« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010.06.29

2010参議院議員通常選挙

20100629_honkawa01

つい数日前の 6月24日、参議院議員通常選挙が公示されました。広島市内中心部では、7月11日(日) の投票日へ向けて、すっかりお馴染みになった選挙広報の花電車・広電 582号が運行されています。掲載した花電車の写真は 29日の朝ラッシュ時間帯に本川町付近で撮影したものです。
この度の選挙にあたり、地元の新聞に 『参院選 市町が経費削減 ('10/6/27 中国新聞)』 といった記事が掲載されたり、28日朝ラッシュ時間帯の時点で広電 582号がノーマルの状態で運行されていたのを見かけていたので、もしかしたら花電車の出番が無くなってしまったのかと多少心配していたところでしたが、要らぬ心配だったようです。

20100629_honkawa02

さて、この度の選挙ですが、一説によると消費税引き上げが焦点になっているそうで・・ 先の衆議院議員総選挙で、当初 4年間は消費税率の引き上げをしないと公約していたのは民主党。ところが、菅首相自ら消費税率 「10%くらいは・・」 などと発言があったそうですが、余りにも安易な発言に呆れてしまいます。こんな民主党に政権を任せておいて大丈夫なのかと不安になってくるんですよね。
勿論、将来的には消費税率引き上げが必須であり、その為には事前に議論しておく必要もあるのでしょう。ただ、消費税率引き上げの前に、もっともっとやるべき事があるんじゃないかと思う訳です。せっかく事業仕分けを国民の目に晒してくれたんですから、それを単なるパフォーマンスで終わらせるのではなく、実質的に無駄を徹底的に排除するような仕組みを仕上げて欲しいと切に願ってはいるのですが・・。
まぁ、月並みではありますが、こんな事を考えながら選挙戦をウォッチして、投票に足を運びたいと考えているところです。

20100629_senkyo01

余談・・ 今回の選挙では、インターネット利用による選挙運動解禁を楽しみの一つにしていたのですが、残念ながら、法改正が見送られてしまったようです。ネット利用の選挙戦については、次回選挙の楽しみということになりそうです。

** 過去の選挙関連記事 (広報花電車の写真掲載)・・
 > 広島県知事選挙の花電車 582号 -2009.10.30
 > 2009広島県知事選挙 -2009.10.22
 > 衆議院議員総選挙・投票日 -2009.08.30
 > 選挙にキンサイ・衆議院議員総選挙 -2009.08.19
 > 参議院議員選挙 -2007.07.13
 > 統一地方選挙開幕 -2007.03.27
 > 広島県知事選挙 -2005.10.22
 > 衆議院議員総選挙 -2005.09.02

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010.06.27

広島市内 梅雨景色(2)

20100625_tate04

天気予報に反して、雨があがって空が明るくなてきたよう気がする広島市内の日曜日。自宅に籠もってやるべき雑事をあれこれ片づけようとしてはいるのですが、やりたい事がたくさんありすぎて、どれもこれも中途半端な状態。一つ一つ端から片づけていくしかないのは分かっているけれど、何かと面倒くさいことばかりで・・。

取り敢えず、昨日の 広島市内 梅雨景色(1) に引き続き、梅雨入りしてから撮った立町~紙屋町界隈の写真を羅列・・

20100625_kamiya01

20100625_tate05

20100625_tate02

20100625_moto01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.26

広島市内 梅雨景色(1)

20100618_hatcho03

梅雨前線が北上したらしく、広島市内では朝から雨が降り続いています。天気予報によると、日曜日の明日も一日中傘マーク、そして来週も曇時々雨の天気が続くようで、いよいよ梅雨らしくなってきたようです。
これと言って書くことを思いつかないので、今日は梅雨入りしてから広島市内・八丁堀界隈で撮った写真の羅列で・・

20100618_hatcho04

20100618_hatcho05

20100618_ebisu01

20100618_hatcho06

** 梅雨時期に撮った広島市内の写真掲載記事・・
 > 梅雨時の豪雨 -2009.07.21
 > 本通(2)--モノクロの広島 -2007.07.04
 > 梅雨入りしたとみられる!? -2006.06.08
 > もうすぐ梅雨明け?? -2005.07.16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.23

紫陽花の季節

20100617_matoba01

6月13日に梅雨入りしてから約 10日間、曇りがちで湿度がやや高めの感じはあるものの、まだ広島市内ではまとまった雨が降っていません。どうやら、梅雨前線が停滞して北寄りに上がって来ないのが原因のようです。もっとも、梅雨明けまでにはまだ一ヶ月前後もありますので、もうしばらくすれば嫌になるほど雨降り続きとなって梅雨本番を感じさせてくれることでしょう・・。

20100616_matoba01

この時期、的場町の電車通り沿いで満開を迎えている紫陽花・・ 紫陽花にフォーカスして路面電車をボカしてみたり、逆に紫陽花を前景にしてボカしてみたりするのですが、どうもありきたりで、ワザとらしくてシックリこない・・。ここ最近、多少疲れ気味です(^^;)。

** 過去の紫陽花 & 路面電車の写真掲載記事・・
 > 梅雨入りしたけど・・・ -2008.06.26
 > 電車通りの紫陽花 -2007.06.12
 > 広島市街地の紫陽花 -2006.06.19

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.06.14

2010梅雨入り直前 広島市内の蛍・ホタル

昨日 13日、ついに広島は梅雨入りしました。その直前、11日と 12日の二日間に渡って広島市内で見られた蛍 (ホタル) の写真をお披露目します。
11日は気温が 30度を超える真夏日を今年初めて記録したそうです。それまで余り気温が上がらなかったことが原因なのか、或いは他の原因があるのかどうか定かではありませんが、今年は蛍が出てくる時期が遅く、そして一段と数も少なくなったという印象です。広島市内でも、狩留家とか奥地にまで足を延ばせば、多くの蛍が見られる場所があるという情報もいただきましたが、なかなかそこまで遠出できないので、自宅からそう遠くないいつもの場所で粘ってみました。

すぐ近くに照明があり、蛍の数も少なく、なかなか条件的には厳しい状況なので、昨年同様に何枚かの写真をソフトで合成するという方法で多重露光風に仕上げてみました。こういう方法で、別の場所で撮った背景を合成するといった方法が紹介されているのを見たことがありますが、そこまでやるのは邪道だと考えていますので、あくまでもその場でフレーミングを変えることなく、そのままの背景としています。
写真クリックすると、少しだけ拡大した写真を表示します。可能でしたら、部屋の照明を切って見ていただけると実際の雰囲気を味わえるかもです。

20100611_hotaru06
(11枚の写真をレイヤ合成/合計露光時間: 約 5分相当)

今回、蛍の写真を撮っていたところ、たまたま蛍見物に来られた年輩の女性の方から興味深いお話しを伺いました。それによると、蛍は人間の話し声に反応して舞い始めるということらしいのです。私は二日間とも 2時間前後も同じ場所で写真を撮りながら蛍の観察をしていた訳ですが、確かに、一人暗闇で静かにしている時よりも、数人の見物人が来てペチャクチャとしゃべっている時の方が、より活発に蛍が舞っていたように感じられました。実際に観察していて、「蛍は人間の話声に反応する」 というのは、まんざらウソでもないような気がしています。もし蛍見物に行く機会がありましたら、是非とも蛍の歌でも歌って試してみて下さい。

20100612_hotaru01
(21枚の写真をレイヤ合成/合計露光時間: 約 4分30秒相当)

蛍を観察していますと、一箇所に何匹かが集まってくるのを発見しましたので、その様子を何とか写真撮りしようと頑張ってみたのが以下の写真です。以下の写真は、いずれも BULB 1ショットの写真であり、合成ではありません。こちらは暗いレンズで ISOを上げて撮った関係で、かなりノイジー・・。
写真クリックすると、少しだけ拡大した写真を表示します。可能でしたら、部屋の照明を切って見ていただけると実際の雰囲気を味わえるかもです。

20100611_hotaru02
(BULB/露光時間: 14秒)

20100611_hotaru04
(BULB/露光時間: 19秒)

20100611_hotaru05
(BULB/露光時間: 15秒)

何やら葉っぱに集まった蛍達がヒソヒソ話をしているのか、それとも魅力的な雌蛍に誘われて雄蛍が集まって来ていたのか・・?? 何にしても面白い光景を写真に撮ることができてラッキーでした(^o^)v。

** 過去の蛍 (ホタル) 写真掲載記事・・
 > 2009 広島市内のホタル・蛍・ほたる -2009.06.09
 > 梅雨入り後、広島市内のホタル・蛍 -2008.06.15

** 追記(2011.06.26): 最新の広島市内の蛍写真はこちら・・・
 > 2011広島市内で見た蛍・ホタル

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.06.11

広島電鉄 第15回路面電車まつり

20100606_denf00

「とうかさん」 の記事に手間取ったり写真の整理をしたり、それから先週末くらいから出始めている蛍の写真を撮りにいったりしていた関係ですっかり遅くなってしまいましたが・・ 先日 6月6日(日) に広島電鉄・千田車庫を会場にして開催された路面電車まつりの様子を紹介です。
昨年 11月1日に開催された第14回路面電車まつり は、あいにくの雨に降られてしまい、来場者も少な目だったように記憶しています。第15回目を迎える今年は、暑すぎることもなく、ほどほどの良い天気に恵まれて多くの来場者で大いに賑わいました。毎回思うことは・・ やっぱり路面電車まつりの主役は子供達だなぁということ。だけど大人、特にお父さんも結構楽しんでいらっしゃるのも分かります。要するに、小さな子供さんから大人まで皆で楽しめるイベントとして、すっかり定着したということでしょう。

以下、会場内で撮った写真を順不同でご紹介・・
毎年恒例の展示車両はハノーバー電車 238号 (写真左) と大正形電車 101号 (写真右)。子供達は運転席であれこれ触りまくっているけど、壊れたりしないかと少し心配になります。

20100606_denf17

モシカ号は乳幼児休憩所コーナー。車内は土足厳禁で座席に絵本が並べられていて、何とものんびりとした雰囲気。

20100606_denf10

紅白の幕の中にはさりげなく旧型単車が並んでいます、手前から 旧神戸市電の 582号、被爆電車 651号、旧大阪市電の 762号・・

20100606_denf18

工場見学コースに沿って進むと、ピット見学 (略) の後は台車工場・・

20100606_denf03

そして、ちびっこ達に大人気の鉄道模型コーナー。まさにかぶりつき状態の子供達は、せわしく走る広電の模型を目で追って、離れる気配もありません。

20100606_denf04

工場内の見学コースを回って外に出ると、こちらも子供達に大人気のミニ電車・・ 乗車待ちの行列が途切れることはありません。

20100606_denf05

ミニ電車はグリーンムーバー・マックス 5111号。すぐ後ろに見えるのは展示車両で、カープ電車のグリーンムーバー・マックス 5109号・・ 今年 3月末に登場した当初 は、Carpロゴのヘッドマークが無かったのですが、フラワーフェスティバルの時に貼り付けられたようです。

20100606_denf07

展示車両である独製グリーンムーバーの車内は冷房が効いて快適です。すぐ向こうに見えるのが、貨51号をイベントステージとした 「石井杏奈 & まなみのりさスペシャルライブ」・・ 路面電車まつりで吹奏楽の演奏が行われた例はありますが、この手のアイドル系のライブが催されるのは今回初の試みだと思います。今後も定着するのでしょうか・・??

20100606_denf11

広島電鉄 650形 (651号) の 1/30スケール 観賞用精密模型。3台限定販売で特別価格 380,000円 (税込) なり。私の場合、鉄道模型の趣味はありませんが、この被爆電車 651号の模型は非常に魅力的で思わず欲しいなぁと思いました・・ けど、この価格で買えるわけがない(^^;)。

20100606_denf12

会場を後にして、しばし八丁堀界隈で時間をつぶした後、旧広島市民球場前へ・・ 今年はグリーンムーバー・マックス 5109号のカープ電車が横川へ無料送迎で貸切運行されるという情報をいただいたので、待ち伏せして球場と絡めてみました。

20100606_denf13

** 過去の 『路面電車まつり』 関連記事・・
 > 広電・路面電車まつりの PR -2010.05.21
 > 広島電鉄 第14回路面電車まつり -2009.11.06
 > 広島電鉄 第13回路面電車まつり -2008.06.11
 > 第12回路面電車まつり -2007.06.10
 > 第11回路面電車まつり(続編) -2006.06.15
 > 第11回路面電車まつり -2006.06.11
 > 第10回路面電車まつり -2005.06.08
 > 第9回路面電車まつり -2004.06.06

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.06.08

とうかさん 392年祭(その2)

20100604_touka17

この記事は、昨日の記事 「とうかさん 392年祭(その1)」 の続きです。
八丁堀交差点から歩行者天国になった中央通りを抜けて、何はともあれ参拝を済ませるために円隆寺へと向かいます。円隆寺では、参道や本堂軒下に吊られた多くの赤い提灯が迎えてくれます。その数、なんと 500個以上もあるそうです。
参道入口付近での参拝者の列を見れば、大体の人出の様子が分かるのですが・・ 初日・金曜日は、やはりそれほど多くの人出で混雑しているというほどでもありませんでした。取り敢えずは、私も参拝者の列に並んで家内安全・商売繁盛を祈願してきました。

20100604_touka19

「とうかさん」 のシンボル的存在と言えば、円隆寺の赤い提灯、厄除うちわ、浴衣・・ などを思い浮かべる訳ですが、忘れてはいけないのが、中央通りを中心にして軒を連ねている露店の数々・・。 「とうかさん」 公式サイト の情報によると・・

中央通りにずらりと並ぶ露店はなんと 1000軒を超える。6月の梅雨時にお祭りを催す所は少なく、県内はもとより全国の露店商が結集する。露店商の夏祭りの仕事初めとしても有名で、「とうかさん」 を皮切りに彼らは全国各地へと旅立つのです。

20100604_touka12

20100604_touka11

20100604_touka23

中央通りは午後 7~10時の間、歩行者天国となり、「ゆかたできん祭 (さい)」 のパフォーマンスが繰り広げられました。太鼓あり、歌あり、踊りありでなかなか賑やか。

20100604_touka21

20100604_touka15

小さな子供連れのお父さん・お母さんは、だっこしたり肩車したりしてパフォーマンス見物・・

20100604_touka20

20100604_touka22

そろそろ中央通りのパフォーマンスも終了して片付けが始まる時間です。思いのほか、長居してしまいました。帰り際に、路面電車の利用者などの様子を横目に見ながら帰宅の途へ・・

20100604_touka25

20100604_touka30

20100604_touka29

いやぁ、かなり疲れました。。。 (完)

** 昨年以前の 『とうかさん』 関連記事・・・
 > 雨に降られた 「とうかさん」初日 -2009.06.06
 > とうかさん 390年祭 -2008.06.07
 > 「とうかさん」 初日!! -2007.06.04
 > 浴衣まつり 『とうかさん』 -2006.06.03
 > 電車と浴衣…「とうかさん」 -2005.06.12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.07

とうかさん 392年祭(その1)

20100604_touka01

毎年 6月第 1金曜・土曜・日曜の 3日間に渡り、円隆寺 (広島市中区三川町) 一帯にて浴衣の着始め祭り 「とうかさん」 が執り行われます。思い起こせば 昨年の 「とうかさん」 初日 には途中から大雨に降られ、ずぶ濡れになりながら写真を撮ったことを思い出します。今年は 3日間とも良い天気で、さぞかし参拝の人出も多かったのではないかと思います。

一応、広島の三大祭りの一つに数えられる 「とうかさん」 の由来から・・

江戸時代初期、広島藩浅野家初代藩主・浅野長晟 (なが・あきら) の武運長久を祈って始まり、同寺の稲荷 (とう・か) 大明神にちなんで名がついたという。 (2010年6月4日 朝日新聞)
旧暦の端午の節句の行事だったものが、新暦の定着を反映して、昭和30年(1955) から 6月上旬におこなわれるようになった。 (被爆50周年 図説戦後広島市史 街と暮らしの50年: 広島市企画総務局公文書館発行)

そんな歴史のあるお祭り 「とうかさん」・・ 今年は実に 392年祭となるそうです。

20100604_touka02

「とうかさん」 が執り行われる三日間は、浴衣の男女が広島市内中心市街地を行き来し、どちらかと言えば殺風景な地方都市の風景に彩りを添えてくれます。そんな様子を広島の路面電車と絡めて写真を撮るのが毎年恒例となっています。

20100604_touka03

「とうかさん」 初日、会社を多少早めに切り上げて八丁堀交差点へ行ってみると、既にカメラを持った方が何人か目に付きました。遠目に見ていると、どうも路面電車と絡めた写真を撮っていらっしゃるような感じがしたので、遠慮して別の場所へ移動して撮影・・

20100604_touka05

浴衣の女性には新型の低床車よりも旧型の単車が似合うかも・・ と思ったのですが、写真の腕が今ひとつ。

20100604_touka06

20100604_touka08

胡町電停辺りで写真を撮った後、辺りが薄暗くなり始めたのところで八丁堀電停付近へ移動。

20100604_touka09

初日は金曜日で平日ということもあって、ごった返すほどの混雑はありませんでした。

20100604_touka10

(つづく) > とうかさん 392年祭(その2) -2010.06.08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »