« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011.09.28

第13回ひろしまバスまつり

201109_08508

すっかり間が空いてしまいましたが、先日9月19日(敬老の日)に広島市中小企業会館で開催された「第13回ひろしまバスまつり」の話題です。
Twitterを見ていたところ、バスまつりのお客は親子連れ、バスマニア、アイドルおたくに分類できた(@Altomoさん というツイートが流れてきて、思わず頷いてしまった訳ですが・・ そんな「ひろしまバスまつり」を覗いてきました。(ちなみに私は親子連れ、バスマニア、アイドルおたく のいずれも該当していません。)

昼過ぎに会場へ到着して、最初に目に付いたのがこちら・・
「東日本大震災」支援企画として、被災地域の被害状況と復興への歩みについてのパネル展示がなされていました。また関連して、東北地方各事業者のオリジナルグッズ販売なども行われていたそうです。

201109_08548

全部掲載していくとキリがないので、特に目に付いたところから・・

201109_08610

すっかりお馴染みとなった横川の「かよこバス」。明治38年(1905年)、横川~可部間を走った日本最初の国産バスを復元したバスです。

201109_08596

城南観光・・ ネオプランの「スターライナー」というスーパーハイデッカーの大型観光バスで、日本では10台しか輸入されていない大変珍しいバスなんだとか。斬新なスタイルといい、鮮やかな玉虫色のカラーリングといい、ひときわ目を引いて存在感がありました。

201109_08571

201109_08568

広交観光・・ 韓国の自動車メーカー、ヒュンダイという会社が作ったバスで、サッカー日本代表応援カラーのラッピングが目を引きます。広交観光の落合営業所に所属している貸切バスで、なでしこリーグ観戦ツアー用としても利用されるようです。韓国製のバスに乗って日本代表の応援に行くというのも何ですが・・。「がんばろう日本・東北」の文字も入っていました。

201109_08576

201109_08580

日野自動車の「ブルーリボンシティハイブリッド」という大型路線バス。モーターとディーゼルエンジンを併用して走るハイブリッドバス。今やバスもハイブリッドの時代でしょうか!?

201109_08592

広島交通・・ 広島~尾道・因島間を運行する高速バス「フラワーライナー」。広島交通の高速バスの中では最も新しいバスで、高陽営業所に所属しているそうです。エンジンルームが開放されていて、子供達が興味深げに覗き込んでいました。

201109_08585

バス乗務員・バスガイドの制服展示・・

201109_08564

そして、バスよりも何よりも私的に最も気になっていたのがステージで執り行われた神楽上演・・ 午後の部の安野神楽団の演目は「葛城山」。

201109_08628

201109_08659

ここで紹介したのは「ひろしまバスまつり」のほんの一部分です。小さな子供から年輩者まで幅広い年齢層の人が楽しめる、これでもかと言う位に盛り沢山の企画で大いに楽しめること間違い無しです。ちなみに、主催者発表による今年のバスまつりの来場者数は20,000人だそうです。おそらくは、年々知名度を上げて来場者数も増加しているのではないかと思います。バス好きの方も、それほどバス好きでない方も、機会がありましたら是非覗いてみていただきたいイベントです!!

** 参考Webサイト
 > ひろしまバスまつり (公式サイト) http://www.bus-matsuri.com/

** 過去の 『ひろしまバスまつり』 関連記事・・
 > 第11回ひろしまバスまつり -2009.09.24
 > 第9回ひろしまバスまつり -2007.10.02

** 横川のレトロバス 『かよこバス』 関連記事・・
 > 日本最初のバスは・・? -2004.04.26
 > 日本最初の国産ガソリン式乗合バス -2004.03.28

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011.09.23

秋分の日の太田川

201109_08855

先週末、我が家の愛犬ロン(♀・13歳)の下唇にできた腫れ物を切除してもらいました。その後、平日夜19時過ぎの術後の通院が続いたこともあり、多少疲れ気味の一週間でした。(※愛犬の話題はまた別の機会に・・)
そして、23日「秋分の日」の休日・・ 日中の陽気に誘われて、太田川河川敷でのんびりとした一時を過ごすことができて、多少はリフレッシュすることができました。

現在、太田川では鮎漁が最盛期のようで、たくさんの釣り人が川に入って腕を競っています。

201109_08874

岸辺には彼岸花がちらほら・・

201109_08893

201109_08898

結構、良い形の鮎が上がっているみたい・・

201109_08901

やや見えにくいけど、対岸では少年野球の練習をやっていたりして、まさに休日の太田川の風景・・

201109_08906

201109_08963

** 過去の関連記事・・
 > 遅れ気味の彼岸花@太田川河川敷 -2010.09.26
 > 太田川河川敷の彼岸花 -2007.10.08
 > お彼岸 -2007.09.24
 > お彼岸 -2006.09.23
 > 彼岸明け -2005.09.26
 > 太田川のアユ釣り -2005.09.23
 > お彼岸の入り (2005.09.20)
 > 太田川の鮎 (2005.09.03) …いただきました(^o^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.21

旧広島市民球場解体(第2期)工事

一昨日19日、「第13回ひろしまバスまつり」を覗いてみようと思い立ち、路線バスで出掛けて広島バスセンターで乗り換えの際、第2期解体工事が本格的に進められている旧広島市民球場の様子をウォッチしてみました。
旧広島市民球場が無惨に解体されていく姿をブログに掲載するのは躊躇するところもありますけど、第1期解体工事の様子を掲載した前回の記事でも書いたように、最後までありのままの姿を直視したい、そして広島市民の皆様にも見ていただきたいという思いで敢えて記事にしています。※掲載した写真はいずれも9月19日の昼過ぎ頃に撮影。横位置の写真はクリックすると拡大写真を表示します。

まずは、広島バスセンターに乗り入れる路線バス車内から撮影・・
球場内には多数の重機が入って外野スタンドを解体しているのが確認できます。バックスクリーン下の部分も取り壊されて既に空洞が見えています。右端のライトスタンドが保存される部分のようです。

201109_08479

3塁側内野スタンドも複数の重機で解体が進められています。

201109_08486

続いて広島バスセンターのバス乗り場から撮影・・
平和記念公園内からも見える3塁側の照明塔は旧広島市民球場のシンボル的な存在ではないかと思いますが、それが解体されるのも時間の問題と思われます。ちなみに、照明塔には照明器具がそのまま残されているように見えます。

201109_08490

よくよく見ると、既にバックスクリーンの電光表示機器は全て取り外しされているようです。

201109_08506

最後は地上レベルから・・
防音シートの壁と3塁側の照明塔。

201109_08513

第2期解体工事の工期は来年の2月いっぱいまで。その頃には保存される予定のライトスタンドの一部を除いて更地になっているはず。

201109_08518

ここ旧広島市民球場跡地については、松井一実市長が「若者中心のにぎわいの場にしたい」ということで、これまでの跡地利用計画の見直しを表明したことを受け、今年10月にも検討委員会を設置して議論される予定になっています。そうなると、これまで長い年月に渡ってやってきたのは一体何だったのか?? という思いも湧いてくる訳ですが・・。まぁ、最終的に、より多くの広島市民が納得できるような跡地利用がなされれば、それにこしたことはありません。でも、20人かそこらの検討委員会において会合を2回やったくらいで果たして良い結論が出せるものなのかどうか・・ そこのところがかなり疑問です。

** 過去の関連記事・・
 > 無惨・・旧広島市民球場解体 -2011.02.15
 > 旧広島市民球場 閉鎖 -2010.09.01
 > 夏が終わり、旧広島市民球場も・・ -2010.08.31
 > 新・旧広島市民球場 -2009.04.01
 > 広島市民球場の看板取り外し -2009.03.31

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2011.09.18

スマートフォン REGZA Phone IS04

201108_07545

以前から記事にしようと思いつつ、なかなか書けなかったスマートフォンの話題です。
今年2月、従来の携帯電話から所謂スマートフォンに機種変更しました。かなり貧乏性の私にとって、事前に予約して発売日に手に入れた機器としては、(携帯電話に限らず)これが最初で最後かもしれません!?? で、その機種は AndroidTM au by KDDIのREGZA Phone IS04。我が家では家族全員 auで統一している関係で、au以外の選択肢はありませんでした。
発売当初から問題が多い機種だったようで、巷ではすこぶる悪い評判が飛び交っていたようですけど、私的には若干の不満はあったものの致命的な不具合が出なかったこともあって、まぁ満足して今日まで使用しています。何が良いかって・・ 大きめの 4 inch液晶ディスプレイ、そして防水スマートフォン。それでフルにネットに接続できるし、ワンセグも見られるし、YouTubeの画質もなかなかのものでお気に入りです。それから、無駄に画素数の大きな 1,220万画素CMOSカメラもまずまずです。

そんなお気に入りのREGZA Phone IS04で撮った写真を以下羅列・・ トリミングはしていませんが、画像編集ソフトでリサイズして若干の調整をしています。

20110617_is0309

201105_is0253

静止している風景を撮る分にはほとんど気になりませんが、動いている電車とか人を撮るのは、シャッターのタイムラグが大きくてかなりキツい(^^;)。

201107_is0405

201107_is0431

暗い場所ではISO感度が自動で上がっているのか、結構ノイズが目立ってくる印象ですが、この程度の明るさでリサイズして見る分には余り気にならないレベル!?

201107_is0397

201108_is0513

明るい条件でのマクロ撮影はまずまず・・

201107_is0554

4倍ズームが可能ですが、デジタルズームというやつでしょうか・・ ズームアップすると途端に解像度が落ちてしまい、まるで水彩画のような画像になってしまいます(^^;)。

201107_is0559

従来の携帯からスマートフォンへ機種変更すると、それなりに料金アップするので躊躇したのですが、コンパクトデジカメとしての機能がそこそこ使えるならば・・ と思い切った面もありました。ですが、スマートフォンのカメラを使用してみると、やはり専用機(一般のコンパクトデジカメ)には到底かなわないということを実感しました。REGZA Phone IS04の場合、明るい日中、最広角側で余り動きのない風景などを頑張って撮る分には何とか使えるけど、それ以外は厳しいかなぁ・・ という感じでしょうか!?
もっとも、スマートフォンも次々と新機種が出てくるので、それなりに使用に耐えるカメラ付きの機種が出てくるかもしれません!? いや、是非ともそういった機種も期待しています。しかも、2年毎の機種変更ではなくて、もっと長期間使用することを想定した商品開発や料金設定をお願いしたいものです。貧乏症の庶民にとっては、決して安い買い物ではないですから・・。

** 追記: スマートフォンの液晶画面に貼り付ける透明保護フィルムを購入すると、カメラレンズ用のフィルムも付属している場合があるようですが、これは決して使ってはいけません。試しにレンズ(窓ガラス?)にフィルムを貼り付けて写真を撮ってみると分かるのですが、フィルムのせいで確実に画像がボケたようになってしまいますので・・。

** REGZA Phone IS04で撮影した写真掲載記事・・
 > 初めて見た白島線の1156号 -2011.03.18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.09.11

天満屋 広島八丁堀店はどうなる!?

201010_03885

写真は昨年10月、MARUZEN&ジュンク堂書店・広島店が天満屋 広島八丁堀店に入る直前の様子。当時、広島最大の大型書店が天満屋にオープンするということで、大きな期待を抱いたのはまだ記憶に新しいところです。

ところが、そんな天満屋 広島八丁堀店に関して、にわかに閉店をにおわす衝撃的な発表がありました。昨日9月10日の日本経済新聞、広島経済面に 『天満屋、広島八丁堀店を閉店 競合店多く赤字苦戦』 の見出しで記事が掲載されたのです。その記事から主な箇所を抜粋すると・・

天満屋(岡山市、伊原木隆太社長)は来年2月にも広島八丁堀店(広島市)を閉店する。
閉店後の建物の主要部分はヤマダ電機に賃貸する交渉をしている。
八丁堀店の従業員は希望を聞いたうえで、アルパーク店か緑井店に配置転換する。ヤマダ電機は1~6階に入り、7階以上に入る書店や美術画廊は入居を継続する。

かなり具体的な記事内容でもあり、閉店は確定しているかのように読み取れます。

ところが同日午後8時過ぎ、天満屋広島八丁堀店にて ①インフォメーション②店内放送③広報(WEB・マスコミ)と3つの顔を持つと自称される てんくみ(天満屋くみこ)さんからTwitterでこんなツイートが・・

@tenkumi てんくみ(天満屋くみこ)
本日、一部報道された「天満屋広島八丁堀店」の件ですが、現在閉店(閉鎖)についての事実はございません。今後も引き続き、従業員一同、地域に貢献できる店作りに尽力する所存でございます。ご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。沢山のツィート、そしてDMありがとうございました。@てんくみ

日本経済新聞の記事をほぼ完全に否定するツイートですね。。

そして翌9月11日、朝日新聞の広島面には 『天満屋 八丁堀店の賃貸検討 家電量販店など候補』 の見出しで、前日の日本経済新聞の後追い記事が掲載されていました。その記事によると・・

関係者によると、婦人服など主に衣類を扱っている1~6階も、貸すことが検討されている。時期は来年2月前後になりそうだ。
天満屋の広報担当は「閉店、閉鎖を含め、当社として決定した事実はありません」としている。

現時点で決定はしていないものの、賃貸の検討については否定していないようです。

201109_tenmaya2

一連の新聞記事やTwitterのツイートから考えると、先の日本経済新聞の記事は先走りし過ぎの誤報のようにも受け取れます。ただ、家電量販店への賃貸を具体的に検討しているという点では一致しており、現時点において閉店・閉鎖が確定していないにしても、近い将来は閉店・閉鎖の可能性も十分にあり得るという風にも捉えられるような印象です。
それはそうと、八丁堀交差点の一角、しかも福屋や三越デパートの並びに家電量販店が割り込んでくるなんて、広島市民としてはちょっとピンとこないんですよね。。 もしもそんなことが実現しようものなら、広島中心市街地が大きく様変わりしていく前触れになりそうな予感がしています。いや、もう既に大きく様変わりしつつあるのかも・・!??

** 天満屋 広島八丁堀店の関連記事・・
 > MARUZEN&ジュンク堂書店・広島店 10.9 OPEN -2010.10.08

| | コメント (20) | トラックバック (7)

2011.09.04

台風12号上陸前夜の八丁堀

201109_07800

自転車並みのノロノロスピードで日本列島を直撃した台風12号は各地で大きな被害をもたらしたようで・・ 特に被害が大きかった地域の皆様にはお見舞い申し上げます。
こちら、広島市内では、台風が四国に上陸する前日(9月2日)から早くも JR各路線の翌日の運転見合わせ情報も出ていたくらいでしたが、雨もほどほど、時折強い風が吹き付ける程度で、拍子抜けするくらいに台風の影響は少なかったものと思われます。ただ、広島市内中心部においても強風に煽られて傘を壊された方は結構たくさんいらしたのではないでしょうか!? そんな場面を何度も目にした八丁堀交差点・・ 9月2日の会社帰りに立ち寄って写真を撮ってきました。

201109_07758

白島線・八丁堀電停は人が溢れていました・・

201109_07763

こちらは天満屋前の横断歩道・・

201109_07781


201109_07831

雨降りになると狭い電停が一段と混雑するなど、欠点に感じる広電・路面電車ではありますが、運行頻度が高くて、利用者の移動距離も最短で手軽に利用できるのは救いですね。。

201109_07907

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.09.03

稲荷町交差点のナツズイセン

201108_07590

8月終盤、たまたま通りがかった稲荷町交差点の花壇に綺麗なピンク色の花が咲いているのを見つけたもので、広電・路面電車と絡めてみました。
この花、てっきり 『ピンク色の彼岸花!!』 と思い込んでいたのですが、念のためネットで調べてみたところ、どうやらナツズイセン(夏水仙)という名前で、ヒガンバナ科の植物のようです。葉がないことから俗にハダカユリ(裸百合)とも呼ばれるそうですけど・・ それにしても、やや遠目に見た姿形は水仙や百合というよりも彼岸花とよく似ています。

201108_07562

201108_07614

掲載した写真を撮った8月終盤、年輩の方がコンパクトデジカメで熱心に写真を撮っていらっしゃるところを目にしましたが、そろそろ花が痛み始める時期で、現在は既に見頃を過ぎていると思います。
そうそう、ネットで調べたところ、このナツズイセンは有毒だそうですので、ご注意下さい。

201108_06651

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2011.09.01

広島市内・鯉城通り俯瞰の図

お盆の頃、寺町界隈で写真を撮った後に向かったのがリーガロイヤルホテル広島。ホテルの結構高いフロアにて行われた、とある会合に参加するのが目的です。会場入りして、そのフロアから窓の外に目をやると・・ 広島市内中心市街地から広島湾までを一望できる展望スポットです。こんな機会はそうそうあるものではないので、合間を見て少しだけ写真を撮っておきました。

まず一枚目の写真・・ 足元を見下ろすと、紙屋町交差点を広電・路面電車が通過して行くのが見えています。交差点の一角では、(仮称)広島紙屋町プロジェクト/紙屋町再開発ビルが着々と建築中ですが、2基設置されていたタワークレーンは1基を残すのみとなり、ビル全体の形はほとんど出来上がっているようにも見えます。当初は今年10月竣工の予定とされていましたが、東日本大震災の影響で資材が不足した関係で、来年2月までオープンが先延ばしされているそうで、完成まであと半年ということになります。

201108_06466

続いて二枚目の写真・・ 一枚目の写真を撮った位置から少し移動して、夕暮れ時の鯉城通りを狙ってみました。このサイズの写真では、路面電車は小さすぎて、ほとんど判別できません(^^;)。通りの右側、一際背の高いビルは NTTドコモ中国大手町ビルですね。更にそのずっと向こう、広島湾に浮かぶ形の良い山(島)が見えますが、おそらく似島(にのしま)の安芸小富士(標高278メートル)、そして更にその向こうに見えているのが江田島で間違いないでしょう。

201108_06650

最後はオマケ写真・・ 望遠ズームを付けて紙屋町交差点をアップで撮影しました。ブレ気味ではありますが、ちょうどカープ電車のグリーンムーバー・マックス 5109号が左折して宇品方面へ南下していくところ・・ この位置から見下ろしていると、まるで鉄道模型でも眺めているかのような気分になってきます。

201108_06656

** 関連ページ: 三井不動産ニュースリリース・・
 > 三井不動産 「(仮称)広島紙屋町プロジェクト」着工、2011年10月竣工予定

** 紙屋町再開発ビルの関連記事・・
 > タワークレーン鯉城号×相生号 -2010.10.31
 > 紙屋町再開発ビル建築・タワークレーン -2010.10.20
 > (仮称)広島紙屋町プロジェクト -2010.02.20
 > 紙屋町再開発ビル建築・地鎮祭 -2009.08.21
 > 紙屋町再開発ビル建築・ロックオーガー -2009.07.18
 > 紙屋町・・ 広電ビル解体 -2009.06.12

** 広島市内の俯瞰写真を掲載した過去記事・・
 > 竜王公園から見えた広島市街地 -2010.05.23
 > 広島新球場・・地元開幕戦まで41日 -2009.02.28

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »