« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009.05.31

原爆の子の像

20090524_sadako03

ちょうど 1週間前の日曜日、5月24日に広島平和記念公園内の 「原爆の子の像」 に立ち寄ってみました。1958 (昭和33) 年 5月に完成した 「原爆の子の像」・・ この像が建立されたのは、人類史上初の原爆 (原子爆弾) 投下により被爆して、その約 10年後に白血病で亡くなった佐々木禎子さんの実話がきっかけになっていることは余りにもよく知られていることです。その経緯については、私なんかが解説するよりも遙かに丁寧に解説されているページがありますので、是非そちらをご覧下さい。
 > 平成13年度 第1回企画展 サダコと折り鶴 --- 時を超えた生命の伝言

「原爆の子の像」 建立から半世紀が過ぎた現在、『サダコの物語』 に触れて心を打たれた国内外の人々から多くの折り鶴が寄せられています。その数は年間約 1,300万羽 (2008年度実績: 広島市 Webサイトより)・・ 重量にすると約 10トンにも及ぶそうです。
折り鶴が寄せられるだけでなく、全国各地から修学旅行や社会見学などで、たくさんの小中学生が 「原爆の子の像」 を訪れています。この日も、どこからかは分かりませんでしたが、先生に引率された小学生が訪れ、「原爆の子の像」 で黙祷を捧げ、平和の歌を歌っているところに立ち会うことができました。おそらく、平和教育の一環としての社会見学なのでしょう。

20090524_sadako05

この地を訪れた子供達は、過去の悲惨な歴史をどんな風に受け止め、何を思ったのでしょうか・・!?
ふと、この子供達の為に我々大人には何ができるのかなぁ などと考えます・・ が、実は、我々大人が子供達から教わることの方がよっぽど多いのではないだろうかと考え直します。ついつい目先の事ばかりに囚われてしまい、感覚が麻痺してしまいがちな大人が子供達の為に何かしようなんておこがましいことなのかもしれません。

20090524_sadako06

20090524_sadako02

** 過去の関連記事・・
 > 旧広島市民球場に 「折り鶴展示室」 -2009.05.02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.28

逆光シルエット

20090513_silhouette

先日会社帰りにたまたま撮った逆光シルエットの女性・・ 咄嗟に何枚かシャッターを切った内の 1枚です。偶然にも人物のエッジが光って、なかなか渋く撮れたと思うのですが、如何でしょうか!??
最初はモノクロ写真にしようかとも思ったのですが、特に加工せずにそのまま掲載しています。女性の左側に見えている車のヘッドライトの光芒ですが、上下左右方向に紫色の光芒が出ているのが気になるところです。デジタルカメラで出やすい 「パープルフリンジ」 という現象と類似したものかどうか・・ 全く別の現象のようにも見えますが・・。いずれにしても、レンズの問題ですかね・・??

ここ最近、蛍 (ホタル) に関する過去の記事へのアクセスが急上昇しているようです。本ブログの右サイドに表示させている人気記事ランキングを見ていただきますと分かるように、マツダスタジアムの記事を押しのけて一気に第 1位に上がってきました。どうやら、「蛍 広島」 等々のキーワードでヒットしている模様です。
実は一昨日、既にホタルが 2匹ほど弱々しく光っているのを見つけたのですが、雨が降って気温が下がったためなのか、昨日・今日は 1匹も見つけることができませんでした。天気が回復して気温が上がれば、すぐにでもホタルが見られる時期が近付いていますので、日々期待しているこの頃です。と言っても、一応広島市内でして、それほど多くのホタルが出てくる訳ではありませんけど・・。

余談ですが、この月末から来月にかけて、公私に渡って色々と懸案事項がありまして、多少忙しくなりそうな予感です。このブログ雑記帳の更新ペースも落ちると思いますが、文字無しで写真だけでも掲載しようかと思っていますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.25

夕暮れの相生通り & 新己斐橋

20090518_tate01

今日はこの時期お勧めの広電・路面電車の撮影スポットをご紹介します。
夏に向かって少しずつ日が長くなっていくのを感じるこの時節・・ 夕刻、少し早めに会社を退けると、時間的にギリギリ夕陽を見ることができるようになってきました。天気の良い日は、相生通りの立町電停付近へ急ぐと、夕陽に染まるビルが何とも良い感じです。日によって、金色だったり濃いオレンジ色だったり・・。刻々と光の状況が変わっていく僅かな時間が勝負です。

この時期、もう少し余裕がある時は、路面電車に乗って新己斐橋まで足を延ばします。ここは、バックを空へ抜ける数少ない広電・路面電車の撮影スポットです。ここでは、旧型の単車をシルエット気味にして、橋を渡って帰路につく人を絡めると良い感じになります。実際の空の色が今ひとつだったので、RAW現像ソフトで印象的な感じになるように色合いを多少調整しています(^^;)。

20090522_shinkoib01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.23

新型インフルエンザに過剰反応!??

20090520_mask01

新型インフルエンザの感染者が全国各地で日々増え続けているというマスコミ報道を見聞きする度、いつ広島市内で感染者が出るのか気になって仕方がないこの頃です。広島市内では、平和記念公園・原爆ドームや安芸の宮島へ訪れる外国人の方々が多いこともあり、海外から直接インフルエンザのウイルスが持ち込まれるという可能性もそれなりの確率であるのではないかと心配しています。そういったことも影響しているのかどうか定かではありませんが、広島市内でもマスクを着用している人を結構目にするようになってきました。幸いにも今のところは弱毒性ということで、必要以上に神経質にならなくても良いような話があるみたいですけど、妊婦さんや疾患を持つ人にとっては油断ができず、やはり不安ばかりがつのるところなのでしょう。

ネットでインフルエンザに関する情報を見ていますと、この新型インフルエンザの対応に関して 「過剰反応」 だとするような意見も多数あるようですけど、なんせ未知の部分がある訳で、ある程度は過剰反応気味になるのもやむを得ないのかなぁ と考えます。
政府の対応もやや過剰反応気味でキッチリとしている印象で、ある意味では安心感があります。もっとも、万が一多数の死者が出るような事態にでもなった場合、一番に責任を追及されるのは政府だということを心得てのことだと思われますので、当然と言えば当然の事なのかもしれません。また、政府与党が新型インフルエンザに対してキッチリ対応していることを示すことで、代表交代で巻き返しを狙おうとしている民主党の話題が薄れていくという効果も期待しているのではないかと思ってみたり・・。

20090519_mask01

それにしても、更に過剰反応しているのはマスコミ各社ですかね・・。昨日・今日あたり、多少は落ち着いてきたような気もしますが、それまでの報道では、連日々々朝から晩までニュースの度にマスクを着用した人の映像ばかりを繰り返して、まるで不安ばかりを煽り立てるような印象でした。その連日の報道は、NHK 大河ドラマで流されたサブリミナルまがいの映像の比ではありません。おかげで、未だ感染者が出ていない広島市内のデパートやドラッグストアでもマスクが売り切れで手に入らない状況となっています。更には、ヤフオクでマスクが高値で売買されているような状況になっている訳ですが、どう考えても異常ではないでしょうか!?
こんなことは今さら言うまでもないことなのですが・・ 敢えてマスコミ各社には的確で有用な情報を先取りして流してくれることを切に期待するばかりです。

** 最初のグリーンムーバーmaxの写真は、5月20日朝の通勤時間帯に立町付近で撮影。2枚目は、5月19日夜の会社帰り、紙屋町交差点を走り抜ける路面電車を撮影。この頃、うちの嫁さんが市内のドラッグストアにマスクを買いに行ったものの既に売り切れていたようです。

** ご参考: 厚生労働省のページでは、新型インフルエンザに関する情報や対策等が的確にまとめられているようです。是非チェックしておくべしです。Q & A も参考になります。
 > 厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.19

広電・観音町電停

20090517_kanon01

広島電鉄・観音町電停・・ 「かんのんまち」 ではなく 「かんおんまち」 と読みます。観音町から天満町、そして小網町にかけて片側一車線の狭い通りの中央を路面電車の軌道が通っています。この辺り、ずっと以前からのんびりとして生活感溢れる景色は変わっていないような気がします。

電停の安全地帯が狭いので、道路の端で路面電車が接近するのを待つのがいつも見られる光景です。ちょうど三名の女性が路面電車待ち・・ 偶然にも傘の色が赤・黄・緑(^o^)v。

20090517_kanon02

付近の電柱に固定されている電停名称表示板 (駅名標) は、比較的最近になって新たなものに交換されたようです。すぐ脇には、浴衣のディスプレイ。そう言えば、浴衣の着始め祭り 『とうかさん』 がもうすぐです。

20090517_kanon03

余談・・ 円隆寺・中央通りを中心に開催される 『とうかさん大祭 (ゆかた祭り)』ですが、今年は 6月 5~7日に開催される予定になっています。関西方面で新型インフルエンザの感染者が急増しているという報道が連日なされている訳ですが、おそらく広島で感染者が出るのも時間の問題でしょう。新型インフルエンザのせいで、40万人以上もの人出が見込まれる 『とうかさん』 が中止になるなんてことがないか、少し心配しているところですが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.16

数珠の修理

Jyuzu

もう 3~4ヶ月くらい前になるでしょうか、知り合いのご家族が亡くなりお通夜に参列した際、なんと数珠の紐が切れてしまいました。どうやら、長年使用していたことで紐が朽ちてしまったようです。数珠の紐が切れるなんて、縁起が悪いと思っていたのですが、ネットで調べてみますと、「悪縁が切れる」 ということで必ずしも縁起の悪いことではないそうで・・。
壊れた数珠を安易に捨てるのも気が引けたもので、しばらくの間は保管していたのですが、この程 思い立って修理に出すことにしました。物が物だけに、その修理費用が気になっていたのですが、比較的よく知られた老舗の仏壇・仏具店に持ち込んだところ、紐の交換のみで 1,000円に満たない金額でした。お店の方に聞いてみますと、紐の房の数とか、珠の補充が必要な場合はその数・サイズ等々によって細かく修理費用が設定されているみたいでして、元々よっぽど高価な数珠でもなければ、それなりの修理費用で済むようです。
できることなら、使う機会が無い方が良いのは言うまでもありませんけど、いざという時には無くては困る物ですから、真新しい紐に付け替えて生まれ変わったかのような数珠を大事にしたいと思います。

お手元に長く使っている数珠をお持ちでしたら、引っ張ったり捻ったりして紐の具合を確かめてみて下さい。それほど頻繁に使うものではありませんが、思いの外、紐が疲労・摩耗していることもあるようです。葬儀場で紐が切れて珠をバラまくなんてことがないように・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.14

鉄砲町・・ 亀の甲羅干し

20090514_teppou01

広島市内、八丁堀交差点の一角に設置されている温度計によると、昨日のお昼が 28℃、そして今日は 25℃を表示していました。このところ連日夏日が続いているようで、既に初夏から盛夏へと移りつつあることを感じさせてくれそうな広島市内中心部です。

20090514_teppou02

八丁堀交差点から、相生通りを東へ 1ブロック進んだ流川通北口交差点・・ 広電・路面電車の胡町電停のすぐ傍に池があります。その池の亀さん達が陽気に誘われて甲羅干しをしているのを発見しました。道行く人達も亀に気付くと思わずニンマリ・・。まるで、この一角だけ、ゆる~い空気が溜まっているかのような感じです。のんびりと日向ぼっこをしたり、ユラユラ泳ぎ回っている亀さん達を見ていますと、セカセカ働くのがアホらしくなってきそうです。もしも近くを通る機会がありましたら、一度話の種に覗いてみて下さいませ!!

20090514_kame01

20090514_kame02

それにしても・・ ちゃんと数えた訳ではありませんけど、この池には全部で 50匹近くもいるのではないでしょうか!?? やはり、夜店とかで売ってた亀を池に放したのが大きく成長したとか・・ ですかね!??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.09

本家 Webサイト開設 10周年!!

子供の日は終わりましたけど、まだまだ近所では鯉のぼりが元気に泳いでいる季節です。桃の節句では、3月3日が過ぎたら早くお雛様を片づけないと嫁に行き遅れるとかいう話がありますが、鯉のぼりの場合はどうなんでしょうか!?? 鯉のぼりをいつまでも仕舞わずに出しておくと、嫁が来ないとか、婚期が遅れるなんて話は聞いたことないですけど・・。

20090502_koi01

さて、ゴールデンウィークも終わって普段の生活が戻ってきました。今年のゴールデンウィークは遠出するでもなく、5月3日にフラワーフェスティバルを覗いた程度で、比較的のんびりと過ごしていました。そのお陰で、7日から仕事が始まっても、それほど身体がダルいとかいうこともなく、頭の方もすんなり切り替えることができたような気がします。今年の場合は、ゴールデンウィークがどうのこうのということよりも、やはり気になって仕方がないのは、景気が上向くのはいつのことになるんだろうか・・ というところですね。

それはそうと、今日の本題です。
お陰様で、私が管理運営している本家 Webサイト 『Family Page広島 (略して F-Page広島)』 が めでたくも開設 10周年を迎えることができました。思い起こせば丸 10年前のゴールデンウィークには、Webサイトオープン直前で、かなりの時間を HTMLとの格闘に割いていたような微かな記憶が残っています。サイト名から容易に想像できるとは思いますが、当初はうちの家族で作る家族向けのサイトというスタンスでした。ほとんど私 (親父) 一人の趣味のサイトになってしまった今になってみると、つくづく乳臭いネーミングだなぁ と改めて思うこの頃ではあります。
サイト開設当初の本音としては、様々なコンテンツを取り込んで、幅広い年齢層の多くの人に覗いて貰えるようなサイトを作って、じゃかすかとアクセスを稼ごう!! といった狙いがありました。そういった狙いは、一時的・部分的にはうまくいったと自負しているのですが、それを継続していくのは並々ならぬエネルギーが必要だということを自覚するに至りました。特に、このブログ雑記帳を約 5年前にオープンしてからは、本家 Webサイトの更新が極端に滞るようになり、みるみるアクセス数も減少の一途・・ といった感じです(^^;)。
将来的に、時間的余裕ができれば、本家 Webサイトのリニューアルを是非とも実行したいと思ってはいるものの、一体いつのことになるのやら!?? それこそ定年退職でもすれば・・ というのはよくある言いぐさですが、定年まではまだ十数年以上 (場合によっては、20年以上かも!?) もあるし、果たしてその時まで健康で生きていられるかどうかも分からないのに・・ などと、取り留めもないことを Webサイト開設 10周年にあたって考えています。
ま、いずれにしましても、今後とも本家 Webサイトとこのブログ雑記帳を共々よろしくお願い致しますm(_ _)m。

20090506_tree01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.05

2009フラワーフェスティバル・路面電車編

20090503_ffden05

取り敢えずは、2009ひろしまフラワーフェスティバル (FF) の路面電車関連記事で、昨日の記事の続編となります。昨年同様、今年も生花で賑やかに飾り付けされた無蓋車・貨51号の花電車がお目見えしましたので、その写真 (全て5月3日撮影) を中心に・・。
花電車の側面には、第33回目となる今年のフラワーフェスティバルのテーマ 『SUNSUN (さんさん) と 輝け花と 平和の光』 のパネルが掲げられていました。昨年と大きく変わったところはありませんが、今年の花電車では白塗りされた流木らしきものをあしらって飾り付けされているようで、それなりに工夫されている様子も伺えました。今年の花電車運行経路は、千田車庫→紙屋町西→横川駅の折り返し、そして千田車庫→紙屋町東→広島駅の折り返しで、運行最終日 5月5日の最終便では、横川駅で生花のプレゼントが行われる予定になっていました。

まずは、横川駅で展示中の花電車・・

20090503_ffden07

20090503_ffden01

20090503_ffden03

20090503_ffden02

紙屋町方面へ向けて旧広島市民球場前を通過する花電車・・

20090503_ffden04

昨年同様に生花で飾り付けされた紙屋町西電停・・ 朝から混雑する電停には、広電の集札員が複数待機して集札・案内にあたっていらっしゃいました。

20090503_ffden06

3日夕刻の紙屋町西電停・・ 昨年までは (旧)広島市民球場で開催されるカープ戦の人出もあって、かなり混雑する場面もあったと思いますが、新球場がオープンした今年は多少混雑が緩和されたような気もしますが・・!??

20090503_ffden08

** 昨年以前の 『ひろしまフラワーフェスティバル』 関連記事・・
 > 2008ひろしまFF・横川編 -2008.05.06
 > 2008ひろしまフラワーフェスティバル -2008.05.04
 > 2007フラワーフェスティバル・後編 -2007.05.09
 > 2007フラワーフェスティバル・前編 -2007.05.04
 > 2006FF・花電車編 -2006.05.16
 > 30th フラワーフェスティバル -2006.05.04

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009.05.04

2009ひろしまフラワーフェスティバル

20090503_ff01

2009ひろしまフラワーフェスティバル (FF) が昨日 5月3日、平和記念公園と平和大通りをメーン会場にして開幕しました。昨年のフラワー初日は気温 30度近い夏日となり、かなり日焼けした記憶がありますが、今年は曇り空で暑すぎず寒くもなく、かなり過ごしやすい天候となりました。
まずは冒頭の写真、3日正午から始まったオープニングセレモニーで、秋葉忠利市長が花の塔に点火するところ・・ 別に現市長を贔屓にしているとかいう訳ではありませんけど、フラワーフェスティバル開幕の象徴的なシーンとして押さえておきました。花の塔への点火を現地で見たのは今年初めてです。

平和記念公園内、カーネーションステージでのオープニングセレモニーを見た後は、『花の総合パレード』 のゴール地点あたりに腰を据えてパレードの写真を撮ってみました。

20090503_ff05

20090503_ff07

20090503_ff06

FF企画実施本部の花舞台 (花車) に乗ってパレードする 2009ひろしま FFフラワークイーンのお三方。左端の黄色い洋服の女性は、オープニングセレモニーで FFテーマ曲 「花ぐるま」 を歌って素晴らしい声を披露してくれた FFゲストの神園さやかさん。

20090503_ff02

新広島市民球場 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島:マツダスタジアム) がデザインされた FF実行委員会事務局の花車 Peaceホームラン号でパレードしているのは、2008広島観光親善大使のお三方、そして広島商工会議所会頭で広島電鉄(株) 代表取締役社長の大田哲哉氏。そういえば毎年、フラワーフェスティバル開催にあたって広島商工会議所が一般企業からの寄付を取り纏めているのですが、この大不況の折り、その目標額をクリアできたのか気になるところです。

20090503_ff03

パレードのゴール付近で待ちかまえるカメラマンさん。サブのカメラと大きなバックを下げて、仕事とは言え大変そうです。まさに体力勝負ですな・・。

20090503_ff08

パレードも大方一段落しそうなところで移動・・ 花の塔の前で終始にこやかに記念撮影に応じていらしたのは、昨年の 2008ひろしま FFフラワークイーンのお三方。

20090503_ff09

最後は、フラワーキャンドルメッセージのキャンドル達・・ 夕方になると灯が入れられ、メッセージが浮かびあがります。ライトアップとか神楽とか、夜間の部も大いに気になって仕方がないのですが、まだ未体験です。

20090503_ff04

新型の豚インフルエンザに関する連日の報道を受けて、非常に多くの人が集まるフラワーフェスティバルの観客動員数にも多少の影響があるのではないかとも思っていましたが、取り敢えず初日は昨年より約 15,000人多い約 635,000人が訪れたということです。(5月4日付け 中国新聞記事より) 特に広島市は海外からの来訪者も多いので、他の都市と比較して新型インフルエンザが持ち込まれる確率も高いものと想像される訳ですが、フラワー会場内では極々まれにマスクを着用した人を見かける程度で、ほとんどの人が無防備で広島最大の祭典を楽しんでいたという印象です。

** 昨年以前の 『ひろしまフラワーフェスティバル』 関連記事・・
 > 2008ひろしまFF・横川編 -2008.05.06
 > 2008ひろしまフラワーフェスティバル -2008.05.04
 > 2007フラワーフェスティバル・後編 -2007.05.09
 > 2007フラワーフェスティバル・前編 -2007.05.04
 > 2006FF・花電車編 -2006.05.16
 > 30th フラワーフェスティバル -2006.05.04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.02

旧広島市民球場に 「折り鶴展示室」

20090501_kyushimin01

昨日 1日、旧広島市民球場の前を通りかかった際にふと見上げると、窓から折り鶴が見えました。そう言えば、球場内に折り鶴を一時保管するようなことがどこかに書いてあったなぁ と思いつつ、ほんの気まぐれで立ち寄ってみました。球場内に入って、所狭しと並べられた多くの折り鶴を見てびっくり・・ すっかり、文字通りの 「折り鶴展示室」 として整えられていました。

パネルの説明書きによると・・ 平和記念公園の 「原爆の子の像」 に捧げられた折り鶴が展示されているとのことで、平成 17年度に学校から捧げられた折り鶴 300万羽、そして平成 20年度に捧げられた折り鶴 1,300万羽で、合計 1,600万羽の折り鶴が展示されているということです。更には、サダコと折り鶴ポスター展示、変わり鶴の展示や折り鶴体験コーナーも設けられていました。警備の方に聞いたところでは 5月1日~ 11月末の期間で展示されるということでした。

20090501_kyushimin02

20090501_kyushimin03

20090501_kyushimin04

現在、旧広島市民球場跡地利用の問題に関連して折り鶴保存施設の是非などが議論されている訳ですが、取り敢えずそういった議論や展示場所のことは抜きにして、純粋にべらぼうな量の折り鶴を目前にして・・ 国内・海外から慰霊や平和祈念の思いが込められた折り鶴がこんなにもたくさん毎年々々広島に届いているんだということが分かりました。そして、こんなにもたくさんの思いが込められた折り鶴を何らかの形で活用する方策はないものかと考えてしまいますね・・。勿論、こういった展示をすることによって多くの人に見て貰うというのも折り鶴保存・活用の一貫だというのは分かりますが、もっと平和を願うメッセージを強く発信する活用策は無いものでしょうか!?

折り鶴展示を見た後、グランドの方を覗いてみたところ、ちょうどアマチュア野球の試合の真っ最中でした。開放的で真新しい新球場 (新広島市民球場: マツダスタジアム) を見慣れて、久しぶりに旧広島市民球場に戻ってくると、かなり狭くて寂れた感じですね。ここでシーズンを通してプロ野球のゲームが開催されていたなんて、ちょっと不思議な感じさえしてしまいます。大袈裟に言えば、かつての広島市民球場とはまるで別の球場へ入り込んだ感覚です。これは、球場内の広告が全て塗りつぶされてしまったのも大いに関係しているかもしれません!??

20090501_kyushimin05

20090501_kyushimin06

** 広島市ホームページで折り鶴展示に関するページを探してみました・・
 > 旧広島市民球場で折り鶴を展示します【広島市】
 > 旧日本銀行広島支店での折り鶴展示のご案内【広島市】
 > 折り鶴データベース【広島市】

** 過去の 「(旧) 広島市民球場」 関連記事・・
 > 新・旧広島市民球場 -2009.04.01
 > 広島市民球場の看板取り外し -2009.03.31
 > 広島市民球場跡地利用について(2) -2009.02.16
 > 広島市民球場跡地利用について(1) -2009.02.15
 > 広島市民球場 「津田プレート」 -2008.11.16
 > 広島市民球場 最終日 -2008.09.28

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »