01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.04

30th フラワーフェスティバル

2006ff雲一つない日本晴れ・・ 5月3日、『2006ひろしまフラワーフェスティバル(FF)』 が開幕しましたので、少しだけ覗いてきました。FF開催期間 5月3~5日の内、どこかで雨が降るというジンクスみたいなものがあるのですが、今年は3日間ともいい天気に恵まれそうで何よりです。
それにしても、メーン会場となる広島平和記念公園前の平和大通り周辺は人・人・人・・・ 移動するにも一苦労するくらい。今年は、第30回記念企画として、夜神楽が3会場にて同時開催、そしてフラワーナイトフェスティバル(平和記念公園・原爆ドームのライトアップなど)が開催されることもあって、例年以上の人出が期待されるのではないかと思います。
今年からの新たな試みとして、恒例のフラワー歌手が廃止されたそうですが、これはちょっと寂しくなりましたね。その代わりとなるスペシャルゲスト長州小力さんの会場到着が遅れるといったアナウンスがなされていて、これはちょっといただけない(笑)。やっぱり、フラワーの花・華・・ フラワー歌手は是非とも復活をお願いしたいですね・・。

ちなみに、写真は初日3日の「花の総合パレード」・・ 『広島が大好きカープ応援パレード』 の一場面です。以前この雑記帳ブログでも少し紹介したカープ坊やのイラスト入りタクシー(つばめ交通株式会社) も応援に駆けつけていました。そもそも 『ひろしまフラワーフェスティバル』 は、昭和50(1975)年に広島東洋カープがセ・リーグ初優勝を果たした際の祝賀パレードがきっかけの一つとなってスタートし、今年で第30回を迎えた訳です。そんな広島の元気の元・・ 広島東洋カープに因んだ写真を掲載してみました。

** 過去のフラワー記事・・
> 2005ひろしまフラワーフェスティバル(2005.05.04)
> 2004ひろしまフラワーフェスティバル(2004.05.03)

** きまぐれ広島ニュース・・ こちらでは、写真も多数掲載しています。
> 2006ひろしまフラワーフェスティバル開幕!(2006.05.03)
> 2005ひろしまフラワーフェスティバル開幕!(2005.05.03)
> 2004ひろしまフラワーフェスティバル 小雨の開幕!(2004.05.03)
> 2003フラワーフェスティバル開幕!(2003.05.03)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »