« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007.06.30

ページ別アクセスBest10(6月)

070616_ohtagawa1

TVニュースによると、今日の広島市は 30度を超える夏日になったそうです。どうりで暑いはずです。ここ最近何度も書いているような気がしますが、まとまった雨が降らない今年の梅雨・・ 一時的にパラパラ降ることがあるものの、それこそ焼け石に水の状態です。一体どうなっているのでしょうか??
写真は夕日に染まる太田川。ここのところ、雨さえ降らなければ赤く染まる綺麗な夕日を見ることができます。上の写真にも写っていますが、この時期、太田川では小舟を出して漁をされている様子があちこちで見られます。たぶん鮎釣りではないかと思いますが・・!? 機会があれば、もっと近くで写真撮影でもしてみたいと思っているところです。

さて、この雑記帳ブログの 6月度ページ別アクセス上位10ページをご紹介です。このブログに備えられているアクセス解析の結果に基づいたもので、トップページとカテゴリページを除外して、個別ページのみをピックアップしています。
(1) 蛍・ホタル・・乱舞!? -2004.06.12
(2) 広電・白島線が廃止!?? -2007.06.14
(3) 電車と浴衣…「とうかさん」 -2005.06.12
(4) 芸備線への誘い17 -2007.05.18
(5) 広電 ICカード導入 -2006.12.11
(6) マリーナホップ -2005.03.21
(7) 紫陽花(アジサイ) -2004.06.10
(8) 今年の蛍・ホタル・・・ -2005.07.03
(9) 第12回路面電車まつり -2007.06.10
(10) 芸備線への誘い8 -2005.12.12

今月のダントツ一位は、先月からジワジワとアクセスを伸ばしてきていた 3年前の蛍の記事。6月はそのアクセス数も一気にピークとなります。「広島 蛍」 のキーワードで検索されている方が多いようで、おそらくは広島の蛍スポットを探していらっしゃるものと思われます。「乱舞」 などと大袈裟なタイトルを付けているのですが、実はかなりショボイ蛍写真でして、ページを開いてガッカリしている方もいるのではないかと・・ やや恐縮しています。ちなみに、今年も蛍がチラチラ見られたのですが、例年よりやや少な目で余り絵になりそうもないということで、写真撮影は断念しています。
次いでアクセス第2位は、広島電鉄路面電車・白島線ショック (廃止騒動) の記事です。6月半ばに書いた記事にも関わらず、ここまでアクセスを一気に集めたというところからも、大きな関心事であることが分かります。実際、白島線の廃止案に関する新聞報道を受けて、広島市や広電にも投書や電話が相次いだということです。結局のところ、広電から白島線存続の意向が出されたことが新聞記事になるという結末・・ 取り敢えずは一件落着といったところでしょうか!?
アクセス第3位は、6月始めに開催される広島の浴衣まつり 「とうかさん」 の記事。でも、今年の記事ではなくて 2年前の記事へのアクセスが何故か多かったようです。本当は、今年の最新記事の方を見ていただきたいと思っているのですが・・。(注: 個別記事としてではなく、トップページへのアクセス数はもっと多いので、今年の 「とうかさん」 記事も多くの方に見ていただいてるはず)
そして、アクセス第4位は JR芸備線の記事でした。勿論、この記事は急行列車 「みよし」 の廃止を取り上げたものです。その急行列車 「みよし」 ・・ 本日、ついにラストランの日を迎えました。実を言いますと、本日朝 JR広島駅で開催された記念セレモニーを覗いてみようと企んでいたのですが、やや二日酔い気味(^^;) だったのと、別件で出掛ける用事があり時間的に微妙だったので断念してしまいました。その代わりに、沿線にて午後の便を写真撮影してきた訳ですが、何とも名残惜しいものですね・・。急行 「みよし」 の廃止発表から、乗り鉄・撮り鉄の人でそこそこ賑わっていた芸備線ですが、またいつも通りの静かな田舎のローカル線に戻ることでしょう。この雑記帳ブログの 『芸備線への誘い』 シリーズの記事にて、これまで通りに芸備線の様子など紹介していく予定ですので・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.26

八丁堀(2)--モノクロの広島

200706_haccyo01
八丁堀 -June, 2007

最近、街のショーウィンドやディスプレイ、そして夜になると照明が入る広告パネルなどが気になっています。田舎都市広島市内でも、路面電車通り (相生通り) 沿いに歩くと、それなりに垢抜けた感じでセンスの良いショーウィンドや広告パネルなどを比較的最近よく目にするようになりました。
本当は、街ゆく人にカメラを向けてみたいという欲求があるのですが、なかなか勇気がなくてできません。せめて、ショーウィンドの中のマネキンに面と向かってシャッターを切る訳ですが、道行く人からの軽蔑(??) の視線を浴びているような気がして、これも多少の勇気を必要とします。それにしても、ショーウィンドにしても広告パネル写真にしても、プロの仕事は素晴らしいなぁ といつも感心しています。
マネキン写真には関係ないのですが・・ つい最近、ほんの思い付きで自分が撮影した写真を引き伸ばしてプリントする機会がありました。大きく伸ばすと色々とアラが見えてくるようで、何とも期待外れな思いをすることも多いものですが、やっぱり写真はプリントして観賞してなんぼの世界だという気がしています。せめて四つ切り程度に引き伸ばして観賞に堪えるような写真を撮らなくては・・ などと思うこの頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.24

梅雨時の紫陽花

2007_ajisai01

6月もあと残り一週間、梅雨だというのに全国的に余り雨が降っていないそうですが、広島も例外ではありません。今日は何とかシトシト降ったり止んだり、降ったり止んだり・・ はっきりしない天気です。この調子では、これから本格的な夏場に向けて、水不足がかなり心配になってきました。
ところでここ最近、花とか生き物だとかの写真を撮ることがほとんど無くなってしまいましたが、すぐ近所の通りの紫陽花が余りにも綺麗に見頃になっていたので、ちょこちょこカメラを持ち出しては、あれこれ撮ってみています。今年の紫陽花は、例年にもまして花の形が良くて綺麗に色付いているように見えるのですが、これは気のせいでしょうか!?
いつもながら感じることですが、紫陽花には雨が似合いますね・・ カエル君も雨が降るのを待ちわびているみたい・・!?

2007_ajisai02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.23

で、白島線はどうなる!?

070622_haccho1

これまでの成り行き (**関連記事参照) で、白島線廃止案に関連した記事をもう一つ残しておこうと思います。
先日20日、広島商工会議所が広島市などに提言した交通体系の見直し案・概要版(PDF) が Webサイトにて公開されました。あえて 「概要版」 とされているからには、「詳細版」 もあるのかなぁ などと思いつつ、早速提言書の中身を覗いて、何故に白島線が廃止なのかをチェックしてみました。提言書によりますと・・・

(1) 盲腸線であり、自然渋滞発生の原因となっている。
(2) 現軌道を敷設した状態での道路幅員が狭く、沿道の民有地の買収なしでは電停のバリアフリー化が難しい。
(3) 「バスセンター間連絡道路(城南通り)」 の代替ルートとして4車線化(廃線)。

と、記載されていました。
(1)については、朝日新聞や中国新聞にも記載がありました。というか、新聞報道では、「白島線の廃止目的は車の渋滞解消」 のみの記述しか無かったように思います。改めて商工会議所の提言書を見ると、先の新聞記事は余りにも安易で言葉足らずの感じがしてしまうのですがどうでしょうか!?
(2)については、道路幅員が狭く電停のバリアフリー化が単純にできない箇所は、路線廃止または移設していく方向性を示しているということですね。観音町~小網町~土橋間を廃止して 「平和大通り西ルート」 新設、それから猿猴橋町を廃止して 「駅前大橋ルート」 新設の両案においても、「沿道の民有地の買収なしではバリアフリー化が難しい」 という理由付けが同様になされているようです。
(3)については、JR広島駅の北側に広島第 2バスセンターを設置する案があり、その際、城南通りが現在のバスセンターとの連絡道路の位置づけとなるということです。そして白島通りはその代替ルートという位置づけになっているようで、広電・白島線を廃止して 4車線にしておこうというものです。東西に走る城南通りに対して、南北に交差している白島線が本当に代替ルートになるのかどうか、やや分かり難い感じもするのですが如何でしょう・・。

こうして見ていくと、白島線廃止についてそれなりに理由付けがなされていることが分かりました。ただ、上記 3点のみの理由で果たして 「廃止」 にまでする必要があるのか、かなり疑問に感じてしまいます。やはり、何か別の意図・意向があるのかなぁ と勘ぐってしまうんですよね・・。
ま、それはともかく、将来の広島の体系的な交通政策を考えていく上で、しっかりとした理屈があり、ちゃんと理由付けができて、それなりの改善効果が期待されるのであれば、私自身は路面電車一部区間の廃止ということがあっても良いと思っています。(路面電車趣味的には寂しいものがありますが) ただ、「道路が渋滞するから路面電車を廃止しよう」 とか、「バリアフリー化が難しいから廃止しよう」 という考え方は余りにも短絡的過ぎるような気がしてなりません。こういった提案であれば、私のような交通政策に関しての素人でも思い付きそうです。せめて、専門家の方々には、我々素人がなるほどと感心・納得できるような交通政策の提示を期待したいものです。
その際には、今あるものをいかにうまく活用していくかを考えながら、費用対効果を最大にするような方策を是非ともお願いしたいと思います。また、先日の本ブログ雑記帳の記事に、自動車が動きにくく、電車が一番便利な街にするのがいい というコメントをいただいたのですが、正にこれが広島市の目指していくべき方向ではないかと感じています。是非とも、そういった目での検討もしていただきたいと願っています。

** 関連記事
> 上八丁堀--モノクロの広島 -2007.06.20
> 広電・白島線が廃止!?? -2007.06.14

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007.06.20

上八丁堀--モノクロの広島

200706_kamihaccyo01
上八丁堀 -June, 2007

今もっぱら話題になっている広電・白島線 (八丁堀~白島) をモノクロにしてみました。この白島通りの石畳 (敷石) は、何とも味わいがあって歴史を感じさせてもくれるのですが、車では決して走りやすいとは言えません。
つい先日、広島商工会議所が広島市などに提言した交通体系の見直し案に、この白島線の廃止が盛り込まれていたということで、あちこちで話題の種になっているものと想像しています。もしかしたら、あの新聞報道を受けて広島商工会議所や広島電鉄へ直接問い合わせをされている人がいらっしゃるかもしれませんね!? このブログ雑記帳 (先日書いた記事) にも、白島線廃止の話題を求めて多数アクセスをいただいてまして、かなり皆さんの関心が高いことを実感しているところです。そう言う私自身、広島市などへの提言書がそろそろ一般公開されるのではないかと思いつつ広島商工会議所の Webサイトを度々覗いてはみるのですが、未だにアップされる様子はありません。(サイト内 「事業・サービス案内」 のメニューのところに他の提言などが公開されています。) 既に新聞報道もなされている訳で、すみやかに公開されてしかるべきだと思うのですが・・ どうなのでしょうか!?

先日の記事の中で引用した朝日新聞の記事では、白島線の廃止案に関して、『復興の生き証人 「残念」』 の見出しに始まって、『わずか 1.2キロの路線だが、被爆で運休した広電市内線で最後に運行を再開した路線として復興の歩みと重ねる市民も多い。』 などといった記述があり、「廃止」 という言葉にやや過剰反応気味で、まるで市民感情を煽っているかのような論調となっているところが多少気になります。
そういった論調でいくならば、広島商工会議所の提言の中に盛り込まれているらしい 「平和大通り線」・・ こちらは、被爆後 3日目にして路面電車運行が再開されて市民に希望を与えたと言われる区間 (己斐~天満町間) の一部を廃止するという案となる訳で、これについてはどうなのだろう などと思ってしまいます。被爆と復興の歴史は大切であり永久に記憶・記録に留めておかなければいけないと思いますが、将来の広島の交通体系・政策を議論していく場面において、そういった論調を前面に押し出していくのは如何なものかと、少し気になってしまうのですが・・。
いずれにしても、新聞記事の断片的な内容よりも、約2年間をかけてまとめられたという提言書の公開を是非ともお願いしたいものです。

** 関連記事
> で、白島線はどうなる!? -2007.06.23
> 広電・白島線が廃止!?? -2007.06.14

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.14

広電・白島線が廃止!??

070614_haccho1広島地方気象台のWebサイトによりますと、中国地方は 6月14日ごろに梅雨入りしたとみられます とのことで、やっとこさ梅雨入りした模様です。この際、水不足解消のために、しっかりと雨を降らせてくれることを期待したいのですが・・。

さて、本日の朝日新聞(朝刊) に路面電車の写真が掲載されていたので何かと思えば・・ 道州制導入で広島市を 「州都」 にすることをめざす広島商工会議所が 13日に広島市などに提言した交通体系の見直し案に、広島電鉄白島線 (中区、八丁堀~白島) の廃止が盛り込まれていた。 とのことでした。
更に中国新聞(朝刊) には、広島商工会議所の提言骨子が掲載されていて、広島西飛行場からの 「州都便」 就航や JR広島駅北口への広島第 2バスセンター設置などと併せて、州都内交通の円滑化: 路面電車の路線を見直す。白島線は渋滞解消を目的に廃止し、平和大通り西ルート、広島駅前大橋ルート、段原・宇品東ルートを新設。(以下略) となっていました。

広電・白島線の廃止案が盛り込まれているとは、ちょっとビックリ驚きです。この度の提言は、広島商工会議所の運輸部会でまとめられたもので、その部会長が広島電鉄・代表取締役社長の大田哲哉氏であることを考えると、白島線廃止は結構現実味のあるものとの印象が強くなってくるのです。尤も、白島線の利用者数がそれほど多くはないこと (但し、名勝縮景園や広島県立美術館への年輩者の利用が比較的多い)、そして白島線と並行して広電バスの運行路線があること、更には白島線が走る白島通りは道幅が狭く片側 1車線だか2車線だかよく分からないような箇所があること・・ などなどを考え併せると、白島線廃止もやむを得ない成り行きなのかもしれません!?
しかしながら、広島市が中心になって推進するマイカー乗るまぁデー (ノーマイカーデー運動) などの考え方とは相反する提言のように思えてしまいます。また、2-3年前でしたか、白島線を牛田方面に延伸するといったような案も出ていたように記憶していますが、それとは全く正反対の方向であり、どうも一貫性が感じられないといった印象もあります。
そもそも、「渋滞解消」 が目的となっていますが、白島通りの渋滞はそれほど深刻な状況なのでしょうか!? 渋滞が全く無いとは言いませんが、それほど深刻でもないような気もしています。もしも渋滞を理由に路面電車の路線を廃止するということならば・・ 私の経験では、白神社前交差点から紙屋町交差点へかけて鯉城通りの渋滞解消のために路面電車路線(宇品線) を廃止する方が先ではないかという気がしますけど・・。(決してそんなことを望んでいる訳はありません) 渋滞解消よりも、むしろ別の意図・意向があって提言に盛り込まれたのではないかとさえ感じてしまうのですが、これは考えすぎでしょうか??
それにしても、本当に白島線が無くなってしまうとなると、路面電車ファン的には寂しい限りですね・・。白島線の廃止が時代の流れなのか、或いは時代の流れに逆らったことなのかは微妙なところだという感じはしています。いずれにしても、路面電車を廃止することが大量の車を呼び込むことに繋がり、益々渋滞が酷くなった・・ といったことにはならないように祈るばかりです。

070614_haccho2

** 掲載した写真は、いずれも梅雨入りした今日の夕刻、広電・白島線にて撮影したものです。二枚目の写真は渋滞している訳ではなくて、単に信号待ちの車列です。ちなみに、八丁堀~女学院前間の横断歩道上から八丁堀交差点方面に向かって撮影しています。

** 関連記事
> で、白島線はどうなる!? -2007.06.23
> 上八丁堀--モノクロの広島 -2007.06.20

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2007.06.12

電車通りの紫陽花

2007_enkoubashi01天気予報によると、広島は明日から雨の予報が出ています。そろそろ梅雨入りになりそうな予感はありますが、前線がまだ南の方にあるようですので、実際どうなるかは分かりません。今年の梅雨は雨が少ないといった話があるようで、深刻な水不足にならなければ・・ などと心配しているところです。
さて、この湿りがちな時期にしっとり色を添えてくれるのが、ほとんど見頃になった紫陽花 (あじさい) です。広島市内中心部、電車通り沿いを行くと、猿猴橋町と稲荷町付近にて紫陽花を見付けることができました。一応、通りすがりに路面電車と絡めて撮影してみようと試みる訳ですが、今ひとつといったところですね。いつも会社帰りの薄暗くなり始めた時間帯なので撮りづらいということもありますけど。しっとり雨に濡れた紫陽花の方が風情もあるので、梅雨入りした頃を見計らって、もう一度立ち寄ってみたいと思っています。

2007_inari01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.10

第12回路面電車まつり

2007_denmatsuri01

6月10日は、6(ロ)・10(デン)で 「路面電車の日」・・ ということで、毎年恒例、今年で12回目を迎える広電・路面電車まつりを覗いてきました。
午前中こそ冴えない曇り空でしたが、午後からは青空が広がって汗ばむほどの暑さになった広島市内、路面電車まつりの会場となった広島電鉄・千田車庫内は、今年もたくさんの家族連れや路面電車ファンで賑わっていました。ほぼ毎年覗いている訳ですが、年を追う毎に入場者が益々増えているように感じるのですが如何でしょうか!?

さて、今年の路面電車まつりはほぼ例年通りではありましたが、新たな試みもいくつか見受けられ、色々と工夫されている様子が伺えました。
まずは路面電車の展示・・ 最新超低床車グリーンムーバーmax 5101号の広島観光インフォメーション電車、ドルトムント電車 76号、ハノーバー電車 238号、大正電車 101号。ここまでは昨年同様ですが、それらに加えて被爆電車 651号と 802号のモシカ号が展示されていました。[0] 原爆ドーム前 の方向幕を出した被爆電車 651号の車内にはモニタが設置され、「ヨーロッパの都市と思想から学ぶ広島の未来像 (広島電鉄制作)」 や 「ミュージカル チンチン電車と女学生 (STAGE21制作)」 などのビデオ上映がなされていました。一方の 802号は絵本コーナーとして、冷房の効いた車内で小さな子供さんが絵本など楽しめるようになっていたようです。
そして新たに登場したのが、超低床車グリーンムーバーmax 5105号を使用したミステリー電車。これは、約 2時間の運行中、『路線の分岐や駅の手前で 「どちらへ進むか」 などクイズを出し、不正解者は下車させられる。(2007.6.6 朝日新聞より)』 という企画だそうです。何とも面白そうな企画ではありますが、あくまでも対象は 3歳~小学生の親子連れのみ ということでした。

以下、コンパクトデジカメで撮った写真で会場内の様子などご紹介・・

2007_denmatsuri02

やはり一番人気は、最新の超低床車グリーンムーバーmax。運転席目当てのチビッコ連れ親子で順番待ちの列が途切れることはありませんでした・・

2007_denmatsuri03

2007_denmatsuri04

チビッコにかかれば、被爆電車の運転席もガチャガチャ・カチカチ触り放題・・ この程度で被爆から復旧された路面電車が壊れることはありません!? たぶん(^^;)。

2007_denmatsuri05

2007_denmatsuri06

ミニ電車もチビッコ達の人気を集めていたようです。時々、登場して愛嬌を振りまいてくれた電車君・・ 暑い中、ご苦労様でした!!

2007_denmatsuri07

路面電車ファンとしましては、終了時に展示車輌貸切運行の走行シーンを撮影するのが一つの楽しみになっています。今年は、ドルトムント電車 76号が横川駅行きで貸切運行されました。ちょうど本川町の横断歩道橋にて 76号を待ち受け撮影した後、折り返し回送中の 76号を十日市で再度撮影することができました。また、機会があれば後日お披露目したいと思っています。

** 昨年以前の路面電車まつりの記事をご紹介・・
> 第11回路面電車まつり(続編) -2006.06.15
> 第11回路面電車まつり -2006.06.11
> 第10回路面電車まつり -2005.06.08
> 第9回路面電車まつり -2004.06.06

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.09

梅雨入りかと思いきや・・

070608_haccho1

今朝の広島市内は、早朝小雨が僅かにパラついていたのですが、その後青空が広がって良い天気・・ この青空なら、JR芸備線の写真でも撮りに行きたいものだと思っていた矢先、今は厚い雲がどんどん広がってきたようで微妙な天気です。いずれにしても、大気が不安定な状況だということなのでしょう。
それはさておき、昨夜の広島市内中心部での雷は凄かったですね・・。まだ会社で仕事をしていた頃ですが、ちょっとビビってしまいました(^^;)。普段なら、「ピカッ・・・・ ゴロゴロゴロ」 程度で済むことが多いのですが、昨夜の雷は 「ピッ、ダーーン!!」 みたいな感じで、すぐ近くのビルの避雷針にでも雷が落ちたのではないでしょうか!? 光と音がほとんど同時で、すぐ真上あたりに雷様がいたのでしょう!! こんな雷の最中は、さすがに傘を差して外を歩く気にはなりません。
しばらくして、雷が静かになった頃を見計らって帰宅途中、八丁堀交差点あたりで雨の街の風景などデジカメ撮影していたところ・・ なんと、雷様の稲光の瞬間をキャッチすることができました。勿論、こんな瞬間は狙って撮れるはずもなく、単なる偶然の産物です。本当は、傘を差した帰宅途中の OL さんとかが信号待ちしているところ、通りを路面電車が走り抜けていく・・ といった感じの絵を意図していた訳ですが・・。この写真を見ながら、次回は是非とも積極的に雷狙いで撮影にトライしてみようかと思っているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.06

芸備線への誘い18(広島)

2007_miyoshi01今年に入って 2度目の 『芸備線への誘い』 シリーズ・・ 今回は その18、JR芸備線の起点となる広島駅から・・。
JR広島駅は、広島市の陸の玄関口、1日あたり平均利用者数 14万人を越える中四国地方最大の駅となります。我らが芸備線は、在来線としては広島駅の最も端になる 9番と 8番ホームから発着しています。広島市内中心部方面へ出掛ける場合、他の路線に比べて出口までの距離が大きく、ほんの少しだけ不便ではありますが、新幹線に乗り継ぐには最も近くて便利という話もあります。

さて、前回の記事でも触れましたが、芸備線急行 「みよし号」 が 6月いっぱいで廃止されるということで、乗り鉄・録り鉄・撮り鉄 etc... の鉄道ファンによってにわかに賑わいつつあるようです。そう言う私も、会社出勤前に広島駅の 9番ホームに立ち寄り、ヘッドマークが装着された急行 「みよし 2号」 の写真を撮ってみました。ちなみにヘッドマークの絵柄は、400年以上の歴史を持つ伝統的な夏の風物詩であり、三次市無形文化財にも指定されている鵜飼いがデザインされています。そして、「22年間 ありがとう」 の文字・・。こうしてヘッドマークが装着され、もう少しで無くなってしまうかと思うと、何となく名残惜しいものです。同じような思いを持った方々だと思いますが、平日だというのに朝から急行 「みよし」 に乗り込んでいらっしゃる鉄道ファンらしき人達もちらほら・・ ちょっと羨ましいですね。私も仕事休んで、きままな車窓の人になりたい・・・。(ここのところ、色々と忙しかったので現実逃避モードです)

2007_miyoshi02

2007_miyoshi03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.04

「とうかさん」 初日!!

2007_toukasan1記事をアップするのが遅れてしまいましたが、「とうかさん」 初日 6月1日の様子をご紹介です。
私の中では、初日 (6月の第一金曜日) 会社帰りに回り道をして 「とうかさん」 の雰囲気を少しだけ味わつつ、お決まりの写真を撮って Webページ(例えば、『きまぐれ広島ニュース』) へ掲載するのが毎年の恒例になっています。そういうことで、今年も少しだけ撮ってきた写真をこの雑記帳ブログにも掲載しておきます。
まず、最初の写真はお決まりの稲荷 (とうか) 大明神・円隆寺の赤提灯と浴衣姿の参拝者の方々です。実は、昨年暮れに新たに購入したコンパクトデジカメで、普段は使うことのないフラッシュを光らせて撮ろうとしたのですが、どうもうまくいきません。光量の調整ができないので、手前の浴衣の人が真っ白に飛んでしまうんですね・・(^^;)。仕方ないので、今年はフラッシュ無しで撮影してみた訳ですが、何となく大人の雰囲気が出たのではないかと・・??(笑)。

2007_toukasan2

さて、今年の「とうかさん」・・ 初日の様子しか覗いていないのですが、例年以上に人出が多かったように感じました。八丁堀交差点付近から露店がずらりと並ぶ中央通りを通って円隆寺へ参拝するのですが、人ごみの中を移動するだけで一苦労する有様です。それから、結構浴衣姿の女性が増えたような気もしますが、これは気のせいでしょうか??

2007_toukasan3

2007_toukasan4

** 昨年以前の 「とうかさん」 関連記事はこちら・・・
> 浴衣まつり 『とうかさん』 -2006.06.03
> 電車と浴衣…「とうかさん」 -2005.06.12
> とうかさん 2005 -2005.06.04
> 浴衣の着始め『とうかさん』 -2004.06.05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »