« スマートフォン REGZA Phone IS04 | トップページ | 秋分の日の太田川 »

2011.09.21

旧広島市民球場解体(第2期)工事

一昨日19日、「第13回ひろしまバスまつり」を覗いてみようと思い立ち、路線バスで出掛けて広島バスセンターで乗り換えの際、第2期解体工事が本格的に進められている旧広島市民球場の様子をウォッチしてみました。
旧広島市民球場が無惨に解体されていく姿をブログに掲載するのは躊躇するところもありますけど、第1期解体工事の様子を掲載した前回の記事でも書いたように、最後までありのままの姿を直視したい、そして広島市民の皆様にも見ていただきたいという思いで敢えて記事にしています。※掲載した写真はいずれも9月19日の昼過ぎ頃に撮影。横位置の写真はクリックすると拡大写真を表示します。

まずは、広島バスセンターに乗り入れる路線バス車内から撮影・・
球場内には多数の重機が入って外野スタンドを解体しているのが確認できます。バックスクリーン下の部分も取り壊されて既に空洞が見えています。右端のライトスタンドが保存される部分のようです。

201109_08479

3塁側内野スタンドも複数の重機で解体が進められています。

201109_08486

続いて広島バスセンターのバス乗り場から撮影・・
平和記念公園内からも見える3塁側の照明塔は旧広島市民球場のシンボル的な存在ではないかと思いますが、それが解体されるのも時間の問題と思われます。ちなみに、照明塔には照明器具がそのまま残されているように見えます。

201109_08490

よくよく見ると、既にバックスクリーンの電光表示機器は全て取り外しされているようです。

201109_08506

最後は地上レベルから・・
防音シートの壁と3塁側の照明塔。

201109_08513

第2期解体工事の工期は来年の2月いっぱいまで。その頃には保存される予定のライトスタンドの一部を除いて更地になっているはず。

201109_08518

ここ旧広島市民球場跡地については、松井一実市長が「若者中心のにぎわいの場にしたい」ということで、これまでの跡地利用計画の見直しを表明したことを受け、今年10月にも検討委員会を設置して議論される予定になっています。そうなると、これまで長い年月に渡ってやってきたのは一体何だったのか?? という思いも湧いてくる訳ですが・・。まぁ、最終的に、より多くの広島市民が納得できるような跡地利用がなされれば、それにこしたことはありません。でも、20人かそこらの検討委員会において会合を2回やったくらいで果たして良い結論が出せるものなのかどうか・・ そこのところがかなり疑問です。

** 過去の関連記事・・
 > 無惨・・旧広島市民球場解体 -2011.02.15
 > 旧広島市民球場 閉鎖 -2010.09.01
 > 夏が終わり、旧広島市民球場も・・ -2010.08.31
 > 新・旧広島市民球場 -2009.04.01
 > 広島市民球場の看板取り外し -2009.03.31

|

« スマートフォン REGZA Phone IS04 | トップページ | 秋分の日の太田川 »

コメント

初代広島市民球場が解体されて残念です。初代広島市民球場はプロ野球の広島東洋カープの本拠地でした。スコアボードはまだ新しいです。2代目のスコアボードで設置して20年ぐらい経ちます。スコアボードはまだ新しいのでスコアボードは絶対に解体しないでください。それ以外は解体して跡地にまた球場を建設してください。僕は現在地での建て替えを賛成してマツダスタジアムの建設は反対していました。理由は初代広島市民球場の近くにそごうがあるからです。マツダスタジアムは広島駅から歩いて10分かかるから大変です。初代市民球場の跡地は新しい広島市民球場を建設して新プロ野球の広島東洋オイスターズの本拠地にしてください。またスコアボードはカウントをボール、ストライク、アウトの順に変えてください。

投稿: ミッキー | 2011.09.23 01:09

> ミッキーさん
昨晩、「天満屋」の記事にコメント下さった方ですね!?
旧広島市民球場の解体は本当に残念ですが、ここまでくるともう後戻りはできないですね。
当初は私も現在地での建て替えに賛成していましたが、途中から貨物ヤード跡地の新球場を期待するようになりました。
http://f-page.txt-nifty.com/blog/2005/06/post_9725.html
http://f-page.txt-nifty.com/blog/2005/07/post_4680.html
広い敷地を活かして、より魅力的で楽しめるスタジアムにするには、貨物ヤード跡地の方が有利だと思ったからです。
結果的に、素晴らしく快適なマツダスタジアムができました。JR広島駅から徒歩で10分かそこらで行けるので、立地的には申し分ないと思います。県外からの観客も増えたというデータをどこかで目にしました。結果論かもしれませんが、広島市としてみると、JR広島駅に近い場所への球場移転は正解だったように思いますが・・。
あとは、カープが強くなって、せめて万年Bクラスを脱出してくれたら言うことはないのですが・・。

投稿: T.Kaze | 2011.09.23 12:37

T.Kaze さん、こんばんは。
市民グループが主張するように“旧広島市民球場を愛している人々”もいるのでしょうが、旧広島市民球場北側に自転車・バイクなどが置かれている状況などを見ると、別にどうでもいい人々もいるのではないか? 若者だけでなく幅広い市民が望んでいるのは“駐輪場”ではないか?
そんな事を思う私です。

投稿: shirusu | 2011.09.23 22:28

> shirusuさん
私も似たようなことを感じています。
旧広島市民球場が解体された後、球場周囲に駐輪されていた多くの自転車・バイクは一体どこへいくのか気になるところです。
ちなみに、私も原付バイクに乗っていますので、是非とも跡地整備と併せて駐輪場の整備も検討していただきたいと思います。

投稿: T.Kaze | 2011.09.24 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19584/52793937

この記事へのトラックバック一覧です: 旧広島市民球場解体(第2期)工事:

» [日記・コラム・つぶやき]“旧広島市民球場”解体差し止め訴訟の控訴審判決は“棄却”らしい [週刊水曜日[Hatena::Diary]]
報道によると、2011年9月21日に広島高等裁判所で、市民グループ「旧広島市民球場の歴史と未来を守る会」が原告となり、旧広島市民球場の解体工事の差し止めを求めた裁判の控訴審判決があり、請求を棄却したそうです。 また、2011年9月14日に広島地方裁判所... [続きを読む]

受信: 2011.09.23 22:11

« スマートフォン REGZA Phone IS04 | トップページ | 秋分の日の太田川 »