« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009.08.30

衆議院議員総選挙・投票日

20090827_nishihiro01

今日は衆院選の投票日・・ 我が家でも今朝ほど午前 9時過ぎに投票所へ出掛けてきました。たまたま時間的なものなのか、或いは今回の選挙に対する関心の高さの表れなのか定かではありませんけど、受付にちょっとした列ができるくらいの人出で、少し驚いてしまいました。これまで選挙の投票には欠かさず出掛けていますが、今日ほどの人出は記憶にありません。

今回の選挙戦では、民主党に対する自民党の徹底したネガティブキャンペーンが目につきました。あからさまに民主党を批判した YouTube のアニメはそれなりの完成度で結構なアクセスがあったそうですが、あんな子供だましっぽいアニメで票集めになるのかどうか・・??? ある意味、有権者をなめているというか、バカにしているというか・・ そんな印象さえ受けてしまいます。それから、我が家にもポスティングされていた民主党批判パンフレット・・ この怪しげなパンフレットは自民党が発行したもので、「政党の自由な政治活動であって、選挙期間中でも、自由に配布できます。」 ということですが・・。これが政権政党のやり方なのか、自民党もここまできたかと、これまで記憶にない怪しげなパンフレット配布にも驚いてしまいました。

20090830_senkyo

この度の衆議院議員総選挙が歴史的な選挙になるのかどうか、今晩の開票結果が非常に楽しみなところです。投票は午後 8時まで (但し、一部地域を除く) ですので、まだまだ時間はあります。是非とも我々有権者の貴重な一票を行使して意志表示をしましょう!!!

** 過去の選挙関連記事 (広報花電車の写真掲載)・・
 > 選挙にキンサイ・衆議院議員総選挙 -2009.08.19
 > 参議院議員選挙 -2007.07.13
 > 統一地方選挙開幕 -2007.03.27
 > 広島県知事選挙 -2005.10.22
 > 衆議院議員総選挙 -2005.09.02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.24

田舎へ帰省してきました

お盆から 1週間遅れで私の田舎 (広島県北方面) へ帰省してきました。今年は色々と所用があった関係で、私一人での帰省となりました。一人だと結構気楽なもので、途中あちこち寄り道して、写真を撮ったりしながらのんびりとした時間を過ごしてリフレッシュできたような気がします。
まずは田舎で撮った夜空の写真から・・ 北の空、カシオペア座を中心にして約 10分間の露光。広島市内からではほとんど見えない天の川も綺麗に見えるのですが、写真に撮るのは至難の技です。

20090823_inaka04

墓参りの途中で見つけた蓮の花・・

20090823_inaka02

川では鮎の友釣りの季節のようです・・

20090823_inaka03

今年のリンゴも順調に生長しているように見えます。実家の黒猫は普段見慣れない人が来たので警戒中・・

20090823_inaka05

** 田舎の風景など写真を掲載している過去記事・・
 > 2009 謹賀新年 -2009.01.03
 > 田舎の風景・色々・・ -2008.08.17
 > 田舎の風景 -2005.12.04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.21

紙屋町再開発ビル建築・地鎮祭

20090820_kamiya01

紙屋町交差点の一角で進められている 『(仮称) 紙屋町再開発計画新築工事』 の進捗状況ですが・・ 8月20日に地鎮祭が執り行われたようです。そもそも地鎮祭というのは、建築工事が開始される際に執り行われる儀式 (神事) だと認識しています。そういった意味で、いよいよこれからビルの建築に取りかかるという状況なんだろうと思います。ちなみに、前回書いた記事 「紙屋町再開発ビル建築・ロックオーガー」 は地中障害物の撤去作業ということで、既存ビルの解体作業の一部という認識になるのかもしれません!?

現場の作業工程表には、8月17~19日が地鎮祭段取、8月20日が地鎮祭、8月21日以降が SMW工事と表示されていました。敷地内を覗いてみますと、ほぼ中央に二張りのテントが設営されていて、そこで地鎮祭が執り行われるようでした。敷地の一角にまとめられていた重機を観察しますと、既に次の建築工事用のものに入れ替えられているらしいことが分かりました。

20090820_kamiya02

ビル建築の着工にあたり、現場に掲示されている 「建築物の概要」 を改めて確認・・

敷地の地名地番 広島市中区紙屋町1丁目2-22
名 称(仮称)紙屋町再開発計画新築工事
用 途事務所・店舗・駐車場住戸数0戸
敷地面積2,804.84 m2棟 数1棟
建築面積2,169.33 m2階 数地上14階 地下2階
延べ面積25,239.81 m2高 さ59.92 m
構 造
鉄骨造一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法
場所打コンクリート杭地業
着工予定平成21年5月1日完了予定平成23年7月31日

** 過去の関連記事・・
 > 紙屋町再開発ビル建築・ロックオーガー -2009.07.18
 > 紙屋町・・ 広電ビル解体 -2009.06.12

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2009.08.19

選挙にキンサイ・衆議院議員総選挙

20090819_motomachi01

さて、いよいよ衆議院議員総選挙が 18日に公示されました。待ちに待った総選挙という思いの方も多数いらっしゃるのではないかと思います。なんせ、4年前の総選挙から次々と首相が交代しているという、普通に考えれば、あり得ないような政権ですから・・。国民の意志を無視して惰性で政治をやっていいわけがありません。
巷で言われているように、この度の選挙で 「政権交代」 が実現するのかどうかはフタを開けてみるまで分かりませんけど、少なくとも政治に対する意志を表明するべく、8月30日は衆議院議員総選挙の投票へ足を運びたいものです。

20090818_tokaichi01

ここにきて残暑厳しくなりそうな広島市内でも暑苦しい選挙戦が一段と活発になってきています。勿論、恒例の選挙広報花電車・・ 旧神戸市電の広電 582号も健在です。今回の選挙では、よく目立つ大きな黄色の花看板が取り付けられていて、ひときわ広島市民の目を引いているようにも見えます。
選挙広報花電車は神出鬼没・・ 日を替え、時間帯を替えて 1号線 (広島駅~紙屋町東~広島港)・3号線 (広電西広島~紙屋町西~広島港)・5号線 (広島駅~比治山下~広島港) で運行されているようです。ちなみに、公示日 8月18日から投票日 8月30日まで運行される予定。

20090818_tokaichi02

** 過去の選挙関連記事 (広報花電車の写真掲載)・・
 > 参議院議員選挙 -2007.07.13
 > 統一地方選挙開幕 -2007.03.27
 > 広島県知事選挙 -2005.10.22
 > 衆議院議員総選挙 -2005.09.02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.15

広島のお盆の賑わい・・寺町・本通

20090814_teramachi01

お盆休みはどんな風にして過ごされましたでしょうか!? 我が家の場合、今年は色々と所用があった関係で田舎へ帰省することができず、広島市内の自宅を中心にウロウロしながら過ごしていました。

まずは、お盆の寺町 (広島市中区) 界隈・・ こちらは多くのお寺が密集している地域で、朝の涼しい内からお墓参りの人でかなり賑わっていたようです。お墓には、色とりどりの盆灯籠 (とうろう) が飾り付けされて、広島ならではのお盆の風景が見られました。お盆に帰ってこられるというご先祖様もさぞかし喜ばれたのではないかと思います。それにしても・・ 毎年、広島ならではの風景ということで写真撮りしているのですが、年を追う毎に盆灯籠の数が増えて賑やかさが増しているようにも見えるのですが、気のせいでしょうか!??

20090812_teramachi02

続いて、お盆の頃の本通商店街・・ 15日、所用で広島市内中心部へ出掛けてきたのですが、本通商店街は結構な人出・・ それも若い人達で賑わっていました。広島市内 (及び近隣地域) において、郊外型ショッピングセンターがあちこち建設されているのに逆行するかのように、都心回帰ということも言われるこの頃です。本通商店街の賑わいは、そんな都心回帰の兆候の一端なのか、お盆だからなのか、或いは単に土曜日だから賑わっていただけなのか定かではありませんけど・・。何にしても、まだまだ本通商店街も捨てたものではないなぁ という印象を受けました。これから先、デオデオのツインタワー (??)、そして紙屋町再開発ビル (広電ビル) 等々、賑わいの要素も色々と増えていく訳で、大いに期待しているところです。

20090815_hondori01

** お盆の写真を掲載した過去の記事・・
 > お盆休み・・ -2008.08.12
 > お盆・・お墓参り - 2004.08.18

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009.08.13

アストラムラインで PASPYスタート

20090810_hondori01

先日 8月8日、広島高速交通・アストラムライン全線で広島県交通系 ICカード PASPY (パスピー) のサービスがスタートしました。
ICカード PASPY は、昨年 2008年1月に市内路線バスでサービス開始されたのを皮切りに、サービス路線を順次拡大、今年 2009年3月には広電・路面電車 市内全線でも導入され、次いでこの度のアストラムライン全線への導入となりました。
広島高速交通・アストラムライン公式サイト に掲載された情報によると、アストラムラインの 1日当たりの輸送人員は 51,189人 (平成20年度実績) となっています。その内の通勤・学生定期利用者 23,554人と磁気カード利用者 16,914人とを合わせた 約 4万人が PASPY へ移行する見込みなのだろうと思われます。【追記: この利用者数は、あくまでも 「のべ人数」 です。ほとんどの利用者が往復利用すると考えると、実数としては 約 4万人÷2=約 2万人ということになりそうです。】 現行アストラムラインの規模において、それ相応の ICカード専用の設備投資がなされている訳ですが、4万人程度の利用者数でうまいことペイするのかどうか、ちょっと気になるところではありますが・・。

20090813_fudoin02

アストラムラインでの PASPY サービス開始にあたって、ほんの思い付きで不動院前駅に立ち寄ってみました。不動院前は、既に PASPY が導入されている路線バスからの乗り継ぎ利用者が比較的多く見られる駅です。そのため、アストラムラインの自動改札機に PASPY をタッチする様子なども頻繁に見られるのでないかとも思ったのですが・・ さすがにサービス開始されたばかり、ほとんどの人が定期利用者だったのか、PASPY利用者は ほんの僅かしか見られませんでした。

20090808_fudoin01

** 過去の PASPY関連記事 (主な記事を一部抜粋)・・
 > 路面電車・市内全線で PASPYスタート -2009.03.14
 > 広電・白島線・・ PASPYサービス開始!! -2008.03.04
 > PASPY(パスピー)サービス開始!! -2008.01.29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.07

2009年 原爆の日の夜

この記事は昨日の記事 「2009年 原爆の日の朝 -2009.08.06」 の後編です。本来ならば、昨日 6日の記事に掲載しようと考えていたものですが、今一つ体調不良で根気が続かなかった関係で、お盆になってからやっと更新することができました。(日付は 8月7日の記事ですが、実際はほぼ 1週間遅れでアップしています。)

8月6日 原爆の日、若干早めに会社を退けて午後 7時過ぎに平和記念公園に着いた頃には、原爆被爆者供養と平和祈念の灯籠 (とうろう) 流しが既に始まっていました。原爆ドーム側の川岸から覗いてみますと、赤・黄・緑・青・白など色とりどりの灯籠が一つ一つ次々と流されていきました。

20090806_heiwap07

この日は干潮が午後 4時過ぎ、満潮が夜 10時過ぎということで、どんどん潮が満ちてくる時間帯です。そのため、元安川に流された灯籠は全て川上に向かって流れていきます。
灯籠流しを撮影するにあたって三脚は忘れようがないのですが、不覚にもケーブルレリーズを持ってくるのを忘れてしまいました。仕方ないので、ほとんどの写真は 2秒のセルフタイマーで撮影しています。

20090806_heiwap08

ライトアップされた原爆ドームの周囲は、ピースキャンドルが灯され、親子連れなど多くの人出で混雑していました。特に元安川沿いは通り抜けるのが大変なくらいでした。

20090806_heiwap09

元安橋から川上の相生橋方向を望んで全景を撮影・・ 灯籠は、川上の相生橋をくぐって、更にずっと向こうの方まで流れていきます。

20090806_heiwap10

灯籠流しをする人の列は延々と続いてはいますが、比較的スムースに人が流れているように見えました。例年と比較すると、人出がやや少な目だったのかもしれません!??

20090806_heiwap12

蛇足・・ 相生橋を渡る広電・路面電車を灯籠流しと絡めてみました。

20090806_heiwap11

もう一枚蛇足・・ この日は満月で幻想的な絵が撮れそうな気がしたので、帰り際に原爆ドームと月を撮影してみました。

20090806_heiwap13

** 過去の 「原爆の日」 関連写真掲載記事・・
 > 原爆の日 (2008年8月6日) -2008.08.10
 > 「原爆の日」 前夜 (5日夜) - 2008.08.07
 > 被爆62年 原爆の日・夜 -2007.08.11
 > 被爆62年 原爆の日・朝 -2007.08.07
 > 2006.8.6 原爆の日(2) -2006.08.12
 > 2006.8.6 原爆の日 -2006.08.09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.06

2009年 原爆の日の朝

人類史上初の原子爆弾が広島に投下されてから 64年、今年の 「原爆の日」 も朝から蒸し暑い一日となりました。例年通り、会社出勤前に原爆ドーム周辺に立ち寄り、「原爆の日」 の朝の様子を覗いてきました。

まずは原爆ドーム前広場の様子から・・ 普段通りに会社通勤している人、原爆死没者慰霊式・平和記念式 (平和記念式典) を目指して平和記念公園へ向かおうとする人、ヘルメットを被って赤い旗を持った集団、反核・反戦を訴える複数のグループ、物々しい出で立ちの機動隊が入り乱れて、例年のごとく混雑しています。今年の平和記念式典には、昨年を 5千人上回る 5万人が参列したそうですが、原爆ドーム周辺の人出は例年よりやや少な目のような感じにも見えました。

20090806_heiwap01

原爆ドームを回り込んで、元安川沿い・・ 原子爆弾が投下された時刻 8時15分には、「平和の鐘」 が打ち鳴らされ一分間の黙祷をささげまます。ちょうど 2年前のことですが、広島市の小学生の 5割は (原爆) 投下日時を知らない という話があったことを思い出しましたが、その後どうなっているのでしょうか!? やはり年々原爆投下時刻を知らない小学生が増えているのでしょうか!??

20090806_heiwap02

1分間の黙祷が終わり、再び原爆ドーム前の広場へ移動してみると、ダイ・インが行われていました。

20090806_heiwap03

その後、広電・原爆ドーム前電停へ・・ 時刻は 8時25分頃、3号線・西広島 (己斐) 行きの被爆電車 651号が姿を見せてくれました。予期していなかったため、多少慌ててしまいましたが、取り敢えずは日の丸写真でシャッターを切っておきました。余談になりますが、「原爆の日」 の原爆ドーム前電停はかなり混雑する関係で、上り下りの乗り場に広電の集札員さんが待機していました。

20090806_heiwap04

相生橋を渡って遠ざかっていく被爆電車 651号を見送って、その 2-3分後、3号線・西広島 (己斐) 行きの被爆電車 652号がやってきました。すぐ向こうには警察・機動隊の車両が駐車されているのが見えていますが、これも 「原爆の日」 ならではの光景です。余り良い光景とは思いませんけど・・。

20090806_heiwap05

ダイ・インに参加されていた反核・反戦を訴えるグループの方々だと思いますが・・ 「非核平和行進」 で原爆ドーム前を出発して紙屋町方面へ出発。

20090806_heiwap06

そろそろ時間もリミット・・ 会社出勤のため、ひとまず原爆ドーム前を離れました。会社を退けた後、夜の平和記念公園の様子も覗いてきましたので、後ほど続きをアップする予定です。

(夜の部へ続く) > 2009年 原爆の日の夜 -2009.08.07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.05

2009年 原爆の日の前夜

掲載している写真は全て 8月5日に撮ったものですが、記事は 8月8日に夏を追いかけてアップしています。明日は 8月6日 「原爆の日」 の記事 & 写真をアップする予定です。

「原爆の日」 の前夜、旧広島市民球場でアニメーションが上映がされるという情報をキャッチしたので、会社帰りに覗いてみました。『ピースシネマ in 旧広島市民球場』 と題して開催されたこの企画は、広島市映像文化ライブラリー・広島国際アニメーションフェスティバル実行委員会・広島市・(財)広島市文化財団が主催されたもので、入場無料で開放されていました。
球場内に入ってみると、バックネットに取り付けられたスクリーンにアニメーションが映し出されていました。平和三部作として上映されたのは 「琉球王国 MADE IN OKINAWA」・「最後の空襲くまがや」・「ピカドン」 の三本。こういった機会は滅多にないので、全て見たかったのですが、時間の都合で途中退席してしまいました。

20090805_shiminkyujo02

20090805_shiminkyujo01

旧広島市民球場を後にして、向かったのは平和記念公園・・ 「原爆の日」 の前夜の様子を見てきました。毎年のことではありますが、慰霊と平和祈念の催しが行われていることもあって、公園内には結構な人出がありました。海外からの来広者も多かったですね。
元安橋の袂では、すっかり恒例となっている 『小さな祈りの影絵展』 が開催されていました。広島をテーマにした色鮮やかな影絵に、ついつい足を止めて見入ってしまいます。

20090805_heiwap04

20090805_heiwap03

20090805_heiwap02

元安川オープンカフェでは、バイオリンの生演奏を聞きながら食事されている方々・・ こんな風にして、のんびりとお洒落に過ごすのに憧れているのですが・・。

20090805_heiwap05

こちらも毎年恒例でしょうか!? 元安川の川面に映像を映し出す催しです。元安川の現場には特に説明パネルなどがなく、何をやっているのか、今一つ分かり難いですね。マスコミのカメラマンなどが川縁に詰めていて、原爆ドームを背景にしての撮影会でもやっているかのように見えました。翌日 6日の朝日新聞によると、イラストレーター黒田征太郎氏が核廃絶を願って描いた絵本が朗読され、その原画が川面に投影されていたということです。

20090805_heiwap06

20090805_heiwap08

** 過去の 「原爆の日」 関連写真掲載記事・・
 > 原爆の日 (2008年8月6日) -2008.08.10
 > 「原爆の日」 前夜 (5日夜) - 2008.08.07
 > 被爆62年 原爆の日・夜 -2007.08.11
 > 被爆62年 原爆の日・朝 -2007.08.07
 > 2006.8.6 原爆の日(2) -2006.08.12
 > 2006.8.6 原爆の日 -2006.08.09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.04

梅雨明け

20090805_ohte01

8月4日、やっと広島地方気象台から 「中国地方は、梅雨明けしたとみられます。」 と発表されました。広島地方気象台の Webサイト に行ってみますと、それらしきお知らせ(PDF) が掲載されていました。それによると、平年の梅雨明け(7月20日ごろ) よりも 15日も遅く、昨年の梅雨明け(7月6日ごろ) よりも実に 29日遅いということになるそうです。ここまで梅雨明け時期が遅れているところを見ると、やはり異常気象と言って良いのかもしれません!?

写真は、広島市内中心街で見つけた向日葵 (ヒマワリ) の花・・ 梅雨明けの日差しを浴びて、ギラギラ輝いているように見えました。ちなみに、撮影場所は相生通り沿い、旧広島市民球場の向かい側のところです。もっとたくさん向日葵の花があると良いのですが・・。来年に期待したいと思います。

** この記事は 8月4日の日付としていますが、実は 8月7日に書いています。時間の経過が早すぎて、夏を追っかけながら記事にしているという感覚です。8月5日と 6日 「原爆の日」 にもかなりの写真を撮ってきましたので、さかのぼって記事をアップする予定にしています。本来なら即日記事をアップできれば良いのですが、疲れが溜まり気味でして・・ 会社の方も盆休み前後は結構バタバタとするんですよね。そんなこんなで、なかなか根気が続きません(^^;)。歳のせいもあるかも・・!??

** 追記(2009.09.03): 今年の中国地方の梅雨入り・梅雨明けの時期が修正されたようです。広島地方気象台の Webサイト に掲載されたお知らせによると・・ 梅雨入り 6月3日ごろ (当初発表 6月9日ごろ) 、梅雨明け 特定せず (当初発表 8月4日ごろ) となっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.01

八丁堀(13)--モノクロの広島

200907_haccho02
八丁堀 -July, 2009

掲載した写真には、ほとんど関係ないのですが・・
広島は八丁堀交差点の一角、ビルの上に設置されていた大手家電メーカーの広告看板が撤去されてしまっているのを確認しました。その広告看板のすぐ下には、デジタルの温度表示器が設置されていたのですが、それも含めて跡形も無くなってしまいました。交差点を通る際は、いつも見上げて温度を確認していただけに、そこにあるべきものが無くなってしまったようで、妙に寂しくなってしまいました。
八丁堀界隈では、新たな商業ビルへの建て替えが進んでいるところもあったりして、それなりに賑やかな感じはあるものの、対照的に大手家電メーカーの広告看板が撤去されるなど、この不況の影響を感じさせるような変化が目に見えて出始めたということかもしれません!?? いつまで不況が続くのか、先が読めないので不安ばかりがつのるこの頃・・ 少なからず私の会社にも影響が出てきそうで、ちょっと心配です。

今日たまたま本屋で見つけて買ってきた書籍を紹介します。昭和20年代から30年代にかけての戦後復興期、写真家の明田弘司 (あけだこうし) 氏が広島で撮影されたモノクロ写真集で、タイトルは 『百二十八枚の広島』。広島市郷土資料館・館長の沼田氏が 「発刊によせて」 と題して書かれた箇所から引用すると・・

あの頃は何もない、生きることだけに精一杯の時代だったが、飽食の時代といわれる今にはない活力や温もり、希望があった。あの頃の写真を見ると、何だか元気が出てくる。

とありますが、まさに当時の広島の日常を記録した写真の数々を拝見しますと、活力や温もりを感じさせてくれます。何気ない広島の日常を活き活きと捉えた明田氏の写真は本当に素晴らしいと思いますので、機会がありましたら是非ともご覧下さい。
私自身、50年後・100年後に写真を見ていただいた方に何かを感じて貰えるような写真を撮りたいものだと・・ そんな刺激もいただきました。

百二十八枚の広島

新品価格 ¥1,944から (2015/2/1 11:00時点)



| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »