« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006.09.28

ムーバーmax、ローレル賞!!

Max_laurel01広電の最新型国産超低床車 5100形グリーンムーバーmax(マックス)が、「鉄道友の会」の 2006年ローレル賞を受賞、先日23日に広島電鉄・千田車庫にてローレル賞贈呈式・乗車撮影会がとり行われたということです。
 > 鉄道友の会 http://www.jrc.gr.jp/
実は、今年のローレル賞受賞については、既に6月頃の時点で発表がなされていたようで、当時その話題を記事として取り上げられているブログ等もありました。それから、おおよそ 3カ月・・ やっとこさ、ローレル賞の贈呈式がとり行われたということになります。ちなみに、独メーカ製 5000形グリーンムーバーが 2000年ローレル賞を受賞しているので、広島電鉄の車両としては二回目の受賞ということになります。
さて、鉄道車両そのものに余り感心のない方々にとって、ローレル賞というのは耳慣れないかもしれません!? 取り敢えず、「鉄道友の会」のWebサイトにてその解説など見てみますと・・
 鉄道友の会が毎年1回、前年中に営業運転に就いた車両の中から
 選定している賞です。
 ローレル賞(1961年制定)
 性能、デザイン、製造企画、運用などの諸点に卓越したものがある
 と、選考委員会が認めた車両を選定します。

と説明があります。そして今年、広島電鉄 5100形グリーンムーバーmaxのローレル賞受賞については・・
 「国産初の独立車輪式100%低床車両」、「日本の実情にあった適切
 な車内サービスの提供」、「欧州の超低床車に太刀打ちできる完成度
 の高さ」といった特徴が、選考委員会において評価されたことから、
 ローレル賞に選定しました。

といった解説がなされていました。
ところで、「鉄道友の会」というのは・・ 『1953年(昭和28年)11月14日に創立された全国規模の鉄道愛好者団体。2005年1月現在の会員数は約3800名で、90代から中学生まで幅広い年齢層にわたっています。』 ということだそうです。(興味がある方は、Webにて詳細をどうぞ)
言うなれば、鉄っちゃんの全国組織により選定されたローレル賞・・ まだまだ、一般市民への知名度はそれほどでもないのかもしれません!?? そんなローレル賞がどれくらい権威があって名誉なことなのか、私にもよく分からないというのが正直なところですが、まぁ 45年も前に制定された歴史のある賞であり、全国的にも優れた車両に対してのみ贈呈されるということで、一広島市民としましては素直に喜び、「マックス、おめでとう!!」 とお祝いの言葉をかけてあげたいと思います。

Max_laurel03

掲載した写真は、いずれも今週火曜日26日に八丁堀付近で撮影したものです。ご覧の通り、5100形グリーンムーバーmax 全編成(4編成)の前面中央部には、ローレル賞のヘッドマークが誇らしげに貼り付けされています。このヘッドマークは、月曜日25日の時点では、何故か貼り付けされておらず、26日朝の運用からのお目見えとなったようです。(賞贈呈式・乗車撮影会で使用された5101号のみは、23日からヘッドマーク貼付されていた模様です) 実を言いますと、このヘッドマークを付けて走行するグリーンムーバーmaxの姿を写真撮影、そしてこのブログ雑記帳に掲載するべく、3カ月も前から待っていたのです(^^;)。ま、それはともかく・・ 決して賞を取ることが目的ではないと思いますが、今後も賞が取れるような素晴らしい車両が投入されることを期待しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.09.24

路面電車撮影・・ 最近マンネリ

Den_mono02

別に深刻な話でも何でもないのですが、最近ちょっと路面電車の写真もマンネリ気味です。同じような場所で、毎年々々似たような場面を写真撮影しては、Webサイトにアップしたり、この雑記帳ブログに載せたり・・ を繰り返して数年。最近、自分は路面電車が撮りたいのか、広島の街が撮りたいのか・・ こんなに写真を撮ってどうするのだろうか・・ などと考えてみたり。
鉄道に限らず、他の写真絡みのWebサイトを覗いたり、プロの写真などをあれこれ見たりしていると、何かもっと今までとは違った写真を撮ってみたいなぁ と思うこともあります。でも、具体的にどんな写真を撮ろうと思っているのかと聞かれたとしても、すぐには答えられそうもありませんけど(^^;)。ものは試しに、流し撮りなど少し特殊な撮り方にトライしてみたり、撮影した写真をモノクロに加工してみたりと、色々試行錯誤している今日この頃です。ま、プロでもないし、単に趣味で楽しんでやっているのですから、余り肩に力を入れるつもりも無いのは確かですが、アマチュアなりにこのマンネリ感を打破したいなぁ・・ と。

Den_mono01

Den_mono03

いずれもコンパクトデジカメで撮った写真 (元画像はカラー) をモノクロに加工してみました。カラーの元画像を見ると、別に大したことのない平凡過ぎるくらいの写真にしか見えなかったのですが、モノクロにすると想像力をかき立ててくれるというか、自分の中では何かしら意味を持った写真に見えてくるような錯覚を覚える場合もあります。その反面、色を無くすることで、単に写真を誤魔化して見せているだけのような気もしていますが・・。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006.09.23

お彼岸

2006_higanbana「暑さ寒さも彼岸まで」・・ のお彼岸です。太陽が真東から登って真西に沈む 「秋分の日」 で、季節の区切りでもあります。毎年同じことの繰り返しなのですが、広島市内では今年も彼岸にピッタリ合わせたかのように彼岸花がポツポツ開き始めています。収穫間近の田んぼの緑と、その畦道で開いた彼岸花の赤との対比が新鮮で、なかなか面白い・・。

季節の変わり目、不覚にも風邪をひいてしまいました。喉はガラガラ、鼻水ダラダラ・・ 体が熱っぽくて、体調最悪だったのですが、仕事を休むタイミングを逃してしまい、この土日の休日まで何とか耐えました。幸い薬が効いているのか、多少良くなってきたような気がしますので、このまま早めに寝て週明けの仕事に備えようと思います。この季節、皆様も風邪にはくれぐれもご注意下さい!

2006_ine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.21

広電 vs JR西日本

801_jr

かれこれ一カ月くらい前からだったでしょうか?? 広島電鉄・路面電車に新幹線の写真入り広告 (部分ラッピング) がお目見えしています。これは、東海道・山陽新幹線の会員制ネット予約 「エクスプレス予約」 の広告で、勿論広告主はJR西日本です。かつて路面電車にJRの広告が掲載されるなんてことはあったのでしょうか?? 私はちょっと記憶にありません。
ご存じの通り、広電とJRとは一部の区間ではありますが競合していて、いわばライバルの関係にあります。例えば、専用軌道の「鉄道線」となる広電宮島線 (広電西広島~広電宮島口) とJR山陽本線 (西広島~宮島口) ・・ 実現するのか否かは定かではありませんが、かつて広電が急行を運行させるという話が出たかと思えば、かたやJRでは新駅を増やして対抗するとか・・。当然と言えば当然のことなのですが、お互い意識しながら利用者増を狙った取り組みがなされているようです。更に、広島駅~横川間、或いは横川~西広島間・・ 場合によっては、これらの区間も競合していると言えるのかもしれません。こんな風に、お互い利害の絡む関係にあるにもかかわらず、広電の路面電車にJR西日本の広告を見付けて 「えっ!?」 と思ってしまった訳です。

広電とJR・・ それぞれ一長一短あって、うまい具合にバランスしているように見えます。これからも適度に競合することで、益々利用者の利便性・サービス向上に繋がっていくことを期待したいものです。その一方で、公共交通を担う立場で、うまく連携・接続できる所では、お互いに協力関係を保って欲しいとも思います。約3年前に完成した JR横川駅前交通結節点改善事業などは、その良い例 (成功例) ではないでしょうか!? くれぐれも、利用者を無視して対立関係にあるような状況にだけはなって欲しくないと思うのです。JR西日本の広告が部分ラッピングされた路面電車を見ていると、こんな心配は無用なのかもしれませんけど・・!??

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.09.18

台風一過・・ 青いドングリ

2006_donguri昨晩通過した台風13号・・ 真夜中にビュウビュウ、ゴウゴウ風の音がして、家が揺れているよな感じで、少し怖かったですね。 一昨年、ほぼ同じコースを進んだ台風が広島市内や宮島にて、暴風の大きな被害を及ぼした経験があります。なので、今回も心配していたのですが、いつの間にかグッスリ眠ってしまっていました(^^;)。
そして一夜明けて本日18日、まだ風がやや強いものの、台風一過の青空も少し見えるくらいに爽やかな日になりました。幸いにして、台風の進路がやや西寄りに逸れた為か、暴風による被害はほとんど無かったようで一安心です。
台風が通り過ぎた後、湿度も低く、風も心地よいのをいいことに、我が家の愛犬との散歩も少し回り道・・ 山添いの道でドングリがたくさんころがっているのを見付けました。見ると、青いドングリが結構たくさん落ちていて、昨晩の風の強さを物語っているかのようでした。

台風13号接近による暴風の被害はほとんど無かったものの、太田川上流あたりで台風接近前の大雨による被害が発生したようです。今回の台風によって、亡くなった方のご冥福をお祈りするとともに、行方不明の方が一刻も早く発見・救出されることをお祈りしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.17

みんなの広島 3大プロ

3pro先週の後半頃から気になっていたのですが、広島市内・城南通り(文字通り、広島城の南側で東西に走るバス通り) に、こんなバナーが登場しています。「みんなの広島 3大プロ」・・ 広島東洋カープ、サンフレッチェ広島、そして広島交響楽団です。カープとサンフレはすんなり納得、そこに広島交響楽団を加えたというのは、なかなか面白い取り合わせだと思いました。
このバナーには、主催/(社)広島青年会議所、共催/広島県・広島市・広島県教育委員会・広島市教育委員会の文字が記載されています。最初は気が付かなかったのですが、よくよくバナーを見ると、手書きの応援メッセージがびっしりと書き込まれているんですね。「フレフレカープ」、「めざせ日本一!!」、「広島 最高!」等々・・。皆さんの熱い思いが伝わってくるようです。考えてみれば(別に考えなくても)、こんなプロのスポーツチームや楽団までが在籍している県というのは、そんなに多くはないはずです。そういった意味で、やや大袈裟に言えば、広島県民・広島市民の誇りなんですね。だからもっとしっかり応援して、盛り上げなければ・・。
・・とは思うのですが、弱いカープを見てしまうと元気が出ませんね~(^^;)。カープが勝つのが先か、応援して盛り上げるのが先か・・ 悩ましい問題ですが、ややトーンダウン(??)しながらも、貨物ヤード跡地に建設予定の新球場設計コンペは 4作品に絞られて、いよいよ具体化されようとしているということです。これから新球場設計へ向けて益々盛り上がっていくことを期待しています!!
本通り商店街のアーケードにも、こんな垂れ幕がお目見えしています。頑張れカープ、サンフレッチェ、そして広島交響楽団 (^o^)/~~。

3pro2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.13

また・・ トンボ __M。

2006_tonbo02

今年の夏のうだるような暑さは一体何だったの!? ・・というくらいに、広島市内は一気に過ごしやすくなってきました。数日雨が降ったこともあって、冷え込みさえ感じるこの頃です。この時期、小中学校・高校では運動会や体育祭が開催されるので、何とか土日は晴れて欲しいと願っているご家庭が多いのではないかと思う訳ですが、我が家もそんな思いでウィークデーを過ごしているところです。
さて、相変わらずトンボが気になっています。先日の記事に載せたように、飛んでいるトンボの写真撮りに何度かトライしたものの、さすがに確率が低くフィルムの無駄遣いとなるので、別のトンボを狙うことにしました。今回のトンボは、近所の小川でチョロチョロ飛び回っているハグロトンボ(おそらく名前は合っていると思います) です。このトンボ・・ 結構 神経質で警戒心の強いトンボのようで、なかなか近づくことができません。本当はもっと近寄りたかったのですが、すぐに逃げてしまうので、これくらいが精一杯です。
しばらくトンボを観察していると、色々と習性が見えてきました。まずは、トンボに近づいて写真撮りしようとすると、少し首を捻ってカメラ目線してくれるんですよね・・ というより、変な奴が近づいて来たので、こちらを神経質に警戒しているのかもしれません!?? それから、オス同志で激しく牽制し合って、縄張り争いというかメス獲得の争いを繰り返していることが分かりました。トンボの世界・・ 男子たるもの、逞しく強くなければ自分の子孫を残すこともできないということを心得ているようです。ある意味では、人間様もトンボを見習わないといけませんね・・(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.10

芸備線への誘い16(備後西城)

Geibiline29先日の東城駅に引き続き、今日の写真は備後西城(びんごさいじょう)駅・・ 広島駅から JR芸備線で行くと 31番目の駅となります。現在の住所は、市町村合併によって広島県庄原市西城町となりましたが、かつては広島県比婆郡西城町・・ 昭和40年代の後半、日本中を話題の渦に巻き込んだ 『謎の怪獣 ヒバゴン』 のご当地はココなのです。当時、地元・西城町役場内には前代未聞の「類人猿係」が設置されて、連日ヒバゴン関連の取材や探検隊の対応に追われたということです。ま、そんな昔の話は、私T.Kazeの本家Webサイト内にて自信(??笑)を持って公開している 『謎の怪獣ヒバゴンはどこへ行ったのか?』 をご覧いただくとして、ここではあくまでも JR芸備線の話題です。
掲載している写真は、今年のお盆(8月14日)、県北の田舎へ帰省する際に寄り道して撮影しました。この西城駅の駅舎の一部は理髪店となっているようで、その名もヘアーサロン「ステーション・ルナ」。そして、駅舎に隣接して進物・贈答品のギフト屋もありました。なので、無人で人気が全く感じられないという訳ではありませんが、私の記憶にある昭和の西城駅と比較してしまうと、ここもまたこんなに寂れてしまったのか・・ という感じです。
ホームに出てみると、ステンレスボディに紫と青色ラインが入ったワンマンカー・キハ120が停車中。時刻表を見ても、次の列車の時間にはまだ一時間以上もあるし、停車中のキハ120は発車する気配も無し・・ それをいいことに、ホームの端から端まで歩き回りながらあれこれ写真撮影。その時は充分に状況を理解できていなかったのですが、後で気がついたのは・・ 今年7月の大雨によって、土砂崩れが発生し、備後西城~備後落合間が不通になったまま復旧されていなかったんですね。それで、西城駅にて折り返しの時間調整をしていたものと思われます。備後落合側から駅舎と停車中のキハ120を広角撮影した冒頭の写真・・ 赤く錆びついたレールを見れば、しばらく列車が通っていないことが一目で分かりますね(^^;)。
この土砂崩れの箇所は、未だ復旧工事がなされておらず、バスによる代替輸送が続いているそうです。つい最近の新聞記事によると、なんと年内の芸備線運転再開はほぼ不可能とのこと・・ この冬にも大雪(雪崩)の影響で一カ月以上も全面運休になっていた区間でもあり、踏んだり蹴ったりの状況です。このまま閑散区間として廃線に・・ なんて事だけは避けていただきたいと思うのですが・・ ちょっと心配です。

Geibiline30

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.09.09

JR広島駅南口

5104_hiroshimaekiここ最近、この雑記帳にて紹介できるような路面電車ネタがやや途切れ気味ではありますが、相変わらず機会さえあれば写真だけは撮っています。写真は、広島市の陸の玄関 JR広島駅の目の前に位置する広電・広島駅・・ 到着したばかりの最新超低床車グリーンムーバーmax 5104号。そして、すぐ向こうに見えているビルが、広島駅南口のランドマーク的な存在感のある福屋広島駅前店・エールエールA館です。夜になるとイルミネーションが七色に変化して、なかなかいい感じになります。
一時は、再開発の波に乗り遅れた感のあった広島駅南口ではありましたが、比較的最近になって 「国際平和文化都市広島の陸の玄関にふさわしい賑わいのある新しい街づくり」 を目指して、少しずつ開発・整備が進んでいるように見受けられます。
その開発の一環という訳ではないかもしれませんが、つい最近、エールエールA館の西隣・・ ダイエー広島駅前店が撤退した跡ビルに次々と新たなテナントが入って賑わい始めているようです。先月8月16日にはビル3階に居酒屋チェーン店がオープン、次いで先日8月29日には地下1階にゲームセンター、そして地上1階にパチンコ・スロット店がオープンしていました。更に今後は、お好み焼き店が二十店以上も入った「お好み村」みたいなフロアもできる予定だそうで、これから益々賑やかになることでしょう。ただ、1階入口がパチンコ・スロット店ということで、違和感というか、イメージが余りよろしくないというか、抵抗を感じてしまう人も多いのではないかと思う訳ですが、さて如何でしょうか!?

Hiro_ekimae

エールエールA館の位置がAブロックと称されているのに対して、Bブロック・Cブロックとされている広島駅南口から猿猴橋町近辺にかけてのエリアも、これからの市街地再開発によって大きく様変わりしていくものと思われます。今の内に旧式の路面電車などを絡めて写真に残しておくと、もしかしたら将来価値が出てくるかも・・???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.05

芸備線への誘い15(東城)

Geibiline26昨年9月にスタートした「芸備線への誘い」シリーズ・・ もうすぐ丸1年を迎えようとしていますが、写真を撮りに出掛ける機会がなかなか取れなくて、今年は特にスローペースの更新となっています(^^;)。これからも気長にマイペースで写真と記事をボチボチ増やしていきたいと思っています。
今日の写真は、県北の東城(とうじょう)駅・・ 広島駅から JR芸備線で行くと 38番目の駅で、ここまでが広島県です。そして次の野馳(のち)駅は、もうお隣の岡山県となります。
ここ東城駅は、日本5大名峡の一つである国定公園・帝釈峡の最寄り駅。かつて県北・比婆郡(現在は庄原市)の中で、東城は最も賑やかな街であったという印象があります。当時、駅の構内には売店(確かキヨスク!?)もあって、そこそこの列車利用者が絶えることなく出入りして賑やかだった様子を微かに記憶しています。
現在の東城駅は、比較的最近になってからの改装を経て、地元3セクにて管理運営されているそうで、「この駅舎は、平成17年4月より まちづくり東城(株) が管理運営しています。」 と記載された看板が駅舎入口に掲げられていました。待合室の一角には、各方面行きのバスの時刻表が一面に所狭しと掲示されていて、これが JR芸備線の列車のまばらな時刻表とは対照的・・ バスの便数の方がよっぽど多いのです。なんと、広島バスセンター行きと広島駅行きの高速バスが合わせて 1日9便もあるのには驚いてしまいました。以前、この雑記帳にて芸備線関連記事を書いた際、JR東城駅の駅舎とは言いながら実質的にはバスターミナルとしての役割の方が大きくなっているというコメントを頂いたことがあったのですが、つい最近の様子を実際に目にして、しっかりと納得してしまいました。
ちょっとしたお菓子なども販売されている真新しい切符売り場には、地元のおばちゃんが常駐されている様子です。そして、待合室にはバス利用者がほんの 2-3人・・ それもお年寄りばかり。全くの無人ではないものの、すっかり寂しく変わってしまい、かつての賑わいを想像することすらできそうもありません。一応、入場券を購入しようと切符売り場のおばちゃんに声をかけてはみるものの、「そんなもんはありません!」と言われつつ、JR芸備線のホームに出てみることに・・ ホームに出ると全く人気が感じられず、「本当に列車は来るの??」 といった感じではありましたが、かろうじて信号機が赤くボォーと光っていて、「まだ何とか生きているよ!」 といった感じでした。こんな光景を目にしてしまうと、果たして 5年後・10年後にはどんな風になっているのか・・ 何だか妙に寂しくなってきました。

Geibiline28

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006.09.02

八丁堀交差点の花壇

5104_hachobori

まず最初にお断りしておきますが、八丁堀と言っても東京都内の八丁堀ではありません。ネットで「八丁堀」と検索すると、最初の方に出てくるのは、ほとんど東京の八丁堀(^^;)・・ ちょっと不愉快なので、これから時々こんな記事をアップしようと思います。
さて、ずっと以前にもこのブログ版雑記帳で少し書きましたが、ここは広島市内中心部・繁華街に位置する八丁堀です。周辺には、銀行やデパートなどが建ち並び、広島市内で最も人通りの多い場所の一つとなっています。ちなみに、この八丁堀という地名は、かつて広島城の東側で、南北に伸びる外堀の長さが八丁あったことに由来しているということです。
ここ八丁堀交差点の四つ角には花壇が作られています。ほとんど途切れることなく季節の花が入れ替わり植えられていて、道行く人の目を楽しませてくれています。私も時々電車通りを走り抜ける路面電車と絡めて写真を撮ってみたり・・ お気に入りの路面電車撮影スポットの一つになっています。現在は、写真の赤い花・・ 確か、同じ種類の白い花もありました。(一応、花の名前をネットで調べてみたのですが、今一つ自信が無いの書かないでおきます(^^;)) 花壇には、「自然との調和を大切にします 私たちの未来のために 協賛 コカ・コーラウエストジャパン株式会社」 の文字が入ったプレートが設置されています。この花壇にも、ちゃんとスポンサーがついているんですね・・ 広告としての効果は薄いような気もする訳ですが、広島市街地にてこんな風に季節感を演出してくれるスポンサーさんに感謝したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »