« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008.01.31

八丁堀電停にて何やら作業中・・

20080131_haccyo01

ややマニアックな路面電車の話題となりますがお許し下さい(^^;)・・
本日昼休み、たまたま八丁堀交差点を通りかかったところ、路面電車・八丁堀の下り電停 (紙屋町・西広島方面行きホーム) 上で何やら作業をされているのが目に付いたので、しばしの間ウォッチ・・ 何か白っぽいボックスが設置され、その上にノートパソコンらしきものが置かれている模様です。広島駅方面からの下り路面電車が接近する度に、作業員の方々はボックス内の機器らしきものを覗き込み、それから横に置かれたブルーシート内を覗き込み・・ といった繰り返し。歩道から遠目に眺めただけなので、あくまでも想像になりますが・・ ブルーシート内には新たな接近表示器でも置かれていたのかもしれません!? この様子を見ていて、昨年 7月に八丁堀電停にて実施されていた 「電車混雑度の情報提供に関する実験」 のことがピンときました。おそらくは、あの実験の第二弾の準備がなされているのでしょう。

単なる興味本位で、会社帰りに八丁堀電停へ立ち寄って様子を覗いてきました。まずは電停の端に設置されていたボックス・・ よくある制御盤などに使用されるスチール製の箱でしょうか。その上に出ている二本の角はアンテナみたいですね。ボックスからは何本かのケーブルが出ています。

20080131_haccyo02

ボックスから出ているケーブルの行き先は、現行の電車接近表示器のすぐ横に取り付けられた真新しい機器・・ これは、おそらく路面電車に取り付けられた発振器からの信号を受けるアンテナですね。ずっと以前から紙屋町電停などに取り付けられているものとよく似ています。従来から超低床電車 「グリーンムーバー」 の位置情報と各電停での到着予想時刻がインターネット上で確認できるサービスがありますが、おそらくこういったアンテナで電車の運行位置を検知しているのでしょう。

20080131_haccyo03

それから、足下のケーブルの行き先は、下り路面電車の軌道面、停止線手前に設置されているコンクリート部分。ここは、つい最近工事されたばかりのように見えます。この下に何が仕込まれているのか考えてみたのですが・・ おそらく電車重量の計量器になっているのではないでしょうか!?

20080131_haccyo04

要するに、電車混雑度を 「電車+人」 の重量を計量することで判定しようということではないかと・・!? 例えば、体重 50kg の人が 10人乗れば 500kg、20人乗れば 1000kg (= 1トン)、40人で 2トン・・ これくらいの重量差があれば、路面電車の前側車輪にかかる荷重を計量することで、混雑度の指標として充分使えそうな気がします。この際、電車接近表示器の横に取り付けられたアンテナで受信した各車輌固有の信号から車種 (形式) を識別してやれば、路面電車の車種による車輌重量の違いは問題になりません。こうして得られた混雑度や車種の信号をボックス上のアンテナから次の電停に無線で飛ばして、情報を表示させてやる・・ 想像の部分はありますが、大体こんなシステムではないでしょうか!? これだけのシステムを数ヶ所に設置するとなると、結構な費用になるんでしょうね・・!?
利用者にとって利便性がアップするのは喜ばしいことではありますが、果たして 「莫大な費用」 を掛けて 「優先的にやるべきこと」 なのか、或いは コストに見合った効果が期待できるのかどうかといった点では多少疑問に思うところもあります。そのあたりについては、以前に書いた 「電車混雑度の情報提供に関する実験」 に関する記事のコメント欄でも少しだけ触れたことを思い出しました。

話は少し飛ぶかもしれませんが・・ 現在国会で道路特定財源とか暫定税率とかが大いに話題となっています。その道路特定財源は、最近では地下鉄・モノレール・路面電車のインフラ整備などでも利用されているそうで、もしかしたら国土交通省が実施主体となっている 「電車混雑度の情報提供に関する実験」 とも関わりがあるのかもしれません!? どうも、のほほんと日々暮らしていますと、どこでどれだけ税金を徴収されて、どこでどんな風に使われているのか、よく知らなかったりするんですよね・・ 情けないことですけど(^^;)。

** 過去の関連記事・・
 > 電車混雑度の情報案内【実験】 -2007.09.13

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.29

PASPY(パスピー)サービス開始!!

20080128_paspy01先日 26日、広島県交通系 ICカード 『PASPY (パスピー)』 のサービスがスタートしました。私自身は、休み明けの今週 28日・月曜日から通勤の際に PASPY を利用しています。寒波到来で厳しい冷え込みの折り、いちいちパスケースからバスカード (磁気カード) を取り出す手間もなく、手袋を付けたままで 「ピッ」 とやるのは、なかなか爽快です(^o^)v。PASPY に慣れてしまうと、まどろっこしいバスカードにはもう戻ることができそうもありませんね。
昨日・今日と乗り合わせたバスにて PASPY 利用者などウォッチしてみたのですが、さすがにサービスが開始したばかりということもあって、ほんの僅か 2人程度しか見かけていません。皆さん、まだバスカードの残数がしっかりあるのでしょう・・。おそらく、現在使用中のバスカードの残数が無くなり次第、PASPY に切り替えるという方々もたくさんいらっしゃるのではないかと想像していますが・・!?

先週末、バスセンターに立ち寄った際に、老若男女を問わず多くの方が PASPY のパンフレットなど手にされているのを目にしました。この度の PASPY 運用開始にあたって、将来的には現行バスカードのサービスが終了することを明確にうたっていること、そしてバス車内でしきりと PASPY 案内のアナウンスが流されていることもあって、PASPY への誘導に注力している様子が伺えます。広島市内では、従来からバスカードの普及率がかなり高かっただけに、PASPY への切り替えもスムーズかつ迅速に進みそうです。
既にアナウンスされているところでは・・ 今年 3月から広電・路面電車の白島線にて PASPY のサービスを開始し、来年 3月までに市内電車の全路線で使用できるようになる予定だそうです。また、アストラムラインも来年からサービス開始が予定されているようで、この 1-2年間で一気に PASPY が普及するのは間違いないでしょう。
更に、広島市内の店舗 (東急ハンズ、福屋、その他十数店) 利用の際に PASPY を提示することで値引き・ポイントや粗品プレゼントなどの特典を受けられるといった 「PASPY デビュー記念キャンペーン」 が展開されているようです。(バス車内に置かれたチラシ情報より) こういった協力店舗との連携を見ていると、電子マネーとしての利用開始時期もそれほど遠い先の話ではないことを予感させてくれます。

20080129_paspy01

** 過去の PASPY関連記事・・
 > PASPY・パスピー販売スタート!! -2008.01.24
 > PASPY始動間近のバスセンター -2008.01.16
 > 今月 26日から PASPY運用スタート!! -2008.01.12
 > 八丁堀交差点の初日、PASPYの話題 -2008.01.02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.24

PASPY・パスピー販売スタート!!

20080123_paspy01記事のアップが 1日遅れになってしまいましたが・・ 昨日 23日、待ちに待った広島県交通系 ICカード 『PASPY (パスピー)』 の事前販売が始まりました。これまでこの雑記帳ブログでもさんざん PASPY の話題を取り上げてきたこともあって、販売初日の朝、会社出勤前に広島バスセンターに立ち寄り、PASPY購入を兼ねて様子を覗いてきました。
まず目に付いたのは、コンコース中央で愛想を振りまいていたマスコットキャラクターのツキノワグマ君・・ 確かにつぶらな瞳が可愛らしい(^o^)。そのすぐ横に設けられたコーナーでは、「2008年 1月サービス開始記念」 の文字がプリントされた台紙を付けて、PASPY の販売がなされていましたので、すぐに 3枚購入・・ 黄緑色は広島電鉄 [HI]、水色は中国 JRバス [CJ]、青色は芸陽バス [GB] のカードとなります。(ちなみに掲載した写真のピンク色は広島バス [HB] で、うちの嫁さんが記名式で購入) これらはコレクション目的で購入したわけではなく、家族皆の普段の通勤・通学用でして、各々好みの色をセレクトしています。

20080123_paspy02

20080123_paspy03

さすがに通勤時間帯・・ 朝 8時半過ぎということもあって、それほど多くの人が PASPY に感心を持っているようには見えませんでした。いや、感心はあるけれど、それこそ 1分 1秒が惜しい時間帯ですから、仕方ないといったところですかね!? それでも時折、PASPY目当てに立ち寄ったと思われる人がちらほら購入されていたようです。
コンコース内、元々バスカードの自動販売機が 3台並べて設置されていた場所には 2台の自動チャージ機が設置されています。先週金曜日 18日夜の時点で既に設置済みでカバーが掛けられていたのですが、この日はカバーが外されて 「調整中」 の表示が付けられていました。自動チャージ機については、バスセンター到着ホームにも既に 1台設置済みとなっています。

20080123_paspy04

自動チャージ機がまだ使用できないということで、窓口にて購入したばかりの PASPY にチャージして貰いました。窓口で端末を操作する方はまだ不慣れな感じで、本当にチャージされているのかどうかちょっと心配(^^;)。操作中、すぐ後ろに詳しそうな方が付きっきりであれこれ操作手順について指導されている様子でしたので、おそらく間違いはないと思いますけど。それにしても、この ICカードは残額の目安が分からない点がやや不満ですね・・ 勿論、リーダを通せば残額表示が出ることは分かっているのですが・・ それでも不安が残りそう。

** 余談: うちの嫁さんは、私よりも一足早くバスセンターに到着してピンク色の PASPY を購入、何も考えることなく記名式のカードにしたのは良いのですが、実年齢を印字されて、ちょっとブーブー言ってました。でも、60歳になっても購入した時の年齢表示そのままなので 「ま、いいか」 てな感じです。
それから、ちょうど広島テレビの取材が来ていたらしく、嫁さんが TVに映っていたようです。広島テレビのWebサイト内で動画を見つけて、娘達と一緒に笑ってしまいました(^o^;)。但し、映ったといっても後ろ姿と手のアップだけです。うちの嫁さんの後ろ姿に興味がある方はいないと思いますけど、PASPY 販売開始日のバスセンターの様子に興味がある方はどうぞ・・
 > 広テレ・ニュース: ICカード乗車券 PASPY 販売開始<1/23 12:09>

** 過去の PASPY関連記事・・
 > PASPY始動間近のバスセンター -2008.01.16
 > 今月 26日から PASPY運用スタート!! -2008.01.12
 > 広島バスセンター・PASPY販売窓口 -2007.12.22
 > PASPYの準備着々・・・ -2007.10.19

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.01.22

東広島に LRT構想!??

20071231_chuden01

まずは、昨年大晦日に中電前付近から撮った広島市内雪景色の写真です。写真右手奥には、白神社に幟が建てられているのが微かに見えていますが、おそらく初詣の準備がなされていたのでしょう。
先週中盤頃からこの冬一番の冷え込みになるということで、掲載した写真以上の雪景色など大いに期待していたのですが、結局市内中心部ではほとんど雪が降らずじまい。少し山沿いまで行くと、みぞれや雪が降ったり積もったりもしていたのですが・・。今年の暖冬は地球温暖化の兆しなのでしょうか!? ちょうど 3年前、この雑記帳ブログに広島市内雪景色の写真を連続して掲載したことがあるのですが、あの時のような雪景色はもう見ることができないのかもしれません!?

さて、話は変わりますが、2週間前の新聞紙面で 東広島に次世代路面電車構想 の見出しを見つけました。その記事によると・・

商議所が提唱する宇宙科学博覧会の 9年後を目標にした開催に意欲を示し 「地球環境問題や高齢化に対応した交通システムのLRTを提言していく」 と述べた。 商議所の構想では、西条駅前と広島大を結ぶ幹線道ブールバールの約 4.2キロに軌道を敷き、環境に優しく高齢者に便利な超低床電車を走らせる。【中国新聞 '08/1/8】

ということです。東広島での軌道系 LRT導入に関しては、以前から話題としてあがっていたようで、例えば 2007年春には、東広島商工会議所が開催している西条地区懇談会において・・

中心市街地活性化について・・ 都市機能を集約したコンパクトシティを目標とするとともに、広大や新幹線駅と結ぶ軌道系 LRTの導入を検討・・ 【参考:東広島商工会議所報 (2007.3) VOL.18 NO.216】

などといった話もあったようです。そういった背景を発端として、この度、商工会議所 会頭が年頭所感の中で LRT構想を表明されたということで、今後 LRT実現に向けた具体的な検討が進められるものと思われます。

東広島の LRT構想・・ 路面電車 & 写真趣味的には非常に興味深い話であり期待したいところではありますが、現実ベースで本当に実現可能なのか、採算が取れるのかなどと考えると、なかなか厳しいものを素人ながらにも感じてしまうのですが、如何でしょうか!?
東広島市は、1980年代から 10年以上の歳月を要した広島大学統合移転を皮切りにして、国際学術研究都市を目指して急速に発展した市です。JR山陽本線 西条駅がある中心市街地の西条地区を中心として、周囲の 8地区からなる東広島市の人口は約 18万人・・ その内、LRT構想が出されている西条地区の人口は、せいぜい 6万人。【参考:東広島市 未来にはばたく国際学術研究都市を目指して】 それから、LRTの主な利用者になるであろう広島大学の学部学生・大学院学生・研究員など合わせて約 1万5千人、職員数が約 3千人 (学生・職員数は、広島市内にキャンパスがある医学部・歯学部・薬学部なども含むので実数はもっと少ない) ということです。【参考:広島大学
一方、公共交通を語る際に再三出てくるのがこんな話・・

〔広島電鉄社長 大田氏〕 公共交通は都市規模により整備の仕方を変えるべきです。昼間人口 100万人以上の都市は鉄道や地下鉄がやはり必要です。逆に 20万人以下ならバスが適当でしょう。 【参考:経済サロン-週刊中国新聞経済メールマガジン

昼間人口の件をそのまま鵜呑みにして、東広島市に当てはめてみると、どう考えても LRTよりもバスを選定するのが得策ではないかという事になりそうです。もっとも、東広島市では企業立地促進の為の助成金制度を充実させたり、積極的に産業団地の造成を進めたりしていて、今後の発展と人口増も期待できるのかもしれませんけど・・ それでも東広島市の状況を見ていると、厳しいように思えて仕方がありません。
博覧会への足とか、市外からの来訪者の利便を高めるという考え方もあるようですが、果たして採算が取れるだけの需要が期待できるのでしょうか!? 以前に提案されていた広島市新球場へ向けての LRT新設案でも多少似たようなことを感じたのですが、何かしらイベントとかテーマパークのアトラクション的な感覚で LRTを捉えてしまうと、後々手痛いシッペ返しを喰らいそうな気がしています。決して東広島の LRT構想を何が何でも否定しようというものではありませんけど、冷静な目での議論・検討が必要なのではないかと思っているところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.17

ムーバーmax 5108号 営業運行開始!!

2008_5108_haccyo

国産超低床路面電車グリーンムーバーマックス (Greenmover max) 第四次増備車輌の一番手、5108号が昨年末に搬入、宮島線沿いの荒手車庫へ回送されて整備・試運転がなされていましたが、本日より市内 1号線 (広島駅~紙屋町東~広島港) にて営業運行をスタートした模様です。たまたま昼休みに八丁堀で 5108 の車番を見つけて、何とか写真撮りすることができました。まだ真新しい車体は、白色が際だって見えたのは気のせいでしょうか!?
この 5108号の導入によって、グリーンムーバーマックスは合計 8編成になりました。ずっと以前に報道された内容から変更されていなければ、今年度 3月までに、あと 2編成のグリーンムーバーマックスが追加搬入されて合計 10編成が揃う予定になっているはずです。既にすっかりお馴染みになっているグリーンムーバーマックスではありますが、今後も超低床車に乗車する機会が確実に増えていくことでしょう。

幸運なことに、会社帰りに寄り道した紙屋町東電停にて、[0] 日赤病院前行きの 5108号をキャッチすることができましたので、早速乗車してみることに・・。かすかに塗装の臭いがする車内は真新しくて、なかなか気持ち良いものです。運転士さんにお尋ねしたところ、間違いなく本日から営業運行に就いたとのことでした(^o^)v。

2008_5108_syanai01

2008_5108_syanai02

** 過去の グリーンムーバーmax 関連記事・・
 > ムーバーmax 5107号 運用開始!! -2007.03.01
 > ムーバーmax 5106号も運用開始!! -2007.02.15
 > ムーバーmax 5105号 運用開始!! -2007.01.30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.16

PASPY始動間近のバスセンター

20080115_paspy01

つい先日、今月 1月26日から広島県交通系 ICカード 『PASPY (パスピー)』 のサービス開始がアナウンスされました。それに先立ち、23日から PASPY の事前販売がなされるということで、1週間後が待ち遠しい限り・・ うまく広島バスセンターに立ち寄ることができたら、是非とも PASPY をゲットしたいと思っています。
ちなみに、広島バスセンターの Webサイト内に掲載されている案内によると・・
『広島バスセンターの窓口では、パスピー導入事業者すべての PASPY を取扱う予定です。是非バスセンターでごひいきのバス会社、お好みの PASPY をお選び下さい。』
とのことです。9色 (事業者のシンボルカラー) の ICカードの中から好みの色が選択できるというのは、利用者にとっては楽しくていいですね・・。楽しい以外の何物でもないと言えばそれまでですが、「カードが欲しい」 とか 「使ってみたい」 と思わせるところがポイントだと思います。そんな利用者の楽しみとは裏腹・・ 複数の事業者が足並みを揃えて、交通系の共通 ICカード導入・サービス開始まで漕ぎ着けたこれまでの道程は、なかなか我々利用者が想像する以上に大変だったのではないかと思います。

さて、それはさておき、PASPYのサービス開始を間近にした広島バスセンターの様子をご紹介します。まずは、冒頭の写真・・ コンコースからバス乗り場への通路部分には大きな案内パネルが取り付けられました。これなら、嫌でも目に入ってきますね。人気投票で選ばれたマスコットキャラクターのツキノワグマ君も大活躍です。さらに、バスセンター内の随所に案内のポスター・パネルが取り付けられて、サービス開始日の告知がなされています。加えて、PASPY利用案内や利用エリアの小冊子もコンコース内に置かれています。この小冊子は、一部の路線バス車内にも置かれているのを目にしました。
それから、現行のバスカード (磁気カード) の自動販売機 (3台) が移動されていました。そうとは知らず、元々自動販売機が設置されていた場所を見て、一瞬とまどう人もちらほら・・。すぐ後ろに移動されているだけなんですけどね。現在、自動販売機が設置されていた場所は空きスペースとなっていますが、当然そこに PASPY の自動チャージ機が設置されるのでしょう。
バスセンター内はほぼ PASPY 一色・・ ここまでくると、あとは自動チャージ機の設置、そしてサービス開始を待つばかりといった状況です(^o^)。

20080115_paspy02

余談・・ PASPYの話題をネット検索していて見つけたのですが、2月 2~7日に東急ハンズ広島店にて 「ハンズでバスまつり」 と称するイベントが開催されるそうです。そのイベントでは、PASPYカードの体験ブース (2日・3日のみ) が登場するみたい。また、バス用品の販売や昔懐かしいバス写真の展示などもあるそうで、バスファンの皆様必見かもしれません!?? 詳細は、東急ハンズ広島店のブログ記事へどうぞ・・
 > 東急ハンズ広島店: 今日「PASPY」のプレイベントがあったんじゃ。

** 過去の PASPY関連記事・・
 > 今月 26日から PASPY運用スタート!! -2008.01.12
 > 八丁堀交差点の初日、PASPYの話題 -2008.01.02
 > 広島バスセンター・PASPY販売窓口 -2007.12.22
 > PASPYの準備着々・・・ -2007.10.19

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.14

太田川河川敷・・ 「とんど」巡り

20080113_tondo04

昨日 13日は、広島市内のあちこちで地域の新春行事 「とんど」 が行われました。毎年恒例なのですが、私が住んでいる地域でも 「とんど」 があり、朝から切り出した竹を運ぶという、まるで足腰の鍛錬みたいな作業をやってきました。普段運動不足の身にはちょっと応えます。しばらくしてから出てくる筋肉痛の予感・・。
そして午後、古くからの地域の風習である 「とんど」 の様子を何となく写真に残しておきたいなぁ という思いで、太田川河川敷あたりで行われている 「とんど」 巡りをしてきました。本来は自分の地域の 「とんど」 に参加するべきなのですが、今回は太田川河川敷の様子が気になってしまい、準備だけで失礼してしまいました。

さて、昼過ぎからの太田川河川敷では、あちこちから 「とんど」 の煙が立ち上る様子が見られました。東区戸坂の安芸大橋から安佐南区・安佐北区の安佐大橋にかけての河川敷では、数ヶ所で 「とんど」 が行われるのを見ることができました。別に 「とんど」 巡りをするつもりでは無かったのですが、各地域毎に、12時、13時、13時30分、2時といった風に少しずつ 「とんど」 の点火時刻がズレているんですね。しかも、「とんど」 に点火してしまうと、ものの 10分もせずに燃え崩れてピークは一瞬ですので、その気になれば 「とんど」 のハシゴができてしまうのです。

ということで、河川敷数ヶ所での 「とんど」 の様子をご紹介・・
まずは、戸坂・安芸大橋付近から・・ 「とんど」 では、注連飾りや習字を入れて燃やします。ここの 「とんど」 には、子供達の習字がたくさん入れられていました。

20080113_tondo02

同じく安芸大橋付近・・ 大鍋で作った煮物 (おでん??) が振る舞われていて、それを待つ行列ができていました。

20080113_tondo01

安芸大橋から北 (上流) へ移動・・ 安芸大橋と安佐大橋の中間あたりでしょうか。ここでは、毎年 2基の大きな 「とんど」 に同時点火されているようです。今年は、火の勢いが今一つ・・

20080113_tondo05

2基の 「とんど」 が燃え崩れて、火が落ち着いてきたとろこで、それぞれ持ち寄ったお餅を焼きます。ここでは、「ぜんざい」 が振る舞われていたようで、焼いたお餅を入れて食べていらっしゃいました。大人は、竹で湧かしたお酒をいただくのですが、ほんのり竹の香りがあってなかなか美味しいんですよね・・。

20080113_tondo03

** 昨今、何かと言われる環境問題・・ 大気汚染に関する法規制があるはずですが、「とんど」 など地域的慣習による催しについては、適用除外となっているということです。但し、プラスチックなどは燃やさないように注意があります。

** 過去の 「とんど」 関連記事・・
 > 地域の行事「とんど」~太田川河川敷 -2007.01.14
 > とんど三昧!?? -2006.01.23
 > 太田川河川敷の「とんど」 -2005.01.17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.12

今月 26日から PASPY運用スタート!!

20080109_paspy01

実を言いますと、今日は別の記事+写真をアップしようと思っていたのですが、急遽、広島県交通系共通 ICカード 『PASPY (パスピー)』 の話題に変更しました。TVニュースでも流れていたのですが、待ちに待った PASPY のサービス開始日が今月 26日からに決まったそうです。早速 PASPY 公式サイトを覗いてみますと、いつの間にかしっかりと更新されていまして、詳細が掲載されているのを確認しました。
 > 広島県交通系ICカード:PASPY (公式サイト)

つい 2-3日前ですが、いつも拝見しているブログにて、「 PASPY公式サイトが 11月以降全く更新されていない・・ パスピー導入までの情報を掲載するプレホームページという割には、ほとんど有用な情報がなく、機能していない・・」 といったような感じのコメントをさせていただいたばかりでしたので、今回の公式サイト更新を見て内心ニヤリとしてしまいました。(当然、今日の発表に合わせて、かなり以前から準備されていたのでしょうけど。)

PASPY公式サイトを一通り見ていて気になった点が二つ・・
まずは、PASPY割引について・・ PASPYは従来までのバスカードのようなプレミアムを付けておらず、乗車ごとの運賃に対して最大 10%の割引サービス (PASPY割引) を行っています。 ということです。この 最大 10%の割引 という表現が気になっていたのですが、どうやらこれは 運賃額の端数は、10円単位に切り上げ に関係しているみたいですね。要するに、運賃が 200円とか 300円とかの百円単位でキリがいい場合には、ジャスト 10%の割引が適用されるのですが、十円単位の端数が付く場合 (例えば 350円とか) には割引額が 10%未満になってしまうことがあるのです。
(2008.01.13: 記事に誤りがあったので修正しましたm(_ _)m おそらく、今度は間違ってないと思います) 現行のバスカード (磁気カード) の場合はプレミアムで確実に 10%割引されていたことを考えると、PASPYが導入されて実質 料金値上げではないかと・・
一方、現行のバスカード (磁気カード) の場合は、一律約 9.1%の割引 (プレミアム 10%割増に相当) になっています。それを頭に置いて、色々と運賃を想定しながら PASPYで精算される金額を計算してみますと、なんとバスカード精算時よりも支払い額が上がる場合と下がる場合があるのです。あくまでも、現行のバスカードとの比較になりますが、こんな感じです。
PASPYになると実質値上げになる場合…
 120~190円、230~290円、340~390円、450~490円区間、・・・
 (※市内 150円の路面電車は、ここに該当しますね)
PASPYになると実質値下げになる場合…
 100円、200~210円、300~320円、400~430円区間、・・・
PASPYになっても同等の場合…
 110円、220円、330円、440円区間、・・・
こうして見ていくと、多くの区間で料金値上げになっているような・・

こんなことを書くと、「そんな微々たる金額でせこいこと言うな!」 と怒られるかもしれません!? ま、こういった割引方式にせざるを得ないという何かしら事情があるのかもしれませんけど・・!? 例えば、1,000円で 1,100円分チャージしてくれるという方式であれば、従来のバスカードと同じになるんですけどね・・。

もう一つ気になるのは、バス車内でチャージする場合について・・ 紙幣は、両替用の投入口に入れてください。 ということです。両替用の紙幣投入口と PASPYのカードリーダーは連動しているんですね。ところで、あの両替用の紙幣投入口って、千円札専用だったような気がするのですが・・!? いちいち、バス車内でチャージするのに千円札を一枚々々投入しなければいけないのでしょうか!? これは、ちょっと面倒くさそうです。五千円、一万円札を使用できるようになれば良いのですけど・・ さてさて、どうなるのやら!??

前後しますが、冒頭の写真は先日写真撮りしたバス (中国JRバス) の運賃箱の様子です。つい最近になって気付いたのですが、運転席側に新たなキーパッドが取り付けられているのが分かります。写真を拡大して見たところ、「発売」 とか 「入金」 などと書かれたキーが見えました。他には 「定期」 のキーも・・。あれこれ操作されるバスの運転士さんも大変そうですね。PASPY運用スタートにあたって、トラブルや混乱などが起こらなければ良いのですが・・。

** 過去の PASPY関連記事・・
 > 八丁堀交差点の初日、PASPYの話題 -2008.01.02
 > 広島バスセンター・PASPY販売窓口 -2007.12.22
 > PASPYの準備着々・・・ -2007.10.19
 > 第9回ひろしまバスまつり -2007.10.02
 > 広島都市圏 ICカード "PASPY" -2007.07.06

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.06

広島市新球場(仮称)新築工事

20080106_shinkyujyo01

今日は年末年始休暇の最終日、明日は会社の仕事始めとなります。自宅でのんびり過ごそうと思っていたのですが、余りにも天気が良いので、市内中心部まで出掛けてきました。目指したのは JR広島駅。そこから広島市新球場 (仮称) 建設工事が既に始まっている JR東広島駅貨物ヤード跡地まで歩いてみました。

まずは JR広島駅の南口を出て左方向へ・・ すぐに見えてくる書店の前の路地へと入っていきます。この辺り、開発の波に取り残されたという言い方は余りよろしくないかもしれませんが、広島の陸の玄関口である JR広島駅前の景観としては余りにも古めかしい感じが否めません。これから進むであろう駅前再開発によって、大きく変貌を遂げていくものと思われます。

20080106_shinkyujyo11

書店を通り過ぎるとすぐに見えてくるのが 「心が通う 買物横丁 愛友市場」 の看板。この愛友市場は、戦後の闇市に始まり、生鮮商品を中心として発展した市場が原型となっているそうで、それなりに歴史のある駅前商店街です。

20080106_shinkyujyo12

そこから左側の路地に入って進むと、すぐ左手に JRの線路が見えてきます。

20080106_shinkyujyo13

線路を横目に、さらに進むと左手に愛宕踏切・・

20080106_shinkyujyo14

そして、正面に荒神陸橋・・

20080106_shinkyujyo15

荒神陸橋をくぐって少し進むと、正面が開けて JR東広島駅貨物ヤード跡地となります。

20080106_shinkyujyo16

そのまま進むと、フェンスで取り囲まれた広島市新球場 (仮称) 建設現場が見えてきます。

20080106_shinkyujyo17

フェンスには、工事の概要説明と完成予想図のパネルが取り付けられていました。左方向を見ると、向こうに高架を走る新幹線・・

20080106_shinkyujyo02

JR広島駅の南出口から、時々立ち止まってデジカメで写真を撮ったりしながら、のんびり歩いて来ると、その所要時間は約 11分となりました。思ったよりも近いという印象ですね。この程度の所要時間ならば、徒歩で充分でしょう。以前、広島駅前から新球場へ向けて LRT新設などといった案が提示されていましたが、新球場へのアクセスのためだけであれば、そこまでする必要は無いと感じました。この財政難の折り、もっと他に優先してやるべき事は山のようにあるものと想像します。ただ、広島駅から新球場へアクセスするための通路の整備は必須となるでしょう。具体的にどんな風に通路が設置されるのか気になるところです。
さて、肝心の新球場建設工事の状況ですが・・ まだ形はありません。杭打ちをしているのだと思いますが、背の高い重機がいくつか見えている程度です。付近に設置されていた看板など見ますと、下水道工事なども並行して進められているものと思われます。今年 3月には新球場の地上部建築に着手、今秋ごろには外観が現れてくるということです。これから、平成21年 (2009年) 春の完成へ向けて急ピッチで建設が進められることでしょう。事故やトラブルなどが無く、順調に新球場の建設が進むことを期待しています。目に見えて建設が進んだ頃、また覗きに来てレポートしたいと思っています。

** 過去の新球場関連記事・・
 > 広島市新球場・完成模型 -2007.10.14
 > 新球場の模型は、もっと人目に付く場所に・・ -2007.10.03
 > 貨物ヤード跡地に新球場を -2005.07.13

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008.01.04

今年の「おせち料理」

20080101_osechi

今日から仕事始めという会社も結構あると思いますが、私のところは今週いっぱい休んで 1月7日(月) スタートなので、まだまだ正月ボケモードでのんびりさせてもらってます(^^;)。
昨年と同じく、今年は田舎へ帰省しないので、自前でおせち料理を調達しました。自前と言っても作った訳ではなく、注文しただけです。謳い文句は・・ 『割烹料亭千賀の味と技と芸術性を小さめのお重に詰め込んだ、玉手箱のようなおせち』 ということだそうで、28品目もの料理が上品に少しずつ詰め込まれています。合成着色料・合成保存料は一切使用していないそうです。一人前×二段を家族四人であっという間に平らげて、正月気分を味わいました。
写真奥に少しだけ見えているのは、毎年四国から送っていただくカマボコ・・ 今年も美味しくいただきました。どうもありがとうm(_ _)m。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.03

初詣・広島護国神社

20080101_gokoku01

昨日の記事に引き続き元旦の話題です。せっかく広島市内中心部へ出掛けたので、広島護国神社 (広島市中区基町) にて初詣を済ませてきました。ここ広島護国神社は、正月三が日で 50万人以上の参拝者があり、広島で最も人出が多い初詣スポットとしてよく知られています。
正月三が日には、初詣の参拝者に配慮して一部周辺道路において駐車禁止解除区域が設けられ、そこに路上駐車することが可能となります。また、普段は観光バスなどで使用される駐車スペースが初詣臨時無料駐車場として開放されます。うまくタイミングが合いさえすれば、駐車料金を気にすることなく、すんなりと駐車することができるはずです。(駐車禁止解除区域・初詣臨時無料駐車場に関しては、広島護国神社の Webサイトに案内が出ると思いますので、そちらで詳細確認して下さい。)
一昨年の元旦にも初詣で広島護国神社へ立ち寄りましたが、その時は神社正面の鳥居の外に立ち並ぶ露店の位置あたりから既に参拝者の行列ができるくらいに混雑していました。今年も多少の混雑を覚悟していたのですが、実際行ってみると、ほとんど待つことなく参拝することができました。今年は、例年より参拝者の人出が少なかったのかもしれません!??

20080101_gokoku02

20080101_gokoku03

↑我が家で書いたものではありませんが、いずこも思いは同じですね・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.02

八丁堀交差点の初日、PASPYの話題

20080101_haccyo01

年明け元旦、自宅付近 (広島市内) は大晦日に続いて雪になりました。空は真っ白で、とても初日の出なんか見えそうもないくらい・・ そんな中、我が家の受験生を無事に元旦模試の会場まで送り届けた後、せっかくなので車を走らせ市内中心部まで足を伸ばして路面電車の撮り始めをしてきました(^o^)。
普段であれば人と車の流れが途切れることのない八丁堀交差点・・ さすがに元旦、デパートのシャッターは閉めきられ、道行く人もまばらでひっそりとしていました。相生通りを走る車の流れもほとんどなく、元旦ならではの雰囲気と言っていいかもしれません。そうこうしている内に、デパートのビルの谷間から日が差してきました・・ 写真では白飛びしてますが、しっかりお日様が見えていました(^^;)。新春早々、八丁堀交差点に差し込む初日を見ることができて、何だか得した気分になりました(^o^)v。

さて、今年 1月1日付けで発行された広報紙 「ひろしま県民だより」 に 1月下旬から導入予定の広島県交通系共通 ICカード 『PASPY (パスピー)』 の話題が掲載されていました。初めて発表される内容も含まれていますので、そこから主な仕様などを要約してみますと・・
・2,000円で販売 (うち運賃分 1,500円、残りの 500円はデポジット)。各交通機関の販売窓口、広島バスセンターなどでカード販売。
・カードには 2万円までチャージ可能。チャージは販売場所にあるチャージ機を利用。車内でもチャージ可能 (乗務員が操作)。
・運賃支払い時に最大 1割の割引。ICカード定期券の発売も準備中。
・現行の磁気式バスカードは利用可能であるが、ICカードの導入状況に合わせて、順次廃止されていく予定。
・路面電車では、白島線にて 3月スタートの予定。
【参考: 「ひろしま県民だより」第281号(2008.1.1), 編集・発行 広島県総務部広報室】

どこでチャージできるのか以前から気になっていたのですが、やはり車内でチャージができるようですね。現行バスカード (磁気カード) ではパンチ穴で残額の目安が分かりますが、ICカードの場合はリーダーを通した際の残額表示を覚えておくしかないと思われます。その為、降車時に残額不足に気付いて、あわててチャージするといった利用者も出てきそうな予感がします。それから、現行のバスカードは 「ICカードの導入状況に合わせて、順次廃止」 ということ・・ あらかじめ現行バスカードの廃止時期を設定・発表して、ICカードへの移行を促すのが得策だと思うのですが如何でしょうか!? そうすれば、当然 ICカードの普及率を一気に上げることができるでしょうから・・。

さらに、中国新聞の新年特集版に広島を代表する企業の新春トップインタビューが掲載されていました。その中から広島電鉄株式会社 代表取締役社長 大田哲哉氏のインタビュー記事では、超低床車 「グリーンムーバー」 の導入関連の記載に続いて、ICカードシステムの導入に関する話題がありましたので、そこから・・
今年最大の事業としては、ICカードシステムの導入があります。まず白島線で導入し、来年 3月までに、市内電車の全路線で使えるようにする予定で、料金の支払いなどがスムーズになり、利便性が一層増すはずです。また、これを機に、すべての扉から乗り降りができ、運賃の精算をセルフ化する 「信用乗車方式」 を 2010年度から導入する予定です。
【参考: 中国新聞 LEADERS倶楽部 特集(2008.1.1), 企画・制作 中国新聞広告局】

こちらは、以前から報道されていた内容とほとんど変わっていませんが、「信用乗車方式」 の導入時期が若干前倒しになったように思います。以前は、確か 「2011年度にも導入」 となっていたはずです。はたして、「信用乗車方式」 がスムーズに導入できるものかどうか気になるところもありますが、今後の ICカード導入に合わせて検証実験などが進められていくのでしょう。実現すれば、画期的であり、利便性アップは間違いないと思いますので大いに期待したいものです。

最後に、同じく新春トップインタビュー記事内にあった話題から・・
路面電車の近代化が進むと、被爆電車や全国各地から来た古い電車は姿を消していきます。こうした電車を動ける形で保存し、市内でレトロ電車だけ走らせる 「レトロ電車の日」 を作って、一日中レトロ電車に乗って楽しんでいただけるようなことができれば… 夢ですかね。
【参考: 中国新聞 LEADERS倶楽部 特集(2008.1.1), 企画・制作 中国新聞広告局】

広島電鉄の社長インタビューでこういった話題が出てくるのは、ちょっと珍しいような気もします。考えすぎかもしれませんが、今後の被爆電車の扱いなどにも気を遣っていることを伺わせてくれる内容でもあります。(但し、被爆電車に関して言えば、「レトロ電車に乗って楽しむ」 という表現には多少違和感があります。) いずれにしても路面電車ファン的には嬉しいことではありますが、記事にもあるように、現時点ではあくまでも 「夢」 ということだそうですから・・。

** 過去の PASPY関連記事・・
 > 広島バスセンター・PASPY販売窓口 -2007.12.22
 > PASPYの準備着々・・・ -2007.10.19
 > 広島都市圏 ICカード "PASPY" -2007.07.06

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008.01.01

2008 謹賀新年

2008_shimekazari01

新年 明けましておめでとうございます。
今年も昨年同様、相変わらずマイペースの更新になるとは思いますが、何とぞよろしくお願い致しますm(_ _)m。
本家Webサイトは今年 5月で丸 9年、このブログ雑記帳は今年 2月で丸 4年を迎える予定です。そろそろ息切れしそうな予感もあるのですが、そこはオープン当初からの 「継続は力なり」 の精神でもってボチボチいきたいと思います。

タイトル下の画像は広島電鉄・路面電車 2008号の写真です。一応、指摘される前に書いておきますが、昨年 2007年正月の広電グループ Webサイトの二番煎じとなっております(^^;)。今年の広電グループ Webサイトでは、「Happy New Year 2008」 の文字に続いて 「PASPY 2008.1 Debut! Coming Soon」 のメッセージが出されています。さすが、広電さん・・ 広島県交通系 ICカード 『PASPY (パスピー)』 の導入は何と言っても今年一番の目玉であり、トピックスですからね。利用者としても本当に待ち遠しい限りです。
 > 広電グループ 『ひろでんアベニュー』 http://www.hiroden.co.jp/

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »