« 梅雨時の豪雨 | トップページ | PASPY対応の可動式運賃箱 »

2009.07.22

広島市内から見えた日食

20090722_eclipse01

今日の話題は、何と言っても世紀の天文ショー 『日食』 しかないですね(^o^)v。国内では 46年ぶりに観測できる皆既日食ということで大いに盛り上がっていたようですが、広島市内で観測する分には部分日食です。ただ、皆既日食が見えるエリアに結構近いこともあって、お日様の85%前後にも月が深く入り込むということで、こんな機会には滅多に巡り会えるものではありません。なので、梅雨前線が南下して雨があがった昨晩から、何とか天気が良くなるようにと念じながら今日を迎えました。
一夜明けて、広島市内は朝からあいにくの曇り空でしたが、徐々に薄曇りになって何とかお日様を拝むことができました。食が最大となる午前 10時59分の前後には、一旦仕事の手を休め、外に出て日食の写真を撮ってみました。かろうじて撮れたという感じですね・・。紫色になっていますが、これは減光フィルターとして使用したアクリル板の色が出ています。

そう言えば、TV等で 「下敷きやフィルムの切れ端、或いは煤 (スス) を付けたガラス等で日食を観測するのは危険です」 と、しきりにやっていましたね。何で急に神経質になっているのかという感じもしますが、我々が子供の頃はいつもやっていた方法です。でも、周囲で目を痛めたといったようなことは聞いたことが無いですけどね・・。これはダメ、あれもダメ、お決まりの 「市販の日食グラスを使いましょう!!」 というのは、何か恣意的な感じがしますし、冴えないですね。最近、「理科離れ」 ということがよく言われますが、全く無関係でもないような・・ などと、子供の頃から理科大好きっ子だった私は思うんですけどね・・。

** 減光フィルター: 昨日、東急ハンズで購入してきた厚さ 2ミリのアクリル板 (スモーク透明) を適当なサイズにカットして 3枚または 4枚重ねで使用してみました。重ねる枚数によって濃度を自由に変えられるところがポイントです。見た目はグレーなのですが、重ねて見ると色が付いているのが分かります。

20090722_acrylic_resin

** 天文ショーに関連した過去の記事・・
 > こないだの月食 -2005.11.01

|

« 梅雨時の豪雨 | トップページ | PASPY対応の可動式運賃箱 »

コメント

見れてよかったですね。いいなー!

投稿: あん | 2009.07.25 22:58

> あんさん
広島市内では、薄曇りでかろうじて見えたという感じです。青空が出てくれれば良かったのですが、梅雨時期だけに、このくらい見えただけでも幸運だったと思います。そちらでは、全く見えなかったのでしょうか??

投稿: T.Kaze | 2009.07.26 11:38

(u_u。)そうらしいです。わたしはその時間に空見てなかったのですが、雲ってましたしね。(T-T )

フィルターとかいうのも考えつかず、日食眼鏡も用意せず、丸腰状態でその日を迎えちゃいましたしねー。

いつかは見てみたいです。

でも今年、双頭蓮を2本も見れたし、子供のとき以来のカタツムリやいろんな昆虫に会えたりすることが幸せです。

内暈も何回か。

投稿: あん | 2009.07.26 21:24

> あんさん
おおよそ3年後・・ 2012年5月21日、日本国内で金環食が見られるそうです。かなり珍しいと思いますので、見逃さないようにしたいものです。詳しいことはこちらのページで・・
http://homepage2.nifty.com/turupura/nissyoku/2012kinkan/menu.html

投稿: T.Kaze | 2009.07.27 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19584/45714787

この記事へのトラックバック一覧です: 広島市内から見えた日食:

« 梅雨時の豪雨 | トップページ | PASPY対応の可動式運賃箱 »