« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006.08.31

最近気になるトンボ :88--

Tonbo01

もう明日から9月・・ 雨が降ったこともあるのですが、広島市内は随分涼しくなりました。これから一日々々、着実に秋が深まっていくのでしょう。季節の変わり目、腹を冷やしたり、風邪などひいたりしないように気を引き締めていかないと・・。
さて、最近気になって仕方がないのがトンボです。あちこちでトンボがたくさん飛び回る季節になりました。そろそろアキアカネの季節でしょうか!? そこで、飛んでいるトンボを何とかアップで写真撮りできないものかと・・ 機会があればトライしようとするものの、なかなか簡単にはいきそうもありません(^^;)。ちなみに掲載した写真は、相生橋西詰めで白い花をつけている夾竹桃(きょうちくとう) の傍で通りすがりに撮ったものです。トンボも警戒しているのか、なかなか近くに寄ってくれないので、こんな写真が精一杯です(^^;)。もっともっと寄らないと・・。
たまたま雑誌で見つけたのですが、トンボのフォトコンテストなんてのがあるそうですので、いい写真が撮れたら是非とも応募してみたいと思っているのですが・・。トンボに限らず、フォトコンテストで賞金をゲットして新しいデジカメ購入資金の足しにできないものかとまじめに考えている今日この頃です。でもこの調子では、永久に新しいデジカメはゲットできないかもしれません!??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.29

「鬼太郎列車」 JR芸備線へ

Kitaro皆さんご存じだったのかどうかは分かりませんが、普段は鳥取県の JR境線(米子~境港) にて運行されている 「鬼太郎列車」 が広島へやってきました。そもそも、アニメ 「ゲゲゲの鬼太郎」 の作者である水木しげる氏が境港市ご出身ということに因んで、こんな列車が登場していたようです。
今回の 「鬼太郎列車」 来広・・ JR芸備線での運行については、広島市内で開催されていた広島アニメーションビエンナーレ2006と、三次市にて27日に開催された 「第11回世界妖怪会議」 に合わせたものだそうです。広島駅での列車展示会(一般公開)、そして広島~三次間での定期列車へ併結しての運行がなされました。鉄道ファンやアニメファンにとっては、なんとも嬉しい企画だったようで、広島駅はさぞかし賑わったことでしょう!? そういう私も 「鬼太郎列車」 を一目見たくて、JR芸備線の安芸矢口駅まで出掛けてきた次第です(^^;)。キハ40形列車のランプを 「目玉おやじ」 に見立てているのが何ともユニークでした!! こんな楽しい企画は、是非ともまたお願いしたいものです。
少しネットで調べてみますと、「ゲゲゲの鬼太郎」 は、昭和40年(1965年) に週刊少年マンガに登場、そして昭和43年(1968年) には TVアニメがスタートしています。その後、70年代・80年代・90年代に各々1シリーズずつ、合わせて4シリーズが TV放映されているそうです。実を言いますと、私も初期(前半) の頃の TVアニメを見て育った年代でして、それなりに愛着を持っているものですから・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.08.28

こうよう花火大会・高陽まつり

2006kouyou_hanabi夏休みも残り僅か・・ と言っても、我々サラリーマンには全く関係の無い話。今時の中高生も、クラブ活動とか補習とかで、ほとんど休まず学校に通っているみたいです。そうすると、しっかりと夏休みをエンジョイしているのは小学生だけということになるのかもしれません!? でも、今頃はきっと夏休みの宿題や自由研究のまとめなんかで、最後の追い込みに入って焦っている時期ではないかと思います!? (我が家でも既に経験済み)
そんな 8月も終盤・・ 最終の土曜日となった26日、二年に一度の 「こうよう花火大会・高陽まつり」 が開催されました。今年は、そもそも先月 7月22日 (広島港一万トンバースにて開催された「広島みなと夢花火大会」と同じ日) に開催予定となっていた花火大会ですが、梅雨の長雨の影響で、会場となる太田川河川敷の地盤悪化、そして花火打ち上げ場所の水没の為、8月26日に延期されて開催されたということです。
この花火大会・・ 花火は僅か約1,000発とやや貧弱ではありますが、地元のたくさんの人出で賑わいます。浴衣姿の女性も結構多かったような気がします。太田川河川敷には露店がずらりと並び、枡席が設けられて炭火のバーベキュー(要予約) などもできるようになっています。その他、ステージ演奏などの催しもやっているみたい・・。
私も、自宅から比較的アクセスし易いので、花火の写真撮影を目的として覗いてきました。今年の夏は、これまで打ち上げ花火を見ていなかったこともあり、それなりに楽しむことができました。やっぱり、花火を見ないで夏が終わってしまうのは、余りにも寂しい・・。もう少し花火の本数が増えて、大きな花火が打ち上げられると良いのですが・・ 余り贅沢は言えませんけど。

2006kouyou_hanabi2

今年は、前から一度試してみたかったちょっと面白い花火の写真撮影にトライしてみました。どうやって撮っているかは、写真を見て頂ければすぐに分かるかと思いますが・・。それなりに面白い効果が出るので、是非また機会があれば・・ 病みつきになるかも!??

** 追記 (2008.08.23): 2008年の最新情報・・
これまで太田川河川敷で開催されていた 『こうよう花火大会・高陽まつり』 ですが・・ 今年 2008年は、フジグラン高陽店の周辺 (フジグラン高陽前のふれあい広場、並びに寺迫公園の一帯) で 『高陽まつり』 として開催、祭りの締めくくり 19:30から花火打ち上げも予定されているようです。但し、従来隔年で開催されていた約 1,000発の花火と比較すると、かなり規模が縮小されるものと予想されます。聞くところによりますと、やはりこの不況もあってか、なかなかスポンサーが集まらないということだそうです。元記事の 2006年が太田川河川敷での 1,000発規模の花火大会としては最後になったようです。いつの日か、「こうよう花火大会」 が復活することを期待しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.23

八丁堀バスシェルター

Sky060823

まずは、本日昼間の空の写真・・ ついこの前までの夏の雲とは明らかに違ってきています。まさに、秋空へと移り変わりゆく広島市内の空といった感じでしょうか。まだ日中暑いのには変わりありませんが、暑さのピークも過ぎて少し気温が下がってきたのか、多少は過ごしやすくなってきた今日この頃です。

さて、広島市内は八丁堀・・ 相生通り(電車通り)を挟んで天満屋・三越の向かい側、通りすがりに目についたのは真新しいバス停・・ バスシェルターです。新設されたバスシェルターは、屋根付きで小さなベンチも設けられています。そして何より目立っていたのは、大きな広告看板。これは、高級スキンケア・クリームのイメージ広告でして、夜間は照明が入るようになっています。広告看板に記載されていたWebサイトを覗いてみますと、このスキンケア・クリームは、何でも 50グラム足らずの量でウン万円もする代物みたい・・ さしずめ、高級ブランド志向の上品な広告といったところでしょうか!?
この近辺、かつては歩道に駐輪された自転車がズラリと並んで、かなり殺風景な時期もあったように思いますが、自転車用の無人駐輪施設ができたり、こんなバスシェルターが設置されたりと・・ 少しずつではありますが、街の景観もスッキリ、そしてお洒落に変身しているように見受けられます。

Haccho_busstop1

バス停の話題なので、バスを絡めた写真を掲載しましたが、例によって広島らしく路面電車を絡めた写真も・・・

Haccho_busstop2

**追記(06.08.24): ネット検索して調べていましたら・・ 同じ広告パネルの付いたバスシェルターが名古屋市内にあることを紹介されているブログを発見!! 広告掲載費用に関することも記載されているのですが、その金額を見てビックリしました・・。トラックバックお送り致します。
> アドマンパラダイス: 広告パネル付きバスシェルター(2006-08-22)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.08.21

SOGOのカラクリ時計

Sogo_clock_childそごう広島店・・ 正面入口のカラクリ時計です。幸せを運ぶ“イッツ・ア・スモールワールド”時計というのが、正式な呼び名ではないかと思います。全国各地のSOGOに設置されているのでご存じの方も多いと思いますが、毎時に世界の子供達のカラクリ人形が現れ、“イッツ・ア・スモールワールド(小さな世界)”のメロディが流れます。このメロディが始まると、ついつい足を止めて見入ってしまう人もいるのではないでしょうか!?
広島市内では、バス・路面電車・アストラムラインが交差する交通の要所・・ 紙屋町交差点に面するということもあって、待ち合わせ場所としても定番中の定番となっているのではないかと思います。先日たまたま会社帰りに通りかかると、メロディに合わせて一生懸命スイングしている可愛らしいチビッ子を発見!! こんな遅い時間に・・ と思いつつも、いつも持ち歩いているコンパクトデジカメでパチリ・・。
全くの余談ではありますが・・ 現在使用中のコンパクトデジカメは、もう7年位前に購入した150万画素程度のモデルです。余り設定をいじるところもなく、面白くも何ともない古い機種でもあり、バッテリーの消耗も早くなってきたので、そろそろ最新モデルのデジカメが欲しくなってきました。ただ今、デジカメ購入のための資金調達作戦を思案中です。但し、目を付けているデジカメは結構お値段が張るので、いつの事になるのやら・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.20

芸備線への誘い14(志和地~西三次)

Geibiline24

久々の JR芸備線沿線写真・・ お馴染みの黄色い気動車キハ47形・40形が走っているのは、広島市内から県北方面へ向かう国道54号線沿い、志和地(しわち)~西三次(にしみよし)間の田園です。つい先日お盆休みで県北の田舎へ帰省する道すがら、すっかり黄色く色付いて頭を垂れはじめている稲穂を見つけたので、寄り道して撮影しておきました。実は、心の準備をする前にいきなり気動車が接近してきた関係で、かなり焦ってしまいまして、シャッターのタイミングは悪いやら、どこにピントを合わせているかはっきりしないやらで、何となく中途半端な写真になってしまいました・・(^^;)。
広島市内の自宅近くの田んぼでは、まだほとんど稲穂が出ていない状態なのですが、三次近くまで行くとご覧の通り・・ 「実るほど頭のさがる稲穂かな」 の句を思い出させてくれました。おそらく、植え付け時期とか稲の品種とかが違い、広島市内とは収穫時期にもかなりのズレがあるのでしょう!? こうして見ると、実りの秋・収穫の秋が着実に北の方から近づいて来ていることを感じてしまいました。

**この雑記帳(ブログ)内のJR芸備線関連過去記事に付きましては、Photo Index JR芸備線のページにまとめていますので、興味のある方は余り期待せずに是非どうぞ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.19

JA共済フルラッピング

3006ja4

広島市内を走るフルラッピング路面電車紹介・・ 前回からかなり間が空いてしまいましたが、今回は第14弾です。
広電・三両連接車 3006号・・ 最近、人気女優さんを起用した TVCM も時々目にする 『JA共済』 のフルラッピング路面電車です。既に先月7月前半頃からだったでしょうか・・ 広電1号線(広島駅~紙屋町~広島港・宇品)にて運行開始していました。
青空と白い雲をイメージさせるラッピング地に、JA共済矢野温泉保養所「あやめ荘」 (広島県府中市上下町矢野)の文字。そして、JA共済の商品である建物更生共済「むてき」・医療共済「べすとけあ」の広告が人のイラストを添えてプリントされています。青と白色系の色使いは、どうやら広島のフルラッピング路面電車の定番となっているように感じます。今一つインパクトに欠け、人目に付き難いようにも思う訳ですが、街の景観に配慮するという意味では、最も無難な色使いという認識になっているのでしょう。余りにもケバ過ぎるのは考え物ですが、もう少し派手な色使いをしても良いような気がします。
ところで、『JA共済』のフルラッピング全面広告が施されている広電 3006号は、旧西鉄福岡市内線から移籍した車両を三両連接車へ改造して運用、現在に至っているということです。昨年10月には、「鉄道の日」 に因んだ 「絵画電車テッピー号」 として、テッピーのヘッドマークをつけて運用されていました。 更に一昨年は、広島ライトアップ事業 「ひろしまドリミネーション」 の電飾キラキラ・イルミネーション電車として運用された車両でもあります。フルラッピング全面広告の最低掲出期間が 6ヵ月間に設定されていることを考えると、昨年同様、今年の年末も 3006号のイルミネーション電車は無理なのかなぁ・・ と思ってしまいました(^^;)。

3006ja2

**この雑記帳(ブログ)内で、これまで広島市内で運用されたフルラッピング全面広告路面電車を紹介しています。Photo Index 路面電車のページにまとめていますので、興味のある路面電車ファンの方はどうぞ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.14

本物のトマト!?

Tomato

県北の田舎へ日帰りで行ってきました。朝5時に自宅を出て、色々と寄り道しながら帰ってきたのが夜の9時過ぎ・・ 多少疲れ気味です。避暑を兼ねるつもりだったのですが、日中の気温は 34度くらいで、広島市内とほとんど変わらない(^^;)。やはり今年は例年以上に暑いような気がします。
いつものことながら、田舎で色々と腹一杯食べてきた(最近の定番は焼肉…地元の黒毛和牛!??) のですが、久しぶりにトマトを丸かじりしてきました。勿論、よく熟れた「もぎたてのトマト」です。水でサッと洗って、手で割いてかぶりつくと、ほどよい酸味と甘みがあって、熟れたトマト特有の香りがします。何故か包丁で切ると美味しさが半減するような気がします。そのままでも美味しいのですが、塩(アジシオ)をサッと振りながら食べると、甘みがより一層引き立てられるような感じがしてお気に入りです。こんな旬のトマトを食べてしまうと、スーパーで売ってる青臭くて酸っぱいトマトはニセモノではないかと思ってしまいます。
子供の頃、夏休みになると、こんな風にしておやつ代わりにトマトを食べていたことを思い出します。あの頃は、もっともっと美味しくて、空腹の時には 2・3個ペロリと食べていたような記憶があります。田舎のトマトの味が少し変わってしまったのか、それとも自分の味覚が変わってしまったのか・・??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.13

最近の空が面白い!!

Yakei01相変わらず日中は 35度前後の暑さが続いている広島市内・・ 取り敢えず明日から短い盆休みに入ります。一応、県北の田舎へ避暑を兼ねて墓参りにでも行ってこようと思っています。
ところでこの時期、何かと空が面白くて、機会があれば写真を撮りたくなる季節です。盛夏のモクモク沸き上がるような入道雲、空や雲が赤く染まる夕暮れ・・ 刻一刻と雲の形が変化していったり、夕暮れ時の空の色が変化していく様子は見ていても飽きがこなくて、ついつい時間の経過を忘れてしまいそうです。
ちなみに、掲載した写真は、夕暮れ時の新己斐橋の景色・・ この日は平日の会社帰り、少し早めに会社を出て寄り道してみました。市内中心部から路面電車で行くと、広電西広島(己斐) の手前の太田川放水路に架かる長い橋です。例によって、路面電車を絡めてみた訳ですが、この辺りには高い建物が無く視界が開けているので、空の景色を見るにはもってこいのスポットです。夕焼けの赤・・ こういうのを茜(あかね)色というんでしょうか??・・ そして空の青とのグラデーションが結構面白くてお気に入りです・・ もう少し色が濃くなるのを期待して待ってみたのですが、なかなか思うようにはいきません(^^;)。でも、また綺麗に夕焼けしそうな時節を見計らって寄り道してみたいと思わせてくれます。

余談になりますが、今の時期、広島市内を東西に走る通りの方向と太陽の沈む方向がほぼ一致している時期にあたります。例えば、相生通りのお立ち台・・ 胡町の横断歩道橋(幟町南横断歩道橋) の上から、午後7時前に西方向を眺めますと、丁度相生通りの延長線上、通りの両サイドに建ち並ぶビルの間に日が沈んでいくのを見ることができます。これがなかなか良い絵になりそうだということで、何度か写真撮影していますので、また今後機会がありましたら・・。こんなことをやっていると、少しずつ日没位置が南方向へ移動していることが分かります。暑い暑いと言いながら、実は日に日に昼が短くなっている季節なんですね~。もう既に残暑・・ お盆を過ぎれば、この暑さも和らいでくるのでしょうか・・!?

Yakei02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.12

2006.8.6 原爆の日(2)

2006genbaku5

先日の「原爆の日」 の記事の続編というほどではありませんが、例によって 8月6日「原爆の日」の広島電鉄・被爆電車650形の様子をほんの少し・・
当日お昼前頃、リニューアルされたばかりの原爆ドーム前電停へ到着、付近をブラブラしながら被爆電車を待つも、なかなかやって来ませんでした。昨年の「原爆の日」 には、相生橋を走り抜ける被爆電車をもっと頻繁に見かけたように記憶していますが、さすがに今年は一部の被爆電車が現役引退したことも影響して出会える確率も下がってしまったのか、たまたま運が悪かったのか・・??
しばらく平和記念公園へ出たり入ったりしている内に、やっと出会えたのは 広電3号線(広電西広島~広島港) で運行されていた被爆電車652号。炎天下の相生通りを軽やかに・・ とは言えませんが、しっかりと働いているのを確認しました。本当は、6月のダイヤ改正に際して江波車庫にて休車扱いとなっている653号に出会えることを期待していたのですが・・ ま、またどこかで出会える機会もあるでしょう!?

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006.08.09

2006.8.6 原爆の日

2006genbaku1今日、我が家に新しいエアコンがやってきました。もの凄く気持ち良くて快適です(^o^)v。実は、先日8月5日(土)、十数年も使ってきたエアコンが故障して、ここ数日エアコン無しの生活を送っていました。一番暑い時期にエアコンが動かなくなるなんて・・ と思っていましたが、以前のエアコンは容量がやや小さめだったこともあり、余りの暑さでフル回転してオーバーヒートしてしまったのではないかと思われます。一般的にエアコンの寿命は 5~10年程度で、古い機種は無駄に電力消費するということらしいので、思いきって新しいエアコンに入れ替えることにしたのです。昨日までのうだるような暑さがウソのようです。
さて、本題・・ 先日8月6日、広島は例年通り、朝から暑い「原爆の日」を迎えました。昨年と同様、今年も平和記念公園へ足を運び、少しだけ写真を撮ってきました。公園内では、原爆死没者慰霊碑へお参りする人々、原爆の子の像にお参りする人々、慰霊・平和祈念の催しに足を止める人々、そして原爆ドームや広島平和記念資料館(原爆資料館)を見学する人々・・ たくさんの人が途絶えることなく終日混雑していました。
今年は、被爆61年・・ 新聞によると、被爆者の平均年齢が73歳に達しているそうです。毎年々々、確実に被爆者の方々は歳を重ね、被爆体験を語ることができる方々が少なくなっていくということです。一方、つい最近では、北朝鮮のテポドン発射騒動とか、イスラエル軍のレバノン空爆とか・・ およそ平和の概念からは遠ざかるような出来事が相変わらず起こっているこの頃です。このまま、取り返しのつかない事態へ進展することがないように祈るばかりです。
ところで・・ 決して今年が特別という訳ではないと思いますが、「原爆の日」の平和公園内で、たくさんの海外からの来広者を見かけました。わざわざ海外から、しかも8月6日に合わせて広島入りされている方々がこんなに多いなんて・・ ヒロシマへ来て、原爆ドームや原爆資料館を見て、海外の方々はどんな風に感じていらっしゃるのでしょうか?? 多分、国籍や人種によらず、平和を祈念する思いには違いが無いと思いますが・・ どんな風に感じられたか、一度聞いてみたい気がします。それから、これだけ海外からの来訪者も多いのですから、是非とも日本国内の方々も広島へ来て、見て、感じて頂ければと思うばかりです・・。

2006genbaku2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.08.04

「原爆ドーム前」電停の時刻表

Domemae14先日の記事にて、広島電鉄・路面電車の電停「原爆ドーム前」の改良工事の話題はお終いにする予定だったのですが、何やら時刻表が表示されていないといった不満が上がっていたということで、その後の様子を追記しておきます。
昨日8月3日の夜、「原爆ドーム前」 電停に立ち寄ってみたところ、ご覧の通り時刻表が貼り付けされているのを確認しました。リニューアルされた真新しい電停の時刻表にしては何ともお粗末な感じではありますが、何も無いよりはマシと言ったところでしょうか?? 電停改良工事に伴って、それに見合った時刻表が表示されるのかと思っていたのですが・・。

しばらく電停でウロウロしながら見ていたところ、やはり時刻表を覗いている人はいるんですね・・ おそらくは、広島の路面電車に余り馴染みの無さそうな人達・・。 「この時間なら、時刻表を気にするまでもなく、すぐに電車が来るだろう」 といった予測は、あくまでも普段から電車を利用している広島市内在住者のものであって、県外などから初めて広島へ来られた人達にとっては、そんな予測すらできず不安を抱いていらっしゃる場合もあるものと思われます。
8月6日「原爆の日」 を目前にして、既に県外からも多くの人達が広島入りされているのを目にする時期です。電停の時刻表表示については、広島市民が見ることを想定して考えるのではなくて、この時期、県外から広島入りして初めて路面電車を利用するお客さんを想定しながら、表示の必要性や表示の仕方を考えていく必要があるように思った次第です。ま、こんなことは当然と言えば当然のことだと思う訳ですが・・。

今朝の朝日新聞に、「原爆ドーム前」電停の改良工事完成の記事が掲載されていました。
> asahi.com:ドーム前電停、バリアフリー化 - マイタウン広島 2006年08月04日
この記事によりますと、電停改良工事の費用は 1億2千万円。そして、「同電停の利用者は1日平均約2500人だが、6日は数倍の利用がある。普段は駅員がいないが、当日朝は4人を配置する。」 ということでした。この日曜日・・ 今年も暑い原爆の日になりそうな予感です・・。

** 追記: この記事で紹介した 「原爆ドーム前」 電停の時刻表は暫定的な処置であったようで、その後、容易に剥がれたりすることがないような時刻表に改められています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.08.03

刺激的な新幹線!!

Jr_shinkansen1

関西方面へ出掛ける用事が入りまして、久々に新幹線に乗ってきました。この暑い中、一日あちこち動き回るだけで一週間分位の体力・気力を消耗したような感じでして、夜遅くになって自宅へ戻った頃にはグッタリ・・ ちょっとバテ気味です(^^;)。
滅多にない機会とばかりに、肌身離さず持ち歩いているコンパクトデジカメにて新幹線の写真を撮ってみました。普段、広島の路面電車やJR芸備線を撮影し見慣れていますと、新幹線は非常に刺激的ですね・・。何と言っても、あのスピード感、そして斬新なスタイルと曲線美とでも言うのでしょうか!? 夏休みということで、小中学生らしき子供達がホームの端の方でビデオカメラを構えている姿を見かけましたが、何となく気持ちが分かるような気がします。
一枚目の写真は、後追い流し撮り風&ソフトで良い所だけ大胆トリミングあり・・ 最初は新幹線の先頭車両を撮ろうとしたのですが、虫とかゴミとかがいっぱいぶつかった跡なのか、結構汚いんですね(^^;)。おまけに、ワイパーのところに鳥の羽が挟まっていたりして、見るも無惨・・ という感じになっていました。その点、最後尾の車両はご覧の通り、綺麗なものです。二枚目の写真は、取り敢えず新幹線の曲線美(曲面美??)をそのまま・・ こちらは、ほとんどトリミング無しですが、邪道とは思いつつ、ソフトでややアンダー目に加工しています。
路面電車のようなレトロ感や情緒とかいった感覚とは対照的・・ たまには世界に誇る最先端の鉄道「新幹線」も面白そうだということが分かりました!!

Jr_shinkansen2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »