« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »

2013.12.27

広島電鉄・クリスマス電車2013

毎年恒例、広島の冬の風物詩的存在にもなっている広島電鉄・クリスマス電車です。今年で 23年目となるハノーバー電車 238号のクリスマス電車・・ 昨年と全く同様に 12月14日~24日の 11日間運行されました。運行最終日の 24日はこれまた例年通り、広電西広島・横川駅・広島駅で子ども達にお菓子・ジュースがプレゼントされたようです。

毎年々々何度か場所を変えて撮影していまして、多少マンネリ気味ではありますが、今年撮影したクリスマス電車の写真から・・ まずは、クリスマス電車運行初日、千田車庫から広島駅へ向かうところを本通交差点にて・・

20131214_01566

抽選に当たった親子連れを乗せて広島駅へ向かうところを幟町南横断歩道橋から・・

20131214_00917

20131214_01679

広島三越前付近にて・・

20131218_01157

最後は横川駅にて・・

20131221_02181

20131221_02223

20131221_02292

今年も広島市内でクリスマス気分を盛り上げてくれた広電のサンタさん、そして運転士のトナカイさん、今年もお疲れ様でした。

** 過去のクリスマス電車の写真掲載記事・・
 > 広島電鉄・クリスマス電車2012 -2012.12.29
 > 2012 Merry Christmas!! -2012.12.25
 > 2011 Merry Christmas!! -2011.12.25
 > 広島電鉄・クリスマス電車2011 -2011.12.23
 > 2010 Merry Christmas!! -2010.12.25
 > 広島電鉄・クリスマス電車2010 -2010.12.18
 > 2009 Merry Christmas!! -2009.12.25
 > 広電・クリスマス電車2009 -2009.12.18
 > 2008 Merry Christmas!! -2008.12.25
 > 2008 広電・クリスマス電車 -2008.12.21
 > 2007 Merry Christmas!! -2007.12.25
 > 2007 広電・クリスマス電車 -2007.12.20
 > 2006 Merry Christmas!! -2006.12.25
 > 広電・クリスマス電車登場!! -2006.12.20

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.12.22

ピッコラ クリスマスバージョンラッピング

20131213_01404

冬バージョンラッピング電車として 12月前半から運用されている新型超低床車 1002号ピッコラがクリスマスバージョンになりました。車両前後と側面に Merry Christmasの文字、側面にクリスマスツリーやサンタクロースの白い絵柄が追加ラッピングされて、クリスマス気分を盛り上げてくれました。

20131214_01553

クリスマスバージョンラッピングは 12月13~25日の期間で運行、その後一旦冬バージョンラッピングに戻り、次回は年明け 1月20日~ 2月14日の期間にバレンタインバージョンラッピングとなる予定になっています。

** 冬バージョンラッピングの関連記事・・
 > 1002号ピッコラ 冬バージョンラッピング -2013.12.13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.21

サンフレッチェ電車 優勝記念ロゴ

20131220_02035y

昨年に引き続き、サンフレッチェ広島の J1優勝を記念して、広電 サンフレッチェ電車のグリーンムーバー・マックス 5108号に優勝記念ロゴが追加ラッピング、年明け 1月中旬まで運行期間が延長されました。

優勝記念ロゴが追加ラッピングされたサンフレッチェ電車は、サンフレッチェ広島優勝報告会 が開催された 12月14日(土)より運行開始、当日は優勝報告会の終了時刻に合わせて千田車庫~横川駅間を貸切幕で運行されさていました。

20131214_00739_2

車体には 「2012 CHAMPIONS 2013」・「サンフレッチェ広島 連覇おめでとう!」 の文字がデザインされて誇らしげ・・

20131214_01549_2

20131214_01615

追加ラッピングされる前のサンフレッチェ電車 5108号・・

20130319_09787

** サンフレッチェ広島 J1優勝の関連記事・・
 > サンフレッチェ広島 J1優勝報告会 -2013.12.20
 > サンフレッチェ広島 J1優勝パレード -2012.12.19
 > 祝・サンフレッチェ広島 J1優勝!! -2012.11.28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.20

サンフレッチェ広島 J1優勝報告会

20131231_02676

    サンフレッチェ広島 祝 J1連覇!!    

12月14日(土)、旧広島市民球場跡地にて開催されたサンフレッチェ広島 J1優勝報告会の様子を覗いてきました。

サンフレッチェ広島が J1優勝決定とくれば、すぐに思い出されるのが昨年の平和大通りでの優勝パレード。2年連続で優勝パレードが見られるかと期待しましたが、天皇杯(第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会) の日程の関係で、今年は優勝報告会のみの開催となりました。昨年の優勝パレードでは 6万人以上のファンが沿道に詰めかけたということで、今年の優勝報告会会場となった旧広島市民球場跡地はファンで埋め尽くされるのではないかと思いましたけど、それほどでもなく、結局 1万3千人(主催者発表) のサポーターが来場したとのことでした。

入場者に配布された、「ありがとう★★」の文字が入った中国新聞特報を掲げて、選手の登場を待つサポーター。特設ステージに横付けされたサンフレッチェのバスから最初に降りて来たのは Jリーグ杯(シャーレ) を持った FW佐藤寿人選手。

20131214_00458

続いて、次々と特設ステージに登場する選手達・・

20131214_00471

湯﨑英彦 広島県知事と松井一実 広島市長も出席されていました。優勝を決める直前に「2位でいい」という発言で物議を醸すこととなった松井 広島市長が何か挨拶をされるのかと興味津々でしたが、当日は一切挨拶などはありませんでした。

20131214_00503

その後、監督の優勝報告・選手の挨拶や一発芸(??)等々、和やかに優勝報告会は進行・・。当日の盛り上がった様子は YouTubeにも上がっているようですので、興味のある方は探してみてください。

20131214_00527

20131214_00589

20131214_00645

優勝報告会の締め括りは・・ (株)サンフレッチェ広島 取締役会長 久保允誉氏、同 代表取締役社長 小谷野薫氏の挨拶、そして青山敏弘選手の一本締めでお開きとなりました。

この勢いでもって、是非とも 3連覇も期待したいところではありますが・・ 日本代表GK 西川周作選手の移籍話もちらほら持ち上がっているようで、どうなることやら・・。

** サンフレッチェ広島の関連記事・・
 > サンフレッチェ広島 J1優勝パレード -2012.12.19
 > 祝・サンフレッチェ広島 J1優勝!! -2012.11.28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.18

GREEN MOVER LEX (グリーンムーバー・レックス)

20131214_01457

今年1月、新年早々から新型超低床車 1000形 1001号ピッコロが搬入、次いで 1002号ピッコラが搬入されてからもうすぐ丸1年となりますが、新たに同型の新車両が搬入されたという情報をいただきましたので、荒手車庫へ見学に行ってきました。本当は宮島線での試運転の様子など撮影したかったのですが、残念ながらこの日(12月14日)は荒手車庫の外へ出ることはなく、車内で何やら作業が行われていたようです。

この新型超低床車 1003号 GREEN MOVER LEX (グリーンムーバー・レックス)ですが、搬入の約 1ヶ月前の新聞ではこんな風に紹介されていました・・

一方、短い電停にもとまれる新型の低床車両 3編成を、新たに導入することも発表した。低床車が少ない路線で使う方針で、来年 1~3月に営業運転を始める。今年 2月に導入した「ピッコロ」「ピッコラ」の 2編成と同型だが、新車両は白を基調に緑のラインが入ったデザインで、「グリーンムーバー・レックス」と名付けた。【2013/11/08付け 朝日新聞】

この記事を見て、てっきり年明けに新車両が搬入されるものと思い込んでいた訳ですが、早くも 12月11日に江波車庫へ搬入、その日の内に自走で荒手車庫へ回送されて試運転・検査を行っているようです。更にその後、既に市内、千田車庫へ回送されたと聞きましたが、年末の仕事のバタバタで未だ確認できていません(^^;)。

20131214_00266

こうして見ると蛍光色っぽい黄緑色のラインがもの凄く目立ちますね・・。前面のガラス窓を縁取る黄緑色のラインはちょっとダサいデザインだなぁと内心思っていたのですが、不思議なもので、暫く見ている内にだんだんと慣れて違和感が薄らいできました。

20131214_00274

20131214_00275

メーカーである近畿車輌・三菱重工・東洋電機製造の 3社の名前が入ったプレートには 2014の文字が入っています。恐らく、営業運転は年明け(2014年)からということですかね・・!?

20131214_01465

車内はこんな感じ・・

20131214_00311

蛍光色っぽい黄緑色は 3950形 グリーンライナーの緑に近いのかなと思っていましたが、ちょうど宮島線を走る 3950形と比較してみると、全然違いますね (^^;)。

20131214_00306

おそらく、年明け早々から市内での試運転も始まることでしょう!! 営業運転はどの路線に入るのか興味津々、年明けを楽しみにして待ちたいと思います。

** 荒手車庫内では許可を得た上で新型車両の写真撮影をしています。

** 新型超低床車 1000形搬入の関連記事・・
 > 広電 新型低床車1002号 ピッコラ搬入(後編) -2013.02.02
 > 広電 新型低床車1002号 ピッコラ搬入(前編) -2013.01.31
 > 広電 新型低床車1001号 ピッコロ搬入 -2013.01.08

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.12.13

1002号ピッコラ 冬バージョンラッピング

20131211_01096r

新型超低床車 1001号ピッコロ & 1002号ピッコラが七夕電車「ひこぼし号」 & 「おりひめ号」として運行された後、引き続き、夏の星空をイメージしたラッピングだけはそのまま残され、夏バージョンラッピング電車として 8月いっぱいまで運行されました。密かに冬バージョンラッピングもあるんじゃなかろうか!? と期待していた矢先、やっぱり広電さんはやってくれました(^o^)v。

★【電車】1002号の冬バージョンラッピング電車を運行!!(2013.12.6掲載)
これまで冬の風物詩としてクリスマス電車を運行しておりますが、今年は更に市民の皆様やお客様に喜んでいただくため、電車開業100周年を記念して本年2月に導入した、 1002号(PICCOLA)を冬バージョンのラッピングを施して運行します。
雪の結晶や赤い大きなリボンを基本とした「電車1両まるごとプレゼント」 となった様なラッピングに、第1弾目クリスマスバージョン、第2弾目バレンタインバージョンとラッピングを変化させながら運行します。【広島電鉄公式サイト 最新情報より】

冬バージョンラッピング電車の運行期間は平成25年12月9日~平成26年2月28日の約3ヶ月間。途中、クリスマスバージョン(12月13~25日)とバレンタインバージョン(来年 1月20日~ 2月14日)に変化するということで、かなり楽しみにしています。

江波から直通で白島線にやってきた新型低床車 1002号ピッコラの冬バージョンラッピング・・ なかなかお洒落で落ち着いたデザインだと思います。車体色が暗めなので、写真の色には結構気を遣いますね・・(^^;)。

20131212_01183

20131212_01192

** 新型超低床車 1000形の関連記事・・
 > 新型超低床車 1000形 2編成 営業運行開始 -2013.03.05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.01

アイソン彗星 C/2012 S1(ISON)

「世紀の大彗星になるかも!?」 と噂されていたアイソン彗星 C/2012 S1(ISON)の写真撮影にトライしてみました。
ちょうど、広島県北の実家へ仕事の手伝いのために帰省していたもので、さすがに山奥の田舎なので良い条件で撮れるだろうと・・ 急に思い立ったが吉日、下調べもしておらず、ほとんど予備知識も無かったのですが、取り敢えず時刻は早朝 5:30~6:00くらいに日の出前の東南東の方角に見えるらしいということが分かりました。

いきなりぶっつけ本番というのも不安なので、前日 11月22日夜に冬の星座 オリオン座で軽く練習。絞り開放/シャッタースピード 10秒で撮ってみたところ、まぁそれなりに撮れたのに気を良くしました。ちなみに、広島市内の自宅では空が明るくて、ここまで星が見えません。

20131122_00586

翌日 11月23日の早朝、5時過ぎに起きて東の空へ目をやると、雲もなく良さそうな感じ。ただ、どの辺りにアイソン彗星が現れるのか分からなかったもので、不安を抱えつつカメラをセッティング。方角を迷っていたところ、一際明るい水星(Mercury)が登ってきたので、それを目印にしてアイソン彗星を探索したものの、私の視力では目視確認することはできませんでした。仕方なく、ほとんど期待もせずに前日練習した 10秒のシャッターを切り続けました。
後で、撮った写真をカメラの液晶モニタでチェックしてみたところ、かろうじてアイソン彗星らしき光を捉えているのを確認することが出来ました。この日のアイソン彗星は水星とほぼ同じ高度で、太陽と反対方向である右上に尾が伸びている様子がかろうじて写っていたので大喜びです。(出来ましたら、部屋の照明を落として見ていただけますと幸いです)

20131123_00609

微かながらも彗星が写っていたのに気分を良くして、翌日 11月24日の早朝にも再トライすることにしました。がしかし、薄い霧が発生していて星が霞んで良く見えない。オマケに肝心の東の空には薄雲がかかり、とても彗星が見えるような条件ではなさそう。それでも、シャッターを切り続けましたが・・ やはり彗星の光を捉えることはできませんでした(^^;)。水星が確認できたのは、かなり高度が高くなってから。晴れていれば、水星(Mercury)の右斜め下、雲間から見え隠れしていた土星(Saturn)とほぼ同じ高度にアイソン彗星が見えるはずだったのですが・・ ご覧の通り、残念な結果となりました。

20131124_00685

二日目は雲に阻まれてアイソン彗星を撮ることはできませんでしたが、何となく手応えを感じることができました。これは是非とも近日点を過ぎて太陽から遠ざかっていく 12月初旬にも撮影に再トライしてみたいと思っていたところ、11月29日になって悲しいお知らせが・・ 国立天文台/アイソン彗星の特集ページ に記載されていた内容から・・

太陽・太陽圏観測衛星SOHOなどの太陽観測衛星の画像によると、アイソン彗星は、近日点通過前の日本時間午前2時過ぎから暗くなり始めました。近日点通過後は、核と思われるような構造がほとんどなくなり、軌道上に広がった細長い構造が淡く輝くのみとなりました。これは核が崩壊した後の破片群、あるいは大きめの塵(ちり)の集団と考えられます。
このことから、今後、アイソン彗星が明るい彗星として見える可能性は低くなったと考えられます。
(2013年11月29日)

何ということでしょう!! こんなこともあるんですね。。太陽に近過ぎて、分裂したり崩壊する可能性もあることは、前々から指摘されていたようですけど、まさかそれが現実になるとは・・。どなたかもネットでつぶやいていらっしゃいましたけど、心にポッカリ穴が空いたような感覚で何とも残念な結末となりました(T_T)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »