« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011.05.29

広電沿線のバラの花

20110517_07494

5月中旬に撮影して、つい出しそびれていた写真がありましたのでアップしておきます。
広電・路面電車の沿線、本川町電停付近の歩道脇に植えられている薔薇(バラ)の花と路面電車を絡めてみました。こんな場面では路面電車にピントを合わせるか、薔薇の花にピントを合わせるか・・ くらいしか思いつかず、ありきたりの写真ではありますが・・。
季節外れの台風2号の影響で、今頃は花弁が散ってしまっているかもしれません!?? 台風が通り過ぎた今でも、広島市内では時たま強い風がビュービュー吹いていますから。

それはそうと、以前にも同じ場所で薔薇の花と路面電車を絡めて撮影し、このブログ雑記帳に掲載した記憶がありましたので探してみたところ、すぐに見つかりました。3年前、「2008 ひろしまフラワーフェスティバル」 の期間中に同じ場所で撮影していました。それがこちらのページの最後の写真・・
 > 2008ひろしまFF・横川編 -2008.05.06

3年前の写真を振り返ると、薔薇の木の背丈は低く一輪ポツン花をつけているだけでした。それが、こんなにも立派に成長しているとは・・。ご近所の方がマメに手入れをされている証拠なのでしょう。綺麗な薔薇の花を育てて、目を楽しませてくれたご近所の方に感謝です。

20110517_07503

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.05.28

がんばろう日本!

20110526_08316

おそらく東日本大震災以降だと思いますが、広電・路面電車の旧京都市電 1902号に 『がんばろう日本!』 の広告看板が提示されています。撮影した写真を拡大して見ると、「矢野町建設協議会」 の文字と関連会社と思われる 16の社名が入っています。こういった広告を目にすると、何となく元気を分けて貰ったような感覚になりますから不思議なものです。

さて、東日本大震災の直後から経済への影響が懸念されていた訳ですが・・ 実際、東北・北関東方面で製造されていた部品調達ができず、国内自動車メーカの生産が激減しているなどといった報道もありました。自動車には直接の関係こそありませんが、実は私の会社でも一部の部品調達が心配の種になっているところです。
ただ、今日の新聞を見ると 「部品不足は徐々に解消に向かいつつある」 とか、「激減している自動車の国内生産が、夏に向けて回復しつつある」 といった内容の記事が掲載されていて、少しずつ良い兆しも見え始めているようで何よりです。このまま一気に経済回復、そして被災地域の復旧・復興へと繋がって欲しいと期待しているところです。

経済回復の兆しはさておき、東京電力・福島第一原子力発電所の事故の話題に関して・・ 連日 TV・新聞報道で目にしない日は無いくらいです。しかも事故処理が膠着状態で、余り進捗が感じられない (実際は少しずつ進捗しているんでしょうけど)。
私自身、技術屋であり、かつて放射線取扱主任者の資格取得などした経験からすると、どちらかと言えば原発肯定派的な考え方を持っているのですが、これまでの経緯を見ていますと、東電も政府も官僚も自治体もダメダメですね。情報の隠蔽・捏造、政府の危機管理体制の甘さ、縦割り行政などなど... とにかく悪が凝集されているといった感じ。何故に誠実な対処ができないのか!?? 事故後に放射線被曝の規制値、そして水や野菜の規制値を緩めたりするなど、常識的に考えても理解不能です。何故こんなことになってしまうのか・・。自戒を込めて言うなら、そういうのをのさばらせてきた我々国民もダメなんだろうと思います。
こんなことをいつまでも続けていたら、多くの人は 『がんばろう日本!』 なんて気にはならないと思うのです。せめて、日本に生まれて不幸だったと思われないような対処や政策を強く求めたいと思う今日この頃・・。

20110526_08319

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.21

2011絵画電車「ろでん号」は5106号

20110520_07881

会社帰り、電車通り沿いに移動していたところ、広電・5100形グリーンムーバー・マックス(Greenmover max) の前後に何やら円形のヘッドマークが貼り付けられているのを発見。どうやら今年の絵画電車「ろでん号」のようです。
広島電鉄の公式サイトを覗いてみたところ、最新情報のページに絵画電車「ろでん号」の運行に関する情報がありましたので引用・・・

第15回路面電車まつり(平成22年6月6日開催)で実施した「写生大会」の最優秀作品、 優秀作品を含む入賞作品を車内に展示した「ろでん号」が 第16回路面電車まつりの開催に合わせて、期間限定で運行します。車両前部には、「路面電車の日」のシンボルキャラクター「ろでん君」のヘッドマークを取り付け運行します。

昨年の絵画電車「ろでん号」、そして「鉄道の日」に因んで毎年10月に運行されていた絵画電車テッピー号はいずれも広電3000形が使用されていましたので、今年の5100形グリーンムーバー・マックスは初の絵画電車への起用ということになりそうです。ちなみに車番は5106号・・ 「路面電車の日」が 6月10日(6・10 = ろ・でん)に設定されていることから類推すると、5106号 → 5・10・6と区切って後ろから読んでやるとまさに 「ろでん号」。もしかしたら「路電ゴー!!」 かもしれません!?? さすがに広電公式サイトでそんな語呂合わせの解説まではされていませんけど、多分そんなところでしょう!!

20110519_07757

絵画電車「ろでん号」 は 5月17日~6月3日の期間、主に市内 1号線 (広島駅~紙屋町東~広島港)にて運行されますので、乗車する機会があれば是非とも子供達が描いた路面電車の絵画を鑑賞してみたいものです。

20110520_07891

** 過去の 『絵画電車』 関連記事・・
 > 絵画電車ろでん号 -2010.05.22
 > 2008鉄道の日・絵画電車テッピー号 -2008.10.16
 > 2007絵画電車・テッピー号 -2007.10.07
 > 絵画電車テッピー号 -2006.10.07
 > 今日は「鉄道の日」 -2005.10.14

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2011.05.15

黄砂の影響

20110513_07227

このところ雑記帳ブログのリアルタイムな更新がすっかりできなくなってしまいました。色々な用事が重なったこともあり、疲労気味というか、ブログを書く気力がさっぱり湧いてこないというか・・(^^;) それもこれも歳のせいなのか・・!?? そんな状況ですので、ボチボチいきたいと思います。

さて、このところ春から夏へ向けて徐々に日が長くなってきました。この時期、時々刻々と光線状況が変わる日没前後に良い絵が撮れそうな予感がするもので、会社帰りの僅かな時間を見つけては、電車通り(相生通り)沿いに寄り道しています。
掲載した写真は 5月13日の日没の少し前、広島電鉄・立町電停付近から紙屋町方向を臨んだところ。何となくぼんやりした写真ですが・・ これは私の腕やカメラのせいではなくて、どうやら黄砂の影響が出ていたものと思われます。後で新聞の記事を見たところ、13日朝から広島県内で黄砂が観測されていたそうで、広島市内でも視程が15キロにまで落ちていたということです。
それにしても、ここ最近 黄砂の影響が酷いですね。つい先日のGWの頃に車を洗ったばかりだというのに、もう砂だらけ(^^;)。まめに洗車なんかするもんじゃありません。

20110513_07235

** 過去の5~7月頃の夕暮れ写真掲載記事・・
 > 夏至の頃、広島の夕暮れ -2009.06.28
 > 夕暮れの相生通り & 新己斐橋 -2009.05.25
 > 金色に染まるビル・夕暮れの相生通り -2008.06.18
 > 梅雨明けの夕暮れ -2007.07.27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.08

2011ひろしまフラワーフェスティバル(2/2)

20110504_06751

こちらは、前の記事 「2011ひろしまフラワーフェスティバル(1/2)」 のつづきです。

前の記事に書いたように、今年は例年と違った形で第35回ひろしまフラワーフェスティバル(以下、略して「フラワー」)へ参加することになりました。そんな関係で、私的な趣味の写真をそれほど撮ることができなかったのですが、かろうじてフラワー2日目、昼過ぎの移動途中に広電・路面電車を撮影することができました。

フラワー2日目(5月4日昼頃)・・
まずは原爆ドーム前電停から。こちらではフラワーの混雑を予測して、広電の職員さんが電停に待機していました。相生橋上に走り去っていくのは 7号線横川駅行きフラワー臨時便の 772号。

20110504_06256

その後、広電・路面電車ファンのお立ち台・・ 幟町南横断歩道橋へ移動。広島駅方面を見下ろすと、3000形フラワー臨時便が銀山町電停で離合中。こういう写真もなかなか面白い!!

20110504_06282

しばらくして広島駅方面からやってきたのは、色とりどりの生花で装飾された花電車の貨51号。今年のフラワーで花電車を撮影できるのはこのワンチャンスということで、確実に撮影できる横断歩道橋で待機していたのでした。

20110504_06299

今年のフラワーのテーマ 「咲き誇る 花が育む 笑顔と平和」 の看板が両サイドに取り付けられた花電車には、第35回フラワークイーンのお三方が乗車されていました。飾り付けの生花は、例年と比較してやや少な目でしょうか!?

20110504_06303

横断歩道橋を通り過ぎた後、後を追って胡町と八丁堀電停にて・・

20110504_06337

日が高いこともあって、フラワークイーンさんの顔が色黒に見えてしまうのは辛いところ(^^;) 誰かレフ板を・・・

20110504_06345

無事に花電車の撮影ができたので一安心・・ すぐに広島平和記念公園へと向かい、お仕事に復帰しました。

20110504_06366

20110504_06710

20110504_06762

(完)

** 昨年以前の 『ひろしまフラワーフェスティバル』 関連記事・・
 > 2010ひろしまフラワーフェスティバル(3/3) -2010.05.06
 > 2010ひろしまフラワーフェスティバル(2/3) -2010.05.05
 > 2010ひろしまフラワーフェスティバル(1/3) -2010.05.04
 > 2009フラワーフェスティバル・路面電車編 -2009.05.05
 > 2009ひろしまフラワーフェスティバル -2009.05.04
 > 2008ひろしまFF・横川編 -2008.05.06
 > 2008ひろしまフラワーフェスティバル -2008.05.04
 > 2007フラワーフェスティバル・後編 -2007.05.09
 > 2007フラワーフェスティバル・前編 -2007.05.04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.07

2011ひろしまフラワーフェスティバル(1/2)

20110503_05710

遅ればせながら・・ GW 3~5日に開催された広島で最も賑やかなお祭り、第35回ひろしまフラワーフェスティバル(以下、略して「フラワー」)の話題です。今年のフラワーは、初日の 3日こそ雨が一瞬パラリと落ちましたが、あとは概ね良い天気で会場内は大いに賑わっていました。公式発表によると、3日間の来場者数は計169万2千人で歴代3位となる賑わいだったようです。

さて、毎年フラリと出掛けてパレードや広電・花電車の写真撮影、途中 知り合いとビールでも飲みながら駄弁ってのんびりするのが私の中の恒例行事となっていたフラワーですが、今年は違った形で参加することになってしまいました。敢えて詳細は書きませんが、某団体の手伝いと写真記録を初日・2日目に担当させて貰いました。そんな関係で、私的な趣味の写真はほとんど撮っていないのですが、合間や移動中などに撮った写真がいくらかありますので、時系列に羅列してご紹介しています。

まずはフラワー初日の 3日から・・
8:40頃>> 集合時間の朝9時までに多少時間の余裕があったので原爆ドーム前電停で広電をウォッチ。既に「フラワー会場経由」のプレートが取り付けられています。

20110503_05700

10:00頃>> 平和記念公園内に設けられたカーネーションステージでは、12:00から始まるオープニングセレモニーのリハーサルが始まったようです。この時点で、ステージ前は場所取りして座り込んでいる観客で既に埋まっていました。多くの観客が 16:00からのFFスペシャルゲスト Perfume(パフューム)のステージを目当てにした人達だろうと思います。

20110503_05788

12:20頃>> カーネーションステージでは 12:00からオープニングセレモニーが始まりました。ステージ上には、お祭を彩る全国5都市から招待された「花の大使」の美女の皆さん・・ 右からミスハイビスカス(沖縄県)、萩椿こまち(萩市)、ローズ福山(福山市)、ミスかきつばた(知立市)、水戸の梅大使(水戸市)。

20110503_05890

12:22頃>> 全国5都市からの「花の大使」さんが目をやっているのがこちら・・ 4月の広島市長選挙で当選して就任間もない松井一実広島市長が「花の塔」へ点火したところ。女の子は、東日本大震災で広島市に避難してきた福島県出身の小学生だそうです。

20110503_05892

12:24頃>> その後、ステージ上では第35回フラワークイーンのお三方がご挨拶。

20110503_05894

14:24頃>> 初日は平和大通りで「花の総合パレード」が行われましたが、今年は全くと言ってよいほど写真を撮ることができず・・ せめて、パレードに参加したらしき女の子で雰囲気だけ・・。

20110503_06005

16:25頃>> カーネーションステージでは 16:00からFFスペシャルゲスト Perfumeのステージ開始。ステージ周辺は多くの観客でかなりの盛り上がりだったみたいですが、私が見たのは向こうの方までぎっしりと詰めかけた観客だけ。近年、フラワーでこれほどの多くの人出は記憶にありません。この時どれくらいの人出だったのかは分かりませんが、フラワーの観客動員数アップに貢献しているのは間違いないでしょう。Perfume効果は凄い!!

20110503_06091

18:30~50頃>> その後、カーネーションステージでは 18:00から夜神楽が開催されていたので帰り際にしばし神楽鑑賞。

20110503_06159

20110503_06199

19:10頃>> 平和記念公園内のフラワーキャンドルメッセージ。今年のフラワーは「東日本大震災」被災地支援ということもあって、震災に関するメーッセージが多数届けられていたように見えました。

20110503_06219

20110503_06214

19:20頃>> 昨年のフラワーで元安川にて行われていた「折りづるフロート」が幻想的 & 印象的だったので大いに期待していたのですが、今年は鵜飼いの実演が行われていました。元安橋上で配布されていたパンフレットによると、どうやら岩国・錦帯橋の鵜飼いのようです。

20110503_06232

20110503_06239

19:30頃>> 最後に混雑している紙屋町西電停付近で路面電車を少しだけ撮影して帰宅。。

20110503_06253

(2日目につづく)> 2011ひろしまフラワーフェスティバル(2/2) -2011.05.08

** 昨年以前の 『ひろしまフラワーフェスティバル』 関連記事・・
 > 2010ひろしまフラワーフェスティバル(3/3) -2010.05.06
 > 2010ひろしまフラワーフェスティバル(2/3) -2010.05.05
 > 2010ひろしまフラワーフェスティバル(1/3) -2010.05.04
 > 2009フラワーフェスティバル・路面電車編 -2009.05.05
 > 2009ひろしまフラワーフェスティバル -2009.05.04
 > 2008ひろしまFF・横川編 -2008.05.06
 > 2008ひろしまフラワーフェスティバル -2008.05.04
 > 2007フラワーフェスティバル・後編 -2007.05.09
 > 2007フラワーフェスティバル・前編 -2007.05.04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.01

2011広電・サンフレッチェ電車 5110号

20110511_hondori1

前回の広電・カープ電車に引き続き、今回はサンフレッチェ電車の話題です。
4月24日、震災後の再開幕戦開催日に合わせて、サンフレッチェ電車が市内 1号線 (広島駅~紙屋町東~広島港) にお目見えしています。サンフレッチェ広島のロゴや 2011年チームスローガン 『WE FIGHT TOGETHER 2011 奪取!!』 の文字などをあしらったサンフレッチェ電車は、一足早く運用に就いたカープ電車と同様、最新の国産超低床車 5100形グリーンムーバー・マックス (Greenmover max) 5110号です。昨年のサンフレッチェ電車がやや地味な感じの単車 809号の起用でしたので、今年は大きく躍進したと言っても良いでしょう!

この記事を書いている時点(5月14日) で J1の順位表を見ると、サンフレッチェ広島は負け無しの第4位につけていて、なかなかの好成績をキープしています。是非ともこのまま大躍進を果たして欲しいものです。

20110425_05229

20110425_05230

たまたま乗車したサンフレッチェ電車の車内はサンフレッチェ一色に装飾されていました。

20110430_05381

そして、たまたま前方からカープ電車の5109号がやってくるのが見えたので、すぐに降車して並んだところを写真撮り・・

20110430_05384

今シーズンの広島電鉄・サンフレッチェ応援企画の一環として、サンフレッチェ電車の運行と合わせてサンフレッチェ応援記念乗車券が 3,000枚限定で発売されました。2011年アジアカップで見事なゴールを決めて日本代表の優勝に大きく貢献した李忠成選手がデザインされています。

20110508gr_sanfre

** 昨年以前の 『サンフレッチェ電車』 関連記事・・
 > 広電・路面電車ネタ 3題 -2010.10.02
 > 2010サンフレッチェ電車 809号 -2010.08.13
 > サンフレッチェ電車2009 -2009.03.05
 > 祝・サンフレッチェ広島!! -2008.10.02
 > 広島市民球場 最終日 -2008.09.28
 > 広島駅(5)--モノクロの広島 -2007.12.11
 > サンフレッチェ電車 -2007.08.26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »