« 広電2000形 2008+2009号廃車解体 | トップページ | 原爆ドーム健全度調査 »

2012.02.29

広電2000形 2006+2007号も解体へ

201202_10399

掲載した写真は先週 24日(金)夜、広電・江波車庫にて撮影した広電2000形 2006+2007号の様子です。
この時、2006+2007号は江波車庫内 6番線・・ 正に 2008+2009号が解体されたその場所に留置されていました。遠目に見たところでは既に方向幕が抜き取られ、パンタグラフも取り外されていた模様です。その後、土曜・日曜は特に作業が行われずにそのまま放置、そして休み明けの 27日(月)から 2006号、2007号の順に粛々と解体作業が進められたようです。例によって夜な夜な寄り道して解体途中の様子など写真も撮ってきたのですが、今回の記事では敢えて解体作業前の写真のみ掲載しています。

201202_10355

広電 1900形は旧京都市電の時代も含めると車齢55年。それよりも若い広電 2000形の方が先に逝かなくてはならないとは・・。もしも 2000形が永久連結/2両編成化されずに単車で稼働していたとしたら、もっと長生きできたのかもしれません!??

201202_10430

おそらく、今週末には 2006+2007号の解体作業も終了して、跡形もなく消滅するものと思われます。

201202_10450


最後のオマケ写真・・ 荒手車庫に 3編成が留置されていた頃の懐かしい写真から。

Hiroden2000x3

2002+2003号は海・空色の塗装を纏って 2010年夏からパルティ・フジ坂にて静態保存中。今回の 2008+2009号・2006+2007号の解体によって、広電 2000形として残る編成は 2004+2005号のみとなります。こちらは当面は保存されるらしいということを耳にしましたが・・。

** 広電2000形の関連記事・・
 > 広電2000形 2008+2009号廃車解体 -2012.02.24
 > パルティ・フジ坂のイルミネーション電車 -2010.12.23
 > 広電・路面電車ネタ 3題 -2010.10.02
 > 広電2002+2003号@パルティ・フジ坂 -2010.07.31
 > 「ヨットが浮かぶ青い海+白い雲が浮かぶ青い空」塗装の2002+2003号 -2010.07.27
 > 広電 2000形 営業運転最終日ラストラン -2009.10.16
 > 広電 2000形 営業運転を休止 -2009.10.15
 > 10月17日 広電宮島線 PASPY導入!! -2009.10.11

|

« 広電2000形 2008+2009号廃車解体 | トップページ | 原爆ドーム健全度調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19584/54110547

この記事へのトラックバック一覧です: 広電2000形 2006+2007号も解体へ:

» [広島電鉄電車][日記・コラム・つぶやき]“広島電鉄 電車カンパニー 江波車庫”に行って“広島電鉄2000形電車”を見た [週刊水曜日[Hatena::Diary]]
広島電鉄2000形電車が江波車庫に回送されれているということで、2012年2月26日に自転車に乗って出かけてみました。 2006号車と解体用重機 方向幕以外にも、パンタグラフや銘板が外されている? なお、画像は敷地外から撮影しました。 関連記事 広島電鉄2000形電車#82... [続きを読む]

受信: 2012.03.01 07:17

« 広電2000形 2008+2009号廃車解体 | トップページ | 原爆ドーム健全度調査 »