« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010.12.31

年の瀬の撮り納め!?

20101230_09466

昨日30日、所用を兼ねて広島市内中心部まで出掛け、ついでに年の瀬の市内の様子をウォッチしてきました。
まずは広電西広島(己斐) 付近、歩道脇の注連飾りの露店の様子から・・ 時々注連飾りを買い求める人が立ち寄る露店のすぐ脇を 「むさし年越そば」 の広告幕を付けた路面電車が通り過ぎていきます。年の瀬を感じさせてくれる広島市内の光景の一つです。

20101230_09380

20101230_09389

広電西広島(己斐)・・ 年末年始の運行案内が掲示されているすぐ隣、宮島・厳島神社の大鳥居をデザインした初詣の案内が貼り付けられていました。瀬戸内観光促進を目的とした JR西日本のキャンペーン DISCOVER WEST の観光ポスターだと思われます。

20101230_09432

20101230_09445

その後、急に思い立って広島駅方面へ移動することに・・ 途中、紙屋町交差点で建設が進んでいる紙屋町再開発ビルの様子を車内から撮影。二基のタワークレーン 「鯉城号」 と 「相生号」 がせっせと働いて、現在 6~7階あたりまで上へ伸びているようです。ここを通る度、ビル建設が目に見えて進捗しているので、来年10月の竣工(予定) がますます楽しみになってきます。

20101230_09488

年の瀬の活気ある様子を期待して立ち寄ったのが広島駅のすぐ傍の愛友市場・・ 一応、路面電車の位置を意識しながらシャッターを切ってみましたが、小さ過ぎてほとんど見えないですね(^^;)。

20101230_09513

20101230_09509

年の瀬のピークは過ぎたのか、たまたまそういう時間帯だったのか、そこそこの買い物客で賑わっていました。

20101230_09506

裸電球を吊り下げた露店では注連飾りが販売されていました。

20101230_09515

所狭しと食材が並べられた昔ながらの光景は、何とも良い雰囲気でお気に入りです。乾魚の店・喜多屋さんで、酒のつまみになりそうな 「ふぐ味醂干」 を買い求めて帰宅の途につきました。

20101230_09517

20101230_09523

さてさて、今年一年間、この雑記帳ブログと本家 Webサイトに多くのアクセスをいただき、誠にありがとうございましたm(_ _)m。来年もボチボチと更新していきたいと思っていますので、何とぞ宜しくお願い致します。
それでは、皆様、良いお年をお迎え下さいませ (^o^)/。

** 過去の年の瀬の記事・・
 > 大晦日 -2009.12.31
 > 2007 広島の大晦日 -2007.12.31
 > 2006大晦日 -2006.12.31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.25

2010 Merry Christmas!!

20101224_09097

このブログ雑記帳を覗いて下さっている皆様へ・・

presentxmasbirthdaywine メリークリスマス!! winebirthdayxmaspresent

寒気のせいで冷え込んできた広島市内では、クリスマスの 25日朝から雪がチラチラしてホワイトクリスマスとなりました。ただ、ほんの僅かに雪が舞った程度で、とても積もるほどではありません。どうせ降るなら、一面雪景色になるくらいの雪を期待しているのですが、なかなかそうもいきません。

クリスマスに因んで、今年 2010年の広電・クリスマス電車運行最終日 24日の写真から・・ 例年通り、広電西広島・横川駅・広島駅にて、クリスマス電車に乗車していたサンタさんから子供達へお菓子のプレゼントが配られました。この日の運行経路と時刻は昨年同様、広電西広島 (17:55~18:10) -> 横川駅 (18:30~18:45) -> 広島駅 (19:15~19:30) -> 千田車庫(20:00着) の順となっていました。
私はいつもより早めに会社を退けて横川駅から参戦。横川駅のホームには、クリスマスプレゼントを目当てにした親子連れやカメラを持った路面電車ファンがクリスマス電車の到着を待ち構えていましたが、昨年よりやや人出が少なかったように感じました。しばらくすると、サンタさんが乗り込んだクリスマス電車は、予定より 2~3分遅れで横川駅へ到着・・

20101224_09032

20101224_09051

クリスマス電車が到着するや、すぐにサンタさんが子供達にプレゼントを手渡したり、一緒に記念撮影をしたりと賑やかで和やかな一時を過ごしました。

20101224_09064

20101224_09073

20101224_09089

サンタさんにお願いして、クリスマス電車車内の写真を撮らせていただきました。車内の飾り付けもなかなか賑やか・・

20101224_09100

そろそろ次の広島駅へ向けて出発の準備・・ 親子連れに見送られながら、予定より約 10分遅れで横川駅を発車していきました。

20101224_09125

20101224_09154

その後、JRを利用して広島駅へ先回り。やはり予定より約 10分遅れで広島駅へ到着。広島駅でも子供達にお菓子のプレゼントが配布されましたが、やはり親子連れが少なかったような気がします・・

20101224_09202

今年も 1週間に渡って広島市内中心市街地のクリスマス気分を大いに盛り上げてくれた広電のサンタさんとトナカイ君に感謝です。そしてお疲れ様でした。来年もよろしくお願いします!!

** 過去の 『Merry Christmas!!』 の記事はこちら・・
 > 2009 Merry Christmas!! -2009.12.25
 > 2008 Merry Christmas!! -2008.12.25
 > 2007 Merry Christmas!! -2007.12.25
 > 2006 Merry Christmas!! -2006.12.25
 > Merry Christmas!! -2005.12.25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.23

パルティ・フジ坂のイルミネーション電車

20101218_08516

今年 10月に書いた記事で予告しておいたのですが・・ クリスマス前後には電飾が点灯される予定だという情報を得ていたもので、パルティ・フジ坂 (広島県安芸郡坂町) へ運ばれていった旧広電 2002+2003号を見学に行ってきました。
今回は夜間の電飾点灯の様子を写真撮りするのが一番の目的だったので三脚持参の完全装備で臨み、多少時間的な余裕もあったので、三本のズームレンズを駆使して色々と撮りまくってみました。気が付けば、あっという間に小一時間も路面電車の回りを行ったり来たりしていました(^^;)。

まずは望遠系ズームレンズで遠目から・・

20101218_08446

続いて標準系ズームレンズで近付いて・・

20101218_08506

20101218_08403

そして、広角系ズームレンズで更に寄って・・

20101218_08500

20101218_08492

何だかカメラレンズの焦点距離の違いによる作例のようになってしまいました(笑)。レンズが変わると路面電車の印象もガラリと変わって面白いと思うのですが如何でしょうか!? 掲載した写真では分かりませんが、路面電車の架線に見たてた光のラインと上部側面のラインは流れるような点滅がなされていて、動きもあります。
取り敢えず、旧広電 2002+2003号がこちらへ移動された当時に撮り逃した電飾キラキラの様子を写真撮影することができて満足しました。ただ、今回撮影した写真をご覧になっていただくと分かるのですが、電飾が点灯していない箇所が何ヶ所もあり、歯抜けの状態になっていたのが非常に残念でした。次回の点灯時には是非ともメンテナンスをお願いしたいところです。

** 過去の関連記事・・
 > 広電・路面電車ネタ 3題 -2010.10.02
 > 広電2002+2003号@パルティ・フジ坂 -2010.07.31
 > 「ヨットが浮かぶ青い海+白い雲が浮かぶ青い空」塗装の2002+2003号 -2010.07.27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.21

イルミネーション遊覧船 「バールン号」

20101217_08235

先日 17日(金)、原爆ドーム前電停付近で 広電・クリスマス電車の写真撮影 をした後、相生橋へ・・ 幸運にもイルミネーション遊覧船 「バールン号」 が運航されているのを発見しました。冒頭の写真は、元安川を下って、ちょうど元安橋をくぐろうとしているところ。暗すぎて厳しい条件でしたが、かろうじて撮影することができました。

このイルミネーション遊覧船は、ライトアップ事業 「ひろしまドリミネーション2010」 の開催に合わせた企画で、11月12日(金)~平成23年1月21日(金)の毎週金・土・日曜日・祝日 (但し 12月31日、1月1日、2日を除く) の夕方 (17:30~19:00 まで 30分間隔) に運航されています。ライトアップされた異国情緒漂う河川遊覧船に揺られながら、川面から元安川沿いのイルミネーションを眺めるのもなかなかお洒落な感じです。詳細については、(株)アクアネット広島さんの Webサイトに掲載されていますので、そちらでどうぞ・・
 > 世界遺産を結ぶ海上アクセス - 広島・宮島観光/アクアネット広島

20101217_08252

実を言うと、イルミネーション遊覧船 「バールン号」 によるリバーナイトクルーズのことを知ってから、会社帰りに何度か立ち寄ってはいたのですが・・ 最初に立ち寄った際には 「風が強い為、運休」、二度目は 「低潮位の為、運休」、そして今回、三度目の正直で実際に運航しているシーンを初めて見ることができました。
Webサイトの案内でも表示されていることなのですが、潮位の関係や荒天などで運航できない場合もあるようですので、乗船を希望される方はご注意下さい。場合によっては、念のため事前に確認をしてから元安橋そばの 「川の遊覧船乗り場」 へ出向いた方が良いかもしれません!?

20101217_08262

** 過去の関連記事・・
 > ひろしま河川遊覧船の新顔 「バールン号」 -2010.09.05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.18

広島電鉄・クリスマス電車2010

20101217_08188

12月も半ばに差しかかり、冷え込みも一段と厳しくなってきた広島市内中心市街地では 17日、恒例の広島電鉄・クリスマス電車の運行がスタートしました。実に 20年目を迎えるクリスマス電車となる訳ですが、今年の運行期間は 12月17日~24日の 8日間で、昨年よりも 1日ほど運行日が増えているようです。今年は、例年の親子ペアが乗車しての運行に加えて、一般の貸切運行も企画されています。

クリスマス電車の運行初日、まずは横川駅から広島駅へ向かうところ、原爆ドーム前電停付近で待ち構えることにしました。広島電鉄の公式サイト で告知されていた時刻からすると、約 15分遅れで相生橋を渡って原爆ドーム前電停に到着しました。クリスマス電車は、例年通り MERRY CHRISTMAS の幕を出して LEDの電飾が施された独製の 「ハノーバー電車」 こと広電 238号です。運転士は、これまた例年通りのトナカイさん(^o^)。

20101217_08203

電車内を覗いてみると・・ サンタクロースの赤い衣装を着けた子供さんの笑顔が印象的で、とても楽しげな雰囲気が伝わってきました。ちなみに、今年は親子ペアの応募が 606通もあったそうで、当選倍率は実に 10倍以上ということになります。

20101217_08202

信号が変わり、原爆ドーム前電停から紙屋町方面へ向かって出発するクリスマス電車・・ 特に意識して撮ったつもりはないのですが、左奥に見えているのは、背の高いフェンスに囲まれて既に解体工事に入っている旧広島市民球場。

20101217_08209

原爆ドーム前でクリスマス電車を見送った後、元安川にてイルミネーションで装飾された河川遊覧船バールン号 (別記事にて紹介予定) を撮影。それから時間を見計らって、ライトアップ事業 「ひろしまドリミネーション2010」 のメーン会場である平和大通り、白神社前交差点へと移動しました。小雨がパラつく中、クリスマス電車が千田車庫へ引き揚げてくるのを待っていたところ、当初の予定より約 25分程度遅れてやってきました。

20101217_08307

ちょうど良いタイミングで白神社前交差点にて信号待ち停車・・

20101217_08316

白神社前交差点を通過するところ、「ひろしまドリミネーション2010」 のイルミネーションを背景にして撮影するも、余り位置がよろしくない(^^;)。

20101217_08329

うまく時間が取れれば、また来週、会社を少し早めに退けて撮影にトライしようと思っています。会社の仕事がスムースに片付いてくれれば良いのですが・・。

20101220_08537

** 過去のクリスマス電車の写真掲載記事・・
 > 2009 Merry Christmas!! -2009.12.25
 > 広電・クリスマス電車2009 -2009.12.18
 > 2008 Merry Christmas!! -2008.12.25
 > 2008 広電・クリスマス電車 -2008.12.21
 > 2007 Merry Christmas!! -2007.12.25
 > 2007 広電・クリスマス電車 -2007.12.20
 > 2006 Merry Christmas!! -2006.12.25
 > 広電・クリスマス電車登場!! -2006.12.20

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.12.14

2010ドリーム白馬車

20101117_06524

ライトアップ事業 「ひろしまドリミネーション2010」 のメーン会場である平和大通り界隈は、連日たくさんの見物客で賑わっている様子です。その賑わいの中、今年 3年目となる 『2010ドリーム白馬車』 もお目見えして、大いに見物客の目を引いています。

今年の 『2010ドリーム白馬車』 運行日は、11月14日(日)~年明け 1月2日(日)の毎週日曜・水曜日 【但し、11月21日(日)を除く】 です。昨年は 12月に入ってからの運行スタートで 10日間であったのに対して、今年は 11月スタートで計 14日間の運行となっています。昨年よりも日数が増えているところをみると、よっぽど好評なんだろうと想像しています。

20101117_06548

『2010ドリーム白馬車』 の詳細情報や予約申し込み等に関しては、企画・運営されている馬車派遣業 Hippo mobile (イポモビル) さんのブログにてご確認下さい・・
 > 2010 ドリーム白馬車 - Hippo mobile(イポモビル) - Yahoo!ブログ
ブログには予約状況 (空席情報) も掲載されているので参考になりそうです。現時点で、まだ多少の空席があるようですので、『2010ドリーム白馬車』 への乗車を希望される方は急いで予約するべし・・
 > ドリーム白馬車★空席情報★ - Hippo mobile(イポモビル) - Yahoo!ブログ

20101117_06576

20101117_06606

おそらく 12月に入ってからだと思いますが、サンタクロースの赤い衣装でお供されているようです・・

20101208_07788

** 過去の関連記事・・
 > ひろしまドリミネーション2010 -2010.11.16
 > 平成22年広島市成人祭 -2010.01.12 ・・こんなところで白馬車発見!!
 > 2009 ドリーム白馬車 -2009.12.03
 > ドリミネーションの中を疾走するループバス -2009.12.01
 > ひろしまドリミネーション2009 -2009.11.07
 > 2008 ドリーム白馬車 -2008.12.27

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.12.09

ひばごんバス運行中 (^o^)v

20101205_07711

広島県庄原市西城支所で開催されている 「ヒバゴン展」、そしてショッピングセンター 「ウィル西城」 でのヒバゴングッズ販売コーナーを覗いた後は、軽食をとりながら、しばし休息。。。
せっか広島市内からはるばるやってきたのでこのまま帰るのは勿体ないということで、西城交通(有) の大佐車庫へ立ち寄ってみることにしました。お目当ては、勿論 「ひばごんバス」 です。この 「ひばごんバス」 は、やはり 「2010ヒバゴン出没 40周年プロジェクト」 の一環として企画されたものらしく、今年 3月から運行開始、そして 4月には御披露目試乗会も開催されたようです。

この日は休日でもあるし、遠目に 「ひばごんバス」 を眺めることができれば御の字と思いつつ大佐車庫へ立ち寄ってみたところ、ちょうどバスの清掃作業をされているところで、お願いして 「ひばごんバス」 の写真撮影をさせていただくことができました(^o^)v。

20101205_07706

緑地に可愛らしいヒバゴン親子のラッピングが施された 「ひばごんバス」 は日野リエッセで 2台導入、油木線と道後山線で運行されています。交通バリアフリー法に基づいたステップリフトを備えた小型バスで、車椅子での利用も可能ということです。

そしてもう一つは馬酔線で運行されている小型の 「ひばごんバス」・・ こちらはトヨタ・ハイエース。同じくヒバゴン親子のラッピングが施されています。

20101205_07716

こういった可愛らしくてユニークなバスを見ると、ついつい乗ってみたくなりますね。何となく、笑顔で乗車しているバス利用者が目に浮かんでくるような気がします。
高齢者や障害のある人へも配慮された 「ひばごんバス」 の運行を通して、バスについての理解を深め、みんなで地域の生活交通を守っていこうという姿勢には本当に頭が下がるばかりです。ラッピングされたヒバゴン親子には是非とも頑張っていただきたいと思います。
最後に・・ 作業中にもかかわらず、写真撮影のためにお相手してくださった西城交通(有) さんに感謝申し上げますm(_ _)m。どうもありがとうございました。
 > 西城交通有限会社HOME

** 過去の 『ヒバゴン』 関連記事・・
 > 「類人猿係」復活!? ヒバゴン展開幕 -2010.12.07
 > 今・・ 何故かヒバゴン!?? - 2005.01.12
 > 『謎の怪獣ヒバゴンは…』 アクセス100,000カウント突破! -2004.11.17
 > ヒバゴン郷 どえりゃあ祭! -2004.08.20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.07

「類人猿係」復活!? ヒバゴン展開幕

20101205_07688

かつての広島県比婆郡・西城町役場・・ 現在の広島県庄原市西城支所の一角にて、ヒバゴン出没騒動から 40周年を記念した 「ヒバゴン展」 が 5日から開幕するらしいということで、大の 「ヒバゴン」 ファンとしては外す訳にはいかないという思いで一っ走り展示の様子を覗いてきました。(※一っ走りと言っても、広島市内からだと片道 2時間以上かかります。)
ヒバゴンは、昭和 40年代後半、かつての広島県比婆郡西城町を中心にして出没した、何やら大猿かゴリラに似た謎の UMA(未確認生物) で、当時日本中を話題の渦に巻き込んだ存在です。詳しいことは、私が作成した Webサイトをご覧いただけますと幸いです・・
 > 謎の怪獣ヒバゴンはどこへ行ったのか?
当時のヒバゴン騒動のさなか、情報収集やマスコミ対応などに備えて西城町役場内には、かつて例を見ない類人猿係が設置されたそうです。その類人猿係に見立てた 「ヒバゴン展」・・ 入口には 「類人猿係」 のプレートがかかり、足元にはヒバゴンの原寸大の足跡・・

20101205_07651

展示内容は・・ ヒバゴンに関する歴史年表、当時の貴重な資料・写真や新聞の切り抜き、ヒバゴン関連グッズなどなど・・ ヒバゴンファンにはたまらない内容がぎっしり詰め込まれています。

20101205_07685

更には、ヒバゴン出没騒動をモデルにして制作・公開された映画 「ヒナゴン」 に関する資料や小道具、そしてヒバゴンの着ぐるみ・・

20101205_07680

ヒバゴンの着ぐるみは、左から・・
・1989年 海島博出場/二代目ヒバゴン (西城町観光協会作成) ←これ欲しい!!
・2001年 西城ふるさと祭/三代目ヒバゴン (西城町有志作成) ←ユルすぎ!?
・2004年 映画ヒナゴン/ヒナゴン (撮影終了後寄贈) ←ゴリラそのまんま!?
・2010年 萩博物館特別展/ヒバゴン (萩博物館寄贈) ←顔が怖すぎ!!

20101205_07665

この日、すぐ近くのショッピングセンター 「ウィル西城」 では 「第34回 歳末たすけあい芸能大会」 が開催されていまして、そこでヒバゴングッズの販売コーナーが設けられていました。せっかくここまで来たので、ヒバゴン出没 40周年を記念して発行された切手、レターセット、バッグ、手拭いなどを購入してきました。

20101207_07768

『2010ヒバゴン出没 40周年プロジェクト』 と称して、ヒバゴンを題材にした様々な企画が進められている訳ですが、今回の 「ヒバゴンフェア/ヒバゴン展」 もその企画の一つのようです。主催は西城円卓会議なるグループということですが、どういったグループなのかは全く不明です。たぶん、地元の若い有志の方々の集まりなんだろうと想像しますが・・。
やや残念に思ったのは、今回の 「ヒバゴン展」 などの企画に関して、余り外に向けて告知/情報発信されていないことです。私は 「ヒバゴン展」 の開催を Twitter で知り、中国新聞の記事で大まかな内容を確認しました。その後、ネットで詳細情報を探そうとしたのですが、残念ながら関連情報が全く見つからず、開催期間や公開時間さえも分からないまま出掛けることとなりました。せっかくこれだけの展示をされているんですから、もっともっと多くの人に見て貰うためにも、しっかりとした宣伝・告知をしてほしいなぁ と思ったのですが、如何でしょうか!?

現地で 「ヒバゴンフェア/ヒバゴン展」 に関する情報を入手しましたので、ここで紹介させていただきます。興味がある方は是非とも足を運んでいただきたいものです。
『ヒバゴン展』
○趣旨: 出没から 40年のヒバゴンの進化を西城町の歩みとともに振り返り将来を展望する。
○期間: 12月 5日(日)~12月22日(水) ※休日公開は 5日のみ
○公開時間: 8:30~17:30 (開庁時間)
○場所: 庄原市西城支所オープンスペース

** 書籍のご紹介・・ かつて西城町役場 「類人猿係」 に在籍されていた見越敏宏氏が書かれた書籍です。当時のヒバゴン目撃・遭遇情報に加え、この騒動で知られることのなかったユニークなエピソードなどの記述もあります。ヒバゴンファン必読の書。

私が愛したヒバゴンよ永遠に 謎の怪物騒動から40年

中古価格 ¥3,588から (2015/2/1 10:27時点)


** 過去の 『ヒバゴン』 関連記事・・
 > 映画 『ヒナゴン』 -2005.06.16
 > 映画「ヒナゴン」先行上映! -2005.03.06
 > 今・・ 何故かヒバゴン!?? - 2005.01.12
 > 『謎の怪獣ヒバゴンは…』 アクセス100,000カウント突破! -2004.11.17
 > ヒバゴン郷 どえりゃあ祭! -2004.08.20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »