« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010.10.31

タワークレーン鯉城号×相生号

20101026_05945

つい先日記事を書いた紙屋町再開発ビル建築現場 の様子から・・
先日は建築用のタワークレーン 「鯉城号」 が設置された現場の様子を紹介しましたが、その後、もう一基のクレーンが設置されました。冒頭の写真はビル建築現場の北側から路面電車通り (相生通り) 越しに眺めた様子。
そして、ビル建築現場の南側に回り込んで見たのが下の写真ですが・・ 新たに設置された右側のタワークレーンは 「相生号」 と名付けられていました。当然、鯉城通りと相生通りが交わる紙屋町交差点の一角だからこそ、各々の通りの名称からタワークレーンに命名されたものと思われます。こういったタワークレーンの命名は一般的に行われているものなのかどうか、ビル建築に詳しい方に是非聞いてみたいものですが・・。

20101026_05957

それにしても、これほど間近に二基の大型クレーンが並んでいる光景は壮観ですね。建築される再開発ビルへの期待感も大きく膨らむというもので、来年 10月の竣工が益々楽しみになってきます。

** 関連ページ: 三井不動産ニュースリリース・・
 > 三井不動産 「(仮称)広島紙屋町プロジェクト」着工、2011年10月竣工予定

** 過去の関連記事・・
 > 紙屋町再開発ビル建築・タワークレーン -2010.10.20
 > (仮称)広島紙屋町プロジェクト -2010.02.20
 > 紙屋町再開発ビル建築・地鎮祭 -2009.08.21
 > 紙屋町再開発ビル建築・ロックオーガー -2009.07.18
 > 紙屋町・・ 広電ビル解体 -2009.06.12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.27

空鞘稲生神社の秋季大祭

20101017_05199

実りの秋、収穫の秋・・ 秋の実りを感謝し、新穀を神様に御供えする秋祭り真っ盛りの季節です。広島市内では、この時期、ほぼ毎週土曜・日曜日にどこかの神社で秋祭りが執り行われ、そして夜は奉納神楽で太鼓や笛の音が聞こえてきます。

今年 10月17日(日) に執り行われた空鞘稲生 (そらさやいなお) 神社 (広島市中区本川町 3丁目) の秋季大祭を覗いてきました。空鞘稲生神社には、五穀の神様・食物を司る神様とされる宇迦之御魂神 (うかのみたまのかみ)・宇気母智神 (うけもちのかみ)・和久産巣日神 (わくむすびのかみ) の三柱の御祭神がまつられています。「空鞘」 の名は、社頭の松の大木に刀の鞘のみが掛っていた事によりその社名となったと伝えられているそうです。かつて神社周辺は、空鞘町と称していたようですが、昭和 40年の町名改正で本川町・十日市町とされたようです。

20101017_05247

おそらくは米俵で作られた御神輿・・ お昼前後に出発したものと思われますが、幟が立ち並び、提灯が吊られた本川町・十日市町界隈の市街地を時間をかけて練り歩きます。景気付けの音頭は伊勢音頭。「空鞘」 の文字が入った青い法被姿の男達が威勢良く御輿を担いでいきます。

20101017_05327

やっとのことで神社に戻ってきたのが午後 4時頃。途中休みを入れながらとは言え、担ぎ手の皆さんは結構きついんじゃないでしょうか・・!? 若い人じゃないと・・。

20101017_05349

境内で威勢よく御輿をもんで奉納・・ お疲れ様でした!

20101017_05361

ここ空鞘稲生神社では、16日(土)・17日(日) の両日、境内に常設されている舞殿で奉納神楽が上演されたようです。残念ながら、今年は余り時間的な余裕がなかったもので、神楽をゆっくり鑑賞することはできませんでしたが、いつか是非とも・・。ちなみに今年の神楽は、下記の通りでした。
・16日(土) 午後 6時~ 島根県浜田市 石見神楽 周布青少年保存会
・17日(日) 午後 5時~ 安芸高田市高宮町 羽佐竹神楽団、(共演) 伝統文化子供教室 「少年少女神楽団ヒロシマ」

蛇足となりますが、空鞘稲生神社の境内で面白いものを発見・・ これはお守りの自動販売機でしょうか。最近はこんなのがあるんですね・・。

20101017_05372

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.20

紙屋町再開発ビル建築・タワークレーン

20101017_05285

紙屋町交差点の一角、紙屋町再開発ビル建築現場の様子です。外から眺めている分には、長いこと変化が感じられなかった建築現場ですが、ここに来て赤色の大型クレーンが設置されているのを確認しました。おそらく、一般にタワークレーン (若しくはクライミングクレーン) と呼ばれるクレーンで、高層ビルを建築する際に、常にビルの一番高いところにいて、せっせと働いて頼りになる奴です。と言うことは、もう間もなく上へ向かってビルが伸びていくものと思われます。

タワークレーンが稼働している建築中のビルを見る度、どうやってクレーンを持ち上げて (登って) いって、最後はどうやって撤去しているんだろうかと不思議に思っていたのですが、それを懇切丁寧に解説してくれているページを発見しましたので、ここでリンクさせていただきます。
 > JCA/クライミングクレーンの知識 【社団法人 日本クレーン協会】

再開発ビル建築現場のすぐ近くまで行ってみるとこんな感じ・・

20101017_05293

間近で見ると、巨大なクレーンは力強さを感じさせてくれます。

20101017_05297

上の写真をトリミング/拡大してみると分かり易いのですが・・ タワークレーンは 「鯉城号」 と命名されているようです。クレーンに名前が付けられているとは知らなかった。

20101017_05297_2

広島電鉄・路面電車の紙屋町西電停から・・

20101017_05304

紙屋町再開発ビルは平成23年10月竣工予定となっていますので、あと丸一年で完成ということになります。現在、そごう広島店では南面の外壁改修工事をやっている最中で、更にデオデオ本店がツインビルになることが発表されました。こうなってくると、数年後の紙屋町界隈の賑わいが非常に楽しみになってきます。

** 追記: 掲載した写真は全て 10月17日(日) 時点の様子。後で確認したところ、現場に設置されている作業工程表には 「地下躯体工事」・「タワークレーン組立工事」・「防護構台組立工事 (夜間工事)」 と表示されていました。

** 関連ページ: 三井不動産ニュースリリース・・
 > 三井不動産 「(仮称)広島紙屋町プロジェクト」着工、2011年10月竣工予定

** 過去の関連記事・・
 > (仮称)広島紙屋町プロジェクト -2010.02.20
 > 紙屋町再開発ビル建築・地鎮祭 -2009.08.21
 > 紙屋町再開発ビル建築・ロックオーガー -2009.07.18
 > 紙屋町・・ 広電ビル解体 -2009.06.12

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.10.17

広島県北はリンゴの季節

20101011_04615

つい一週間前、県北の田舎へ帰省してきた際の話題から・・
「広島の青森」 という呼び方が適当かどうかは分かりませんけど、広島県北・庄原市内ではリンゴの収穫で忙しい時期を迎えつつあるようです。天気の良い土曜・日曜にもなると、観光リンゴ園を訪れるお客さんも増えてきている様子です。今年は猛暑の影響か、余りリンゴの出来映えがよろしくないような話も聞きましたが、どんな具合でしょうか!??
「王林(おうりん)」、「ゴールデン」、「シナノスイート」、「ジョナゴールド」、「世界一」、「つがる」・・ 一時期に収穫が集中しないようにとの配慮もあると思うのですが、結構色々な品種のリンゴが作られているようです。でも、やはり一番人気は蜜が入って美味しくなる 「ふじ」 でしょうか。ちなみに、「ふじ」 の収穫時期は、他の品種と比較すると遅めで 11月に入ってから。「ふじ」 の出荷量がピークになるのは 11月中旬から後半にかけての時期だと思います。観光リンゴ園へ出掛けるのも、この 「ふじ」 の収穫時期に合わせるのがお奨めかもしれません!?

余談・・ 私の実家の黒猫ちゃん。私が帰省しても、決して近付いて来ることも、愛想もしてくれません(^^;)。耳をピーンと立てて警戒している様子。今回はワンコは連れて帰らなかったのに・・。

20101010_04585

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.08

MARUZEN&ジュンク堂書店・広島店 10.9 OPEN

20101006_03871

いよいよ明日 10月9日(土)、天満屋 広島八丁堀店の 7・8階に MARUZEN&ジュンク堂書店・広島店が新装オープンします。丸善とジュンク堂のコラボレーション店舗としては、9月にオープンした渋谷店に続く第 2弾で、広島最大の大型書店となるそうです。
個人的には、職場から比較的近い場所に大型書店がオープン、しかもそれが広島最大となると非常に楽しみであり、期待も膨らむというものです。これまで、ちょっとした専門書などを探す際に利用していた広島そごう 6F・紀伊国屋書店や福屋広島駅前店 10F・ジュンク堂からは足が遠のきそうな予感です。

ジュンク堂の Webサイトに広島店の店舗情報ページが新設されているのですが、現時点でほとんど更新されていない中、所在地と営業時間だけが掲載されています。それによると、営業時間は 10~22時だそうで・・ 夜遅くまでやってくれるのは非常に嬉しいのですが、本当にこの営業時間で長続きするのかどうかと半信半疑ではありますが・・。
 > MARUZEN&ジュンク堂書店 広島店 店舗情報

最後に昨晩撮った夜景の写真をもう一枚・・ 八丁堀電停に停車している路面電車は、10月14日 「鉄道の日」 に因んでヘッドマークを付けて運転されているテッピー号の広電 3002号。

20101007_04181

** おまけ情報: 本に関する話題をもう一つ。つい先日、古本屋で買い物をした際に貰ったチラシから・・
・古書即売会 「きんさい! 安芸の古本まつり」
・日 時: 10月6日 (水)~11日 (祝) 各日 10時~20時半
・場 所: 広島 PARCO 新館 7F (広島市中区新天地2-1)
・参加店: アカデミイ書店 (広島市中区)、岩書房 (広島市安佐南区)、神鳥書店 (安芸郡熊野町)、景雲堂書店 (広島市中区)、芸備書房 (広島市安佐北区)、古書あやかしや (広島市西区)、スマイルブックス (北広島町)
この連休、八丁堀・新天地界隈にて 「本」 三昧で過ごすのも良いかもしれません!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.03

JR芸備線沿線の彼岸花

つい 1週間前に太田川河川敷の彼岸花の開花状況を見てきた のですが、昨日は JR芸備線沿線の彼岸花の様子が気になったのもので、少しだけ北上して様子を見てきました。JR芸備線沿いに北上しながら、白木山付近まで行ってきた印象では、そろそろ彼岸花のピークというか、見頃を迎えつつあるように感じました。以下、撮影順にご紹介・・

玖村~下深川間>> ステンレスボディのキハ 120と言えば、以前から芸備線で単行運転されているところをよく目にしていましたが、最近は 2両編成で運転されているようです。実を言いますと、2両編成のキハ 120を写真撮りするのは、今回が初めてだったりします。

20101002_03487

中深川~上深川間>> キハ 40系と彼岸花。この辺りは、彼岸花密度も高くて絵になりそうだということで、かなり粘って色々なアングルで撮影してみました。彼岸花の赤、実った稲の黄色、草の緑の対比も面白い。

20101002_03503

20101002_03533

20101002_03517

中深川~上深川間>> ちょうど稲刈りが済んで、稲の束をハデに干す作業をされていたところ。一声かけて写真を撮らせていただきましたが、キハ 47とのタイミングが上手く合わない。ま、これは仕方がないですね。せめて彼岸花がもう少し濃いと良かったのですが・・。

20101002_03558

20101002_03573

白木山~中三田間>> 気動車がやってくるのを暫く待って撮影。この辺りは、局所的に彼岸花が未だ開花していない箇所も目に付きました。開花した箇所と何がどう違うのでしょうか!? 時間の都合で、ここから更に北上するのは止めにして南下・・。

20101002_03595

20101002_03598

中深川~上深川間>> 帰り道、線路沿いに彼岸花が群生している箇所を発見したので気動車が来るのを待って撮影。運良く (??) タラコ色のキハ 47が来てくれました。こうして見ると、彼岸花とほとんど同じ色!!

20101002_03625

広島県内には、彼岸花の群生地として比較的有名な撮影地もあるようですが、私的にはこうした身近な場所で地域の様子を絡めて写真撮りする方が何倍も面白いと感じているところです。また時間が取れれば北上してみたいと思っています。今度の連休あたり、もう一度・・!??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.02

広電・路面電車ネタ 3題

20100919_02448

間が空いた話題ばかりで恐縮ですが、広電・路面電車プチネタをまとめてご紹介・・

まず最初の話題は、今年 7月にパルティ・フジ坂 (広島県安芸郡坂町) へ運ばれていった旧広電 2002+2003号 のその後の様子です。日中は車内を開放されていて、自由に乗り込むことができるようになっています。中はご覧の通りで、つり革が撤去された状態。これは車両の静態保存というよりは、転用と言った方が正確だと思いますが、まぁ無惨に解体されるよりかは遙かにマシですね。

20100919_02442

20100919_02437

実を言いますと、今回は電飾点灯された 2002+2003号の写真を撮りたい思いで一っ走りしてきた訳ですが・・ 夕方、電車の戸締まりに来られた警備の方に聞いてみたところ、夜間の電飾点灯は 9月15日までで既に終了したとのことでガックリです。もう 1週間早く来ていたら間に合ったのにと後悔。でも、おそらくクリスマスの頃にまた点灯するだろうという情報をいただきましたので、まぁ次回のお楽しみということにしておきます。

20100919_02450


二つ目の話題は、今年 8月始めに登場したサンフレッチェ電車 809号。おそらく 9月に入ってから、かなり控えめな感じではありますが、前後に SANFRECCE のロゴ入りヘッドマークが貼り付けられました。広電の公式サイトに掲載された新着情報によると、サンフレッチェ電車の利用者を対象としてサンフレッチェグッズ等のプレゼントキャンペーンが実施されるとのことでしたので、その関係で少しでも目立つようにと意図されたものかもしれません!?
プレゼントキャンペーンについての詳細はこちらでどうぞ・・
> 広電 最新情報: 「サンフレッチェ電車に乗って、サンフレ観戦チケットやグッズを当てよう!」 キャンペーンの実施について

20100928_02209

20100924_02834


三つ目の話題は、平成 22年秋の全国交通安全運動ふれあいキャンペーンの広報花電車。毎年恒例の広電 貨51号に交通安全スローガンが掲げられての運行となりました。今年のスローガンは 「手を上げる 可愛い笑顔に 待つ笑顔」・・ 何となく情景が目に浮かんでくる可愛らしいスローガンです。
広島市の Webサイトに掲載されていた報道資料によると、交通安全広報花電車の運行は昭和 60年から開始しており、なんと今年で 26年目となるそうです。そこまで歴史があるとは知りませんでした。
> 広島市/平成22年秋の全国交通安全運動ふれあいキャンペーンの実施について

20100928_03237

** 過去の関連記事・・
 > 広電2002+2003号@パルティ・フジ坂 -2010.07.31
 > 2010サンフレッチェ電車 809号 -2010.08.13
 > 2009 秋の全国交通安全運動 -2009.09.29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »