« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012.06.30

レストラン電車「トランヴェール・エクスプレス」オープン間近

201206_7705754

この記事は、一昨日の記事 『ドルトムント電車76号改め、トランヴェール・エクスプレス搬入(3) -2012.06.28』 の続きです。

6月18~20日の三晩に渡る搬入作業が行われたドルトムント電車76号改め、トランヴェール・エクスプレス。マダムジョイ千田店への搬入後、7月11日の営業開始へ向けて急ピッチで行われている仕上げ作業の様子をウォッチしてきました。写真枚数がかなり多くて重いかもしれませんが、お許しを・・

6月22日 >> 

20120622_7705743

20120622_7705756

20120622_7705750

20120622_5n00696


6月26日 >> 
旧広告塗装の独ビール Konig Pilsenerのエンブレムが金色になって復活。このエンブレムはアクセントになって良い感じですが、使用は大丈夫なんでしょうか!?

20120626_7705775

20120626_7705780

20120626_7705782

20120626_7705783

連結部の幌に旧広告塗装(赤/白)の名残が残っていました。(※現在は塗り直しされて、旧塗装の名残は完全になくなっています。)

20120626_7705769

店舗側には飲食物を提供するビストロ・トランヴェールの設営も始まりました。

20120626_7705784


6月28日 >> 
江波車庫からトランヴェール・エクスプレスを陸送している頃から既に深夜の改装作業が始められていた広電本社前電停もそれらしくなってきました。

20120628_7705869

20120628_7705850

20120628_7705836


6月29日 >> 
夜 7時頃点灯するオレンジ色の外灯に照らし出されたトランヴェール・エクスプレスはなかなか良い雰囲気。。 前後の方向幕は「DORTMUND」。

20120629_03509

20120629_03517

サボに見たてた 「Dortmund 1981 - Hiroshima 2012」 のプレートが取り付けられました。

20120629_03513

ヨーロッパ風デザインに改装された広電本社前電停も完成間近・・

20120629_03574

広電グループの(株)広電ストアが運営するマダムジョイの Webサイトでは、既にトランヴェール・エクスプレス貸切利用の申込みフォームが設置されています。貸切料金(飲食別・消費税等込) はこんな感じ・・

トランヴェール・エクスプレス 全席貸切(50席) 20,000円
トランヴェール・エクスプレス ラウンジ席を除く全席(42席) 15,000円
トランヴェール・エクスプレス ラウンジ席のみ(8席) 8,000円
ビストロ トランヴェール全席(14席) 8,000円
トランヴェール オール(64席) 25,000円

ご覧の通り、外灯が灯る夜はなかなか良い雰囲気になるので、ランチよりもディナーで利用するのがお勧めかも・・!?

(「トランヴェール・エクスプレス」 オープン 2日前の様子へ続く)
>> レストラン電車「トランヴェール・エクスプレス」プレオープン -2012.07.10

** 参考Webページ
 > マダムジョイ Madamjoy http://www.madamjoy.jp/
 > NEWS RELEASE 平成24年5月31日/広島電鉄株式会社 電車開業100周年記念事業/レストラン電車「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」等のオープン (PDF)

** 過去のドルトムント電車 関連記事・写真掲載記事・・
 > ドルトムント電車76号改め、トランヴェール・エクスプレス搬入(3) -2012.06.28
 > ドルトムント電車76号改め、トランヴェール・エクスプレス搬入(2) -2012.06.26
 > ドルトムント電車76号改め、トランヴェール・エクスプレス搬入(1) -2012.06.24
 > ドルトムント電車引退、レストラン電車「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」へ -2012.06.14
 > 貸切・ドルトムント76号 -2008.06.03
 > ドルトムント電車・・ 引退も視野??? -2008.05.28
 > 第11回路面電車まつり(続編) -2006.06.15
 > 第11回路面電車まつり -2006.06.11
 > 惜別・ドルトムント77号!! -2006.01.13
 > 荒手車庫--路面電車撮影 -2004.07.17

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2012.06.28

ドルトムント電車76号改め、トランヴェール・エクスプレス搬入(3)

20120620_7705481

この記事は、一昨日の記事 『ドルトムント電車76号改め、トランヴェール・エクスプレス搬入(2) -2012.06.26』 の続きです。写真枚数が多いので記事を分割してアップしています。

ドルトムント電車76号改め、トランヴェール・エクスプレスの深夜の搬入作業をウォッチした余韻が醒めやらぬ翌 6月20日朝、会社出勤前にマダムジョイ千田店へ立ち寄ってみたところ・・ 「昨日は無かった電車が置いてある!!」 とばかりに、通学途中の小学生が覗き込んでいる様子が目に入りました。丸 4年間も薄暗い江波車庫の奥に押し込まれていたドルトムント電車ではありますが、ネーミングや外観についての賛否はあるにしても、こうして人目に付く場所に引っ張り出して多くの人に見て貰えるのは喜ばしいことだと実感した次第です。しかも、広電本社ビルの目の前で、正に 「広電の顔」 的な存在に・・。

20120620_7705490

20120620_7705502

20120620_7705476


さて、6月20日は陸送/搬入の最終日。勿論、江波車庫に残されている中間車両 C車が搬入される予定です。前日夜はやや出遅れ気味でしたので、多少早めに出掛けてトレーラーの到着を待ち受けます。この時、既にクレーンからワイヤーを垂らして搬入準備が整っているように見えました。

20120620_03308

そうこうする内に時刻は 22:40過ぎ、C車を積載したトレーラーが到着・・

20120620_03321

前日同様に後ろ向きでトレーラーを突っ込みます・・

20120620_03325

余談ですが・・ 電車を積載したトレーラーを牽引しているトラクタは、独製 メルセデス・ベンツのアクトロス(Mercedes-Benz ACTROS) 3353。特に意識された訳ではないと思いますけど、ドイツ製のトラクタでドイツ製の電車を陸送するという、何とも粋な計らい。

20120620_03328

車体連結部を覆っていたブルーシートを取り外し、クレーンのワイヤーを掛けていよいよ吊り上げ・・

20120620_03347

20120620_03355

別の角度から・・

20120620_03374

20120620_03379

20120620_03394

既に搬入されていた先頭車両(A・B車) の間、台車の上へ慎重に・・

20120620_03402

20120620_03417

車両の外と中で連結作業・・

20120620_03422

20120620_03437

ということで、三日間(3晩) に渡る陸送/搬入作業によって三車体がマダムジョイ千田店に無事到着。作業の皆様、お疲れ様でした。

20120620_03492

車体を吊り上げていたクレーンのワイヤーが取り外された時刻は 23:45頃。。前日と比べると、随分早いこと搬入作業が終わりました。この日は午前様になる前に撤収。
7月11日の営業開始へ向けて、この翌日から車外・車内の改装作業が本格的に進められています。余力があれば、その様子などをご紹介したいと思います。。

(トランヴェール・エクスプレスへの改装/仕上げ作業の様子へ続く)
>> レストラン電車「トランヴェール・エクスプレス」オープン間近 -2012.06.30

** 参考Webページ
 > NEWS RELEASE 平成24年5月31日/広島電鉄株式会社 電車開業100周年記念事業/レストラン電車「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」等のオープン (PDF)

** 過去のドルトムント電車 関連記事・写真掲載記事・・
 > ドルトムント電車76号改め、トランヴェール・エクスプレス搬入(2) -2012.06.26
 > ドルトムント電車76号改め、トランヴェール・エクスプレス搬入(1) -2012.06.24
 > ドルトムント電車引退、レストラン電車「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」へ -2012.06.14
 > 貸切・ドルトムント76号 -2008.06.03
 > ドルトムント電車・・ 引退も視野??? -2008.05.28
 > 第11回路面電車まつり(続編) -2006.06.15
 > 第11回路面電車まつり -2006.06.11
 > 惜別・ドルトムント77号!! -2006.01.13
 > 荒手車庫--路面電車撮影 -2004.07.17

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2012.06.26

ドルトムント電車76号改め、トランヴェール・エクスプレス搬入(2)

20120619_7705441

この記事は、一昨日の記事 『ドルトムント電車76号改め、トランヴェール・エクスプレス搬入(1) -2012.06.24』 の続きです。写真枚数が多いので記事を分割してアップしています。
ドルトムント電車76号改め、トランヴェール・エクスプレスの陸送 2日目(6月19日)の夕刻・・ 再び江波車庫へ下見に行った時の写真から。いずれも午後 7時前後に撮影した写真ですが、この時期は日が長いので写真撮影も楽々です。
肝心のトランヴェール・エクスプレスですが、この日トレーラーに積み込まれて搬出準備が整えられていたのは、もう一方の先頭車両(おそらくB車)です。当然搬入の事を考慮して、前日とは逆向きに載せられています。

20120619_7705460

20120619_7705455

よく見ると、こちらは前面のワイパーとヘッドランプが取り外されているようで、NEWS RELEASEに掲載されていた貸切専用ラウンジに改装される側ではないかと思われます。

20120619_7705456


そしてこの日の夜・・
さんざん迷ったあげく、マダムジョイ千田店での搬入作業を見届けるべく、車で一っ走り出掛けてみることに。。但し、搬入時刻が全く分からなかったもので徒労に終わることも覚悟の上で、取り敢えず家事など諸々の用事とワンコの夜散歩を済ませた夜23時前に自宅を出発。
そして、マダムジョイ千田店に到着したのが 23時過ぎ。現場に着いて見ると、トランヴェール・エクスプレスを載せたトレーラーが到着してそれほど時間が経っていないようで、ちょうど 2台のクレーン車から降ろしたワイヤーを車体にかけているところでした。

20120619_03093

マダムジョイ千田店の店舗前にトレーラーを後ろ向きに突っ込み、2台のクレーン車で釣り上げて設置するようです。思った以上に広いスペースです。

20120619_03100

20120619_03102

いつの間に搬入されたのか、既に台車が設置されていました。

20120619_03106

20120619_7705471

23:20頃、ゆっくりと車体を釣り上げて台車の上へ・・

20120619_03115

20120619_03123

広電本社ビルを背景にして・・

20120619_03131

20120619_03155

20120619_03160

なかなか位置が決まらず作業員の方が難儀されているように見えました・・

20120619_03199

やっとのことで車体の位置が決まり、クレーンのワイヤーが外された時には既に 24時をかなり過ぎていました。

20120619_03261

これで本日の作業は終了かと思いきや、パンタグラフの取り付け・・

20120619_03266

この後、搬入作業が終了しそうな雰囲気で、すっかり午前様になってしまったこともあり撤収・・。
(20日翌朝のマダムジョイ千田店、そして20日深夜の搬入作業へ続く)
>> ドルトムント電車76号改め、トランヴェール・エクスプレス搬入(3) -2012.06.28

** 参考Webページ
 > NEWS RELEASE 平成24年5月31日/広島電鉄株式会社 電車開業100周年記念事業/レストラン電車「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」等のオープン (PDF)

** 過去のドルトムント電車 関連記事・写真掲載記事・・
 > ドルトムント電車76号改め、トランヴェール・エクスプレス搬入(1) -2012.06.24
 > ドルトムント電車引退、レストラン電車「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」へ -2012.06.14
 > 貸切・ドルトムント76号 -2008.06.03
 > ドルトムント電車・・ 引退も視野??? -2008.05.28
 > 第11回路面電車まつり(続編) -2006.06.15
 > 第11回路面電車まつり -2006.06.11
 > 惜別・ドルトムント77号!! -2006.01.13
 > 荒手車庫--路面電車撮影 -2004.07.17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.24

ドルトムント電車76号改め、トランヴェール・エクスプレス搬入(1)

20120618_5n00643

この記事は、先日の記事 『ドルトムント電車引退、レストラン電車「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」へ -2012.06.14』 の続きです。
広島電鉄・電車開業100周年記念事業の一環として、ドルトムント電車 76号が現役引退、レストラン電車「トランヴェール・エクスプレス」 に改装して 7月11日からマダムジョイ千田店の敷地内で営業開始されることは先日の記事で紹介しました。今回は、ドルトムント電車76号改め、トランヴェール・エクスプレスが先週 6月18~20日にマダムジョイ千田店へと搬入される様子などウォッチしてきましたので、写真で紹介します。

ドルトムント電車76号からトランヴェール・エクスプレスへの改装が行われた江波車庫からマダムジョイ千田店への移動は陸送で行われるという情報をあらかじめ入手していました。ただ、移動の日時については不確かな情報しかなかったもので、勝手に予想するしかなかった訳ですが・・ 新聞に 今月中旬に車庫から車体を移動させる予定 という記載があったこと、そしてこの手の作業は土曜・日曜を挟まない平日に行われるだろうとの予想の元、場合によっては 6月18日(月) 頃から作業開始されるかもしれないと思っていたところ、その 18日午前中、この雑記帳ブログに 陸送は本日から三日間、やはり夜間にて行われるそうです というコメントをいただきました。そうこうしていると、当日昼頃には Twitterの TL上で、江波車庫で搬出作業が既に始まっているらしいという情報もいただきました。
すぐにでも江波車庫へ見学に行きたかったところですが、仕事を投げ出す訳にもいかず・・ 取り敢えず仕事を一通り終えた夕刻、江波車庫に出向いて写真を撮ってきました。

タチアオイが咲き乱れる江波車庫の敷地外から覗いてみると、それらしき車両がすぐ目に付きました。既にトレーラーに載せられているのは、すっかり外観が変わったドルトムント電車76号改め、トランヴェール・エクスプレスの先頭車両(おそらくA車)、そして少し離れた場所に置かれているのが中間車両 C車です。すぐにでも運び出せるよう、既に搬出準備が整っているようです。

20120618_7705324

20120618_7705325

もう一方の先頭車両(おそらくB車) がどこにも見あたらないので、既に搬出されたのかとも思ったのですが、おそらくこの時はまだ車庫の建家内に残されていたものと思われます。

20120618_7705326

この位置からでは先頭車両の顔が見えないので、車庫の裏に回って見ることに・・

20120618_7705333

更に、江波皿山公園への登り道から・・

20120618_7705339

20120618_7705342

夕刻の江波車庫の様子を見たところでは、この日 夜間に陸送されるのは既にトレーラーに載せられている先頭車両(おそらくA車) だということが容易に予想できるものの、外せない所用があったり、台風4号が接近していることもあり、そして何より搬出/搬入される時間が全く分からないので、結局この日は出掛けるのを諦めることに・・。

その代わりに、更に台風が接近して小雨の降る翌朝(19日朝)、マダムジョイ千田店を覗いてみたところ・・ やはり前日トレーラーに載せられていた先頭車両が搬入されているのを確認することができました。

20120619_7705404

こうして間近で見ると、「トランヴェール」=「緑色の電車」 というよりも、ほとんど黒に近い塗色。。それにしても、えらく濃い色にしたもんですね(^^;)。

20120619_7705377

トランヴェール・エクスプレスの向こう側、前日18日には終日 9号白島線で運用されていた ハノーバー1156号が 7号線運用に就いていたらしく折り返していたのでタイミングを計って写真撮り。何となく、ドルトムント電車76号の様子を伺いに来たかのように見えました。

20120619_7705363

ついでに広電本社前電停を見ると・・ こちらもトランヴェール・エクスプレスの営業開始に合わせて改装が進められているようです。

20120619_7705394

(19日夕刻の江波車庫、深夜のマダムジョイ千田店への搬入作業へ続く)
>> ドルトムント電車76号改め、トランヴェール・エクスプレス搬入(2) -2012.06.26

** 参考Webページ
 > NEWS RELEASE 平成24年5月31日/広島電鉄株式会社 電車開業100周年記念事業/レストラン電車「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」等のオープン (PDF)

** 過去のドルトムント電車 関連記事・写真掲載記事・・
 > ドルトムント電車引退、レストラン電車「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」へ -2012.06.14
 > 貸切・ドルトムント76号 -2008.06.03
 > ドルトムント電車・・ 引退も視野??? -2008.05.28
 > 第11回路面電車まつり(続編) -2006.06.15
 > 第11回路面電車まつり -2006.06.11
 > 惜別・ドルトムント77号!! -2006.01.13
 > 荒手車庫--路面電車撮影 -2004.07.17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.23

広島太郎氏は「LABI広島」を意識している!?

201206_5n00659

昨日6月22日、八丁堀交差点の一角を占める旧天満屋 広島八丁堀店のビル(天満屋八丁堀ビル) にヤマダ電機「LABI広島」 がオープンしました。同日、紙屋町ではエディオン「デオデオ本店 新館」 (※住所表記は従来の本店と同じ 広島市中区紙屋町二丁目1-18) がオープンして、広島市内中心市街地は正に家電量販店の熱い戦いが幕を開けたことになります。
つい先日の記事にも書いたように、我々広島市内在住の消費者的には少しでも安価に、そしてサービス向上を大いに期待したいところです。そして、広島市内中心部が賑やかになって活性化してくれれば願ったり叶ったりということになるのですが・・ ただ、ネットで更に安価に家電品を購入できるこのご時世に果たして両店が共存していくことができるものなのか、かなり疑問に思ってしまいます。

さて 「LABI広島」オープン当日の朝の様子ですが・・ 会社出勤途中、今朝も広電 9号白島線にて動物のイラストが描かれた 1156号が運用されているな と思いつつ眺めていると、八丁堀交差点から北の白島方面へと伸びる人の行列が目に入りました。その長さは大進本店付近にまで達するくらい。後で新聞記事を見たところ、えびす通りの方向へと伸びた列もあったようで、平日の朝にもかかわらず、とにかく凄い人がオープンを待っていたということが分かります。こういう光景はちょっと今まで記憶にありません。
一方の 「デオデオ本店 新館」でも相生橋に達するほどの長い列ができていたそうで、この調子でいけば、間違いなく市内中心部の活性化に少なからず寄与するものと期待が膨らみます。

掲載した写真は 「LABI広島」オープン当日(22日)、昼休みの時間帯の様子から・・

201206_5n00665

気のせいか、八丁堀交差点の界隈はいつもより人出も多く賑やかになったような・・

201206_5n00679

「LABI広島」から見ると八丁堀交差点の斜め向かい側の一角は何故か広島太郎さんによって占拠されていました。もしかしたら、広島太郎さんは「LABI広島」のオープンに合わせて、敢えてこの時期に八丁堀交差点へと移動して来られたのではなかろうかと・・ 何となく、したたかさのようなものを感じてしまったのですが、単なる気のせいでしょうか!??
(広島太郎さんご本人もすぐ近くにいらしたのですが、カメラを向けるのは止めておきました)

201206_5n00685

** さんざんTwitterでツイートした広電ドルトムント電車76号改め、トランヴェール・エクスプレス搬入に関する記事に付きましては・・ ただ今、写真整理をしながら準備中ですの、今しばらくお待ち下さいませm(_ _)m

** 天満屋広島八丁堀店からLABI広島オープンまでの関連記事・・
 > 白島線の1156号再び、余談はLABI 広島 -2012.06.17
 > 天満屋広島八丁堀店 閉店 -2012.03.08
 > 八丁堀天満屋 閉店売りつくし第1弾 -2011.11.16
 > 天満屋 広島八丁堀店はどうなる!? -2011.09.11
 > MARUZEN&ジュンク堂書店・広島店 10.9 OPEN -2010.10.08

** 広島太郎さんの関連記事・・
 > 白昼堂々・・ 広島金座街にて -2010.05.27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.17

白島線の1156号再び、余談はLABI 広島

201206_5n00634

先日 6月14日の朝ラッシュ時間帯、珍しく 9号白島線でハノーバー 1156号が運用されているのを発見したもので、会社出勤までの時間を利用して写真撮影することができました。まずは冒頭、一枚目の写真は白島線の八丁堀電停で出発を待つ 1156号です。

余談になりますが・・ 背景に見えているのは旧天満屋八丁堀店のビルですが、既に最上部の看板が家電量販店のヤマダ電機「LABI 広島」 の看板に入れ替えられています。この「LABI 広島」、いよいよ今週 22日にオープンすることが少し前の新聞で報道されていました。エディオンの「デオデオ本店新館」と同日オープンだそうで、これはエディオン側が同じ日にぶつけてきたのでしょうか!? 2年後には、広島駅前に建設予定の高層ビルにビックカメラがオープンすることも発表されているようで、間違いなく広島市内中心市街地は家電量販激戦区になるのでしょう。。 我々消費者的にはどんどん競争していただいて、少しでも安価に、そしてサービス向上するならばウェルカムといったところですが、余りにもやり過ぎるのは如何なものかと少し心配になってくる面もあります。

201206_7704909

家電量販店についての余談はさておき・・
実はもう一年以上も前になりますが、白島線で運用中の 1156号の写真を本ブログ雑記帳に掲載したことがあります。その時には手に入れて間もないスマートフォンのカメラしか持っていなかったもので、とても満足のいく写真は撮れませんでした。なので、今回はそのリベンジと言って良いかもしれません!? 一応、会社出勤前の限られた時間ではありましたけど、持ち歩いていたコンパクトデジカメとデジタル一眼レフを駆使して写真撮影しています。

白島で折り返してくるところを女学院前電停で待ち伏せて・・

201206_7704937

旧神戸市電 1156号と旧京都市電 1914号との離合シーン・・ うまいこと、同時に電車の顔に日が差し込むタイミングでシャッターを切ることができました(^o^)v。路面の影を見ていただくと分かると思いますけど、かなり微妙なタイミングです。

201206_7704948

この日、朝ラッシュの運用に就いていたもう一両は確か旧大阪市電の 900形だったと思いますので、そちらの離合も撮りたかったところですが、八丁堀行きの 1156号を見送ったところで時間切れとなりました。その後、1156号は八丁堀~白島間をもう一往復した後、車庫へと引き上げていったものと思われます。また次回、運良く白島線で出逢えることを期待したいと思います。

** 参考Webページ
 > 家電量販店 アツい広島 : 広島 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

** 白島線で撮った写真を掲載した過去記事・・
 > 初めて見た白島線の1156号 -2011.03.18
 > 初めて見た白島線の602号 -2010.11.01
 > 広電・白島線・・ PASPYサービス開始!! -2008.03.04
 > 惜別・元神戸市電584号!! -2006.07.27
 > 広電550形路面電車 -2005.10.04
 > レトロな大正形電車 -2005.08.29

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2012.06.14

ドルトムント電車引退、レストラン電車「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」へ

200406_69070021

写真は通称 「ドルトムント電車」・・ 旧西独ドルトムント市から1981年(昭和56年)にはるばる広島へ移籍してきた全鋼製3両連接車の広電76号。8年前の第9回 路面電車まつりにて、広電千田車庫から貸切運行へと出発するシーンです。ちなみに、このドルトムント電車は 1959年(昭和34年)に独 DUEWAG(デュワグ)社で製造された車両で、既に製造から半世紀以上が経過していますけど、この洗練された車体スタイルは、さすが技術先進国 & 路面電車先進国のドイツ製といった感じです。

そのドルトムント電車ですが・・ 確か 2008年6月に開催された第13回 路面電車まつり以降、江波車庫の奥に留置されたまま全く動く気配も無かった訳ですが、この度、広電・電車開業100周年記念事業にあたり現役引退、そして7月11日からマダムジョイ千田店の敷地内でレストラン電車として営業開始することが発表されました。まずは、その NEWS RELEASEから・・

電車開業100周年記念事業の一環として、これまで親しまれてきたドルトムント電車をレストランに改造し、広電本社ビルに隣接するマダムジョイ千田店の敷地内で、「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」として営業を開始致します。また、それに合わせ、近接する「広電本社前」電停の上屋を、「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」のイメージに沿ったヨーロッパ風にデザイン化し、愛称として「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」を付記します。

NEWS RELEASEには改装されたドルトムント電車の外装・内装のイメージ図も掲載されています。
この企画、少し耳にしたところによると、どうも路面電車ファンには不評を買っているとのこと。何故に不評なのかと考えてみると・・ まずは名称の 「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」。耳に心地よく響く 「トランヴェール」 は、フランス語で 「緑色の電車」 という意味だそうですが、何故にドイツ製の電車にフランス語のネーミングなのでしょう!? そして 「エクスプレス」 は高級感を出そうという意図があるのかもしれませんけど、急行や快速が存在しない広電・路面電車には相応しくないような気がします。
おまけに、「トランヴェール」=「緑色の電車」 のネーミングに合わせて、車体を濃い緑色に塗装するというのは余りにも安易な感じがしないでもありません。車内も大幅に改装されるようで、もはや電車の内装とは言えないような変わり様で唖然としてしまいそうです。(あくまでも、NEWS RELEASEのイメージ図を見た感想)
これまで、ドルトムント電車が現役時代、外装は勿論、車内の広告や路線図に至るまでドイツ時代のままで通してきただけに、今回の広電・電車開業100周年記念に際してのレストラン電車 「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」 への改装は、ドイツ製路面電車の風情を完全に打ち消してしまうようでかなり残念です。

気を取り直して、ドルトムント電車の様子を一目見たいという思いで、留置/改装が行われている江波車庫を敷地外から覗いてみることにしました。まずは先週 6月5日時点の様子から・・ 江波車庫の建家の奥の方に「試運転」幕のドルトムント電車が見えました。周囲をネットで囲まれているため、余り細かなところまでは確認できませんが、この時点ではまだ現役時代の塗色のままのようです。但し、何故か前面中央に描かれていた車番が塗りつぶされているように見えます。

20120605_7704235

次いで、今週 6月11日時点の様子から・・ 建家内が暗いので分かり難いのですが、この時点では既に外装が黒っぽい濃い色で塗装されているように見えます。

20120611_7704795

一方、受け入れ側のマダムジョイ千田店の様子から・・ 6月10日、第17回 路面電車まつりに出掛けた際に撮影した写真ですが、この時既にレールが設置されていました。あとは、レール下の鉄筋が組まれている箇所にコンクリートを流し込めば出来上がりでしょうか。。

20120610_7704468

6月4日付けの読売新聞、広島地域ニュースによると・・

今月中旬に車庫から車体を移動させる予定で、改装費は約3000万円を見込む。

ということらしいのですが、改装費はともかく、特に気になるのが移動のスケジュールです。先日の路面電車まつりに出掛けた際にいただいた(余り正確ではないかもしれない)情報によると、もう間もなく千田車庫からマダムジョイ千田店まで陸送されるということらしいのですが・・!? やはり、深夜に移動されるのでしょうか!? 個人的には、最後の軌道走行(例え牽引されるにしても) で写真撮影の可能性があると期待していただけに、陸送されると聞いて思わず肩を落としてしまいました。

聞くところによると、ドルトムント電車76号は部品の故障・不具合か何かで、既に自走することができないといったようなお話しも耳にしました。かつての相棒 ドルトムント電車77号のように解体されることもなく、広電本社のすぐ目の前でレストラン電車として余生を過ごすことができるだけでも喜ばしいことなのかもしれませんけど・・。

(6月18日から始まったマダムジョイ千田店への搬入作業へ続く)
>> ドルトムント電車76号改め、トランヴェール・エクスプレス搬入(1) -2012.06.24

** 参考Webページ
 > NEWS RELEASE 平成24年5月11日/電車開業100周年記念事業実施のお知らせ (PDF)
 > NEWS RELEASE 平成24年5月31日/広島電鉄株式会社 電車開業100周年記念事業/レストラン電車「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」等のオープン (PDF)

** 過去のドルトムント電車 関連記事・写真掲載記事・・
 > 貸切・ドルトムント76号 -2008.06.03
 > ドルトムント電車・・ 引退も視野??? -2008.05.28
 > 第11回路面電車まつり(続編) -2006.06.15
 > 第11回路面電車まつり -2006.06.11
 > 惜別・ドルトムント77号!! -2006.01.13
 > 荒手車庫--路面電車撮影 -2004.07.17

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2012.06.11

とうかさん大祭 (394年祭)

201206_7704230

夏の訪れを告げる浴衣の着始め祭り『とうかさん大祭』 と 『2012ゆかたできん祭』が 6月1日(金)、円隆寺(圓隆寺)と中央通り一帯を中心にして開幕しました。昨年は円隆寺までお参りに行くだけの余裕も無かったのですが、今年はなんとか初日、金曜日の会社帰りに覗いてくることができましたので、その時に撮った写真を掲載しておきます。

まずは毎年恒例、八丁堀交差点付近にて・・

201206_7703983

201206_7704039

201206_7704043

201206_7704125

201206_7704047

辺りが暗くなってきたところで円隆寺へ・・

201206_7704152

円隆寺への移動途中、松井広島市長と 2011広島観光親善大使のお三方がいらっしゃるのを見かけました・・

201206_7704159_2

円隆寺境内は参拝者でかなり混雑しているように見えました。今年は例年より人出が多かったのかも!??

201206_5n00579

201206_5n00589

厄除けうちわ

201206_5n00597

** 参考Webページ
 > とうかさん公式ホームページ (http://www.toukasan.jp/)
 > とうかさんブログ (http://toukasan.at.webry.info/)

** 昨年以前の 『とうかさん』 関連記事・・・
 > とうかさん 393年祭 開幕初日 -2011.06.12
 > とうかさん 392年祭(その2) -2010.06.08
 > とうかさん 392年祭(その1) -2010.06.07
 > 雨に降られた 「とうかさん」初日 -2009.06.06
 > とうかさん 390年祭 -2008.06.07
 > 「とうかさん」 初日!! -2007.06.04
 > 浴衣まつり 『とうかさん』 -2006.06.03
 > 電車と浴衣…「とうかさん」 -2005.06.12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.10

広島電鉄・電車開業100周年記念

201205_7702550

本日は午後から広電・路面電車まつりを覗いてきたのですが、先月からのネタが色々溜まっていることと、夜中に今年初ホタル撮影に出掛けたりしていた関係で未だ写真データをパソコンに取り込んでいない状況です。1~2週間遅れの更新になると思いますが、お許し下さいませ。

さて、かなり前後してしまいますが、先月5月の話題から・・
先月5月11日、広島電鉄の公式サイト『ひろでんアベニュー』にて、電車開業100周年記念事業についての NEWS RELEASEが発表されました。それによると・・

広電グループは、平成24年11月23日、電車開業100周年を迎えます。お客様をはじめとして、関係の皆様へ感謝をこめて、以下の通り開業100周年記念事業を行います。
【主な記念事業予定】
1. 電車開業100周年記念ロゴマークおよびキャッチフレーズの制定
2. 100周年記念 特設ウェブサイトの開設(5月)
3. 路面電車まつりの開催(6月)
4. 記念配当の実施(6月)
5. ドルトムント電車を移設してカフェをオープン(7月)
(一部 略)
9. 広電本社前電停のリニューアル(7~9月)
10. 広島市郷土資料館 特別展「広島の路面電車100年」の共催(10~12月)
11. 広島電鉄電車開業100周年記念社史の発行(11月)
12. 平成24年11月23日 電車開業100周年記念日当日(11月)
13.記念乗車券ほか各種記念グッズの販売(随時)

大正元(1912)年11月23日、現在の広島電鉄株式会社の前身である広島電気軌道株式会社が電車市内線を開業して今年で100周年ということで、かなり気合いを入れた盛り沢山の記念事業が予定されているようで、広電・路面電車ファンとしては嬉しい限りです。

本記事では、100周年記念事業の一環として車両前後に記念ロゴマークを提出した路面電車の写真を順不同で羅列しています。ちなみに、ほとんどの写真は5月中旬に撮影したものです。

5000形独製グリーンムーバー(GREEN MOVER)・・

201205_7702533

3950形グリーンライナー(Green Liner)・・ 車両中央から少し外して記念ロゴマークが貼り付けられているところが、こだわりを感じさせてくれてお洒落です。

201205_7702593

旧型の単車は、かつての系統板受けに記念ロゴマーク板を提出・・

201205_7702542

201205_7702637

電車開業100周年記念ロゴマークに関して、広電の NEWS RELEASEの説明から・・

開業からこれまでの100年間のご支援に対して感謝の気持ちを込め、100周年記念ロゴマークとキャッチフレーズを制定しました。制定にあたっては、広電グループ役職員・家族から原案を募集し、応募作品をもとに決定しております。ロゴマーク等は、電車のヘッドマーク、バスの前面幕により車両に掲出するほか、100周年記念イベントなどで、統一して使用してまいります。(ヘッドマーク・前面幕の掲出は、平成24年5月12日以降行っていきます)

最新の5100形グリーンムーバー・マックス(Green mover max)と大正元年創業当時の 100形木造路面電車がデザインされたロゴマークはなかなかお洒落でセンスを感じさせてくれます。

その5100形グリーンムーバー・マックス・・ こちらも車両中央から僅かに外した位置に記念ロゴマークを提出。

201205_7702634

大正元年創業当時の木造路面電車を復元した 100形大正電車・・ 5月27日に開催された 姉妹都市「ハノーバーの日・Hannover Tag」の広告幕を車両側面に提出して運行されているところ。

201205_7703031

** 余談: 広電バスにはこんな前面幕が提出されています・・

201205_7702760

** 参考Webページ
 > 広島電鉄100周年記念サイト
 > NEWS RELEASE 平成24年5月11日/電車開業100周年記念事業実施のお知らせ (PDF)
 > NEWS RELEASE 平成24年5月31日/広島電鉄株式会社 電車開業100周年記念事業/レストラン電車「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」等のオープン (PDF)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.09

2012絵画電車「ろでん号」 5107号

201205_is1377

たまたま会社帰りに見つけた広電・5100形グリーンムーバー・マックス(Greenmover max) 5107号・・ どうやら今年の絵画電車「ろでん号」のようです。昨年の絵画電車「ろでん号」は丸形のヘッドマークを付けたグリーンムーバー・マックス 5106号 でしたが、今年は既に広電・電車開業100周年記念ロゴマークが貼り付けられている関係で、こんな前面ラッピングになったものと思われます。

広島電鉄の公式サイトに今年の絵画電車「ろでん号」運行に関する情報が掲載されていましたので、そこから引用・・

第16回路面電車まつり(平成23年6月5日開催)で実施した「写生大会」の最優秀作品、 優秀作品を含む入賞作品を車内に展示した「ろでん号」が 第17回路面電車まつりの開催に合わせて、期間限定で運行します。車両前部には、 「路面電車の日」のシンボルキャラクター「ろでん君」の前面ラッピングを取り付け運行します。

せっかくなので、八丁堀から本通まで絵画電車「ろでん号」に乗車して車内の様子を伺ってみたところ・・ ご覧の通り、子供達の描いた電車の絵が中吊りに展示されていました。どれもこれも力作揃いで、子供達が一生懸命描いている様子が想像できました。

201205_is1376

「機会がありましたら是非乗車してご覧下さい!!」 と言いたいところですが、今年の絵画電車「ろでん号」の運行期間は 5月19日(土)~6月9日(土) で既に終了してしまいましたので、次回は来年ということになります(^^;)。
でも、もしも小さい子供さんがいらっしゃるのなら、6月10日(日)に千田車庫で開催される第17回路面電車まつりで「写生大会」に参加されることをお勧めしたいと思います。もしかしたら、優秀作品に選ばれて来年の絵画電車「ろでん号」に展示されるかもしれませんから。。

** 掲載した写真は2枚とも5月29日にスマートフォンで撮影。

** 過去の 『絵画電車』 関連記事・・
 > 2011絵画電車「ろでん号」は5106号 -2011.05.21
 > 絵画電車ろでん号 -2010.05.22
 > 2008鉄道の日・絵画電車テッピー号 -2008.10.16
 > 2007絵画電車・テッピー号 -2007.10.07
 > 絵画電車テッピー号 -2006.10.07
 > 今日は「鉄道の日」 -2005.10.14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.08

金星の太陽面通過@広島市内

このところ、公私に渡る作業と整理に追われまくっていた関係で、全くブログを更新する余裕がありませんでした。それでも、機会を見つけてはちょこまかと写真だけは撮っていたもので、あれこれ記事にしたい話題が溜まっているのですが、やはりまずは極めて珍しい天文ショーの話題から・・。

先日6月6日、金星の太陽面通過・・ 次に観測できるのが実に105年後ということらしいので、今回見逃してしまうと正に二度と見られない天文ショーです。
6日の広島市内は、先日の金環日食(広島では部分日食) の時と打って変わって、朝からまばゆいばかりの良い天気に恵まれました。なんせ初めてのことなので、うまくいくかどうか半信半疑ではありましたけど、会社出勤前に急遽写真撮影にトライしてみることにしました。使用した減光フィルターは、3年前の日食観察の際に入手した 2ミリ厚のアクリル板 (スモーク透明) 6枚重ねです。これをカメラのレンズに当てながら写真撮影しました。 ※注: 試してみたところ、赤外線を透過するみたいで余り安全ではありませんので、良い子は決して安易に真似しないで下さい。

そろそろ太陽面に金星が食い込んだであろう時刻に写真撮影したところ、太陽の左下に微かな暗い蔭ができているのは分かりましたけど、どうもピンボケっぽい感じ・・

20120606_0724

アクリル板 (スモーク透明) 6枚重ねではカメラのオートフォーカスがうまく効かないので、マニュアルで少しずつピント調整しながら何枚も撮影した結果、何とかそれらしき写真が撮れました・・

20120606_0742

金星のシルエットが明瞭でないのは、おそらく減光フィルターの関係だと思われます。太陽と黒子(ほくろ)のような金星と地球上の自分が三次元の宇宙空間の中で一直線に並んだ瞬間をイメージすると、何とも感動的です!! よーく目を凝らして写真を見ると、太陽の黒点が写っているのも分かります。

20120606_0813

最後の写真は会社の昼休みに撮影・・

20120606_1218

** 月とか太陽とか、天文現象に関連した過去の記事・・
 > JR芸備線沿いで見えた部分日食 -2012.05.23
 > 金星-月-木星 -2012.03.27
 > 昨晩の皆既月食 -2011.12.11
 > 月夜のドーム -2011.07.17
 > 木星の月 「ガリレオ衛星」 -2010.09.24
 > 満月 -2009.09.05
 > 広島市内から見えた日食 -2009.07.22
 > こないだの月食 -2005.11.01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »