« 被爆62年 原爆の日・朝 | トップページ | 夕凪の街 桜の国 »

2007.08.11

被爆62年 原爆の日・夜

2007_genbaku11なかなか更新ができなかったのですが、先日の記事 「被爆62年 原爆の日・朝」 の後編です。
広島・原爆の日 8月6日夜、やや出遅れましたが会社帰りに平和記念公園に立ち寄って一回りしてきました。元安川の川辺で開催されているコンサートの調べが静かに流れる中、原爆ドーム周辺では平和記念のピースキャンドルが行われています。このピースキャンドルは、1997年に広島青年会議所の主催で始まったものだそうですが、今となってはすっかり定着した感があります。牛乳パックにロウを流し込んで作ったキャンドルには、一つ一つに平和を願う子ども達のメッセージが書かれていて、原爆ドームを明るく照らし出してくれています。
そして元安川では広島の夏の風物詩とも言える灯籠 (とうろう) 流しが静かに行われています。ネットで調べてみたところ、そもそもこの灯籠流しは、『昭和23~4年頃、親族や知人を原爆で失った遺族や市民たちが追善と供養のため、手作り灯ろうを川に流した』(参考: とうろう流しの歴史 のが始まりだそうです。現在では、亡くなられた方々の 「慰霊」 の意味だけではなく、「ピースメッセージ」 の意味で、国内外からの来広者が参加している様子が伺えます。

2007_genbaku12

2007_genbaku13

2007_genbaku14

2007_genbaku15

昨日・今日と二夜連続でTV放映された 『千の風になってドラマスペシャル第3弾 「はだしのゲン」』 をすっかり見入ってしまいました。主人公、中岡 元(ゲン)・・ 名前のゲンは、元気の 「ゲン」。こちらまで感動とともに、元気を貰ったような気がします。それにしても、広島に生まれ育った私としては、子どもの事から何らかの形で親しみのある 「はだしのゲン」。テレビドラマ化されるのは今回が初めてだということですが、改めて名作であることを実感しました。それはそうと、この番組は全国で放映されたのでしょうかね!?

|

« 被爆62年 原爆の日・朝 | トップページ | 夕凪の街 桜の国 »

コメント

こんばんは、8月6日の広島での記事、地元の方ならではの日記を拝読させていただきました。
家を出る直前まで、祈念式典の中継をTVで見ていました。残念ながら8時10分に家を出るので、黙祷はすることが出来なかったのですが…。

平和公園には「ブランコでもあるんじゃない」と思っているお母さんがいるということ、広島県民でない私すら大変ショックでした。
日本はすっかり平和ボケしてしまったようです…。
昨日今日と、ドラマ版「はだしのゲン」を放送していましたが、もう可哀想すぎて途中で見るのをやめてしまいました(自分のブログのアップに逃げました)。
原爆の悲惨さから目をそむけてはいけないのですが、情けないです。
もちろん私は戦後生まれですが、毎年行っている原爆や終戦記念日の行事、戦争体験の全くない世代の人間のみで執り行う年が必ずやって来ます。
形だけの気持ちがない式典になってしまうのでは・と、心配をしている今日この頃です。杞憂に終わればいいのですが。

過日コメントに書いた通り、函館市電のレポをアップしました。
早いところご連絡しなければ・と思いつつタイミングを逃し、ご報告が今日になってしまいました。大変失礼いたしました。
こちらです→ http://theapartment.269g.net/article/4659035.html
広電は車体番号で「あれは撮った・いや撮ってない」でしたが
函館市電は広告の種類で見分けてました^^;
この時壊れたデジカメも、先日修理から帰ってきました。
来年も広島と対戦できるよう、大宮の残留に向けて応援頑張ります。
でも今日も引き分けました…>_<

投稿: アパート管理人 | 2007.08.12 00:52

> アパート管理人さん
こんばんは!
TVドラマ「はだしのゲン」・・ なかなか良かったですよ。子供の頃に読んだ「はだしのゲン」は、原爆の悲惨さなど怖かったという記憶がありますが、今回のTVドラマは、かなり柔らかな感じがしました。それから、可哀想ではあるのですが、活き活きとした子役が何とも素晴らしくて、ついつい引き込まれて見てしまいました。
他のコメントにも書いたのですが、広島の記憶がどんどん風化している現状を見聞きしていると不安になってきます。そういった中、「はだしのゲン」は色々な意味で、改めて名作だと感じました。

そう言えば、函館市電のレポ・・ 拝見させていただきます。私は、函館は未踏の地でして、うらやましい限りです。その内、何時の日か、日本全国路面電車の旅なんていうのに憧れているのですが・・。

投稿: T.Kaze | 2007.08.12 21:50

ドラマ版「はだしのゲン」は、フジテレビ系の全国ネットです。
フジテレビの公式ページには多くの感想がアップされていますよ。

投稿: ひろしま人 | 2007.08.13 06:09

> ひろしま人さん
全国ネットでしたか・・。先程、「はだしのゲン」の公式ページを覗いて、視聴者からのメッセージなど拝見しました。やはり、感動と共に原爆・戦争の悲惨さなどを感じている方が多数いらっしゃることが分かりました。しかも、20代の若い世代の方々の声も結構ありましたね・・。
改めて原作と今回のTVドラマの素晴らしさを認識しました。メッセージにもありましたが、是非ともDVD化などを期待しています。
> はだしのゲン-フジテレビ http://wwwz.fujitv.co.jp/gen/index3.html

投稿: T.Kaze | 2007.08.13 10:21

視聴率はお盆期間中であるにも関わらず20%を超え、大きな反響であったようです。子役の二人の素朴で純な演技も大変素晴らしかったと思います。ゲン役の子は会見で涙を流すほど、役に入り込んでいました。

投稿: ひろしま人 | 2007.08.14 05:34

> ひろしま人さん
視聴率20%超えですか・・ それはすごいですね。
確かに子役の二人は非常に良かったですね!!
別に私がTV放映した訳ではありませんけど、こうして広島原爆に関するTVドラマが多数の方々に見られ、反響があったという事実は、広島市民としても嬉しく思います。

投稿: T.Kaze | 2007.08.14 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19584/16081560

この記事へのトラックバック一覧です: 被爆62年 原爆の日・夜:

« 被爆62年 原爆の日・朝 | トップページ | 夕凪の街 桜の国 »