« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011.11.20

DogCafe-PAW (ドッグカフェ パウ)

201111_is0807

写真は我が家の愛犬 ロン(♀、もうすぐ13歳)。食べ物が欲しくて飼い主に熱い視線を送ってくれているところ。実は昨日、安佐南区方面へ買い物にいった途中、興味本位でドッグカフェ “DogCafe-PAW”さんに立ち寄ってランチをいただいた時の一コマです。

ワンコと生活していると、休日出掛けた際でも家族で外食することもできなくて、せいぜいお弁当を買い込んで車内や屋外で軽く済ませることが多くなってしまうものです。それで、広島市内でワンコ連れで入れる飲食店は無いものかとネットで探していたところ、たまたま安佐北区川内にドッグカフェがあるのを見つけました。この界隈、休日に時々買い物に来るエリアなのですが、こんな近くにワンコ連れで入れるお店があるとは・・。
冒頭写真、ランチのエビピラフは飼い主用ですけど、ちゃんとドッグメニューも用意されていますので、きっとワンコも満足してくれると思います。お店の情報やメニューなどの詳細は下記のWebサイトでどうぞ。 ※サイト内にはドッグカフェでのルールやマナーのページもありますので、出掛ける前に確認されることをお勧めします。
 >> DogCafe-PAW (ドッグカフェパウ) http://paw.candypop.jp/

201111_is0814

1階がカフェ、2階ではペットホテルやトリミングなどもやっていらっしゃるようです。とてもフレンドリーなお店で、看板犬のワンコ達 (エアデールテリア、サルーキ、ボルゾイ、チャイニーズ・クレステッド・ドッグ、etc..) が出迎えてくれます!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011.11.16

八丁堀天満屋 閉店売りつくし第1弾

201111_02618

9月に書いたブログ記事「天満屋 広島八丁堀店はどうなる!?」 に、昨日・今日と連日100件前後のアクセスをいただいています。何事かと思いつつ、天満屋 広島八丁堀店のWebサイトを覗いてみますと・・ どうやら閉店セール第1弾(期間:11月16日~12月7日??)が既に始まっているようです。閉店セールのWEBチラシにはこんな風に書かれていました・・

オープン以来、58年間のご愛顧誠にありがとうございました。 八丁堀天満屋は、2012年3月4日(日)をもちまして閉店いたします。7階~11階は2012年3月5日(月)以降も通常通り営業いたします。

いよいよ本当に閉店するんですね。。
会社帰りに天満屋 広島八丁堀店を覗いてみたところ、たくさんの感謝を込めて 閉店 売りつくし の赤い大きな垂れ幕が表に掛けられているのに気付きました。この界隈、今週 18日(金)から始まる胡子大祭・えべっさん とクリスマスに向けた飾り付けで賑やかになりつつあるのに、天満屋 広島八丁堀店だけは対照的なイメージです。この赤い垂れ幕の位置には、かつて クリスマスのお洒落な赤い飾り付けが取り付けられていた のが懐かしく思い出されます。

201111_02660

通りを挟んでお隣の福屋 八丁堀本店には恒例のクリスマスの懸垂幕がお目見え・・ 毎年デザインが変わり、クリスマスの雰囲気を盛り上げてくれます。

201111_02629

金座街のアーケードでは胡子大祭・えびす講大売出しの飾り付けが既に出来上がっているみたい・・

201111_02634

** 天満屋 広島八丁堀店の関連記事・・
 > 天満屋 広島八丁堀店はどうなる!? -2011.09.11
 > MARUZEN&ジュンク堂書店・広島店 10.9 OPEN -2010.10.08

| | コメント (15) | トラックバック (2)

2011.11.15

今朝見た光景… 原爆ドーム

201111_02425

日々たくさんのアクセスをいただいているにもかかわらず、なかなかブログの更新ができないこの頃です。
ネタが無い訳でもなく、色々準備中の記事もあるのですが、どうも根気が続かなくて記事を仕上げるところまでいけません。この時期、花粉症の症状で体調が今ひとつというのも一因です。しばらくの間、文字数を減らして写真だけでも掲載していこうかと思いますので、お暇な時に覗いていただけますと幸いです。

今日の写真は、今朝ほど通勤途中に相生橋で目にした光景。常にカメラを持ち歩いていて良かったなと・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.11.13

夕暮れの新己斐橋

201111_02260

前にも書いたような気がしますけど・・ お気に入りの撮影スポット、太田川放水路に架かる「新己斐橋」です。
この時期、平日は当然仕事がありますので、日没の17時前後にここへ来ることはできません。たまの休日など、たまたまこちら方面へ来る機会があると立ち寄ってみる訳ですが、その時、空が焼けて良い雰囲気になるとかなり得した気分になります。

背景に見えている山はおそらく宮島・・

201111_02280

** 新己斐橋の写真掲載記事・・
 > 夕暮れの相生通り & 新己斐橋 -2009.05.25
 > 最近の空が面白い!! -2006.08.13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.04

第5回こうよう伝統芸能祭り

201111_01912

11月3日 文化の日、高陽ニュータウンふれあい広場(フジグラン高陽前広場) で開催された『第5回こうよう伝統芸能祭り』を覗いてきました。
このお祭りは神楽や和太鼓など、近隣の郷土芸能を保存・伝承する複数団体が参加する高陽伝統芸能保存会主催の発表会です。私、お祭りに出掛けたのは今回初めてとなりますが、おそらくこの時期、隔年で開催されているものと思われます。ちなみに、今回の参加団体は・・
【神楽】 諸木郷土芸能保存会、小河原火舞保存会、岩上八幡神社神楽保存会、上矢口郷土芸能保存会、くむら神楽保存会、亀崎神社神楽保存会の6団体
【和太鼓】 和太鼓クラブ「飛龍」、上矢口和太鼓チーム「翔」、真亀和太鼓「響輝」の3団体

神楽は地元で古くから伝承されている十二神祇神楽で、いわゆる旧舞の部類になります。この十二神祇神楽は、近年何かとメディアで取り上げられる流行の神楽(いわゆる新舞) のような派手さこそありませんが、古来から郷土で伝承されてきた奉納神楽で、神楽本来の味わいが感じられるのではないかと思います。機会がありましたら、是非とも地元広島市内で古来から伝承されてきた神楽も見ていただきたいものです。

掲載した写真は、広島市 重要無形文化財に指定された諸木郷土芸能保存会による十二神祇神楽の演目 『世鬼(せき)の舞』 の一場面。十二神祇神楽の中では最も豪華勇壮な舞で、大抵最終の演目となっているようです。地域によっては 『関(せき)の舞』、或いは 『荒平(あらひら)舞』 とも呼ばれています。比較的地味な衣装を着用する十二神祇神楽の演目の中にあって、この 『世鬼の舞』 だけは金糸をふんだんに使用した重厚で煌びやかな衣装を各地域で競っていたようなところもあるということです。

201111_01923

** 過去の「神楽」写真掲載記事・・
 > 第13回ひろしまバスまつり -2011.09.28
 > 2011ひろしまフラワーフェスティバル(1/2) -2011.05.07
 > 第5回あさきた神楽発表会 -2011.03.15
 > 秋祭り前夜祭・神楽の季節 -2009.10.25
 > 十二神祇神楽 -2008.11.12
 > 白神社 秋季例大祭 -2008.11.01
 > 広島に神楽の季節到来!! -2008.10.18
 > 秋祭り前夜祭・奉納余興神楽 -2007.11.06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.02

ここのところの近況など・・

200710_tate01
立町 -October, 2007

このブログ雑記帳の更新をさぼっている間に、今年も既に11月に突入してしまいました。決して忙し過ぎるという訳でもないのですが、何かとやらなければいけないことが溜まり気味で、ついつい文章を書くのも億劫になってしまいます。そんな状況で、写真の方も数年前に撮った写真でお茶を濁しています。そういえばここ最近、足を痛めてから原付バイク通勤にした関係で、こういった街角スナップ的な写真を撮らなくなりました。やっぱり、ガシガシと街を歩かないとダメだなぁと思うこの頃です。

ここのところの近況(特記事項)など・・
*その1… 我が家の愛犬の下唇にできた腫れ物切除手術で動物病院通い。術後も良好で、ここに来て一安心の状況です。これについては、ペットのカテゴリで近い内に記事をアップする予定。
*その2… 先月、地元神楽の記録写真を大量に撮影したものの、未だ手つかずの状況。露出とWBの関係で撮って出しでは厳しい状況なので、編集作業は必須。関連写真含めておおよそ1000枚あるので、仮に1枚あたり1分かけたとして計1000分。60で割って時間に換算すると約16時間と少し・・ なんて考えているだけで憂鬱になってくる(^^;)。
*その3… 私、頭痛に悩まされていたのですが、もしや最近疼くようになった虫歯と関係があるのではなかろうかと思い付き、急遽会社の昼休みに歯医者さんへ。診て貰ったところ、どうやら「親知らず」が虫歯になっているということで、その場で抜歯を決行。一番奥の歯であることは勿論認識していたのですが、「親知らず」とはつゆ知らず・・ いきなり抜いた方が良いと言われた時には結構ビビって動揺しました。が、麻酔の注射はそれほど痛くもなく、上側の「親知らず」だったこともあって、腫れや痛みも無くて経過は全く順調すぎるほど。こんなことなら、もっと早く歯医者さんへ行けば良かったなと・・。ちなみに、肝心の頭痛は未だ完治まではいきませんが、かなり和らいだような気がしています。

モノクロの広島 Photo Index「モノクロの広島」 Photo Indexページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »