« とうかさん大祭 (394年祭) | トップページ | 白島線の1156号再び、余談はLABI 広島 »

2012.06.14

ドルトムント電車引退、レストラン電車「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」へ

200406_69070021

写真は通称 「ドルトムント電車」・・ 旧西独ドルトムント市から1981年(昭和56年)にはるばる広島へ移籍してきた全鋼製3両連接車の広電76号。8年前の第9回 路面電車まつりにて、広電千田車庫から貸切運行へと出発するシーンです。ちなみに、このドルトムント電車は 1959年(昭和34年)に独 DUEWAG(デュワグ)社で製造された車両で、既に製造から半世紀以上が経過していますけど、この洗練された車体スタイルは、さすが技術先進国 & 路面電車先進国のドイツ製といった感じです。

そのドルトムント電車ですが・・ 確か 2008年6月に開催された第13回 路面電車まつり以降、江波車庫の奥に留置されたまま全く動く気配も無かった訳ですが、この度、広電・電車開業100周年記念事業にあたり現役引退、そして7月11日からマダムジョイ千田店の敷地内でレストラン電車として営業開始することが発表されました。まずは、その NEWS RELEASEから・・

電車開業100周年記念事業の一環として、これまで親しまれてきたドルトムント電車をレストランに改造し、広電本社ビルに隣接するマダムジョイ千田店の敷地内で、「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」として営業を開始致します。また、それに合わせ、近接する「広電本社前」電停の上屋を、「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」のイメージに沿ったヨーロッパ風にデザイン化し、愛称として「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」を付記します。

NEWS RELEASEには改装されたドルトムント電車の外装・内装のイメージ図も掲載されています。
この企画、少し耳にしたところによると、どうも路面電車ファンには不評を買っているとのこと。何故に不評なのかと考えてみると・・ まずは名称の 「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」。耳に心地よく響く 「トランヴェール」 は、フランス語で 「緑色の電車」 という意味だそうですが、何故にドイツ製の電車にフランス語のネーミングなのでしょう!? そして 「エクスプレス」 は高級感を出そうという意図があるのかもしれませんけど、急行や快速が存在しない広電・路面電車には相応しくないような気がします。
おまけに、「トランヴェール」=「緑色の電車」 のネーミングに合わせて、車体を濃い緑色に塗装するというのは余りにも安易な感じがしないでもありません。車内も大幅に改装されるようで、もはや電車の内装とは言えないような変わり様で唖然としてしまいそうです。(あくまでも、NEWS RELEASEのイメージ図を見た感想)
これまで、ドルトムント電車が現役時代、外装は勿論、車内の広告や路線図に至るまでドイツ時代のままで通してきただけに、今回の広電・電車開業100周年記念に際してのレストラン電車 「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」 への改装は、ドイツ製路面電車の風情を完全に打ち消してしまうようでかなり残念です。

気を取り直して、ドルトムント電車の様子を一目見たいという思いで、留置/改装が行われている江波車庫を敷地外から覗いてみることにしました。まずは先週 6月5日時点の様子から・・ 江波車庫の建家の奥の方に「試運転」幕のドルトムント電車が見えました。周囲をネットで囲まれているため、余り細かなところまでは確認できませんが、この時点ではまだ現役時代の塗色のままのようです。但し、何故か前面中央に描かれていた車番が塗りつぶされているように見えます。

20120605_7704235

次いで、今週 6月11日時点の様子から・・ 建家内が暗いので分かり難いのですが、この時点では既に外装が黒っぽい濃い色で塗装されているように見えます。

20120611_7704795

一方、受け入れ側のマダムジョイ千田店の様子から・・ 6月10日、第17回 路面電車まつりに出掛けた際に撮影した写真ですが、この時既にレールが設置されていました。あとは、レール下の鉄筋が組まれている箇所にコンクリートを流し込めば出来上がりでしょうか。。

20120610_7704468

6月4日付けの読売新聞、広島地域ニュースによると・・

今月中旬に車庫から車体を移動させる予定で、改装費は約3000万円を見込む。

ということらしいのですが、改装費はともかく、特に気になるのが移動のスケジュールです。先日の路面電車まつりに出掛けた際にいただいた(余り正確ではないかもしれない)情報によると、もう間もなく千田車庫からマダムジョイ千田店まで陸送されるということらしいのですが・・!? やはり、深夜に移動されるのでしょうか!? 個人的には、最後の軌道走行(例え牽引されるにしても) で写真撮影の可能性があると期待していただけに、陸送されると聞いて思わず肩を落としてしまいました。

聞くところによると、ドルトムント電車76号は部品の故障・不具合か何かで、既に自走することができないといったようなお話しも耳にしました。かつての相棒 ドルトムント電車77号のように解体されることもなく、広電本社のすぐ目の前でレストラン電車として余生を過ごすことができるだけでも喜ばしいことなのかもしれませんけど・・。

(6月18日から始まったマダムジョイ千田店への搬入作業へ続く)
>> ドルトムント電車76号改め、トランヴェール・エクスプレス搬入(1) -2012.06.24

** 参考Webページ
 > NEWS RELEASE 平成24年5月11日/電車開業100周年記念事業実施のお知らせ (PDF)
 > NEWS RELEASE 平成24年5月31日/広島電鉄株式会社 電車開業100周年記念事業/レストラン電車「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」等のオープン (PDF)

** 過去のドルトムント電車 関連記事・写真掲載記事・・
 > 貸切・ドルトムント76号 -2008.06.03
 > ドルトムント電車・・ 引退も視野??? -2008.05.28
 > 第11回路面電車まつり(続編) -2006.06.15
 > 第11回路面電車まつり -2006.06.11
 > 惜別・ドルトムント77号!! -2006.01.13
 > 荒手車庫--路面電車撮影 -2004.07.17

|

« とうかさん大祭 (394年祭) | トップページ | 白島線の1156号再び、余談はLABI 広島 »

コメント

昨日のNHKによりますと、パンタグラフ、車内の路線図やドイツ時代の掲示物、片側の運転台、座席などはそのまま流用されるようです。
末長く愛される存在になってほしいと思います。

投稿: ひろしま人 | 2012.06.15 06:40

こんばんは。

76号は回送運転はせず、トラックか何かで運ぶということなんですよね?確かに走行シーンを撮ることはできなさそうですね・・・。


個人的には塗装を変えてしまったのは痛すぎだと思います。1編成しかないのですから、昔からの姿を保っていて欲しかったです。

投稿: んーっと・・・ | 2012.06.15 22:37

> ひろしま人さん
NHKの番組見たかったのですが、残念ながらあの時間はまだ仕事中でした。録画でもしておけば良かったのですけど・・。
それはそうと、パンタグラフ・車内の路線図や掲示物・運転台(片側)・座席は流用ですか!? それを知って少し安心しました。NEWS RELEASEに掲載されたイメージ図では、まるで現役時代から変わり果ててしまったように見えましたから。

投稿: T.Kaze | 2012.06.15 23:55

> んーっと・・・さん
こんばんは。
トラックなのかトレーラーなのか分かりませんけど、複数の方から76号は陸送されると聞いています。たぶん、もう間もなく移動されると思いますよ。。
実は、今日も江波車庫をチラ見してきました。他の車両のせいで、一部分しか見えませんでしたけど、既にベールが取り除かれていて外装(塗装)は完成している様子でした。
私も個人的には元の塗装を維持していただきたいと思っていましたので、少し残念です。

投稿: T.Kaze | 2012.06.16 00:07

T.Kazeさん、こんにちは。
江波車庫の様子を知らせていただいて、ありがとうございます。
露天環境に置くので車体の塗り替えについては理解できるのですが、私はドイツビールの全面広告がダメならドルトムント電車の標準色が望ましいたったと思います。

さて、2012年6月12日に、マダムジョイ千田店前を通りがかった際には、コンクリート基礎に取り付けられたレールの間に石畳ではなくバラストに見立てたのか砂利が入っていました。宮島線のイメージなのでしょうか、着々と工事は進んでいるようです。

私も事前予告があれば、2012年6月14日の NHK「お好みワイドひろしま」を録画する事はできたのですが、事後に“ひろでんアベニュー”に掲載されても、なんとも評価しようがありません。

投稿: shirusu | 2012.06.16 14:21

> shirusuさん
塗装については、私個人的には親しみのある現役時代のシルバーに赤ラインをそのまま維持して欲しかったと思っています。全く違う塗装になると、何となく親しみが薄れるような・・!?
マダムジョイ千田店前も着々と準備が進んでいるようですね。。76号が来ると、駐輪場はどうなるんですかね?? さすがに、高級感のある欧風のトランヴェール・エクスプレスの回りを自転車が取り囲むというようなことにはならないですよね。。

投稿: T.Kaze | 2012.06.16 16:45

陸送は本日から三日間、やはり夜間にて行われるそうです。。。雨天の場合等はわかりませんが。それにしても、管理人さんもブログ内でやんわり指摘されているとおり、センスがないですね…

やはり役人あがりは(笑)と、ひとくくりにしてはいけないのでしょうが。

投稿: 名無しでお願いします | 2012.06.18 09:51

> 名無しさん
貴重な情報ありがとうございます。
今日の昼間、比較的早い時間帯から搬出&トレーラへの積み込み作業が行われていたみたいですね。。梅雨の豪雨と台風接近の影響が気になるところです。

実は本日夕刻、江波車庫を覗いてきました。3車体が切り離され、運転席のある片側車両がトレーラへ載せられている状態になっていました。また荷造りされた中間車両も近くに置いてありましたが、何故かもう片側の車両が確認できませんでした。既に移動されたのものか、まだ車庫内に残されていたのか・・??
もしかしたらこの時間、陸送の真っ最中かもしれませんが、色々所用があって見に行くことができません(T_T)。

投稿: T.Kaze | 2012.06.18 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19584/54963128

この記事へのトラックバック一覧です: ドルトムント電車引退、レストラン電車「トランヴェール・エクスプレス(仮称)」へ:

» [日記・コラム・つぶやき][広島電鉄電車]広島電鉄「トランヴェール・エクスプレス」から(仮称)が消えた! [週刊水曜日[Hatena::Diary]]
広島電鉄公式サイトひろでんアベニューを見たら、2012年6月15日 掲載として『NHK「お好みワイドひろしま」でトランヴェール・エクスプレスが紹介されました』のタイトルで改装中の広島電鉄70形電車 76号車が夕方ローカルの2012年6月14日「お好... [続きを読む]

受信: 2012.06.16 14:24

« とうかさん大祭 (394年祭) | トップページ | 白島線の1156号再び、余談はLABI 広島 »